いつまでも若人3

豊かなセカンドライフを求めて

最後の紅葉

2016年12月07日 | Weblog
12月に入り寒さも本番となってきました。
神戸、特に阪神間は北が六甲山脈、南が海と高低差がついています。
坂を下って街に出て帰りは山の景色を眺めながら坂道を上って帰宅します。
急に寒くなったせいでしょうか山の木々の紅葉が色とりどりで美しい眺めです。
山の紅葉だけでなく一般のお宅の紅葉も素敵で気持ちがなごみます。
残念なことに昔からの住宅が建て替えや代替わりでマンションになったり、敷地一杯に数軒の小規模住宅が建てられる事が多くなりました。庭木がめっきり少なくなり寂しい限りです。
子供たちのためにも遊べる緑一杯の公園があちらこちらにあれば緑化だけでなく子供たちの創造性や心にも良いのではと思います。自然に囲まれた環境は無い物ねだりの時代なのでしょうか。 (w)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超高齢化社会 | トップ | 年の瀬 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-12-08 21:31:51
同感です。我が家の周りも宅地開発が活発です。雑木林が瞬く間に住宅に変わります。敷地いっぱいに建てられた家に緑の余裕はありません。でも広い敷地に緑いっぱいの大きな庭は庶民の手に負えません。小さな家にも暖かな家族の営みがあればいいですね。庭先の小さな自転車や三輪車を見ると何だかほっこりします。「元気でおおきくなってねぇ~。」

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL