うれし、はずかし、、、私の絵手紙

今の私。
絵手紙を通して
これからの私。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

味覚の秋

2012-11-08 21:51:13 | 絵手紙作品


このぶどう、香だけはすごくいい。



ある施設の裏山に大きく実った柿。どうやら甘いらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金のなる木

2012-10-20 19:01:16 | 絵手紙作品

カネノナルキ




風に吹き飛ばされた枝が、いつの間にか根を張り
空を目指して上へ、上へと伸びていく。
この力強い生命力を見習いたいものです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の桜

2012-10-14 18:55:27 | 絵手紙作品

亡くなった祖母が好きだったという花
コスモス









可憐な秋の桜です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再度、琉球人形

2012-10-08 11:13:22 | 絵手紙作品
前回琉球人形描きましたが
2度目の挑戦

あ~ぁ、あまり変わらず。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三ッ池公園-友好の証-中国と韓国

2012-10-06 16:24:57 | 絵手紙作品
3連休初日
久しぶりに三ッ池公園に出かけました。


正門駐車場から園内に入るとまず最初に左手に見えるのは、
中国遼寧省と神奈川県の友好提携5周年を記念し贈られた
『馬超龍雀(ばちょうりゅうじゃく)』






『この銅像はロマンチックな発想と合理的な構造で作られた中国古代の芸術的逸品と言われる「馬超龍雀」の複製品です。
実物は1969年10月、中国西北部甘粛省武威県の北にある漢墓の中から出土したもので今から1700余年前のものです。
馬は首を上げ、尾を仰向け、三本の足を空に舞いあがらせ、右後足を龍雀にかけて、
疾走する姿を表しています。(略)』(三ッ池公園 馬超龍雀前のプレートより)




そして、向かい側にはコリア庭園。
このトーテムポールのような1対はチャンスン。









『先史時代において部族社会の境界として、
また、部族の繁栄を象徴した立石から由来して出来た。
(中略)朝鮮時代(1392年以降)には村の前苑に設置した。
上部に人の顔面を呪術的に彫刻し、腹部に「天下大将軍」「地下女将軍」の字を刻した。
云々』(三ッ池公園内コリア庭園チャンスンの説明プレートより)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加