中津川 オンブズマン・トーク

中津川市の市政を中心に内外の政治経済社会状況についてのトーク

世界情勢(大げさな)その後の感想

2017-04-20 10:05:35 | 政治全般

トランプ大統領が、シリア政府軍の毒ガス爆撃にたいして、空軍基地をミサイル攻撃し、

「やらなければならないときは、誰がなんと言おうとやる」  で世界は騒然としました(つ

いでアフガニスタンのISの地下トンネルに新型爆弾)。安倍首相は直ちに支持し、EU諸

国も同様でした。ついで問題になったのは北朝鮮の核開発とミサイル開発です。 国連

決議に反するので  「北朝鮮はナラズ者国家」  だと言うのです。 15日の北朝鮮の

祝賀記念日には、核実験が行われることを予想し、アメリカはその時はミサイルを打ち

込むと、原子力空母を中心とする「殴りこみ艦隊」を海域に派遣しました。

4月15日のピョンヤンの祝賀パレードにはほとほと感心してしまいました。各種ミサイル

車両は当然のこと(大陸間ICBM様のものをはじめとする武器兵器の行進) 徒歩部隊も、

かってのナチスヒットラー部隊の行進など足元にも及ばない。兵士の顔に墨を塗った

特殊部隊(敵地内の個人の暗殺をも狙うと言う)スカート姿で銃を掲げた女性部隊など

など。そしてこの日はミサイルもしくは7回目の核実験が予想され、そのときはアメリカ

の空母艦隊からミサイル攻撃が予想され、世界が震えていたと思います。

しかし北朝鮮のミサイル核実験はなく、翌16日に中距離のミサイル実験が行われ、

失敗したと言うことです。一部の見方として 「北朝鮮はアメリカの攻撃を回避するた


めに、日を外し且つわざと失敗したのではないか」という見方もあるようです。

非常に緊迫した事態は一応回避されました。もしアメリカのミサイルが打ち込まれれ

ば原子弾頭であったとしても北朝鮮全土を瞬時に破壊というわけにはいかない。反撃

の北の中短距離ミサイルの精度はかなり高いと思われるので、米空母カールビンソン

もレナルドレーガンも各数千人の海兵も日本海に沈んだことでしょう。日本の横田基地

沖縄基地など主要な基地は壊滅だったと思います。

こうして当面の生臭さは回避されたと見ていいと思います。次のラウンドはアメリカと世

界各国の  「経済戦争」です。トランプ氏の最大の問題意識はアメリカの莫大な貿易

赤字です。その元は中国と日本です。中国はこの事があるから、あまりアメリカの機嫌

を損ねる訳にはゆかない。だから北朝鮮から石炭輸入を減らすなどして、機嫌をとって

います。また逆に中国は東北地方に100万人超えるような朝鮮族が住んでいることなど

からしても、北にたいしてあまりひどい制裁は出来ない立場です。

日本はもっともやりたくないアメリカとの交易交渉です。第一に狙われているのは、「米」

 と 「肉」 です。どうも大幅関税引き下げは避けられそうもありません。TPP以上です。

もう日本の零細経営の農業はおしまいです。同時に自由民主党の終わりを意味すると

思います。安倍首相は居ても立ってものはずです。どうするか見て行きます。

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15日PM11時現在 米朝戦争が... | トップ | 新たな世界政治の展開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。