経営革新を応援します

中小製造業に対し、利益率向上、生産性向上、コスト改善、不良の再発防止、短納期実現、ISO、特許の有効活用など支援します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

PDCAを回せ

2015年03月19日 07時24分28秒 | 経営戦略

 先日の参議院予算委員会において、地方創生担当大臣の石破さんが、盛んに「PDCA」と答弁の中で言われていた。また、「KPI」という用語も表現されていた。

 多くの方がご承知のように、「PDCA]は、計画、実行、チェック、改定の管理のサイクルを回すことである。「KPI]は、キーパフォーマンスインディケーターの略で、重要業績評価指標である。

 国の重要政策実行において、KPIを設定し、定期的にチェックを行い、その過程で軌道修正し、目標を達成させる行為に大いに賛成する。

 さて、今回PDCAを石破さんの答弁を例に挙げて説明したが、実は、我々は日常無意識に行っている行為である。例えば好きなこと、夢中になっていることを思い出してほしい。目標を立て、その実現に向けて計画し、実行し、チェックし、改定を行っている。結果をすぐチェックできるようにしておくことも、PDCAを回す重要な要因である。

 好きなこと、例えばゴルフの好きな人は、このサイクルを無意識に行っている。経営状態の良い企業経営者もKPIを設定し、その実現に向けてPDCAを回している。

 部下の動機づけにも、PDCAが回るよう、KPI設定の段階から支援、助言が必要な場合が多い。どうぞ、日常の活動に是非、意識的にPDCAを回す習慣をつけていただきたい。

ムゲン経営研究所 中小企業診断士/特級機械技能士
田中 義二 電話045-365-3020 tanakamgn@gmail.com

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生産性向上による競争力アップ

2015年02月08日 16時26分54秒 | 能率、生産性

 2月3日、東大ものづくり経営研究センター長、東大大学院経済学研究科教授の藤本隆宏先生のセミナーを拝聴した。昨年に続いて2回目の受講になる。藤本先生には、「ものづくり成長戦略」(光文社新書)から関心があった。当日のテーマは、「ものづくり人材育成を通じた地域振興と成長戦略」。

 本日のポイントを私なりに要約してご紹介する。
・現場の近未来では、明るい職場はありうる。中国を例にとれば、賃金格差のハンデはなくなりつつある。(私見:確かに中国など脅威であった国の賃金は高騰してきているが、海外進出企業が、産業が遅れている次の農業国などに進出すれば、また低賃金の脅威にさらされる。当分まだその脅威は続くのではないか。)

・工場を存続させろ。生産性向上を図り、生き残る執念を燃やすこと。(私見:現状は、すべての中小企業の生産能力を満たす仕事はない。生産性向上活動を行い、競合他社に勝つこと。製造業の中で下請け企業(受注企業)は、発注企業から図面をもらってその要求されたものを忠実に実現させることが当面目的であるが、発注企業の設計思想(設計者の思い、使命感など)を引き継ぎ、その設計思想を反映しなければならない。)生産性向上活動の結果、人余りが出た分、社長は仕事を取ってこい、と言う。


・成長戦略には、
\源裟の向上
¬唄屬砲茲詬効需要の創出
2つを挙げている。
項めの「有効需要の創出」の意味を理解できなかったが、日本企業が勝てるものとして、機能・性能の高いもの、摺合せ(人と人、企業間などの関係者の調整)が必要なもの、多品種少量の要件を満たすものと理解する。

・エンドユーザが求めるアウトプットを流せ
一般的に中小企業の発注者にはそのまた顧客が存在する。大手企業を顧客と考えても、エンドユーザが存在する。受注企業は、与えられた図面を忠実に再現するだけでは不十分であり、エンドユーザが喜ぶ、求めるものを要求する活動が必要である。エンドユーザは誰で、何にどのように使われるのか、確認する姿勢が大切である。

 少々早口で聞き取りにくい部分があったが、藤本先生のものづくりへの期待は大いに伝わってきた。

ムゲン経営研究所 中小企業診断士/特級機械技能士
田中 義二 tanakamgn@gmail.com

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国の支援策活用

2015年01月27日 11時44分07秒 | 経営戦略
 既に、認識されている経営者もおられることと思いますが、26年度の補正予算で、前回実施された以下の支援施策が行われる予定です。
 
