ケ時々ハレ・2

楽しむために、「晴れ」のために「褻」を生きてます。左脚も人工股関節にしました。右人工股関節はライト、左はエルといいます。

9月17日(土) 浅草東洋館 6-dim+ライブ

2016-09-21 19:28:39 | 6-dim+
1年ぶりの6-dim+単独ライブ。

6-dim+はどんなに人気が出ても、昔と変わらない6-dim+なのが嬉しい。
特にしみじみ語れるカタヨセさんの雰囲気が安心できる。

この6人と、夏の自由研究で一緒にインプロしていたなんて信じられない。
なんというしあわせだったのだろう。
貸し稽古場でワークショップやっていても、大きな舞台で歓声を浴びていても、みんな同じ6-dim+なのだ。
みんな、いい人なんだ。
なんで6-dim+っていい人たちなんだろう。
嬉しくて嬉しくて嬉しい。



































私の書いたペーパーズが読まれた。
誰が書いたものか、わかって拾っているわけではないから、これだけの人数の観客の中で読まれるとは、ものすごく運がいい。
クロコダイルの半分も観客が埋まっていなかった時代とはわけが違う。
しかも、その台詞がシーンにばっちり合ってエンディングとなったのだからさらに嬉しい。

客席で可愛らしい声で「パパ」「パパ」と言っている声が聞こえて、もちろんそれはシーンに使われたのだが、想像通り、あつしさんの2歳の息子ちゃんの声だった。
あつしさんが息子ちゃんのことをFacebookにアップするたびに、
「人間はここまで人間を愛することができるんだ」
と実感する。
すごく愛し合っているパパと息子ちゃんという感じで、見ていてニマニマしてくる。
可愛らしい彼にも会えて、本当によかった。
(たぶん以前のライブにも来ていたことあると思うんだけど)

りょーちんのNHKの集金人、私の中で歴史に残るほどよかった。

淳くんのヤな人っぷりったらなかった。

6-dim+全員がインプロアスリートで、ライブのたびに確実に実績を重ねる。
6-dim+に会って、6-dim+を体験することが、私の生まれてきた目的の40%は確実に占めていると思う。
(いずれもっと正確に考察するつもり)

6-dim+は6次元だから、拡がって、大きくなっても、遠くへは行かないんだってわかった。
そばにいてくれつつ、高みへ向かう。
どんなに大きくなっても、ここにもちゃんといてくれる。

出会えたことが奇跡なんだ。
奇跡だけど必然なんだ。

6-dim+を観ると、ものすごくすべてに肯定的になれるよ。







熱い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月16日(金) 劇団ヨロタミ「硝子の途」

2016-09-21 18:57:24 | 演劇
劇団ヨロタミ「硝子の途」を観てきた。
ヨロタミとは、よろしくたのみますの意だそうだ。










同じ部のN女史の同級生が出演している。
池袋演劇祭受賞記念の再演。

同僚のN女史と、歌って踊るリーダーとあうるすぽっとで待ち合わせた。
(みんな同じ部なのだが、それぞれ仕事で外出なさるので待ち合わせということになる)







前から2列目だった。
嬉しい。

N女史の同級生・雪絵役の南井貴子さんは、とてもおもしろい女優さんだった。
しゃべり方に説得力がある。
一言一言、ちゃんと話してくれるので気持ちよく耳に届く。
それでいて個性的で魅力的。

両親を同時に失った時のことを
「感謝ですよ。悲しさよりも感謝ですよ」
と語った雪絵の言葉の意味は、あとではっきり見えて来る。

あらすじは書かない。
重いテーマだが、登場人物が誠実で前向きなのでドヨンとした感じにはならない。
時々笑わせてくれるし、時々歌ってくれる。
皆さん、いい声で歌がうまい。

「どんなことがあっても歌っていれば前を向いていられる」
というのも、いい台詞でした。

少し年配の女優さんも出ていらしたが、こんな芝居ならやってみたい。
60、70でもできるだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月3日(土) 「アラジン」

2016-09-04 21:21:40 | 劇団四季
開演前に浜離宮恩賜庭園へ行った。
暑かったけど、秋の気配。
空がすごく綺麗だった。














タリーズでお茶飲んでからアグラバーへ。










数日前まで阿久津さんだったのに、いつのまにか道口さんになってた。

そもそも道口ジーニーがデビューしたと知った時に、何が何でも道口さんが観たくて、どんな席でもいいからと闇雲に取ったのが今日のチケットだった。

しかし勝手なもので、タッキーが1回、道口さんが3回となると、阿久津さんも観てみたいし、タッキーももう一度観たいし、とワガママになってしまう。

でも、始まってしまえば道口さんには何の不満もない。
顔が小さくて綺麗過ぎるけど。

ジャスミンは一番好きな齋藤ジャスミン。
すごくすごくすごく可愛い。

市場で「バブカックオマールアラジンカシーム」を踊っている時の可愛さと言ったら、もう破壊的なまでに可愛い。

こんだけ可愛かったら、サルタン王も甘やかしちゃうよなぁと思うわ。

アラジンは厂ちゃん。
文句ないです。
特徴ある歌声は、ややもすれば危うい魅力がある。

本城ジャファーは初めて観た。
牧野さんのジャファーが好き過ぎるから、ちょっと違和感あった。
あまり悪人じゃなさそうなんだよね。
そして、わりと声も高めなので、酒井イアーゴとの対比があまり際立たない。
充分ジャファーなんだけど、私は牧野さんが好き。

イアーゴは最高ね。
小悪党な感じが素晴らしい。

藤田バブカックも初めて。
特に問題はないんだけど、白瀬さんが観たい。

松島カシームはいいわぁ。
こなれて良くなってると思う。

洋ちゃんのオマールが観たいよう。

道口さんは素敵。
惹かれる。
異色なジーニーだけど、好き。

結果的には満足です。
オール(マイ)ベストキャストで観るというのは不可能なんだろうなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月22日(金) 「人狼TLPT×宇宙兄弟」

2016-07-24 18:52:25 | セブンキャッスル
朝からものすごい筋肉痛。
全身だけど、特に太もも。
きのうの防災訓練で階段を23フロア分降りたせいだ。
仕事中も立ったり座ったりするたびにイテテと言っていたのだが。

1時間早上がりして、夫と待ち合わせ、新宿村LIVEへ「人狼TLPT×宇宙兄弟」を観に行った。







宇宙兄弟とのコラボだから、役名がいつもと違うし、人狼が始まるまでの台本芝居が長かった。
おもしろかったけど、オープニング芝居に45分!
それから「これより始まる物語は………」って前置き長っ!

前にサイコパスとのコラボを観た時にも思ったのだが、役名がいつもと違うだけで混乱する。
誰が誰やらわからないので、いつもより推理に集中できない。
いちいち頭の中で、
「えーと、福田ってのはバロウズで………?」
「嵐柴って誰だ、メイソンか」
と変換しなきゃならないのだ。
それだけ役柄が血肉になってるって凄いことよね。
財産だよね。

そしてこれが私の苦闘の痕跡。







人狼2匹、狂人、予言者、霊媒師は当てたが、狩人と3匹目の人狼をはずした。
これで一度でもパーフェクト取ったことがあるって奇跡だった。

しかし宇宙飛行士の訓練の場を人狼にこじつけるのは、うまい設定だった。
排除された人たちが喰われたわけではないので、ちょっと空気が違ったけど。

メイソンの立ち居振る舞いが好きだな~。
そして、シンプルな人狼が一番好き。
あの人たち、みんなとてつもなく頭がいいのよね。

さて、終演後が大変だった。

新宿村LIVEは、とても深い。
数えたことがないので正確にはわからないが、地下4階か5階分は潜ると思う。

23フロア分、歩いて降りて絶賛筋肉痛中の私にとって、それだけの階段を昇るのは手術前よりも困難だった。
エレベーターはないし。
搬入が必要なのだからエレベーターがないわけはないが、グルーーーッと大回りした所にしかなくて、観客は使えない。
地上に出るまでが死に物狂いだった。
10分ぐらいかかったかも。

ああ、人狼すべてのステージを観たいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月7日(木) 「リトルマーメイド」

2016-07-10 12:39:02 | 劇団四季
ホンスキー友達3人と「リトルマーメイド」を観に行った。
最前列センター。
首が、首が。












志音アリエル、三平アリエル、小林アリエルと観たが、4人目の松元アリエル。
友達のかよりんに似た、エキゾチック美人だった。

村トリトン、初見。
声に貫禄がある。
ああ、光枝さんのトリトンが観てみたい。
アースラの弟には見えないかもしれないけど。

竹内エリック、2度目。
ちょっとヤンチャで奔放なエリックなんだよね。
グリム泣かせみたいな。

グリムは田島さん。
ナジェットに見えてしかたなかった。

安定のカニちゃんとかもめ。
この2人が一番安心して観ていられるよ。
スカットルの脳みその小ささが好き。

初見のシェフ・ルイ、キャスト表がなければ気づかないほど外見が岩城シェフにそっくり。
メイクの雛型があるんだろうけどね。

フロットサムが有賀さん。
1フレーズの歌が、ものすごくうまくてもったいない。
フランダーやイアーゴやってほしい。
なんならアラジンでもいい。

友達の可愛かった発言。
スカットルのリハビリソングを聴いて
「あのカモメ、いい人だね」
シェフ・ルイが出て来た途端
「私、この人好き~!」
可愛い。

これでしばらくリトルマーメイドは見おさめかも。
もう一度、おっくー観たかった。

口がきけずに笑顔で好意を表現するアリエルは、ちょっと見倣うべきかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月6日(水) 月刊ギィ・フォワシィ

2016-07-10 11:32:08 | 演劇
「月刊ギィ・フォワシィ」を観に行った。









川端さん、「ペンキ塗りたて」に出ていらして、昨日が千秋楽。
そして今日が「関節炎」。
劇団四季か!
というぐらいの切り替えぶりだね。

月刊ギィ・フォワシィは、すごく役者泣かせの企画で、とびとびの1回の上演のたびに稽古をし直さなければならないという過酷さ。
お客は毎月、いろんなギィ・フォワシィの作品を入れ替わり立ち替わり観ることができる。

川端さんは、ゆうべはちゃんと最後まで打ち上げに出ていたそうです。

まずは「椅子について」。
山田宏平さん、すごくおもしろい声の持ち主。
母音法かと思うほどくっきりと聴こえる。
不思議な声の魅力に聴き入ってしまい、演説があまり入って来なかった。

「動機」
村松恭子さんと小林千恵さん。
誘拐、監禁、脅迫、殺人、最後にあきらかになる動機。
女2人の芝居って、凄みがあって怖い。
カーテンコールでニコッと笑ってもらえるとホッとする。

川端さんと中島久之さんの「関節炎」。
一昨日の美術評論家とは、まるで別人。
川端さんのうまさが際立つ。

美術評論家は、観客サービスで川端さんが出て来たようなイメージだった。
「関節炎」では、常に身体に痛みを抱えていて、小心で、傷心で、変な人で、粘着気質で、殺し屋を洗脳しようとまでする、川端さんのひとりトライアスロンみたいに、気の抜けないおもしろさ。
中島久之さんといえば、ちょっと悪いイメージだが、川端さんにはかなわない。
なんだか殺し屋が気の毒になって来て、かばってあげたいぐらい。

私はこういう川端さんをもっと観たい。
これ、できればリピートしよう。

関節炎の痛みは本当につらいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月4日(月) 「ペンキ塗りたて」

2016-07-10 11:19:06 | 劇団NLT
NLTの「ペンキ塗りたて」を観に行った。





お金に困っているお医者さん一家のあちこちで、いいかげんに扱われていた絵が、急に高値がつくようになり、騒ぎが勃発する。
安く買って高く売りたい人や、贋作を作ろうとする人。
それぞれの思惑が交錯し、すれ違うところが、めちゃくちゃおかしい。
NLTの笑いは本当に品がいい。

一家の良心、凪ちゃんがピュアでものすごく可愛い。

あまりにも何も知らな過ぎて、爆弾発言をする長女の安奈さんも笑える。

健全で、心やさしいユルスール。
肖像画はナベケンが描いたそうです。














川端さんとまりさんは美術評論家夫妻。
いわば川端さんが、この舞台の「法」。

休憩中のトイレでは、ホームレスのリエ(アリエル)とバッタリ。

今週は観劇三昧です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月1日(金) 「エクウス」

2016-07-03 09:05:50 | 劇団四季
夫と「エクウス」を観た。












40年前に市村アラン、9年前に望月アランを観ている。
今回は、ダイサートが味方さん!
9年前には、まだ日下さんがやっていらした。

高校受験を終えて、芝居らしい芝居はNLTしか観たことのなかった私が、初めて観たコメディーではない舞台が、市村さんのエクウスだった。
暗さや重さも含めて新劇なのだという気がしていた。
そもそも高校生なんてさ。
「舞台で全裸になるらしいよ」
って、その程度のことに神経が集中してしまうのよ。
たぶん、よくわかってなかったと思う。

