箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝え、教育と子育てについて少しでも参考になればと考えています。

想いを詩に綴る

2017年05月16日 09時23分06秒 | 校長からのメッセージ















1年生が国語の時間に作った詩が、いま2階の渡りローカに貼ってあります。

それらの一部を紹介します。

生徒一人ひとりが、一生懸命に考え、言葉をつないだ作品です。

その詩のいくつかに対して、私もコメントを添えます。

🔶桜をテーマに書いた詩が、いくつかありました。

桜の花は、大原櫻子の曲「ひらり」にあるように、ひらりと花を落とします。

4月11日の離任式では、三中を去る教職員が体育館を退出するBGMにこの曲を流しました。

映画「チアダン」にも流されたましたが、「ひらり」は、メロディラインが美しい名曲だと思います。

🔶「自由になりたい」と書いている詩があります。

中学生はさまざまな制約のなかで、生きています。

その意味で、「自由になりたい」と思うことがしばしばあります。

しかし、私は伝えたい。自由を求めてきたみなさんは、これからも自由の中で生きるたいへんさを知ることになる。

これは、前に私が卒業していく生徒たちに贈った言葉です。

🔸紐のことをとりあげ、からまったり、ほどけたりするのが人生のようだとたとえている詩にかんして

「糸を繋げることも結び

人を繋げることも結び

時間が流れることも結び」

この言葉は、映画「君の名は」で、おばあちゃんが言っていたものです。

紐はからまったり、ほどけたりもしますが、結びを作ることもできます。結びとは、言葉を変えと、「縁」と呼べるのかもしれません。


三中生には、中学生としての想いがあります。
感性豊かに、言葉を大切にする大人になってほしいと願っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ふつうの一日 | トップ | 想いを三十一文字に »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。