気ままな豆やさん

仕事半分遊び半分の自由商人趣味多き(あきんど)です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(9)

2009-06-23 22:45:03 | 忘れ得ぬその日
私の部屋の天井はゼロ戦のほかこの屠龍(とりゅう)先のB29
イギリスのモスキート(デバビランド)など今も飛び続けています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(8)

2009-06-23 22:36:44 | 忘れ得ぬその日
昭和20年になると制空権はアメリカにあってB29が大編隊で
8月15日の終戦日の未明まで空襲を続けた。最後の空襲は埼玉県
の熊谷市であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(7)

2009-06-21 09:32:40 | 忘れ得ぬその日
焼夷弾を束ねた本体が落下中に分解着火しながらバラバラと火の雨
となって民家を焼き尽くしたもので弾頭の部分を皿(さら)が我家
の地下室の数十センチのところに落ちていてこれが直撃していたら中の
家財は即灰になっていた、穴倉と言っていたこの地下室は今も空洞の
ままあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(6)

2009-06-20 21:32:48 | 忘れ得ぬその日
焼夷弾の本体6角形をした筒のなかに真っ白な油脂が詰ってリボン
がついていた不発弾が避難先の茶畑に突き刺さっていたのを手の
とどくところで見ました。そしてB29同士が空中衝突して墜落
して行く音を聞いて音のする方角をさがしたが市街地の燃え盛る
炎と煙で見えなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(5)

2009-06-20 21:19:27 | 忘れ得ぬその日
爆撃中のB29の編隊、資料より実際は夜中の空襲でしたから
最初に目標にした市役所近辺を照明弾で明るく照らして焼夷弾
を投下したもので空襲がはじまって間もなく火炎が我家の裏から
表に吹き抜けて慌てて逃げ出した(パニック状態)そのシーン
が今でも身の毛が与奪思いがいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(4)

2009-06-20 20:57:51 | 忘れ得ぬその日
当時私は国民学校3年生住んでいた実家から100m以内に現在の
静岡銀行本店、当時の三十五銀行、通称三五といっていた建物を中心
に半径2kmを爆撃の範囲ときめてB29が焼夷弾爆撃したもので
私は母とすぐ上の兄と妹二人の4人で頭布を被り暗い方向目指して
逃げ惑いました。この絵の状態であったと思います。頭上にB29が
飛び交っていたと思いますが、機影を見た記憶は全くありませんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(3)

2009-06-20 20:44:09 | 忘れ得ぬその日
罹災した人が描いた炎上している静岡市役所(左)と警察署
実に良く書けていています。資料、写真と絵でたどる静岡空襲
静岡平和資料館をつくる会のDVより拝借。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(2)

2009-06-20 20:40:28 | 忘れ得ぬその日
この夜の体験は64年を経た今日(こんにち)でも鮮明に
記憶の塊となって蘇ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

64年目の6月20日

2009-06-20 20:34:01 | 忘れ得ぬその日
64年前1945年昭和20年6月20未明B29の空襲により
一夜にして、静岡市街が焼け野原となってしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(8)

2009-06-18 21:54:13 | 食べる
水温が低くて鮎が口を使わないので流れの際を丁寧に攻めるが
針掛りするのは外道のアブラハヤばかり、低水温の当り針をと黒髪に変えて
直後に今期はじめての鮎を13cmがようやく網の中にその後
針を赤系の八つ橋にきりかえたりと針の選定に悩みながら
10尾を釣り上げて夕餉の食卓に塩焼きでいただく若鮎の苦味が
実に旨い。地元の人の話では天然鮎の遡上時期が寒くて冷水病で
生育が悪いとのことですが、堰堤の上下の禁漁区には型のいい鮎
が群れていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加