箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けてのメッセージです。
教育と子育てについて、少しでも参考になればと考えています。

想いを三十一文字に

2017年05月17日 11時53分16秒 | 校長からのメッセージ

今日から、中間テストです。
とくに、1年生にとっては、初めての定期考査です。
真剣に取り組む態度に、いつもの三中生を感じます。








2年生の教室前ローカには、短歌の作品が貼ってあります。

国語の授業で作った短歌です。

最優秀賞や優秀賞は、クラスで生徒が話し合い決めました。

スマホでご覧の方は、写真を拡大してお読みください。

一句ずつ読んでいくと、ジーンとくるものがあり、中学生のひたむきな想いに心打たれます。

私からのコメントは、一つだけ。

D組の最優秀賞
月を見て 我と重ねて 思いけり 周りに照らされ 生きていることに

これは秀作だと思います。

今年の卒業式の校長式辞の中だ、私も触れました。

「自分の足もとにくっきりとした黒い影が伸びている。その影がくっきりと黒ければ黒いほど、背中から自分を照らしてくれている、確実な光があることを感じとることができる。」

私が大切に思い、43期生に伝えた感覚を表している短歌に出会い、うれしく思いました。

人は自分で輝いていると思いがちですが、じつは後ろから照らす光のおかげで輝けるのだと思います。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 想いを詩に綴る | トップ | 遠くから見て初めてわかる »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。