ぐうたら里山記

兵庫の西の端でただのほんと田舎暮らしをしています。ぐうたらです。のん兵衛です。

都知事選~「そんなこと言って委員会」

2017年07月14日 18時53分32秒 | テレビの中から
東京では絶対に放映されない関西の人気番組、「そんなこと言って委員会」
前回は都議選に対する新聞社の報道がテーマだった。
http://www.ytv.co.jp/mydo/iinkai/20170709_00/
全国紙の代表の人が集まって都議選の報道を論じる。
都議選の報道にとっても疑問だったのでとっても興味をもって見た。
ところがまず疑問に思ったのは出席した各新聞社の顔ぶれ。
産経は、産経論説委員・政治部編集委員
読売は、特別編集員
それなりの会社を代表する顔ぶれ。
ところが毎日は~もと毎日新聞・成城大学教授
朝日は~元朝日新聞記者・国際ジャーナリスト
この番組はもともと朝日毎日に批判的な番組、でもだからといって朝日・毎日に声をかけなかったとは考えられない。
朝日・毎日はきっと自社の代弁者、しかも何を言っても自社に責任が及ばない、そんな人間を選んだのだろう。
そして、やっぱり、産経・読売の代表者の意見は普通に当たり前に聞くことができたけど、
朝日・毎日の代表者(?)はとっても挑戦的(特に毎日は)だという印象を受けた。
明らかに人を見下している。
こんな新聞が日本の代表的な新聞だと、今まで日本のマスコミに君臨し続けてきたのだろうか?
朝日新聞の代表が図らずも言った、
慰安婦問題で安倍総理からたたかれたので、
森友学園と加計学園で安倍総理をたたいた、と。
確かに特に加計学園では朝日が裏でからんでいるのは見え見え。
これはとっても問題だ。
このことによってわかるのは慰安婦問題で朝日は何の反省もしていないということだ。
慰安婦問題でやられたので、やり返してやろうという朝日の陰険な意図。

都議選は所詮地方自治体の選挙。
自民の敗北の最大の責任は内田某をはじめとする腐れ切った自民の都議団なのだ。
それをすべて国政の責任に安倍総理の責任にしようとする朝日・毎日の意図的な記事にのせられる都民。
そんなポピュリズムを危惧する。
もっと自分の目で見てほしい、自分の頭で考えてほしい・・・
上から目線で読者を見下ろし、自分たちの都合のいいように誘導しようとする朝日・毎日の陰険な意図をわかってほしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禁煙~魔女狩り(2) | トップ | 禁煙~魔女狩り(3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビの中から」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL