ひなたぼっこ日記

マクロビオティックを実践中の主婦が綴る日々のあれこれ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夜の井戸端会議@東京やりま~す

2009-12-09 00:50:33 | マクロビ日記
久々にマクロビ井戸端会議@東京を開催する事になりました~。
1年ぶりです!

はい、12月といえば忘年会ですね。
今回は夜のみで、しかも少人数。
美味しい料理を食べ、お酒を飲みながら(もちろんソフトドリンクでもOK)
しっとりと会話を楽しみませんか?


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
夜のマクロビ井戸端会議@東京
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日時:12月18日(金)19~21時(LOは30分前)

場所:我や代々木上原店(注1)

会費:4400円(コース料理+飲み放題)+α(注2)

定員:10名くらい

(注1)いままでと会場が違いますのでお間違えなく!
    青山店ではなく代々木上原店(代々木上原駅徒歩1分)です。

(注2)飲むお酒の量によっては、バランスを取るために
    お魚料理をコース料理のほかに注文しようと思っています。

今のところ2次会は未定ですが、ご希望がございましたら
考慮いたしますので参加申し込みの時にその旨お書き添え下さい。


参加ご希望の方は、ハンドルネームと本名、連絡のつきやすい電話の番号
を明記して<idotokyo@manabian.com>までお申し込み下さい。
折り返し受付完了のメールを差し上げますが
3日経っても返事がない場合は、お手数ですが再度メールを下さい。


申し込み締切日は12月17日12時です。
なお、開催日前日19時までのキャンセルは無償ですが
それ以降のキャンセルは会費全額を支払っていただきます。
(コース予約なので当日のキャンセルがきかないのです、泣)


開催日まであと10日を切っての告知で申し訳ありませんが
皆様のご参加お待ちしております。


井戸端@東京世話人 みぃにゃん




関連記事
マクロビ井戸端会議
マクロビ井戸端会議、始まります
マクロビ井戸端会議の運営方針
マクロビ井戸端会議のコンセプト



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

イベント出店します

2009-12-01 16:12:51 | マクロビ日記
急なお話なのですが、
今週末、みぃにゃんのお店がイベント出店いたします

場所はリマ東北沢店さん2Fで、月初のセールに合わせて
12月5日(土)、6日(日)の2日間の出店です。
時間は12~5時の間です。

今回はパウンドケーキ各種、甘酒スコーン、玄米ワッフルなど販売予定です。

みぃにゃんのお店のお菓子は、卵・乳製品・白砂糖を使っていません。
甘味料は玄米甘酒や米飴、ドライフルーツ、季節の野菜や果物、
そして風味づけに少量のメープルシロップ。
どれもギリギリの量の甘味料で素材そのものの甘味
を大切にしたお菓子ばかりです。


2Fではほかにフリマも開催されるそうです。

皆様お時間ございましたらぜひお立ち寄りください♪






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばぁばとムスメ

2009-11-30 23:17:11 | コドモのこと
先週の土日と実家に遊びに行ってました。
まぁ近いからしょっちゅう帰ってるのですが。

私はついムスメに厳しく接してしまう傾向があるので
思いっきり甘えさせてくれるばぁば(私の実母)の存在は救いです。
(甘えさせ過ぎのところもあるんだけど)

そして、ばぁばとムスメのやりとりは
いつも私を新鮮な気持ちにさせてくれます。
普段聞くことの出来ないムスメの本音や
私には言えない私に対するグチ…だとかを
母は上手にキャッチしてくれるのです。
それをまた「こんなこと、言ってたのよ」
と私に伝えてくれるのが楽しみになってます。
また、グチの場合は、なんだかムスメに対して
思いやりに欠けていたなと反省するきっかけにもなります。

ムスメは幼い心でいっぱいいっぱい考えてるんですね。
しかも結構、真理を掴んでたりする。
本能で生きるって、こういう事かもしれないね。



☆今回のムスメ語録☆

ばぁば「ねぇ、ばぁばのウチの子になろうよ」
ムスメ「ひぃちゃんはね ママとのくらしが きにいってるの」

そうですか、気に入ってくれて私も嬉しいよ。
上から目線なのが気になるけど(笑)


☆またとある日の語録☆

ムスメ「ひぃちゃんは パパのことがいちばんスキなの」
ばぁば「パパのどこが好きなの?」
ムスメ「バカなところ~」

やっぱり上から目線だ(笑)









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ふたつの棚フェス

2009-11-29 00:31:28 | マクロビ日記
こんにちは~。
相変わらず更新頻度の低いこのブログ。

私は文章を書くのにすっごく時間がかかるタイプです。
書きたいことはいっぱいあるのに、つい
文章をうまく書こうとか、オチがなくちゃ!とか考えてしまいます。
それが更新を滞らせる原因でもあるので…
もっと本来の私、おバカな私も表現することを
自分に許してあげようかと思います。
(とかいって、すでに前置きが堅苦しいぞ!笑)


今月は東京と大阪、ふたつの「棚田フェスティバル」
というイベントに参加してきました。

まずは11月14日の東京棚フェス。

私はボランティアスタッフとして
試食用のおむすびをひたすら作り続けておりました…。
この日、実は私は前夜から吐き気がするほど
ひどい頭痛でフラフラだったのだけど
お手当てと経絡マッサージとレイキとetc,
最後は気合で復活して、遅刻はしたけど
なんとかお手伝いする事が出来てよかったです。
一緒に連れていったムスメもおむすびのラッピングを
手伝ってくれて立派な戦力となっていたのでした。

棚田のお米で作ったおむすびは
やさしい味がしました。


そして翌週11月22日は大阪棚フェスへ。
そう、大阪に行ってきちゃったんですね~。
(ちなみに夫はお留守番♪ほほほ)
日の出前の朝5時に家を出発して
新幹線でGO WEST!

楽しい大阪旅行でした。

私の結婚式以来7年ぶり!の友達と再会出来て
短い時間だったけど、いっぱいお話できました。
そのほかにも沢山の友達に会えました。
ネットでは交流してたけど「はじめまして」の方は
懐かしさと気恥ずかしさが入り混じった不思議な感覚で。
バーチャルがリアルになる瞬間
それは私が「今ここ」にいるんだという事を
強烈に感じさせてくれた。

また、棚フェスでは久しぶりにお菓子で出店しました。
目の前でお客様が私のお菓子を食べて
美味しいって喜んでくれて。
自分がなんのためにお菓子を作っているのか
最近わからなくなっていて、迷いがあって
それゆえお菓子の出店も控えていたりしたのだけど…
原点を思い出させてくれました。


なんだか最近、自分で選んだわけじゃないのに
私の周囲には棚田の話が溢れている…。
大地宅配でもカタログにわざわざ棚田米の特集記事があったし。
なぜだろう?
その答えを探すべく
私は今日も棚田に思いを馳せるのであった。




コメント (12)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

棚田で稲刈り

2009-11-01 23:39:18 | マクロビ日記
10月3日。
今年、田植えに参加させてもらった茂木岩ノ作棚田の、今度は稲刈り体験に参加してきました。



ムスメもすすんで稲刈りに挑戦!
最初は危なっかしい手つきで見てる私も怖かったですが、
いつの間にか、ザシュッと歯切れよい音を響かせ器用に鎌を使いこなしてました。
子供の吸収力ってすごいんだなぁ。



そんでもってバインダー(稲刈りの機械)体験もさせてもらいました。
あ、実際に動かす時は、ちゃんと大人が一緒に付き添ってますのでご安心を(笑)



収穫した稲は、みんなで竹を組んではざ掛けするところまでやらせてもらいました。

田植えも稲刈りも、何もかもが楽しい!
ムスメも田植えに続き稲刈りもとても楽しかった様子です。

稲作を生業にするとなるとそんな事は言ってられないのだろうけど、
たま~に田んぼにおじゃまさせてもらうのは、
都会っ子の私たち親子にとってこのうえないレジャーなのです。
レジャーなんて言っちゃうと、農家さんは怒るor呆れちゃうかな?

主催の棚田ネットワークさんHPから稲刈りの模様が動画で見られます♪
ムスメの稲刈りの勇姿(?)がバッチリ写ってます。

そして後日、ムスメと棚田ネットワーク事務所へお手伝いに行った際に
ムスメが描いた棚田の絵も同HPコチラで見る事が出来ます。
「田んぼの絵を描いて」とリクエストしたら、何も見ずにすらすら~っと3枚描いてくれたのが、
ムスメと私が参加した「田植え」「棚田の生き物調査」「稲刈り」の
3つのイベントにちゃんとなっていたものだから驚きました。
5歳にもなると、しっかりと物事を記憶出来るようになるんだね。
いやむしろ私より記憶力いいかも…。

棚田ネットワーク主催のこの一連のイベントですが、
次回は2月に山の篠竹切りのボランティア&餅つきの予定だそうです。
お餅が好物のムスメは「おもちつきやる~!」と今からやる気まんまんなのでした。


それから、棚田ネットワーク主催で11月14日(土)に東京・外苑前で
東京棚田フェスティバル」があります。
都内にいながらいろんな地域の棚田農家さんと直接触れ合う事が出来る
めったにない機会だと思います。
物販コーナーもあるし、棚田米の試食プレートもあります!(笑)
詳細は同HPをご覧ください。
私もボランティアスタッフで参加予定で~す。
皆様にお会い出来るのを楽しみにしてます。


そして棚田関連でもうひとつ宣伝。
11月22日には大阪で棚田むすびの会主催「大阪棚田フェスティバル」もあります。
詳細は近日HPにUPされるかと思います。

棚田むすびの会は私も大変お世話になってます和心美さん(会長)
なかなかさん(代表)の主催されてる団体です。
このふたりが主催するのだから、きっと楽しいイベントになると思います。
私も久々におふたりに会いたいな~なんて単純な動機で大阪行き計画中…。
しかし前日にムスメの幼稚園のバザーがあるんだよねぇ(泣)




コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

こふく亭

2009-11-01 02:12:25 | マクロビ日記
9月末になりますが、マクロビパパさんのこふく亭に行ってきました。



コスモスの花が咲き誇る秋のこふく亭。
隣の田んぼでは稲穂がはざ掛けされていました。

さてランチですが、
私は前回ランチプレートを食べたので、今回は気になってたカレーを注文。
カレーにも前菜とスープがつくのが嬉しい。



ムスメはおむすびプレート。



大好物のミニトマトにご満悦のムスメ。


パパさんのお料理はこふく亭に来てから、さらに美味しくなったと思います。

素材がいいから?
水がいいから?
環境がいいから?
本物の火で料理してるから?

きっとそのすべてが美味しい料理に繋がってるのでしょう。
自家電力だけでお店をまわすのは、それは大変な事なのでしょうが、
なんていうか、パパさんとってもいい顔してるんです。
(AORINGOちゃんの旦那様であるマネージャーさんも肌つやUPしてました、笑)
お料理も今までの繊細さは残しつつ、より自由な感じがしました。
そして口に入れると、自然に体にすう~っと入っていくようなとても穏やかで優しい味です。
パパさんのお料理は我やさん、そしてふたばカフェでは間近に見てきましたが、
今までのパパさん努力や苦悩はこの味に至るための必要な道のりだったのかなぁなんて思いました。
そんでもって、ま~だまだ進化しちゃうわけでしょ。
ワクワクしちゃいますね。

一緒にこふく亭ツアーしたみなさま、楽しいひとときをありがとうございました。
そしていつも快く車を出してくれるfantaさん、本当にありがとう。
また連れてってね♪




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お菓子教室やりました

2009-10-18 22:48:10 | イベント


ご報告が遅くなりましたが、10月4日(日)やさい村さん主催のお菓子づくり教室で講師をしてきました。

写真は当日作ったお菓子です。
作ったのはこちら3品。

・かぼちゃプリン(別添えでカラメルソースも作ってます)
・そば粉のクレープ
・りんごの葛煮(クレープのフィリング)

事前に焼いてきたクッキー2種(かぼちゃとキャロブ)、それとこのイベント前日棚田に行って拾ってきた山栗を茹でたやつも飾って。
秋の季節感溢れるスイーツプレートになりました♪

今回も超カンタンなレシピばかりです。
そして私の作り方も計量も、これで講師なのか?!というくらい大雑把。
それでも美味しいお菓子が出来ちゃうんです。
粉に対して液体量はこれくらい、とか最低限のポイントさえ押さえておけば、カタチにはなる(笑)
毎日食べるおやつだから、手間はかからない方がいいし、シンプルなのがいい。

こんなに大雑把でも美味しいものが作れちゃうの?
これなら料理が苦手な私でも出来るかも!

「簡単、おいしい」が私のひとつのモットーです。

そしてもっとキレイで繊細なお菓子を作りたくなったら、そういう専門の先生に習いに行って下さいね。
…みんな得意分野があるのさ。
私の得意分野、陰陽のマニアックな料理教室も面白いかな~とは思ってるのだけど、理論に調理技術が追いついてくれません(泣)

「理論なき技術は危険、技術なき理論は無用」
確か桜沢先生はこんなような事をおっしゃってたと思います…。

調理技術は極める気がちっとも起きないので、会話技術を磨いておしゃべり中心で教えていく方向を目指したいと思います(笑)

写真にはないですが、今回かぼちゃプリンを作った際に余ってしまったかぼちゃの皮で即席できんぴらも作りました。
皮を千切りにしてごま油で炒め、醤油で味付けしただけのものでしたが、こちらも参加者の皆さんに好評でした。
…後日ムスメにかぼちゃの皮入りきんぴらを出したら「コレにがい~」と皮だけ避けて食べてましたが(苦笑)
子供の好き嫌いには寛容な私です。
だって私も好き嫌い多いんだもん(笑)





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お菓子教室やります

2009-10-01 08:28:02 | イベント
昨年に引き続き、今年もやさい村さんからのご依頼で、お菓子教室の講師をする事になりました。

今回のレシピもどれも簡単に作れるものばかりです。
私が簡単なものしか作れないだけなのですが(笑)
お菓子作りを通して料理することの楽しさ、誰でも出来るマクロビオティックのエッセンスをお伝え出来ればいいなと思ってます。

直前の告知ですみませんが、まだ若干お席があるそうなので、私と一緒におやつ作ってみませんか~♪

昨年のお菓子教室の様子はコチラをご覧ください。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
「食といのちの学校」第10回 おやつをつくろー!
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

開催日: 10月4日(日)

時間 : 13:30~16:30

場所 : 三鷹駅前地区公会堂 3階調理室(三鷹駅より徒歩5分)

講師 : みぃにゃん

メニュー : かぼちゃプリン、そば粉のクレープ、りんごの葛煮

     マクロビオティックな観点から、簡単おうちで出来るおやつレシピを教わり、
     皆で作ります!完成したらお喋りしながらおやつタイム♪

会費 : 1,500円(お土産つき)

定員 : 15名(お子様連れ歓迎です♪



からだに優しいマクロなおやつ、作ってみませんか?

ついつい買ってしまうおやつ。
でも…食べたいと思うようなおやつが自分で作れたら
お子さんに食べさせてあげられたら、もっといいですよね。
買った方が美味しいんだもん!という方でも大丈夫!
講師がとても丁寧に簡単に作れる
美味しいスイーツを教えてくれます。



■ 申込み方法 ■ やさい村まで<要予約>

・電話(月~土 10時~19時)またはメールでのお申し込みはこちら
 TEL:0422-47-6639/Email:yasaimura@aw.wakwak.com

・FAXでのお申し込みは
 お名前/ご住所/お電話番号/FAX番号/受講人数/アドレス
 を記載の上  FAX:0422-42-0634 までお送り下さい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原点

2009-09-24 18:56:55 | マクロビ日記
ブログから遠ざかり、岩戸に引きこもって
5次元に自分探しの旅に出てましたが
ようやく旅から戻って参りました~。

私の原点はマクロビオティックなんだなぁ
というのを改めて受け取り直しました。
それをみんなは知っていて認めてくれてたのに
自分だけが否定していたという…。

自分の中に眠る無限(夢幻)の可能性を信じて出た旅。

マクロビオティックに息苦しさを感じて
ならばいっそと思って手放してはみたけれど
そこでわかったのは
マクロビオティックに限界を設けていたのは
自分自身だったということ。

お肉やお砂糖を食べてはいけないと言ったのはダレ?
玄米を食べないと宇宙の秩序から外れてしまう?

