中津川 オンブズマン・トーク

中津川市の市政を中心に内外の政治経済社会状況についてのトーク

イギリス  EU 離脱!!

2016-06-24 18:31:36 | 政治全般

6/22 坂下病院で眼科「白内障」の手術を受けました。1時間ほどの殆ど痛みを感じない手術でした。成功したかについてはまだ目薬を

たくさん差しているので目がうるんでいてよく分かりません。坂下病院の手術室に初めて入りました。窓のない部屋に見たこともない機械

がたくさんあって、スタッフは見慣れた白衣ではなくて、黒や紺の服装で、オドロオドロしかったです。 「生き物で手術をやって直そうなど

とするのは人間だけだなあ―」  などと考えながら手術を受けました。 23日の午後に退院しました。

こご6時ころテレビニュースを見ました。イギリスのEU離脱可否の開票結果はすでに出ていて、「離脱」となったようです。どれだけの差で

あったか7時のニュースを待ちますが、重大な結果だと思います。  どうやら世界は 「大変動期」にはいったようです。市場は直ちに

円高株安です。日本経済にもたちまちです。GDP600兆円などという大ボラは直ちに吹き飛ぶでしょう。

結局イギリスの人民大衆は、もう経済のグローバル化に耐えられないと言うことではないでしょうか。イギリスでも格差は拡大しているに

違いがないし、若年貧困層が増え、企業がブラック化し、  ということだと思います。単なる「古き良き時代に  」ということではないのでは

ないでしょうか。

結局イギリスだけではなく、世界各国のこれまでの政治は、この時代の人民の、当たり前の要望にこたえられなくなっていると言うこと

ではないでしょうか。  アメリカでトランプが出て来たのも同根だし、日本の安倍は戦前体制 「教育勅語」 の体制に戻らなければ、

統治が出来ないと考えているのです。これからの世界の政治は、本当に真面目に具体的に ブータン王国の[国民幸せ指標」に

もとずく政治が希求されているのではないか  と思いたいのですが・・・・。われわれは凄い時代に住んでいます。85才でもう先は

長くないのにあえて「白内障」の手術をして、しっかりと見ていなければ・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参院選 いよいよ・・・

2016-06-22 03:54:16 | 政治全般

まさに天下分け目の戦いです。幾千万人犠牲の上に成り立った戦後。2発の原爆の悲惨の上に成り立った戦後。それでも曲がりなりにも

民主主義でやってきた戦後。  この戦後を  人類の幾千万年の闘いと犠牲の上に成り立っている戦後。この戦後の民主主義をどうする

かの岐路の選挙です。

安倍はすべてを打ち壊して、戦前へ回帰すると言うのです。当然に軍隊を持ち、世界のどこへでも戦争に押しかけ、基本的人権をはく奪し

、また「天皇の国」にすると言うのです。絶対許せない。命に賭けても許せない。そういう点で、終戦の時、原は中1でした。お陰で兵隊に

とられることはなかった。あのまま戦争が続いていれば、兵隊にとられて、敵の弾にあたってあえなく死んでいたであらう。゜天皇陛下万歳

とか言って。いやその前に 反抗心の塊みたいだった原は 軍隊のリンチで殺されていたに違いない。今の自衛隊さえそれがしばしばある

のだ。

平和日本になったお陰で、会社に就職するや、早速労働組合活動でした。先頭に立って赤旗を組合旗を担ぎまわりました。「万国の労働

者、団結せよ」  のスローガンに感激で打ちふるえたのでした。会社との団体交渉で、20数歳の若者が、数十才の会社創業者をテーブル

を叩いて怒鳴りつけたことさえありました。 お陰で  「網走」  行きでした。

これからはそれさえも許さない。こっちが「許さない」と言わなければならない。それがこの選挙です。

しかし原は85才。坂下病院から 「白内障が始まっている。手術したら」 ということです。視力だけは確保して、安倍を睨んでいなければ

ならないから、本日22日午後手術です。2泊3日の入院です。その間こうして野次ることもできません。よろしく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ参議院選挙