市村さんは今の大人の彼とは違って、細くて、神経が全部身体の外に出てしまっているような、ヒリヒリした感じの役者さんだった。
(イメージです)

望月さんは、市村さんとは全然違うタイプなので、逆にまったく違和感なかったのだが、今日のアランは、ちょっと傾向が市村さん。

夫は
「市村さんと比べたらかわいそうだよ」
と言った。

馬が凄い。
筋肉や首の振り方が馬そのもの。

昔は、あの川原さんがナジェットをやっていたらしい。
えーーーー、観たはずだけど想像できない。

また馬の人たち、蹄鉄をはずして、人間の役をやる1シーンがあるのだけど、蹄鉄なしでも、まだデカい。
とにかくデカい。

味方さんは素晴らしかった。

全部、ぶちまけてしまいたいアランを誘導する様子が、親身で熱くて、真剣勝負で、とても色っぽいダイサート。

初エクウスの夫は、
「すごくおもしろい!」
と感動していた。

作者のピーター・シェーファーは、6月6日に90歳で亡くなったそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月24日(金) バースデー・アラジン

2016-06-26 20:44:11 | 劇団四季
去年の7月にチケット取って、やっとこの日が来ました。
娘と一緒に「アラジン」、2列目センター!








2度目の道口ジーニー。
あんなに観たかった道口さんなのに、勝手なもんで阿久津ジーニーが観てみたい。

道口さん、あいかわらず綺麗でシュッとした、エステ帰りのジーニーなんだけど、もうこれはこれでありかなという気がしてきた。
きちんと練り上げられているし、何も正解がひとつというわけじゃないんだもの。
娘は
「ちょいちょいヒノデロになるね」
と言ってた。
そーね、ちょっとオネエなジーニーよね。
さすがに声はとてもいい。
裏切ったアラジンに傷つく様子なんか、とてつもなくうまい。
それでいてベテランの安心感があり、すごく好きな役者さんだ。

Γ原アラジンは初めて。
島村、海宝、Γ原と、アラジンは効率よく観ているな。
可愛くて、とてもいいアラジンだった。
歌声が、島村アラジンより朴訥で男の子っぽい。
隣でスッポリ布をかぶったイアーゴを、チラチラ見て訝しんでいる表情がとてもよかった。

松島カシーム、初めて。
しばらく見ないうちに、あごのラインがスッキリして、大人になった。
歌もよかったし。
カシーム、似合ってる。

齋藤ジャスミンはすごく好き。
とてもチャーミング。

ジャファーとイアーゴは、もはや鉄板の牧野・酒井コンビ。

ジーニーはぜひ、全ジーニーを観てみたい。

ああ、満足。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月8日(水) 東京コメディストア:Dライブ

2016-06-12 08:27:43 | 東京コメディストア
東京コメディストア:Dのセカンドライブ。

今日は終始とししがピカピカ光っていた。
先月、男の子が生まれてパパになったのだそうだ。
よかったね!
おめでとう!
息子の力なの?
日常のテンションで、次々と名言を吐き出すとしし。
こんなに力強くて、両足が地面にしっかりついていたら、おもしろくなるに決まってる。
安定している。
うらやましい。
とししみたいな息子がほしい。

そう言いながら、とししの写真がないんだけど。













ヨダちゃんとヒデトモの歌もよかった。

マミちゃんは、何をやっていても可愛い。
殺意を抱いている時でさえ可愛い。

ゴリラシアターは、どれもこれも悪くなかったのだが、逆に罰ゲームやってもらった方が嬉しいような気がする。
それも厳しめの罰ゲームの方がおもしろい。

笑っている間は、やはり腰痛、あまり感じなかった。
笑うのが一番いいんだよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月24日(火) 江戸・東京博物館

2016-05-29 18:38:34 | 劇団NLT
劇団NLT支持会の親睦会で、江戸・東京博物館へ行った。
今年は稽古場見学がないので、代わりに企画されたのだそうだ。
昔は由起艶子さんが「シジカイガール」としてがんばっていたが、今は杉山美穂子さんがバリバリやってくれている。

