ab Cuore 

帰国した時ノンポリだった私が見たのは≒無政府状態の日本。
ショック、怒り、希望をこのブログに書きました。

6/13 高層ビルの火事 フランスで高さ制限をしているわけ

2017-06-15 16:09:37 | 医療関係


6/13 高層ビルの火事 フランスで高さ制限をしているわけ


昨日ニュースで見た英国の高層ビルの火事。

木造かと思ったほどよく火がまわっていた。

消防が来ているけど、手が間に合わない。

スプリンクラーどころか、火災報知器もなかったとか。


日本もすごく高層ビルが増えてきたけど、火事になったらどうすんだろう

とよく思う。


パリでは高さ制限をしているけど、

それは消化能力をよく自覚しているからだ。


火事、または事故なんかあった場合、6階か7階以上だと消防の能力が追い付かないからと

ガスは使えない。

ガスの設置が建物にないのだ。


パリ郊外のデフォンスという高層ビル街は消化方法が異なっていて

デフォンスの展望台に行ったときに上から消化するとか聞いたような気がする。


日本は新宿のような高層ビル街はどう消防はやっているのだろう?

火事なんかの場合、エレベーターはまず最初にころに停止するから

人間は消化を待つか、歩いて避難する????


都知事、問題提起ばかりだけど、

たとえば築地をレンタルも含めて新しいたぶん高層ビルを作ったとき

消防はどう対処するのだろう?


たとえば1階おきに消火栓があって、建物のガードマンとかが操作できる?

火災報知器とスプリンクラーで対処できなかった時のことも考えておかないとね。


繰り返しだけど、新宿の西口当たりは火事の際はどうなっているんだろう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/15 アスベスト すごく優秀... | トップ |  6/15 夏木先生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む