気ままな豆やさん

仕事半分遊び半分の自由商人趣味多き(あきんど)です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伴奏が聞こえませんでした。

2013-09-26 21:26:54 | 民謡
9月22日、民謡の発表会がありました。習いたて(6月から)の「河内音頭鉄砲節」をはじめて三味線の伴奏で
公開です。自分は練習通りに唄ったつもりでしたが、・・・・三味線の先生から伴奏が追いつかなかったと言われて
じぇじぇじぇ、どうやら、おさきばしりで唄ってしまったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(3)

2013-06-27 12:15:39 | 民謡
ビールで乾杯にあとは、地元の山菜、鮎の塩焼をつつきながら腹ごしらえ。
日頃の、稽古の成果を披露、私は秋田民謡「酒屋唄」と北海道民謡「鱈釣節」
をメンバーそれぞれ二曲づつ持ち歌を離れの雰囲気の中唄いあげました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(2)

2013-06-27 12:10:52 | 民謡
まず記念写真、オールスターです。民謡をこよなく愛してます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山荘にて。

2013-06-27 11:54:32 | 民謡
きのう、26日梅雨寒で一日中雨が降りつづけました。そんな中、民謡教室をたまには
雰囲気を変えてやりましょうと。玉露茶で有名な朝比奈(旧)岡部町の民宿{朝比奈}で
お昼の食事を囲んで三味線の伴奏で民謡、ハーモニカをバックに「ふじの山」ほか唱歌
ナツメロで楽しい、ひととき、を過ごしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年会

2012-01-15 12:00:17 | 民謡
一月八日(日)市内の福祉会館で民謡同好会の新年会がありました。私は2年ぶりに民謡に復帰(理由)ゼロ戦作りに
没頭するため期限付きで中断していたもので暫くぶりに唄いました曲は秋田県民謡の生保内節三番まで覚えていました。
民謡を唄う人が年毎に高齢化で減ってしまいなんとかしなければならないところまで来ているようです。参加者全員が
唄ったあとはカラオケで座を私も持参のハーモニカを十曲ほど演奏してナツメロ唱歌などを皆さんに歌ってもらいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(4)

2010-01-13 09:51:23 | 民謡
民謡同好会のメンバーも年々高齢化が進んでいて腰の曲がった大ベテラン
も舞台に上がりますが、参加者が減っているのが現状です、この人も90才を
越えた方でマイペース?で唄っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(3)

2010-01-13 09:10:25 | 民謡
午前の部を終えて新年会の料理です。会費¥1500でビールとお茶が
つきます。ハンドルを握る人はウーロン茶で乾杯、わたしもビールは夕餉の
食卓に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(9)

2009-11-23 05:22:58 | 民謡
このトンネルは2009~2010冬のイルミネーションです11月13日
に点灯がはじまり来年1月まで点灯時間は16時30分から22時までだ
そうで、私たちは点灯を待たずに帰路に就きましたが、見る価値があった
ようでした。高原ビールの中は米久ハムの製品がどっさりとあり観光客目当
にところ狭しとみやげものが、さて一日よく遊んで裾野ICへ直行、沼津
あたりで西の山の端に日没の瞬間を眺めながら焼津に無事到着、皆さんを
送り届けて260kmの富士山周遊のドライブでした。おわり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(8)

2009-11-23 04:53:01 | 民謡
そんな忍野八海をあとにして山中湖を左に見ながら旭ヶ丘を右折、篭坂峠を
御殿場に向けて長い下りカーブの道を、車内では御殿場高原ビール時之栖に
行きたいとの声で針路変更、今回はカーナビを積んでなかったので自分では
全然所在地のイメージがなく富士山麓なのか愛鷹山麓なのか箱根山麓なのか
仕方なくコンビニで尋ねると懇切に教えてくれるが、近くまでいったらまた
コンビニで聞くようにと指定されたコンビニで尋ねようやく高原ビールに
着くことが出来ました予想もしない場所にありました。東名裾野ICから
だとストレートに来れることを知りました。写真はシンボルの鷹?
金網製で大きな鳥です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(7)

2009-11-23 04:22:51 | 民謡
忍野からの富士山をゲットしようと試みたのですが逆光で積雪の反射で
山の姿を捉える事が出来ません。忍野の富士といえば、水面に映える古民家
をシルエットに雄大な富士を連想させる場所があるのですが、そこは入園料
を払わないと見られない、広い池のぐるりを生垣で目隠しして写真を撮れない
ような仕組みで根性の裏側を見せ付けられて二度と来るまいと私も根性丸出し。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加