二つのグループに分かれて、無料ガイドをそれぞれ頼んでたっぷり江戸ゾーンを見て回る。

私のいたチームは、川端さん、由川さん、根本さん、エコー9期生のナベケン、佐藤まりさん、凪ともこさんが一緒だった。
別チームには杉山さん、弓澤公望さん(NLTの養成所最後の卒業生だそうだ)、宮本亜美ちゃん。

私は歴史が苦手で、江戸のことを何も知らなかった。
知っていることといえば、マンガ「風光る」やよしながふみの「大奥」、ドラマの「大奥」で得た知識ぐらい。


中村座





日本橋の様子








江戸城???





えーと………





一般的な長屋の一部屋





火消し・ナベケン





高価な本
貸本屋が人気





江戸前寿司の屋台






越後屋さん





花火大会






江戸は計画的に作られた町であるらしい。

江戸は水道完備であったらしい。
汐留の土地開発の折には、地中から江戸の水道管が発見されたそうだ。

江戸の人々は生活を楽しむのがじょうずだった。
あちこちに遊びがある。
ダジャレが特に多い。

タコの着ぐるみを着て(アースラではありません)走ってる人がいたりして、江戸マラソンかと思った。

町では大道芸があったり、紙芝居屋がいたり、花火大会ではペットボトルなどがない代わりにスイカを売る小舟が川を行き来する。

細かい刷りを重ねて作る絵や、高価で買えない本。
日本の識字率が非常に高いのも凄い。

おもしろかった。

川端さんはガイドさんに負けないぐらい江戸の事情に詳しくて(たぶんその頃から生きていたんだと思う)、大伯父様は火消し・よ組の頭だったそうだ。

集合写真を撮ってからお茶会。

まりさん、凪さん、由川さん、ナベケンと同じテーブル。

まりさんが、凪さんやナベケンに、ご自分の注文したアップルパイを一口ずつ分けてあげて、
「私が気づかないうちになら、もっと食べていいよ」
と言う。
なんだかあたたかい。

まりさんはニコレットをやったことがあるそうで、ニコレットの歌を合唱しちゃった。

「いつも私の前に鷲尾真知子さんの名前が燦然と輝いている」
とおっしゃった。

楽しかった。
よく遊んだ。

NLTのファンサービスは充実してる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月17日(火) テアトルエコー「淑女はここにいる」

2016-05-21 03:28:59 | テアトルエコー
テアトルエコーの公演「淑女はここにいる」を観に行った。
フライヤーがあまりに魅力的なので惹かれた。
ホームレスの女性4人の物語だ。














安達忍さんがFacebookのエコーのページで
「言葉にならないほど観ていただきたい」
と言っているのを読んで、発作的にチケットを取った。

空き缶拾いで日々の糧を得ている彼女たち。
ホームレスは本名をお互いに知らせないので愛称がある。
小宮さんはネエサン。
安達さんはコツブ。
岡さんはデルコ。
重田さんはリエ。

ホームレスとはいえ、彼女らは亡きレジェンド・ボス(田村三郎さん)が廃品で作った掘っ建て小屋に住んでいる。

歯みがきして、ペットボトルの水でグチュグチュうがいをして、そのままゴクリと飲んでしまう岡さんに持ってかれた。
一気に空気を作ったね。
気が強くてキャンキャン嚙みつく重田さんのキュートなこと。
鉄条網を巻いたバットを振り上げたりして魅力的。
安達さんはやさしくて公平で、ボスをして
「20年前なら俺はおまえを口説いてたよ」
と言わしめる美女。
統括していたであろうネエサンは、ちょっと認知能力に翳りが出てきている。

川本さんのホームレスは、ものすごくばっちい様子で出てきたが、銭湯の回数券をもらい、大方の予想通りにスッキリ綺麗になって現れる。
些細なギッチョンチョンがいちいちなめらかで、こっそりしているので笑える。
四谷さんみたいだった。

落合さん、うまい。
淑女たちに翻弄されている加減が絶妙。

居候の家出人の良太(愛称はオサム)や、社会復帰を果たした元ホームレスの七海との関わりで、4人の淑女たちの生きていくための覚悟のようなものが見える。
調子が悪いのに、信念を持って断固病院へ行かないネエサンの言葉でもわかる。

安達さん、岡さん、重田さんは同期の桜の4期生だ。
36年前に揃ってエコーに入団している。
養成所時代も含めて38年間をともに乗り越えて来た3人だからこそ生まれるテンポや呼吸が、とても心地よい。
継続の重みってこういうことなのだ。
強く惹かれる。

観てよかった。

ちなみに、個人的に注目している加藤拓二さんはかなりのマッチョなので脳みそまで筋肉という感じのホームレスだった。
本当は加藤さんは、デリケートな紳士の役がおもしろいと思うのだが。

3人のベテラン女優たちの38年でさえ充分な重みだが、テアトルエコーは今年、60周年。
(関係ないけど今、私が勤めている会社も60周年)
過去の舞台写真が展示されていました。

若いサッコと後藤さん。







今でも歌える「純情雪景色」 や「恋愛二重唱」。









紀伊國屋演劇賞受賞後、若くして亡くなった平井道子さん。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月14日(土) ミュージカル座「ニッキー」

2016-05-15 20:59:26 | ミュージカル
たどぅが出演しているミュージカル座の「ニッキー」を観に行った。







たどぅにとっては2度目の「ニッキー」だそうだ。

予備知識なしで行ったら、なにこれ、おもしろいじゃないの!

以下、ネタバレあります。

40歳のおじさんと、10歳の女の子の心が入れ替わってしまう。

女の子のおじさんっぷりが、びっくりするほどよくて。

それから、たどぅ!

たどぅほどの努力家を私は知らない。
初めて会ったのは、9年前の3月17日だった。

緊張のあまり、全身が震えていて笑いが止まらなかったたどぅ。

私がぼんやり過ごしている間に、たどぅはたゆまぬ努力で、グングンうまくなり、どんどん大きなプロの女優になった。

歌もダンスも芝居もすばらしい。

人の何十倍もの密度で生きていると思う。

あまりに素敵な舞台でのたどぅを見て、この9年間のことをいろいろ思い出して、ロビーでたどぅに会ったら涙が溢れて来た。
たどぅに会えて本当によかった。

あと思ったのは、やはり芝居も歌も、足が自由に動かないと困難なのだということ。
下半身不随で舞台に立っていた女優さんがいたけど、並々ならぬ苦労があったと思う。

今になって気づいても遅いが、私はなんと怠けた人生を送って来たんだろう。
やり直せるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月6日(金) 東京コメディストア:D!

2016-05-10 20:48:56 | 東京コメディストア
2012年、マヤ暦とともに終末を迎えた東京コメディストアj。

今日、純さんディレクターのインプロ集団が新たにデビューしました。
その名も東京コメディストア:D。
Dが何のDなのか、まだ明らかにされてはいないが、「:」が入って笑顔の顔文字になってる気がする。

4年半。
4年半待ち続けていた。

6-dim+とはまた違う、jの流れを汲むインプロショーを。

純さん、りょーちん、マミちゃん、ヨダちゃん、ヒデトモ、としし、うっちー、それから初めて見る顔が2人。
マイキーとしゅう。

夫と一緒にクロコダイルに行きました。








































クロコダイルも1年半ぶり。
懐かしいクロコダイルの匂い。
2007年から2012年まで、ずっとずっと通ったクロコダイル。
どんなに嬉しいか!

ウララさんや京ちゃんや銀ちゃんもいたら、もっと嬉しいんだけど。

楽しくてしあわせだった。

毎月通うよ、TCSD!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月20日(日) 「僕だけがいない街」

2016-03-21 23:34:07 | 映画
「僕だけがいない街」を見に行った。







目的は藤原竜也です。

漫画が原作だが未読。

藤原竜也がタイムスリップを繰り返し(自分の意志ではタイムスリップできない)、過去の連続殺人事件の謎に迫るというもの。

タイムスリップというテーマは好き。

ただ、キーワードというか素材が盛りだくさん過ぎて、全体的に散漫な印象になった。

漫画家をめざす主人公。
タイムスリップ能力。
有村架純との関係。
鈴木梨央の家庭での児童虐待。
連続児童殺人事件。
誰かを守りたい正義。

もうちょい絞ってもよかったんじゃないかと思うが、原作があってのことだからしかたない。

でも藤原竜也じゃなかったら、途中で飽きていたかも。

映画そのものよりも、映画の宣伝のためにあちこち藤原竜也が出まくっているのが嬉しい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加