Gon's_Bar

ブログって何? 日記みたいでそうでもなくて。twitterもちょこちょこやってます。

やっぱ盛り上がる道具製作日

2017-03-05 22:48:41 | お芝居演劇
 1年生のレンジとビトンが台湾に研修旅行でほぼ一週間の留守。つまり部員全員がそろわないことが確定している一週間。キャスティングで二人がいなくても稽古できる体制にはなっているのだけど、そこばっか稽古していても沈滞するので積極的に道具製作をする計画。
 今回のセットは教室。全国大会に出て来るようなタッパ9尺、舞台全面カバーって舞台装置はアイホールやピッコロ中ホールには収まらない。かといって比較的リアルなセリフや設定の台本も無視できないというわけで、教室内の一部パーツを切り取り、極力リアルなユニットを二つ作る計画。ネタバレになるので全貌はお楽しみということで、制作過程を少しだけご紹介。
 入口のドアはよく台本にも書かれる部材なのだけど、ドアを作れば当然周りの壁も作らなければいけなくなるのだ。よって出来ればドアは省略したいというのが本音。でもドア作ってます。3×6べニアをくり抜いていかにもって感じの教室ドア。設計担当はもちろん大道具が作りたくて去年入部したシャッキー。パネルを作って素直につなぎ合わす構造ではなく、厚みの違う部材を巧みに組み合わせて立体感を演出。何度かの設計変更やダメ出しを経てようやく全員で作業できる段階に進化した。それでも切り分けたパーツを広い会議室に並べてみると、このパーツ忘れてましたってことが有ったりするのはご愛敬。25mmのベニア釘を何発で打てるかなんて競いながら組み立ては進む。
 順調かと思われた組み立てだが、やっぱこの人がいれば何かが起こる。ボンド婦人は確実にやらかして笑いをそそう。ぬりぬりしたちょっと?多めの木工用ボンドが付いた木片を大事な会議室の床にボトって落とすものだから床面ボンドまみれ。全員からの突っ込みを一身に受け輝いていました。
 実はこの日、体調不良や塾、お家の用事、とんでもない奴はこっそり遊びに行くなどの理由で出席率は50%の6人。寂しい空気でもスタートでした。こいつは一発カツ入れようってことでお昼は各自の弁当プラス差し入れの餃子。伊丹の4~50台お父さんには絶大な信頼を集める大阪王の餃子がどん。大事な会議室はボンドに続きニンニク臭にまみれたのであった。味は安定の美味さ。元気出ます
 そんなこんなで夕方には2つあるうちの1つのユニットがほぼ完成。設計通りの見事な立体感に満足な一日。しんどくたって前に進んでる実感さえあれば疲れは吹き飛ぶよねって一日。ビトンとレンジ、帰ってきたらびっくりしてくれるかな?

 奴らの帰還は火曜の夜。水曜日が楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月4日(土)のつぶやき | トップ | 3月5日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL