いいもの発見部mihaの気まぐれ日記

☆伝えたいことを綴ります…私らしく☆

≪継続は力なり≫

上意討ち ー拝領妻始末ー 

2013-02-27 | mihaのひとりごと
テレビ朝日開局55周年記念「ドラマスペシャル 上意討ち~拝領妻始末~」
家族愛のため命を懸けた男の壮絶な闘い!!嫁がされた側室の女…嫁姑の争い、夫婦愛を踏みにじる非道!!傑作時代劇!!

<あらすじ>

会津松平藩馬廻りの三百石藩士・笹原伊三郎(田村正和)は、藩きっての剣の達人。その腕を先代に見込まれ婿養子として笹原家に入った伊三郎は20数年、気難しい妻・すが(梶芽衣子)の尻に敷かれ、じっと我慢を重ねながら生きてきた。
そんな伊三郎のもとに突然、会津藩側用人・高橋外記(北村有起哉)が訪れた。側用人がわざわざ訪ねてくるなど、笹原家はじまって以来のこと…。戸惑う伊三郎に、外記はなんと、主君・松平正容(大杉漣)の側室・お市の方(仲間由紀恵)を、伊三郎の長男・与五郎(緒方直人)の妻として差し遣わすことに決まったと告げる。この拝領は殿の御内意、つまり命令だった。
上意とはいえ、その拝領は伊三郎にとって、到底受け入れがたいものだった。息子たちには自らの不幸な結婚生活の二の舞だけはさせたくない、愛のある結婚をさせたいと常々、願っていたからだ。聞けば、お市の方は正容との間に男子を生みながらも、若い側室の出現に逆上し、殿の胸倉をつかむほどの大騒ぎを起こしたため暇を出されたという。そんな嫁を喜んで迎えられるはずもない。
親友である国廻り支配・浅野帯刀(松平健)に相談を持ちかけた、伊三郎。のらりくらりと時間をかけて沙汰やみとなることを期待するしかないと考え、督促のため再訪した外記に対し、「恐れ多いゆえ、なにゆえご辞退を…」と低頭する。
だが、当の与五郎が突如、「拙者は、拝領をお受けしたい」と言い出したのだ。与五郎は大奥に上がる前のお市の方を偶然、見かけたことがあり、心に強い印象を残していたという。与五郎当人が受けるといってしまっては、伊三郎も致し方ない。こうして、笹原家は拝領妻を受けることとなった。
まもなく、お市の方から格下げになった“いち”と、与五郎の婚儀が執り行われた。花嫁のいちは、主君の寵愛を受けて一子をもうけた女とは思えないほど楚々とした美しい女性だった。そしてそれからというもの、いちは口うるさいすがのいじめにも耐え、嫁として慎ましく仕えた。
そんな“嫁の鑑”のようないちが、なぜ藩主につかみかかるような乱暴な行いに出たのか、伊三郎もそこだけは合点がいかない。伊三郎が与五郎に真相を聞いてみると、いちが悲壮なまでの思いを秘めて大奥に上がっていたことがわかり…!?
その後も与五郎といちの夫婦仲はいたって睦まじく、伊三郎はいちのことを“三国一の花嫁”だと思うようになっていった。このまま平和な日々が続くと信じ、伊三郎は与五郎に家督を譲り、役目を引退。いちは、娘・とみを出産した。
ところがある日、幸せな日常が急変した…! 正容の嫡子・正甫が病死し、いちが側室だったときに生んだ容貞が世継ぎと決まったのだ。つまり、いちは、“御世継ぎ様のご生母”となってしまった。世継ぎの母を、一家臣の妻として打ち捨てておくことはできない…。藩の重臣たちは、与五郎にいちを城に返上するよう命じた。それは、殿の御内意でもあると…。
理不尽で血も涙もない藩の仕打ちに、伊三郎は激怒した。そして息子夫婦の愛の深さに心を打たれた伊三郎は、笹原家を守ることだけに生きてきたこれまでの人生を捨て、与五郎と共に上意に逆らう決意を固めるのだが…!?

(公式HPより)


録画しておいたドラマを観ずに削除するときがあるけれど…
削除しなくてよかった
2ヵ所で号泣あんな理不尽なこと…かわいそすぎる

「大きゅうなったら おまえを産んだ母のように 愛を…愛を貫く女になるのだぞ
そしてな 縁を結ぶ相手は おまえの父親…父親のような男を選ぶのだぞ よいな…とみ」



田村正和さま~好きです…大好きです
むか~しのドラマで…岩下しま?さんと共演されたドラマの中で…押入れで何かされたような記憶があるんですけど…
夢だったのかなぁ…あの時から、好きです(笑)

ドラマ「上意討ち~拝領妻始末~」で気になったことを書いておきます
笹原伊三郎(田村正和)の妻(すが・梶芽衣子)のフォローなくドラマが終わってしまって…
すがさんはどうなったんですかね
彼女は彼女なりの愛し方で家族を愛して生きていたと思うんだけど…
残念なお姑さんだった
それから…
とみちゃんの行く末も気になります

続きはないんですか?
コメント