ab Cuore 

帰国した時ノンポリだった私が見たのは≒無政府状態の日本。
ショック、怒り、希望をこのブログに書きました。

12/10 アレルギー 卵の”実験”

2016-12-10 09:46:53 | 医療関係

12/10 アレルギー 卵の”実験”

添付の機関がやった”実験”。

まったく食べさせないグループのほうが1歳の時点で

アレルギーを起こした率が多かった。


そうだろうと思う。

偉そうにと言われそうだけど、

私は身をもって私のアレルギーをいろいろな方法で実験した。


花粉症と食物アレルギーの関係は知られているけど。

アレルギーが出ているときは、控えるのが当然。

でも、そうでないときは、

子供だけでなく、大人も少量は食べておくというのは

結局、アレルギーを出さない方法だ。


私はフランスに行ってから花粉症であることを知った。

でも帰国してわかったのだけど、日本の例えば杉花粉なんかには反応しないので

フランスに行く前は知らなくてもおかしくはない。


あれはいくつぐらいだったろう?

食べ物にアレルギーがひどかった時期があった、


そんなころ、日本に行った。

母の作った日本食で過ごした2週間。

フランスにもどって、食品アレルギーが収まったのに気がついた。


母の料理が何か体を浄化した  とその頃思った。


フランスに行ってから気がついたアレルギーがヨードアレルギー。

帰国してからワカメもダメで悩んだ時期があった。

でも母の食べていたフジッコの大豆をヒジキなどと煮たのを

大豆だけ食べていた。

でもヒジキは口に入る。

こういう食べ方が10年くらい続いたかしら?

ヒジキに反応しなくなったのだ。

今でも海藻は気をつけている。

量が多いのは今でもよくない。



他にもあるけど、長くなるのでやめる。


アレルギーは赤ん坊は検査しても食べたことのないものが多いからわかりにくいだろう。


でも少し大きくなって、親の目でアレルギー反応がなくても

子供が嫌う食べ物は真剣にチェックしたほうがいい。


嫌いな食べ物が実はアレルギーというのを私自身体験している。


アレルギーで怖いのは、名前忘れた、蕎麦とか死に直結するのがあることだ。

私はこれほどひどいアレルギーはない。

アレルギーの多い子・大人は丹念に検査するしかない。

アレルギー検査は保険が効くのかしら?


チェック項目が多いから、結構金かかる。

すぐ検査できない場合は

こまめにメモして、食品別の反応など記録しておくといい。


アレルギーについては書くことが多いからまた書きたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  12/9 蓮舫さんに言いたい ... | トップ |  12/10 フェアプレーを知らな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む