ぐうたら里山記

兵庫の西の端でただのほんと田舎暮らしをしています。ぐうたらです。のん兵衛です。

大掃除

2016年12月31日 04時42分33秒 | 田舎暮らし
いよいよ大晦日。
今年もまた中途半端な1年だった。
やり残したことばかり。
年々やり残しばかりがたまっていくような気がする。

 やり残し どうせ死ぬんだ やり残せ

年末となると大掃除。
昔はどこも大晦日までに大掃除をしてた。
それもかなり気合を入れて徹底的に。
畳をはがし日に当ててポンポンポンと棒でたたくと埃がものすごく立ち込めた。
電気掃除機のない時代は畳の中は埃だらけだったのだ。
それから障子や蛍光灯など高いところははたきでぽんぽんぽん。
またまた埃が立ち込める。
今はたきは見当たらないところを見ると、みんなどうやって高いところを掃除をしているのだろう?
きっとしてないのじゃないかな?

それから破れた障子の張り替え。
障子を水につけて紙を剥し、水で薄めたのりを刷毛でサンにつけて紙を貼る。
そして最後に霧フキで水をかけると、
紙が緩んだところもぴったりと張り付く。
ときどきは畳表の表と裏を入れかえると青い新品の畳になる。
畳屋さん大忙し!
今ではこんな作業はほとんど見ない。

そもそも大掃除という習慣さえもなくなってきたようで、
近所でも気合を入れて掃除しているところはほとんどない。
わが家でも大掃除はしない。
家内は掃除魔で毎日大掃除をしている。
毎日2回は掃除機をかける。
それで我が家では掃除機の寿命はものすごく短い。
でもこちらは掃除魔ではない。
もし一人で暮らしていたらここはたちまちごみ屋敷になっただろう。

いかし、うむ、いかん。
わが家の唯一のごみ屋敷、ならぬごみ部屋、
それは工房。
ここはもう足の踏み場もない。
こんな汚い部屋でいい作品なんか作れるかい!
なんてついつい思ってしまう。
でももう大晦日。
せめて自分で散らかした工房。
少しは片付けよう。

大掃除四角い部屋を丸く掃き 

~~~なんていうけど、そうそうせめて丸く掃こうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本酒 | トップ | 門松 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL