ある音楽人的日乗

「音楽はまさに人生そのもの」・・・ベーシスト皆木秀樹のあれこれ

愛にさようならを (Goodbye To Love)

2007年04月11日 | 自分的名盤名曲
♪自分的名盤名曲120

■愛にさようならを (Goodbye To Love)
■1972年
■作詞・作曲…リチャード・カーペンター&ジョン・ベティス
■カーペンターズ
 ☆カレン・カーペンター(vo,drs)
 ☆リチャード・カーペンター(pf,keyb)


 1983年にカレン・カーペンターが亡くなってからも愛され続けているレパートリーの数々を誇るカーペンターズ。
 TBS系のドラマ「未成年」で「トップ・オブ・ザ・ワールド」や「青春の輝き」が使われたことでブームが再燃、ベスト・アルバムが100万枚以上の売り上げを記録しました。この時にカーペンターズを知ったファンも多いようで、「来日はしないのか?新アルバムはいつ出るのか?」という質問がレコード会社に相次いだそうです。


 カーペンターズの曲で好きなものはたくさんありますが、その中でもぼくが一番好きなのが、この「愛にさようならを」です。高校の時に友人の家で聴かせてもらった曲です。ロック好きなぼくにはこれが合うんじゃないかな、と言われて聴かせてもらった覚えがあります。その通り、この曲のギター・ソロのカッコよさにはマイってしまいました。


     
     「ア・ソング・フォー・ユー」(カーペンターズ)


 リチャードの弾くピアノとカレンの歌だけでシンプルに始まります。歌の間を縫うようなオーボエの美しいオブリガードが雰囲気を盛り上げます。きれいなストリングスとコーラス・ワークも聴き逃せません。そして、さりげない転調がしゃれています。
 アレンジはもちろんリチャードだと思いますが、音を詰め込みすぎない、過不足のない自然なサウンドに仕上げていると思います。リチャードのセンスのよさと音楽性の幅広さが伺えます。
 そして中間部とエンディングで聴かれるトニー・ペルーソによるギター・ソロ、これが実にメロディアスでカッコいいんです。ポップなカーペンターズの曲の中では珍しく音を歪ませてロックしまくっているギター・ソロです。


 この曲は息継ぎをするのがとても難しいうえに、メロディーがとても起伏に富んでいるのでかなりの技術がないと歌い切れませんが、歌のうまいカレンは難なく歌いこなしています。しかしさすがのカレンもこの曲に限っては10回近く歌い直してようやくOKをもらったんだそうです。
 それにしてもこのようなバラードにはカレンの澄んだ声はピッタリ合いますね。


     


 今でもCDが売れ続けているカーペンターズ。カレンの死後、リチャードは「代わりのヴォーカリストを探せばいいじゃないか」と多くの人に言われました。しかしリチャードは「カレンが一番素晴らしい声の持ち主だ」とガンとしてそれを拒み続けているそうです。


【愛にさようならを】
愛にさようならをしましょう 私が生きようと死のうと誰も気にしないわ
今までに何度も恋のチャンスは私の前を通り過ぎていき
私が知っているのは愛なしで生きていく方法だけ
とても見つけられそうにないわ

だから一人で生きていかなければならないと心に決めたのよ
簡単な事じゃないけれど充分分かっているつもりよ
愛にさようならするのは・・・

この心にはもう明日なんてないの 時がたてばこの苦い記憶もきっと消えて
私も知るわ 信じてついてゆける人や生きがいにどこかで出会えると

長い年月空しく探し続けてきたけど ついに終着駅に着いたわ
寂しさと空虚な日々だけがこれから私の唯一の友達になるのよ
今日からは恋など忘れ 精一杯生きていくわ

未来のことなど誰にも分かりはしない
運命の車輪がどこで止まるかは誰にも分からない
私が間違っていたと知る時がくるかもしれないけれど
でも今歌っているのはこの私よ

そしてこれは愛への別れの言葉 愛にさようならしましょう



人気blogランキングへ←クリックして下さいね
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲しみのアンジー (Angie) | トップ | ボブ・ディラン グレイテス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
I Need To Be In Love(青春の輝き)-Carpenters (YouTube洋楽まとめサイト-YO!ガク動画で楽しみまSHOW♪-)
I Need To Be In Love(日本名は「青春の輝き」)は、1995年のTBSのドラマ『未成年』の挿入歌で使われた事で、有名になりました。サビのメロディはココロに残りますね。収録アルバム:A Kind of Hushビルボードチャート:1975年 25位(1週)この動画のURL:⇒YouTube動...
Goodbye To Love-Carpenters (YouTube洋楽まとめサイト-YO!ガク動画で楽しみまSHOW♪-)
Goodbye to Love はカーペンターズらしいメロディラインで構成されている曲ですピアノ、キーボード、ギターをそれぞれのパートで使い分けている。聞いている人に心地良い感覚を与えてくれます。収録アルバム:Top of the Worldビルボードチャート:1972年 7位この動画のURL...