ab Cuore 

帰国した時ノンポリだった私が見たのは≒無政府状態の日本。
ショック、怒り、希望をこのブログに書きました。

12/7 梅毒の話

2016-12-07 14:15:48 | 医療関係

12/7 梅毒の話

ショックで考えてしまった。

梅毒なんて、結核以上に戦前の話だと思っていた。


でも、どこかで菌は生きていたのだ。


しかし、同じ時代ではない。

医者に行って治る病気なんだろうか?


エイズが始まったころ、

エイズは菌が体内に入らなければ感染しないと聞いた。

だからエイズの人の座った便器に座っても心配ないというのを聞いた。

しかし、梅毒と違ってと聞いたような気がするのだ。


この科学・医学の進んだ時代で、戦前とは違う。

ワクチン・予防接種の研究はしているのだろうか?

真剣に取り組んでください。

セーラームーンなんて子供だましは言わないでください。


思い出した梅毒をテーマにした小説の一部。


日本人女性がロシア兵に侵されて、いつの間にか彼女は娼婦になってしまった。

彼女の中の静かな怒り。

梅毒になった彼女はだれにも内緒でロシア兵と寝続けて、

梅毒を感染させてやったという話。

ここだけが忘れられない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  12/7 アマゾンコンビニ | トップ |  12/7 稲田防衛大臣、区切り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む