それを判断したのは私。

マクロビオティックが伝えたいのは
「宇宙の秩序」だけなんだと私は思います。

陰陽は宇宙の摂理を説くためにあり
そこに判断はなく
ただすべての存在を認め、定義している。

そして無限宇宙(神、永遠、虚空)が
存在を優しく包み込んでいる。

私がここに存在していること自体が
愛であり、許しなのだと思いました。


みなさまお誕生日には沢山のお祝いの言葉ありがとうございました。
(9月16日で32歳になりました)

今後の展開としては、
今まではドン引きされるのを怖れて、一部の人にしかお見せしてなかった
スピリチュアル&マニアックな妄想に満ちたマクロビオティック観を
思い切って表現してみたいなぁと思っています。
アセンション・プリーズ!
こまめな更新は出来ないけれど、今後も当ブログをご贔屓のほど
よろしくお願いいたします。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

最近の記録

2009-07-24 01:21:59 | マクロビ日記
19日の虹は見ましたか?



見事なダブルレインボーでしたねぇ。
虹を見上げるムスメと夫の後姿がなんとも微笑ましくイイカンジ。
(上に架かった2本目の虹は薄かったのでうまく写ってないです、残念)


先月の話になりますが、末妹の結婚式に行ってきました。
プライバシーの関係で斜め後ろ顔の写真だけど、それでも幸せ感が伝わってきませんか?
妹らしい、笑いあり涙ありの楽しい結婚式でした。
末永くお幸せに!



妹夫婦が結婚式2次会で配った似顔絵入りおせんべいの絵を私が描かせてもらいました。
自分の絵がおせんべいになっちゃうなんて不思議な感じ。




7月12日。
町内会のじゃがいも収穫会に参加。
大好きなじゃがいもを自分で収穫できて大喜びのムスメ。




7月20日。
棚田ネットワーク主催の「棚田保全ボランティアバスツアー」に参加して茂木の岩ノ作棚田に行ってきました。
海の日に山に行くのね(笑)

5月の田植えイベントで植えた田んぼもちゃんと元気に育ってました。



田んぼですっ転んで泥だらけになったムスメ。
棚田に馴染んでます、馴染み過ぎです(笑)



午前中はみんなで田んぼの中に棲む生き物の調査をお手伝いしてたのですが、その途中、田んぼの中でムスメのサンダルが両足とも脱げて行方不明になってしまいました。
くつがない~!とパニクるムスメをなだめながら、その横で生き物調査そっちのけで必死に泥の中に埋まったサンダルを探す私。
なんとか2足とも見つかって「あった~!」と歓喜の声を私があげると、周囲の人たちは絶滅危惧種のホトケドジョウが見つかったのかと勘違いして集まってきて恥ずかしかったデス(汗)

午後はイノシシ除けの電気柵の設置のお手伝い。
前回ムスメと一緒に感電した電気柵を今度は自ら設置するとは何の因果か(笑)

その後、岩ノ作棚田にほど近い石畑棚田でハッチョウトンボの観察。
このトンボは全長が10円玉ほどしかない小さなトンボで、準絶滅危惧種なんだそうです。



帰り際に石畑棚田をパチリ。
私にしては素晴らしい写真が撮れました(自画自賛)



平野に広がる田んぼと違って、棚田はより自然と調和してる感じがします。
人が作った田んぼと山が寄り添い助け合う棚田、これって人と自然の調和のモデルなんじゃないかなと思います。
私は棚田保全活動とかあまり興味がないのですが(関係者さんゴメンナサイ…)、でも棚田の空気が好きなんです。
ムスメも田んぼ(農作業?)が大好きみたいで、全身で野山の感触を楽しんでいるみたいです。
また行きたいな、と思わせる何かがある棚田なのです。
これって棚田病?
(*棚田病…棚田の魅力にはまってしまう病、一度感染すると保菌者になる、笑)


----------------------------------------------------------------------------------
イベント告知。

7月27日18時半よりヘルシーBARにて飲み会
8月4日11時より昭和記念公園にてベジバーベキュー大会やります。
参加者引き続き募集中です。
詳しい内容とお申し込み方法はブログの告知をご覧ください。
みんなで夏を満喫しましょう♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加