気ままな豆やさん

仕事半分遊び半分の自由商人趣味多き(あきんど)です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

季節の花

2007-06-30 21:36:01 | 花鳥風月
先日の紫陽花はちょうど見頃でしたが、今回の花はちょっと時期が過ぎて
残念街道を走っているとよく見かけますが、停車するタイミングを逸して
しまいます。さてこの花の名前{アガバンサス}(ユリ科)だと思います。
ラジオ深夜便7月号の誕生日の花から7月3日の花に絵入りでありました。
花言葉は「恋の訪れ」「愛の便り」とありきょうの一句ではといきたいですが
ここは辞めておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5,6月のお天気カレンダー

2007-06-30 21:17:30 | カレンダー
今年も前半が今日で終わり、なんとか無事に半年が過ぎました。
お天気カレンダーに毎日欠かさず書き入れることが出来て7月から後半
余白に書き入れている目立った事件としては5月28日に松岡農林水産大臣の
自殺がありました。最近では社保庁の年金問題金曜日の朝までテレビで激論
してましたが、果たして1年後に解決出来るか?。
お天気の方は6月14日に東海地方が梅雨入りしましたが、ここまで空梅雨
傾向で雨がほしいところ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5,6月のカレンダー。

2007-06-30 20:52:18 | カレンダー
自衛隊の潜水艦 {やえしお}
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月最後の日。

2007-06-30 20:47:52 | カレンダー
紫式部の5,6月のカレンダーから切り取りました優雅でしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故

2007-06-27 01:11:00 | 仕事
昨日26日午後4時焼津市内での事故直後の現場です。
自転車に乗った、小学生の女児が車(対向車)にはねられて横たわって、
運転していたであろう女性が駆け寄っているところです。
女児が被っていたヘルメットと靴が前の車の左側の路肩まで飛んでいました。
女児の身体から血がながれており、現場を通過する時には男性も駆け寄って
携帯で連絡をとるところでした。
どんな怪我だったか気懸かりです。
私も気を付けなければ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後に。

2007-06-27 00:29:04 | 忘れ得ぬその日
当時私の家は紺屋(染物)を営んでいて雨の日に反物を干せるように掘られた
地下室があって家財の他お客から預かった品物、杉の丸太、釜で炊いた飯などが
いれてあり、空襲警報の度にこの(穴倉)に入ったものでした。そして写真の
丸い焼夷弾を束ねる蓋が穴倉から1m位のところに落下していてこれが直撃し
ていたら中に火が入ってしまったであろう。この地下室は今も当時のまま現存
しています。幸い父も兄二人も無事でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続き。

2007-06-27 00:06:47 | 忘れ得ぬその日
2種類の焼夷弾が使用され細長い6角形をした焼夷弾が不発のまま茶畑の土に
突き刺さっていて4本の帯状の吹流しがあったのを記憶しています。空襲の最中
上空を飛び交っていたB29の機影を見た記憶がなく、ただただ逃げるのに精
一杯だったかと今、思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続きます。

2007-06-26 23:45:09 | 忘れ得ぬその日
写真は墜落したB29の残骸です。123機のB29が波状攻撃で爆撃初めは高度
2400mから焼夷弾を投下していたが、地上の猛烈は火炎による乱気流で高度を
3700mまで上昇して爆撃をしたそうです。その中で2機のB29が衝突して
2機とも墜落して搭乗員23名が死亡したものです。私たちが山の麓についた時
に墜落するB29のグァーン、グァーンという音を聞き音のする方角さがしましたが紅蓮の炎で何も見えませんでした。恐らく錐揉みしながら落ちて行ったのでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れ得ぬ日 (5)

2007-06-25 06:42:17 | カレンダー
安倍川に群がる人と流れる川の水の中で焼夷弾が火を噴いている様子ここに
避難した人が当時の記憶を描いたもので川なら安全と思って逃げてきた人の
多くがここで焼死にました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忘れ得ぬ日(4)

2007-06-25 06:30:34 | カレンダー
この橋の下では。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加