箕面三中 校長室だより

おもに保護者のみなさまに向けてのメッセージです。
教育と子育てについて、少しでも参考になればと考えています。

紅葉が真っ赤に染める

2016年10月15日 11時47分23秒 | 校長からのメッセージ



わたしのふるさとでは、いま、もみじの葉が色づき始めました。

1枚目の写真は、そのふるさとで撮影したものです。緑色の葉と赤色の葉が見事なコントラストを作り出しています。

今年は、9月の日照時間が例年より短く、もみじの色づきが芳しくない。そして、紅葉しても赤色が薄めであると聞きます。

もみじというと、映画「ちはやふる 下の句」を、私はすぐに思いつきます。

ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれなゐに 水くくるとは

今年は竜田川の水も、真っ赤にはならないかもしれません。


2枚目の写真は、三中生の作品です。秋中頃を想い、想像力をはたらかせ、言葉にして表現しています。

「ちはやぶる」の句は、小倉百人一首に出てきます。

1000年以上の時代の流れを越えても、「紅葉で真っ赤に染まる」という感覚は、子どもに引き継がれています。

たかだか紅葉、されど私たちには、やはり紅葉なのだと、あらためて思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 学ぶ教師から学ぶ子どもが生... | トップ | 一生残る言葉 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。