「小規模事業者持続化補助金」
補助内容は販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)に伴う費用が対象で、2/3補助。最大100万円です。ご参考に前回の中小企業庁の案内が示されているURLを以下に紹介します。前回は、100件程申請書を某機関の評価者の一員として、採点評価させていただきまいた。
 
 設備投資に関しては、本件、補助率2/3であるので、自己負担1/3になります。だからと言って軽はずみに決定せず、少なくとも3年先くらいを考えて、貴社の経営戦略にあった設備投資の判断をすることを期待します。
 
 内部留保、自己資金があれば、資金繰り面では問題ありませんが、購入にあたっては前払いのため、2/3の分、他者から借りられるかも検討しておく必要があります。
 
募集が開示されると、意外に締め切りまでの期限が短くしっかりした申請書ができない場合が出てきます。事前準備の時間をしっかり取りましょう。
 
本年度、前年度実施された「ものづくり補助金」も26年度補正予算で同様に実施される模様です。こちらの施策活用もご検討ください。
 
ムゲン経営研究所 中小企業診断士・特級機械技能士 田中 義二
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その目的は何か、真の目的を狙え

2015年01月21日 15時32分43秒 | 経営戦略

 2015年1月18日、朝日新聞に、「安全のボルボ」正念場 「頑丈な車体→ぶつからない技術向上へ」という記事があった。ボルボの車といえば、頑丈な車、四角いライトバンというイメージが思い出される。以前は、結構町を走っているのが見られた。今は、デザインも変わっているがボルボの車はほとんど見られない。輸入車でのシェアは4%という。

 さて、この記事を取り上げたのは、経営戦略上重要なヒントが提供されているからである。VE(価値工学)では、常にその目的は何か、目的と手段を意識し、現在の手段の上流の目的の実現を図る開発行為が行われている。

 ボルボは、今まで衝突時の車内にいる人間の安全性を独自のブランド戦略としてきた。その戦略が消費者に支持されてきた。頑丈な車体は、社内の人間の安全を確保する目的である。

 頑丈な車体の目的は、安全を確保。安全の確保を完全にするには、他の車、人を含め、物体に衝突しないようにすればよい。そこで、近年各社が積極的に開発競争を行っている手段が、「自動ブレーキ」、「自動運転」技術である。


 いつまでも過去の戦略を維持するためにその実現手段ばかり追求していると、その手段の目的を実現する手段の開発により、太刀打ちできない置いてけぼりを食われされる。

 大事なことは、今やっていることの目的は何か。時々立ち止まって確認すること。学習も、研修も、今時間を消費している行為の目的が真の目的の実現に貢献しているか、確認することが求められる。

ムゲン経営研究所 中小企業診断士 特級機械技能士 
田中 義二 tanakamgn@gmail.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体を動かそう

2014年10月13日 09時25分17秒 | 趣味

 先日NHKで健康寿命について放映された。よく平均寿命の長いことは話題になるが、健康寿命を話題にすることは少ないと感じている。厚労省では、健康寿命とは、「日常生活に制限のない期間の平均」と定義している。言い換えると、健康で自立して日常生活を送れる期間と定義しているホームページもある。

 さて、興味を引いたのが、健康寿命と平均寿命の差、すなわち日常生活に制限のある不健康な期間である。平成22年のデータでは、男が9年、女が12.5年である。
 この期間が長いということは本人にとっても介護者にとっても、税金の消費の面でもよろしくない。平均寿命が低くなることは常識的に考えられない。したがっていかに健康寿命を延ばすかである。

 生き物は成長期、成熟期を経て、衰退期から死に至る。健康寿命を延ばすには、成熟期を長く維持し、衰退の下降線をいかに減速させるかにかかってくる。私は、70歳半ば、自立できているが、腰痛、50肩、白内障など老化現象が現れている。肉体に不都合があるが、幸い今のところ頭のほうは異常なしと感じている。

 先日何気なく、あまり意識していなかった、どちらかといえば無視していたラジオ体操をしてみた。驚いたことに、スピードについていけない。体のあちこちが痛い。たまに行うジョギング、ゴルフ程度では肉体を維持できないと悟った。

