ぐうたら里山記

兵庫の西の端でただのほんと田舎暮らしをしています。ぐうたらです。のん兵衛です。

ソーラー

2017年03月07日 12時38分00秒 | 田舎暮らし
また近くでソーラーの工事が始まった。
旧出雲街道が今ではすっかりソーラー街道だ。

ソーラー工事をやってる人たちは、エコだと。
環境にやさしい仕事をしていると、きっと思っているのだろうな。
でも田畑を破壊しているとしか思えない。

ソーラーは補助金なしではやっていけない。
他の電気よりも高く買い上げてもらって初めて成り立つ。
これは将来的にはとっても危うい。
新しい技術はどんどん開発されていく。
ソーラーよりももっと効率のいい技術が開発されたとき、
ソーラーは廃墟になる。
業者がうまく新しい技術の成果に乗り換えられたらいいけど、
そうでなかったら倒産することだってあるだろう。
ソーラーを撤去することなく倒産したら、その後始末は誰がするのか。
もう田畑に戻すことはできないだろう。

わずかの金のために田畑を貸し、そして廃墟となって戻ってくる。
そうなったら・・・どうなんだろうね
とついつい想像する。
もっともたいていの人は、金ではなく、草刈りなど、田んぼの維持ができなくなって、
やむなく貸している、あるいは売ったのだろうけど・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公民館祭りの写真 | トップ | 「日本と世界の死刑問題」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL