思うこと U+2161

自分への反省 確認

将棋 6 渡辺 明竜王 追記

2016-10-20 05:26:17 | 記事
渡辺 明竜王のコメントが出て読んだ詳しくは今日の文春を読んでからになるけど
このコメントだけでも大きい 何せ渡辺とのA級順位戦が疑惑の一局だから 渡辺がおかしいと言うのならかなりの説得力です
なぜか 渡辺は過去の三浦戦も含めて色々調べてる 当然ですが それを谷川会長をはじめトップ7人で話し合ったみたいでこの辺の詳しいことは20日の文春に載るらしい このトップ7人の話し合いは凄い 連盟の衝撃が分かる 僕はソフトの一致よりも対戦者渡辺の対局感覚を信じる 各棋士には
棋風があって 性格も含めて その手は差さないと言うのがある 一戦の後感想戦と言うのをやる 一戦を振り返って何処がマズかったか 敗着 などをやる 将棋ファンはこれも好き 渡辺クラスになればそうゆうところからも違和感を感じる そして調べた
間違いなくクロ と確信した と言ってる
これは大きい渡辺 明が言ってるのだから
詳しくは文春でだけど 僕のやってないんじゃないかも大きく揺らぐ 何せ渡辺 明
追記 A級順位戦で渡辺は三浦に負けてるのを確認した もしスマホソフトに負けてたらこっちの方も大変ですょ 順位3位竜王が
スマホソフトごときに負けるってどうゆう事 こっちの方が恥ぢですょ 其れならシロの方が将棋ファンとしては救われる スマホソフト使われたから負けたではシャレにもならない そんな言い訳通らないから
羽生善治も 限りなくクロい ですが 疑わしきは罰せず と言うことらしい 何せ史上最強の棋士羽生善治の一言はとんでもなく大きいんで 白黒証明のできない事に簡単にあれこれ言えない その羽生コンピュータ将棋に出るかもを匂わしてる その為には研究がいるので対局を休まないと と言ってるみたいだけど コンピュータ将棋にも棋風あるのかなぁ これは難しいでしょう何せ大看板 将棋ファンは皆んなやって欲しいと思ってると思う それも最強の時の羽生善治が コンピュータ将棋に勝ってまだまだを見せつけて欲しい
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将棋 5 三浦弘行 全文 | トップ | 将棋 7 三浦弘行の反論2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。