2016-06-20 08:50:29 | 政治全般

この選挙は歴史的な選挙になると思います。なによりも全国32の一人選挙区で4野党の統一候補が曲がりなりにも出来たことです。

なかでも香川県ではなんと共産党の公認候補が統一候補になりました。

こうした情勢を受けて、18,19日全国各地で統一戦線側の決起大会がもたれたようですが、かってなく大結集になったようです。

こうした情勢を作ったものは、4政党の側の構えもありましたが、今までに見なかった、市民団体の盛り上がりがあったからと思います。

憲法学者、学生の団体、若いママの会、高校生も 「野党は統一」 を強く後押ししました。政党ではあの選挙至上主義の日本共産党が

統一候補のためには  ということですでに決定していた公認候補を自ら降ろして臨みました。民進党は連合を基盤としているだけに、

共産党との連合に難色があり、ごたごたしたようですが、ここまでは漕ぎ付けました。岡田代表の発言は日に日に強まっています。

対する与党の側  自民党は相変わらず30%余の支持率ですが、問題なしとしない意識のようです。近くには舛添問題があります。

これを推したのは自民公明でした。沖縄の事件 昨日の追悼集会には、喪服で数万人が結集したとのことです。翁長知事は沖縄から

海兵隊の撤退を言いだしました。その他TPP  東北地方の農民は危機意識が強いようです。選挙では与党を推薦せず自主投票と

するようです。

こうしたことで今度の選挙は面白い。安倍の最大の狙い  近い将来の改憲を許すかどうかの闘いです。最大の注目で臨んで行きたい。

大したことは出来ませんが。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舛添知事辞任についての感想。

2016-06-16 11:30:40 | 政治全般

辞任は当然。これほどお粗末とは思いませんでした。ヒムカのように人民のためにゲリラ戦を戦った、地下牢で10数年を屈せず闘い

抜いた、そうした経歴の無いものは、人民幸せのための政治家にはなりえないのです。 舛添は其の典型だったのです。

今度のお粗末劇で一番感じたこと。  それは 「舛添  早く辞任しろ 」 のメールや電話が3万数千本も東京都庁に殺到したことです。

 かってなかったことと思います。 ここに都民の政治的成長成熟を見ます。 素晴らしい。  この事は7月の参議院選挙にも必ず形と

して現れると思います。 人民大衆ばんざい!!。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ大統領選挙のゆくえ

2016-06-13 11:51:52 | 政治全般

アメリカ大統領選挙のこれまでの過程ほど、今日の全世界のムジュンを映し出すことはありませんでした。来たる11月の本選へ向けて

注目して行かなければと思います。

共和党はトランプ氏で決まり。だがこれまでの共和党の中心筋でトランプ氏を支持しないと言う有力者が現れてきています。

これはアメリカ国民の「迷い」と言ってもよいと思います。この人たちは流石にトランプ氏にはついて行けないのですね。

そして民主党。クリントン奥さんで決まりということだと思います。サンダース氏は本当によく頑張りました。そしてサンダース氏は

尚本選の中でも、主張し抜くと言うのです。そうしてアメリカの政治に影響を及ぼし続けると言うことです。どうした経歴の人かわかり

ませんが、立派です。オバマ大統領がサンダースに合って「クリントンを頼む」と言ったのは面白く且つ今日の矛盾の反映ですね。

過去8年、はじめての黒人大統領オバマ大統領も今日のアメリカの危機に無力だったことの白状みたいなものです。

トランプとクリントン。  おそらくクリントンということになることを予想します。しかしアメリカと世界の矛盾に無策ですね。世界の矛盾が

さらに激化しないと道は見えてこないと言うことでしようか。

余話。先日いつも「赤旗」を読んでいる友人が「トランプに期待する。」と言ったので吃驚しました。それはどうやらトランプ氏が、アメリカ

の費用で日本や韓国を守ってやっているのは、ダメだと言っていることを根拠にしているようでした。トランプ氏が大統領になれば、

日本や韓国は費用負担が出来ないから、アメリカはすべての基地を引き揚げるだろうと言うことに期待をしていると言うことのようです。

そこで日本は初めて独立ですね。   面白い  原も賛成です。だからと言って中国や北朝鮮が攻めてくるわけがないので、日本は

やっと普通の国です。

こうした激変を通じて歴史は新たな展開を遂げて行くのだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加