ケ時々ハレ・2

楽しむために、「晴れ」のために「褻」を生きてます。左脚も人工股関節にしました。右人工股関節はライト、左はエルといいます。

12月11日(日) 「ジキル&ハイド」

2005-12-11 19:06:23 | ミュージカル

ミュージカル教室のAkkoさんと一緒に、
日生劇場へ「ジキル&ハイド」を観に行く。
Akkoさんのご主人が急なお仕事で行けなくなり、
代理にハイッと立候補したのである。
北川先生が歌唱指導をしていらっしゃるし、
ぜひ観てみたいと思っていたのよ~。

日生劇場なんて20年ぶりだよ。
ライティングにすごく凝った舞台だった。
開演前にも客電が点かず、
客席側に向けたライトが点いていたのも
演出なのだろう。
鹿賀さんは凄まじい変貌ぶりを楽しんでいるようだった。
ジキルとハイドの闘いの場面でも、
ライティングが大活躍。
マルシアの舞台を初めて観たが、
かなり色っぽいのね。
青年座出身の石川禅さんがよかった。
惜しむらくは急な代役のS・R嬢
かわいそうなぐらい芝居ができない。
もうちょっとうまかったら、もっとラストが生きるのに。

おもしろかった。
Akkoさん、ありがとうございました。

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月10日(土) 「仮面のロマ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして☆ (fortheday)
2005-12-12 23:59:05
TBさせていただきます。

鹿賀さんは初でしたが、すごかったですね。

マルシアさんはレミゼの時とはまた違った感じでしたよ。

石川さんはエリザで観たような、でも鈴木さんで観たのかな、

ちょっとど忘れです。

鈴木さんは、まだ伸びシロがあるかなと思って観てました。

好きなミュージカルの一つになりましたよ。
Unknown (KEN(♀))
2005-12-13 00:30:27
forthedayさん、はじめまして。

こちらもTBさせていただきました。

私は東宝にはあまり詳しくないのですが、

最近、お友達に連れ出してもらうようになりました。

あの蛍光色の薬品も、おもしろいなと思って見ておりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ジキルとハイド (映画バカ ~エンターテイメントバカ~)
今回は映画じゃないです 鹿賀丈史主演の舞台です 今日、日比谷の日生劇場行って見てきたんですけど すばらしいですね 人間の中に絶対にあるものをテーマにしてるとことか 自
二重人格 (見果てぬ夢)
観劇の部 ・ジキルとハイド 観たのは少し前なんですが、どう書こうか考えていて キリスト教的な解釈で読み解くか 沙翁の『まちがいの喜劇』に題を取った 萬斎師代表作の『まちがいの狂言』で読み解くか 色々と思案を重ねています。 実は今もなんですが… コロ