身勝手な主張

日々感じた様々なことを、自分勝手につぶやき主張します。

高校数学とプログラミング教育 ~12年前のセンター試験より

2017年01月05日 | 数学・数学教育
2017年1月5日(木)


  文部科学省は2020年頃から小学校にプログラミング教育を導入したいとの意向から、

    小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議 

を開催し、議論してきた。そして、今年度6月16日に

    小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ) 
 
を発表した。小学校へのプログラミング教育導入については上の資料を見ていただくとして、私としては具体的にどのような形になるのか、
想像できない。上の議論を読んでいると、例えば一つの教科の中で導入するのでないらしい。また、プログラミング言語がどうなるかもわ
からない。こども用のブログラミング習得のアプリケーションや言語はいくつか開発されているらしいが、具体的に決まっているわけでもな
い。プログラミングを指導する小学校教員の問題もあるが、有識者会議は外部人材の導入も視野に入れ、校長を中心とした「チーム学校」
の構想に位置づけるらしい。外部人材の登用は、今の小学校教員のプログラミング指導に対する技量と学校業務の多忙さを考えると必要
なことであろう。しかし、だいたい校長中心の「チーム学校」に位置づけるにしても、「チーム学校」は幻想であり、そううまくいくとは私は思わ
ない。

  いずれにしても、私にも小学校でのプログラミング教育に対する十分なイメージができないので、これ以上論ずることは止めることにする。
なお、小学校にプログラミング教育を導入する背景には、将来のソフトウエア-従事者の大幅な不足を危惧してのことである。できるだけ早
期に子どもにプログラミングを教えていこうとのことのようである。

  さて、現在普通科の高校では、数学Ⅰと数学A、数学Ⅱと数学B、数学Ⅲが主に履修されている。そのそれぞれの単元には、コンピュー
タ関連のものはない。現在の改訂前には、「数値計算とコンピュータ」があった。それ以前には数学Aと数学Bの両方にコンピュータ関連の
単元「計算とコンピュータ」(数学A)、「算法とコンピュータ」(数学B)の単元があった。選択履修であったから、当時これらの単元を履修した
生徒は多くなかったであろう。
  高校学校の教科に「情報」ができたことによって、コンピュータ関連の単元はなくなった。

  ここに、2005年度入学者を対象とするセンター試験の数学Ⅰ・A、数学ⅡとBのコンピュータ関連の問題を取り上げて見た。問題を見
ればわかるように、ある数学的な内容を解決するプログラムを示して、そのブログラムについて問う問題だった。ともに選択問題のなかの
1問であったから、多くの受験生は選択しなかったであろう。ただ、当時の数学Aにかぎってみると、多少プログラミングの知識があると他の
問題を選択するよりも易しい場合が多かった。
  ここで使われているブログラミング言語は、Baic言語である。1980年代の初め頃、私がパソコンに興味を持って購入した時期は、ア
プリケーションソフトは少なくかつ値段も高かった。仕方がないので、Basic言語を覚えてプログラミングをすることが多かった。今ではExcel
のような表計算ソフトを使って行う成績処理をBasicでプログラミングしたこともあった。マシンが8ビット機で自由に使えるメモリー空間が
64KBしかなかったので、データ量が多くなると「Memory Out」と表示されて処理が停止してしまう経験を何度もした。
  さて、Basic言語であるが、その最大の欠点は当時「スパゲティ・プログラム」と言われたように構造化プログラミングの機能を持っ
ていなかった。それぞれに共通した操作や計算の細かいモジュールをつくり、メインプログラムへ呼び込んで使うといったC言語のような機
能はなかった。今日マイクロソフトのビジュアルBasicやEcxelのマクロに使われているBasic言語は構造化プログラミングの機能を備えて
いて行番号も廃止され、C言語のような使い方ができる。しかし、当時のBasic言語はそうでない。センター試験を見る限り、高校数学での
プログラミングはそうしたかなり古い言語を使って行われていたことになる。
  なお、問題を解くことが主眼でないので、詳しい解法は示さない。同じような内容を扱った私のブログに

  高校新課程の数学B ~なくなった「数値計算とコンピュータ」 (2014年9月6日)

がある。

<問題>


<解答>  
  







(追記)

1. 1月4日のページごとのアクセス 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
閲覧数 2621 PV  訪問者数 500 IP   順位 944 位/2652796ブログ 

1位 関数のグラフによる数の大小比較 ~2016年前期日程島根大学総合理工学部入試問題より 2017-01-04 59 PV
1位 カテゴリー毎の記事一覧(教員養成・現職教育) 59 PV
3位 >高校数学とプログラミング教育 ~12年前のセンター試験より 2017-01-05 44 PV
4位 「はした」は算数の教科書用語?算数教育「学」用語? 2016-02-12 38 PV
5位 単振り子の周期について ~小学校5年生の理科教科書「ふりこ」の記述への疑問 2017-01-03 37 PV
6位 教員採用試験一次試験に関するある書き込みから思うこと 2014-08-06 35 PV
7位 2016年を振り返る ~放送大学岐阜学習センター、Mさんと初任者研修など 2016-12-31 34 PV
7位 岐阜県の2016年度公立高校入試問題(数学)をみる 2016-03-11 34 PV
7位 トップページ 34 PV
10位 なつかしい旧Gゼミナールの前に立って ~北方町、その後に岐阜ふれあい会館へ 2016-10-07 32 PV
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  トップページは、1位と3位のブログ記事。
  「数学・数学教育」のカテゴリーのブログ記事は、1位・3位・5位・同順7位の記事である。
  「日記」」のカテゴリーのブログ記事は、同順7位・10位の記事である。
  4位の記事は、「数学・数学教育」のカテゴリーのブログである。
  6位の記事は、「教員養成・現職教育」のカテゴリーのブログである。Mさんの2回目の教員採用試験1次試験の結果発表のときの
あるSNSでのつぶやきについての記事である。


2.年金機構の大垣事務所へ
  5日の午前中に年金機構の大垣事務所へ、年金請求の書類提出のために出かける。国民年金と公立学校共済年金で通年であるから、年金事務所
で行わなければならない。岐大バイバス沿いでわかりにくいところにあり、駐車場も少ない。書類はすべてそろえたので、指導を受けて提出するの
みである。
  国民年金機構の方は、郵送にて昨日提出した。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関数のグラフによる数の大小... | トップ | 多様体上の接ベクトル空間1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

数学・数学教育」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL