箕面三中 校長室からのメッセージ

おもに保護者のみなさまに向けたメッセージです。生徒の近況を伝え、教育と子育てについて少しでも参考になればと考えています。

コミュニケーションとは、「いっしょに」

2017年07月17日 14時05分03秒 | 校長からのメッセージ


いま、コミュニケーション力が子どもたちにも大人たちにも必要と言われます。

学校の教育目標にも、「コミュニケーション力の育成」を挙げている場合があります。

では、コミュニケーションが成り立つためには、何が必要なのでしょうか。

相手とのコミュニケーションには、理解し合うことが大切と、よく言われます。

理解しているからコミュニケーションができる。

私は思うのですが、理解しようと思わなくていいのではないかと。

でも、相手を大切にしようと覚悟しなければならない。

もし相手が悩みをもっているなら、悩みを解決してあげようと思わなくてもいい。
でも、同じように悩もうという決意は必要。

相手が悲しんでいるなら、悲しみをやわらげようでなく、同じように悲しもうと覚悟しなければならない。

すなわち、いっしょに生きていくよ、という態度が自分と相手をつなげる。

よく、聴いてくれるだけで気持ちが楽になるとは、こういったもので、生徒は自分がどうすべきかは、自らが決めていきます。

これがコミュニケーション、つまり相手とつきあうことではないでしょうか。

生徒と教師の間のコミュニケーションとは、「いっしょに」が秘訣だと思います。

(写真と本文は、関係ありません。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「昭和」じゃないよ 紙芝居 | トップ | 人の失敗を笑うのではなく、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。