 やはり、健康寿命を長くするには、自助努力、日常的に体を動かすこと、頭も働かせることが肝心であると痛感した次第である。

田中 義二

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き残りには時間をかけて差別化を図れ

2014年09月12日 13時21分07秒 | 経営戦略

 昨日、9月11日、有限会社中里スプリング製作所の中沢社長のお話を拝聴した。タイトルは、「下請けからの脱却!その戦略と事業展開成功の秘訣」と題して行われた。

当社の事業戦略は、以下の3つを掲げている。

・遊び心を持ったオリジナル商品
・機能性に優れた新素材、形状の製品創り
・質の高い技術・精度・納期の 追及

 全社の意識は、人の心や気持ちをウキウキ、ワクワク、お客に夢や感動を与えるとなっている。
これらを実現させるため、社内にいろいろな施策を展開されているが、常に他社と差別化を意識されていることを強調していた。
例えば、他社にない設備の導入、特殊材料加工へのチャレンジなど。

 今、多くの中小製造業が困っている。発注企業の海外移転、現地ローカル企業等からの調達などで、国内生産が減少傾向にある。国内同業他社、あるいは異業種からの参入企業との生き残りをかけた厳しい経営を毎日続けている。特に受注企業(下請企業)は、高度成長時代の1980年代から待ちの経営を行ってきた。前向きな格好いい表現をすれば、「お客の求めがあれば何でも受ける、来るものは何でも拒まず受ける」という姿勢。 

 その結果、多くの企業が自社で他社と差別化できるものを持っていない。何でもやる、こなすは強い他社に勝てる戦略にはなりえない。差別化は、特定されたものに対し人と資金と時間をかけて実現するものである。それだけに、攻めの経営、営業活動を取ろうとしても短期間に成功しない難しい問題である。

 国は、昨年度、本年度と2年間続けて挑戦する中小企業に対し、ものづくり補助金などを提供している。国、都道府県の支援施策をうまく使って差別化を進めていただきたい。

ムゲン経営研究所 中小企業診断士/特級機械技能士 田中 義二 
045-365-3020 tanakamgn@gmail.com
 




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ものづくり補助金2次募集

2014年07月02日 11時10分54秒 | 経営戦略

 去る6月27日(金)、新ものづくり補助金1次公募の2次締め切りの採択結果が中小企業団体中央会から公開されました。何件応募したか開示はありませんが、採択件数は約6700件。

 引き続き2次公募が全国中小企業団体中央会から7月1日開示されました。ご承知のように前年度に対し今回は、小規模事業者に配慮され、また、設備投資だけにも採択の幅が広げられました。
今回、2時締め切り分に対し1社申請書作成の支援をさせていただきましたが、当該企業は複合NC旋盤導入で採択されました。今回、設備投資に対し国の政策が積極的に導入を図ることが見えますが、導入後の課題は、導入設備の稼働率です。

 国内の生産高は、大手企業の海外移転、現地調達で減少傾向にあり、国内の生産量が減少傾向にあります。したがって、同業者に対しいかに差別化を活かし、受注するかにかかっています。
当然、採択にあたっては、導入した設備が活かされなければならず、審査はこの面にも立ち入ります。

 ここで、重要な存在になってくるのが、計画を評価する認定支援機関です。
認定支援機関を大きく分類すると、金融機関、税理士事務所、公的支援機関、コンサルタント、その他となります。これらの支援機関は得意とする分野があり、逆に弱いところも存在します。
したがって、申請の内容によって、支援機関を選別できればベターです。

 例えば、借入金の協力を願うならば金融機関、コンサルタントには、自社の強みを顕在化し、狙う市場などを明確にしてもらう。などが考えられます。

 2次公募受付期間は、7月1日から8月11日までです。詳細は、下記URL参照ください。
http://www.chuokai.or.jp/josei/25mh/h25koubo_second.html

ムゲン経営研究所 中小企業診断士/特級機械技能士 田中 義二 
tanaka@mgein.com

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新ものづくり補助金1次採択結果

2014年05月05日 12時44分47秒 | 経営戦略

 ものづくり補助金が本年度も新ものづくり補助金として、対象範囲を広くして公募された。すでに1次募集の採択結果が公表され、2次募集の締め切りを5月14日に控えている。

