ぐうたら里山記

兵庫の西の端でただのほんと田舎暮らしをしています。ぐうたらです。のん兵衛です。

吉備路~古墳

2017年05月03日 17時52分32秒 | 田舎暮らし
吉備路には古墳がたくさんある・・・らしい。
今住んでるこの町にも古墳はたくさんあるけどやっぱり規模は違う。

こうもり塚古墳



100メートルもある前方後円墳だとか。
でも玄室の前まで緩やかな坂を歩いていけるのでそんなに大きな感じはしなかった。
大きな石組みと石棺。
玄室の中には入れなかった。
「けち!」
でも、まあ、神社仏閣に油をまき散らす輩もいるので、これはしかたないこと。



造山古墳



全国4位の大きさの古墳らしい。
でも山を利用して作っているので仁徳陵・応神陵と呼ばれる古墳などとはだいぶ割り引いて見る必要がある。
ただ陵墓や訳のわからぬ陵墓参考地と違って上まで歩いて行ける。
閉鎖的な宮内庁のその閉鎖性を飯の種にしている宮内庁の職員の顔も見なくてすむだけでも、こちらの方がずっといい。



埋葬者はというと「有力な豪族と考えられる」らしい。
陵墓や陵墓参考地以外は「豪族」で済ませてしまう。
どうして豪族で満足するのでなく、誰が埋葬されていたのか調べようとしない?
それで観光客は「なぁ~んだ豪族か・・・」という印象で終わってしまう。
せめて「吉備王朝の王の墓だと思われる」くらいは書けない?
すると「すご~~い!王の墓だっんだ!!」とみんなの興味を引く。
どうせ埋葬者なんてわかりはしないのだ。
これくらい書いてもいいんじゃない?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉備路~旧山手村役場 | トップ | 春の野の花~たんぽぽ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL