身勝手な主張

日々感じた様々なことを、自分勝手につぶやき主張します。

日光東照宮そして華厳の滝へ ~6月19日・20日の旅行を振り返って

2017年06月23日 | 日記
2017年6月23日(金)


  6月19日(月)、20日(火)にあるバス会社のツアーで日光鬼怒川へ旅行した。19日の朝8時30分に羽島バローを出発して

  名神高速道路(羽島インター)→中央道→長野道(岡谷)→一般道路→中部横断自動車道(佐久南)→上信越自動車道→
  東北自動車道→北関東自動車道(伊勢崎)→一般道(日光)

と乗り継いで日光へ行った。

  岐阜県→愛知県→長野県→群馬県→栃木県

と5つの見を通過した。帰路、日光を14時に出て羽島バローに22時30分頃についたことを考えると、実に行きも8時間30分近く
バスに乗っていたことになる。行きは車中で昼食であった。
  以下、簡単に振り返り思い出としたい。

1日目
  一日目は群馬県みどり市にある富弘美術館に寄った。人造湖である草木湖の近くにある水彩画の美術館である。横浜市から
修学旅行できていた小学生の一団にに出会った。日光へ行く修学旅行のコースになっているのか、何校かの小学生が熱心に水彩
画を見ていた。

草木湖


富弘美術館

  栃木県日光市の炉端焼きの店に立ち寄った後、私の宿泊先である鬼怒川グランドホテルに17時30分過ぎに着いた。
  広い庭が綺麗であった。部屋も広く、食事もおいしかった。満足であった。




鬼怒川グランドホテル

2日目
  2日目が旅行のメインである華厳の滝と日光東照宮の見学である。私が日光を訪れるのは今回で3回目である。1回目が中学校
3年次の修学旅行のときである。2回目が今からちょうど40年前に玉川大学のスクーリングに行っていたとき、東京から自家用車
で日光まで出かけたときである。そのときの印象と今回とはすごく異なっていた。華厳の滝は見学のための施設が征夷されていた。
日光東照宮は、神社全体が大修理を終えたばかりで、色彩が鮮やかであった。

(華厳の滝)
  朝8時半ちょうどに旅館を出発したバスは、いろは坂を登って華厳の滝に向かった。エレベータで100m降りて下から滝を眺め、
今度は真横から滝を眺めた。たくさんの岩すすめが滝の周りに飛んでいて、いくつかが水に吸い込まれていった。


下から


横から

(日光東照宮)  
  日光東照宮と聞いて誰でも思い浮かべるのは陽明門、「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿、眠り猫がまずあげられるであろう。
過去2回日光を訪れた私も、この3つはかすかに記憶に残っている。そのときは時代を感じさせるくすんだ色彩であった。この日見た
東照宮は大修理を終えたばかりで、それこそ家光の時代がよみがえったかのように、色彩が鮮やかに生まれ変わった。金箔がまばゆい。
  東照宮の門をくぐると、まず五重の等が目に入ってくる。日光東照宮自体は神社であるが、五重の塔にせよ鳴竜のある寺にせよ寺
院である。神仏が混在する不思議な世界を形作っている。


五重の塔

  有名な彫刻である三猿は、神厩舎の彫刻である。これも色彩鮮やかによみがえっている。




「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿

  東照宮にはいくつかの建物が存在する。しかし、一番有名なのは別名「日暮らし門」と言われた陽明門であろう。現在、国宝に指定
されている。陽明門の前には、修学旅行生、外国人や一般の観光客など多くの人が群がっていた。何度見ても飽きない素晴らしい建造
物だと思った。




陽明門

  陽明門をくぐると目に入ってくるのが鮮やかな国宝「唐門」である。こちらは、まだ修理中である。




唐門

  次に、左甚五郎作と言われる眠り猫・・・立て札があるからわかるが、そうでないと気づかずに通り過ぎてしまうほど小さい彫刻である。




眠り猫

  最後に、鳴竜。ここを見学して日光東照宮から昼食場所に向かった。

  日光東照宮は、観光バスや自家用車での参拝客が多い。案の定、私たちの乗った観光バスが大渋滞に巻き込まれて東照宮の駐車場に
入る手前500mぐらいのところで動かなくなってしまった。それで、バスを降り余分に500mぐらい歩いた。かなり急な坂道だった
ので、疲れた。見学の時間が遅れ、昼食は13時過ぎとなった。帰宅が遅れた理由の一つであった。

  とにかく、楽しい一泊二日の旅であった。日光は、自宅の岐阜県海津市からは非常に遠い。





(追記)

1.6月21日のページごとのアクセス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
閲覧数 2225 PV  訪問者数 624 IP   順位 578 位/2729561ブログ

1位  「はした」は算数の教科書用語?算数教育「学」用語?  2016-02-12 63 PV
2位 小学校4年生での平行の定義 ~『小学校学習指導要領解説 算数編』は問題が多すぎる。  2015-12-30 49 PV
3位 曲面5 ~具体的に基本量・基本形式を求めてみる 2014-03-11 44 PV
4位 ガウスの算術幾何平均  2017-06-21 39 PV
5位 カテゴリー毎の記事一覧(学校・大学での出来事、教育問題一般等) 36 PV
6位 1階線形微分方程式の解法3 ~定数変化法による解法 2013-05-03 30 PV
7位 トップページ 28 PV
8位 記号の筆順 ~×、÷、わり算の筆算、分数 2015-05-31 27 PV
9位 方べきの定理  2017-06-20 24 PV
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページは、9位と4位のブログ記事。10位は検索なので、省略した。
   「数学・数学教育」のカテゴリーのブログは、3位・4位・6位・9位の記事である。
   「算数教育・初等理科教育」のカテゴリーのブログは、1位・2位・8位の記事である。


2.6月22日のページごとのアクセス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
閲覧数 2099 PV  訪問者数 654 IP   順位 501 位/2730342ブログ

1位  「はした」は算数の教科書用語?算数教育「学」用語?  2016-02-12 37 PV
2位 日光東照宮そして華厳の滝へ ~6月19日・20日の旅行を振り返って 2017-06-23 34 PV
2位 トップページ 34 PV
4位 2018年度(平成30年度)採用の岐阜県公立学校教員採用選考試験の要項が発表される 2017-05-10 30 PV
5位 曲面5 ~具体的に基本量・基本形式を求めてみる 2014-03-11 25 PV
6位 小学校4年生での平行の定義 ~『小学校学習指導要領解説 算数編』は問題が多すぎる。  2015-12-30 24 PV
7位 岐阜県教育委員会が2017年度教職員の人事異動を発表する 2017-03-28 20 PV
8位 等脚台形の定義と性質 ~中学校数学の範囲内で考える 2016-02-21 18 PV
9位 1階線形微分方程式の解法3 ~定数変化法による解法 2013-05-03 17 PV
10位 長方形と正方形ふたたび ~小学校2年生の算数 2015-10-09 15 PV
10位 岐阜県の教員採用試験の「論文・論述試験」1 ~1次試験の筆記試験代替えの「論文試験」  2016-09-16 15 PV
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   トップページは、番外と2位のブログ記事。
   「数学・数学教育」のカテゴリーのブログは、5位・8位・9位の記事である。
   「算数教育・初等理科教育」のカテゴリーのブログは、1位・6位・同順10位の記事である。
   「教員養成・現職教員」のカテゴリーのブログは、4位・7位・同順10位である。
   2位の記事は「日記」のカテゴリーのブログである。 



3.Facebookから  ・・・あほらしい算数の新学習指導要領解説
 ・・・・・・・・・6月22日0時30分頃投稿・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  全部でありませんが、算数の新学習指導要領解説を読んであきれました。特に各学年で2年生の「乗法」の部分は、馬鹿な算数教育「学」
者か国立教育政策研究所の所員が書いたと思いますが、かけ算の順序の強要をしています。一度きちんと批判したいと思います。かけ算順序
を強要しないと言っていた文科省は、嘘つきか?それとも、学習指導要領解説を書いた方が勇み足か?いずれも、学習指導要領解説なんか何
の法的根拠もありませんので、無視して実践する方が懸命だと思います。。

  算数の学習指導要領解説など信用しない方がいいと思います。学習指導要領解説を書くような算数教育「学」者や国立教育研究所の所員は、
正直本当に馬鹿だと思いました。読んで、強く感じました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・6月23日22時20分頃投稿・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昨日に述べた新学習指導要領解説の算数編の2年生の「乗法」についての記述について、多くの人がそのひどさ、あほらしさを指摘しています。
書いた人が誰か知りませんが、数学に対する無知をさらけ出しています。文科省も「かけ算順序に中立」という以前と違う主張と矛盾するような
よくあんなひどい算数の学習指導要領解説を出したものとあきれました。多くの人がそのひどさを指摘し、筆者の無知をさらけ出しましょう。
                                                         [拡散希望]
 教科書会社も小学校教員もあんなひどい新学習指導要領解説の算数編を無視してほしいと思います。あんなあほなことを書いた算数教育「学」
者の責任も重大だと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4.昨日の一風景
  昨日22日は、MさんとともにS塾で一緒だったIさんの誕生日であった。私の家から車で5分ぐらいで近いが、もう4年以上その姿を
見たことがない。私のことはもう忘れてしまっているかも知れないが、Facebook上の友達になっていることもあって、誕生日のメールを送
信しておいた。元気に過ごしていることと思う。
  さて、昨日は木曜日である。久しぶりに午前中岐阜市北部のマーサ-21へ行った。朝、8時45分頃に出て、海津―安八線、本巣縦貫
道路を通って北方町へ、。北方南小学校の前を9時35分頃に通過して、9時50分にはマーサ-21に着いた。いつものように、書店「丸
善」で本を探した。11時過ぎにマーサ-21を出て、岐阜ふれあい会館に12時前に。ゼミのある日なので、15時15分まで自習したり
ゼミの人と話したりして過ごした。
  昨日は行きも帰りもMさんの勤務校の前を通った。帰りは、12時45分頃だった。共に教室にいる姿が見えた。
  岐阜ふれあい会館を駐車場に12時に入った。たまたま駐車場を出る車があったので、直ぐに停めることができた。
  午後は、ゼミの始まる15時15分まで視聴覚室で自習したり、ゼミ参加者と語ったりして過ごした。


5.岐阜県教育委員会が来年度より高校の学区を撤廃
  ラジオのニュースで知ったが、来年度から高校の学区を廃止するとのこと。岐阜市内の高校に希望者が集中するきらいはあろうが、最
終的には個人の希望が第一。いいんじゃないですか。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガウスの算術幾何平均   | トップ | ひどすぎる新「小学校学習指... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL