ab Cuore 

帰国した時ノンポリだった私が見たのは≒無政府状態の日本。
ショック、怒り、希望をこのブログに書きました。

4/17 イースターの卵

2017-04-17 12:06:00 | 医療関係


4/17 イースターの卵


ヨーロッパではイースターの祭日は移動祝日とか言って毎年、日が変わる祭日なのだ。

パリではイースターまじかになると、パン屋も菓子屋もチョコレートの卵が並ぶ。


学校でも、卵の中身を開けた針の穴から抜いて(やったことはないけど、穴から中身を出せるのだ)

外側に絵を書く。


でも、本物の卵の殻か知らないけど、

超豪華かな装飾をして、コレクターは何百万円もする装飾卵を収集しているとか。


ロシアのなんていう美術館だったか忘れたけど、すごいゴージャスな卵があると聞いた。

サトマちゃんは見たことあるかな?


さっきふと思い出した友だちの娘。

まだ幼いころ、芝生に座って、庭でみつけたイースターの卵を手に

ニコニコ嬉しそうな写真があったものだ。

友達が事前に庭の芝生のあちこちに卵を隠しておくのだそうだ。


友達が忙しいとき、私が娘の番をしたことがあった。

おばちゃんの言う通りにするのよ とちょっと厳しく言われ、

とてもいい子だった。


あの子は今頃、きっと幼子のために、庭に卵を隠しているかもしれない。


イースターの卵はウズラの卵より小さいもから、

ダチョウの卵より大きいものがあるけど、

珍しいので、大きな卵を日本に贈ったことがある。

高さが25cmくらい。

でも中がチョコレートで詰まっていないので、到着時には粉々になっていたとか。


ああいう大きな卵は日本のイースターでは売っているかしら?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  4/17 G1 皐月賞 一頭も... | トップ |  4/17 渡辺さん テレビ初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む