ぐうたら里山記

兵庫の西の端でただのほんと田舎暮らしをしています。ぐうたらです。のん兵衛です。

春の野の花~シロツメクサ

2017年04月28日 18時19分08秒 | 花便り


シロツメクサ・・・というよりもおなじみのクローバー。
どこにでも咲いている。
もちろん外来種。
在来種に比べてしばしば外来種は目の敵にされる。
一時日本全土にはびこったセイタカアワダチソウ。
花粉症の原因とあらぬ疑いをかけられたこともあった。
でも今ではすっかり日本に定着してすっかり目立たなくなった。

外来種を排除するのはほぼ不可能。
それよりも外来種も受け入れると日本の植物層はより豊かになる。
排除するのではなくまずは受け入れて後は自然にまかせたらいい。

もし外来種を排除したら日本の野菜はほぼ全滅。
だって今の日本の野菜はほとんどすべてといっていいほど外来種だから。
在来種と言ったらミツバやアサツキやユリネやウドくらいかな?
春の七草のスズナ(カブ)やスズシロ(大根)だって外来種。
トマトもナスも人参も、
ネギもキューリも白菜も、
大豆もキャベツも芋類も。
みんなみんな外来種。
(ジャガイモはもちろんサツマイモや里芋、山芋だって外来種だよ)
野の花だって外来種がなかったらとっても寂しいものになっただろう。

というわけで外来種だという理由だけで排除するのはやめようね。
よそ者をよそ者だという理由だけで排除するのはやめようね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さつま白波

2017年04月26日 18時19分46秒 | 酒の話
たまたま安かったので「さつま白波」を買って飲んでいる。
昔は芋焼酎と定番というとこの「さつま白波」だった。
当時は芋焼酎は嫌いだったのでどうにも馴染めなかった。
芋焼酎独特の変な甘さ変な匂いが気になった。
でも今飲んでみるとそんなのはもう全然気にならないけど、
ほかの芋焼酎より癖を感じる。
苦味を感じる。
初心者向けではないのじゃないか?と思う。
もっと飲みやすい芋焼酎はほかにもいろいろある。
霧島や海童の方がもっと呑みやすい。
しかしとはいえ、呑んでみるとこのさつま白波、嫌いじゃない。
お湯で割るとほんわかと甘みが舌に残る。
嫌いじゃない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の野の花~ケマン

2017年04月26日 10時37分54秒 | 花便り
ケマンは仏具の華鬘に似てるからついたらしいけど・・・似てるか?

こちらはムラサキケマン



こちらはミヤマキケマン



どちらも可愛いし普通にどこでも生えている。
でも実はこれケシ科の毒草。
ケシ科には怪しげな花が多い。

その薬効ならぬ毒効はというと、ネットで検索したら以下のよう。
ちょっとおどろおどろしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 有毒部位は、全草
有毒成分は、アルカロイドのサングイナリン、テトラハイドロコリサミン、コリサミンなど
 中毒症状は、嘔吐、酩酊状態、昏睡、呼吸や心臓麻痺。

誤食、誤飲すると、涙と唾液の分泌が増えて心筋麻痺で痙攣(けいれん)を起こすが死亡した例は無いという
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉備路~国分尼寺

2017年04月26日 05時51分47秒 | 田舎暮らし


国分寺から国分尼寺へ向かう道。
池が多い散歩道。

八重桜が満開。





道辺にはたんぽぽがいっぱい。
それもみな日本たんぽぽだった。
ここには各地から観光客がやってくる。
いっしょに西洋タンポポもやってきそうなものだけど、
みな日本タンポポだった。



ひっそりと国分尼寺跡。
今は礎石と案内板が残るだけ。



金堂跡の案内板。
(面倒なので写真で済ます~興味のある人は読んでください)



あちこちツツジが咲いていた。
でももうツツジも終わりらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉備路~国分寺

2017年04月25日 19時42分04秒 | 田舎暮らし


吉備路はすっかり吉備路日和。
わが家から高速で総社まで1時間くらい。
そこからすぐに吉備路。
国分寺跡がある。

でもこの1時間、高速苦手の人間にとってはとっても遠い。
でも何とか意を決し、総社に行った。
いつものことながら遠出するときはまず悩むのはCD。
何にしようかなぁ~
いつもはモーッアルトもだけど、今度はハイドンにしよう。
でもハイドンのテンポってなんか眠くなりそう。
(眠くなったけど・・・)
でも、ハイドン嫌いじゃない。
明るい音楽とっても好きだでも後に残らない。
特に交響曲は。
たくさん聞いたはずなのに、題名が浮かんでこない。
熊?雌鶏?
どこが熊やねん!どこが雌鶏やねん!
でもこれはハイドンのせいじゃない。
ほかの人が勝手につけた題名。
というわけでハイドンを聞きつつも、
ハイドンを聞きながら総社に行ったのだった。

さて吉備路の話。
そこは想像通りの吉備路。
明日香とは違ったもっと温暖な気候。
いつもは必ず迷うのに、すんなり吉備路の丘についた。
車から出たら、目の前に五重塔!
とっても存在感がある。



もちろん当時の国分寺が残っているわけではない。
でも再建された寺院にも歴史の重みを感じた。
とりわけこの五重塔。
とっても立派な塔だ。









これはなんてこともない風景だけど、奈良時代の政庁があったところ~府中とか国衙とか国府とか~そんな跡に行くととっても違和感を感じる。今のほとんどの都会は海に面しているけど、そこは海から離れた周りを山に囲まれた盆地、平地。
大きな川沿いでなく支流・・・そんなところに立地する。
それが不思議だった。やっぱり当時の支配階級は人種が違っていたのかも知れないな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加