のほほん映画鑑賞

気ままに見た映画のつぶやき

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」

2009年02月18日 | タイトルは行
戦場で亡くなった息子を取り戻したかった時計職人が、逆回りの大時計を作る。

その年、生まれたベンジャミンはその時計のように若返り続けた・・・

逆転の人生でも、普通の人生であっても、皆同じ。

自然の理は、始まりと終わりの繰り返し。



1920年代にF・スコット・フィッツジェラルドが執筆した、80代で生まれ、そこから若返っていくひとりの男の姿を描いた短編の映画化作品。

普通の人々と同じく彼にも時の流れを止めることはできない。

ニューオーリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、ベンジャミンの誰とも違う人生の旅路を描く。(goo映画)



ベンジャミンとデイジーの80年に渡る人生。

デイジーの死の床で、娘のキャロラインがベンジャミンの日記を読む形で物語が進む。



見た目は老人でも、中身は子どものベンジャミン。

酒も女も覚え、やがて老人ホームから飛び出し、若者らしく世界の海へ。

第二次大戦で戦闘も経験する。

潜水艦と遭遇してしまい、ガチ戦闘シーンはちょっと迫真です。

事故、戦争、仲間の死など、二人は離れている間、それぞれの苦悩が自分を成長させていた。

遂に二人の人生は40代で交差する。

デイジー43歳で妊娠!

高齢出産だな〜

ケイト・ブランシェット、色白すぎ〜。

バレエ経験ありということで、ダンスシーンは上手でしたね。



ラスト、外された大時計が倉庫の中で逆回りを始めるけど、ハリケーンの水は容赦なく流れ込み、押し流す。

逆転の人生でも、普通の人生であっても、皆同じ。

自然の理は、始まりと終わりの繰り返し。


同じ時を共有できる人々は幸いなり。

旦那がメタボでも、禿げても構わない。

多くは望みません。

一緒に生きてさえいてくれれば・・・





『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「沸騰都市 シンガポール」 | トップ | 「ありふれた奇跡 7話」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (KGR)
2009-02-19 21:46:35
おそらくは観る人の年代、家族構成によって、
受け取り方がずいぶんと違ったと思います。

いや、もっと言うなら、年齢を経た人の方が、
感じるところが多かったのではないかと思います。

船長もちょっと深かったです。
Unknown (AI)
2009-02-20 00:37:24
KGRさん、いらっしゃいませ^^
色んな人物が、含蓄のある一言を言っていたと思います。
船長のハチドリの話も含みがありましたね。
ありがとうございます。 (トミー。(猫とマンガとゴルフ〜の管理人))
2009-02-20 11:17:27
 こちらへお越しいただき、ありがとうございます。m(_ _)m

 さっそくトラバしてしまいました。テヘッ
よろしくお願いいたします。

 KGRさんのおっしゃるように、若い人より中年以降の人の方がいろいろ考えちゃう映画だと思います。若くても人生の機微は分かると思いますがね。

 私は老人ホームにいたお年寄りたちがすごく良い演技だと思いました。みなさんきっと実人生でも良い人生を送られて来た俳優さんたちじゃないかしら ? と感じてます。
Unknown (AI)
2009-02-20 21:39:32
トミーさん、ありがとうございます^^
あのカミナリじいさん、不幸も7回続けば自慢話!?
それぞれに歩んだ人生が役ににじみ出るんでしょうね〜。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ち...
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/2/16、109シネマズ木場。 2時間47分でしたが、長くは感じませんでした。 ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、 ジェイソン・フレミング、タラジ・P・ヘンソン、エル・ファニング。 *** 2005年、ニューオーリンズの...
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン...
映画 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (猫とマンガとゴルフの日々)
 映画のオフィシャル・サイト → 映画 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」  昨日水曜日で レディースディ だったので、近くの 六本木ヒルズ内にある TOHOシネマズ 六本木ヒルズ  で映画 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を見てきました。  ...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (新!やさぐれ日記)
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 を観ました。 (My Favorite Things)
デヴィッド・フィンチャーは好きな監督のおひとりですが、今までの作品とは全然違いますねぇ…
ベンジャミン・バトン★数奇な人生  (銅版画制作の日々)
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかった...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Akira's VOICE)
人生という名のロードムービー。  
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (エンタメ日々更新)
映画 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 の感想 80代の老人の見た目で生まれ、どんどん見た目が若返っていくベンジャミン・バトン(ブラッ...
高齢出産の年齢 (高齢出産の年齢)
高齢出産の年齢はどのくらいですか。30代でも高齢と呼ばれる世の中安心して産みたいですね。
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
あんな風に若返ることができるメイク・・私もしてもらいたい(^^ゞ
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (シネマ・ワンダーランド)
文豪アーネスト・ヘミングウェイ同様、「失われた世代」に属する米国の著名な純文学作家、F・スコット・フィッツジェラルド(1896年―1940年) の小説(角川文庫所収)を映画化したファンタジー・タッチのヒューマン・ドラマ「ベンジャミン・バトン 数奇な人生...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/...