いつまでも若人3

豊かなセカンドライフを求めて

東日本で地震

2016年11月23日 | Weblog
11月22日、東北や関東で広範囲に地震が起きた。
津波警報が発令されて、5年前の事がよみがえってきた。
当事者の方々の恐怖は、いかばかりかと思った。

5年前の余震ということだが、日本列島はいつどこでも
地震がおこる可能性があるというので他人事とは思われない。
地震にそなえて、準備を日頃からしておかなければと心を引き締めた。

それにしても、今回も原発の使用済み核燃料の冷却水ポンプが一時止まった。
地震のつど、全国にある原発の事が心配になる。
福島のあと始末もまだまだ問題だらけなのに、再稼働にむかってすすんでいる。
原発がなくなる方向にあったのにどうして? 皆が深く考えないせいだとおもうが、
マスコミや知識人一般人ももっと声を出さないとんでもない方向にすすんでいっている
気がする。
(Y)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

韓国の事情

2016年11月17日 | Weblog
 今日は韓国では大変な日らしいです。若者の将来がこの日でほぼ決まってしまうと言います。大統領はややこしくなり、延命をはかり、不正が次々と明るみに。
韓国の受験事情を知れば知るほど同情を禁じえません。高三になれば寝る時間は3~4時間、あとはすべて勉強!学校で、塾で、又、自習室を別途借りるそうです。
ここまでしても大手企業に入れるのは一握り。就職率は6割程度。大企業に比べれば中小の賃金は二分の一だそうです。やってられないですよね。そんな時に大統領のコネで入学したりの話がでると、それは許せないと思うのは当然です。そんな事情もあってか日本で就職しようとする若者が増えているとか。根性があって能力もあるなら日本企業も採用に前向きのようです。グローバル世界で人が国境を越えて行き来するのは当然です。日本の若者も世界に出て活躍を!(m)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ新大統領にトランプ氏

2016年11月10日 | Weblog
 やっぱり、こんなことも起こるものですね。ヨーロッパではイギリス国民があんな決定を。アメリカではこんな決定!ヒラリーさんが優勢だったはずなのに。マスコミは何故こうなった?の検証でにぎやかです。多くの意見では「隠れトランプ」を甘く見ていたとのことです。恥ずかしくて大っぴらにはトランプ支持を言えないけれど投票はトランプ氏に、ということらしです。得票率はヒラリーさんの方が多かったようなので、アメリカの選挙方法にも疑問が残ります。
 結果は受け入れなければならないのですが、選挙中に言ったことは選挙用の言葉として現実を見極めて常識的な政治をお願いします。彼の周りにいいブレインが集まりますように。それにしてもアメリカも想像以上に病んでいるのですね。不満はどこにでもありますがかなり深刻だと思いました。特効薬の無い病なので将来どうなるのか、世界は何処へ向かうのかなんだか希望がもてないですね。でも将来のことを考え頑張っている若い人たちもいます。期待しています!(m)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

女性のトップ

2016年11月03日 | Weblog
アメリカでは大統領選挙の1週間前になってもヒラリー・クリントン氏とトランプ氏のシーソーゲームが話題になり、世界の市場がもしも「トランプ大統領」となった場合のリスクで揺れている。
隣国の韓国では朴大統領の友人が絡んだ疑惑で世論の非難が高まっている。
来日中のミヤンマーのスー・チーさんは軍部との関係に配慮しつつ国民の人気を背景に国家の発展に頑張っている。
日本では都知事の小池百合子さんの頑張りが頼もしいものの、足を引っ張る政治家、特に都議会のメンバーの動向に注目したい。
国民、都民、県民、市民 町民 ・ ・ ・ 一般庶民の知らない間に利権がらみで色々な政策が決まっていることが多いように感じます。現在の小池さんの様に経過を全部知らせてほしいです。
小池さんには今後もガラス張りの都政をお願いしたいですし、全国の市町村でもそうなって欲しいです。
子供の頃から自分で考え政治に関心をもつような教育を望みます。 (w)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加