 昨年の1次募集には1万社を超える企業が応募したが、今回は、7396件、採択率39.4%となった(全国中小企業団体中央会HP)1時の採択率は、昨年度とほぼ同じくらいの結果となっている。

 昨年度の募集でも設備投資を歓迎する募集案内であったが、結果は、試作開発を伴わない設備投資申請には厳しかった。さて、本年度はいかがか。募集要項を見る限りでは、昨年より設備投資は採択されやすいように推察される。昨年度と比較すれば、導入した設備の稼働率の向上が期待される背景がある。

 補助金をいただき設備を導入しても、設備の稼働率が低くては導入目的が果たせない。新聞記事からマクロの判断に裏付けられるように、今回、2次募集に応募する企業の経営者の話では、大田区において募集しても社員が応募してこないという。1時間、1020円のパート募集でも応募者がいないという。受注は上向いているようである。

 中小企業におかれては、是非本制度を活用し設備導入を図り、精度向上、短納期実現、さらにコストダウンを図り、顧客のニーズに応えていただきたい。

ムゲン経営研究所 中小企業診断士 特級機械技能士 
tanaka@mgein.com 090-4200-4454

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローテクノロジーが製品の寿命を決める

2014年01月09日 09時53分13秒 | 品質保証

 当家の居間の電球6個を既にLEDランプに交換している。X社5個、Z社1個。その内のZ社1個が故障した。LED電球は省エネと共に寿命が長いという認識である。それが、買ってからあまり時間が経たないうち故障してしまった。
 電球は、ソケット側本体と半透明のプラスチックの蓋で構成されているが、その蓋の接着面からはずれ蓋が落下してしまった。

 蓋がはずれても照明はされている。メーカのクレーム受付担当者の話では、直接見ると目を悪くすると言う。現象を訴えたら新品と交換していただけた。

 さて、この商品の故障から感じられることとして、ハイテクノロジー製品の特長である長寿命が思わぬローテクノロジー(ローテク)技術によって犠牲になったこと。接着は構造は簡単であるが、その信頼性を評価することは難しい。製品を目でその信頼性を確認することは難しい。従って、プロセスで保証しなければならない。ハイテク製品がローテク技術で足をすくわれたことになる。ローテクを軽んじてはならない。多分、他の商品でも同じ故障が発生しているのではないか。メーカにとっては思わぬ損失コストが発生していることと推察する。

ムゲン経営研究所 中小企業診断士 特級機械技能士 中小製造業の経営革新
田中 義二 tanaka@mgein.com 電話 045-365-3020

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少量、高精度、難削材を受注せよ

2013年12月12日 09時20分33秒 | 経営戦略

 事業承継の助言依頼で大田区のH社を訪問した。
社長78才、現役でまだ元気に機械加工を行っている。後継予定者48才息子さん。その他、後継者の奥様が事務担当、地方工場に親戚の方1名、計4名の部品加工企業であった。
 財産承継、節税対策は専門家に依頼することとして、主に経営面の承継に対し助言を行った。

 当社を訪問して、改めて感じたことをご紹介する。
今期予想として、売上高5千万円、営業利益及び経常利益10%、自己資本比率30%。立派な経営内容に感心した。

 景気が回復してきたと言っても、受注は思わしくなく、赤字。その結果、債務超過に陥っている企業が多い。このような状況の中で、当社は毎年黒字になっている背景を紹介する。

 売上高に占める材料比率は10%程度と一般機械加工企業に比較して低い。これは、価格が高く設定できる、付加価値の高い製品の受注を行っていると言うことである。顧客の調達部門から値切られにくいものを受注している。具体的にはレーシングカーの足まわりの部品を多く受注している。

 難削材、高精度、これらの製品を少量生産性を上げて造るノウハウが勝負所である。技術、熟練技能者、高精度機械を持っている企業でも、国内の需要が加工側の供給を下回る現状では、同業者との戦いで負ける企業が出るのはやむを得ない。いかにに生き残る企業側に回るか、厳しい時代が続く。

 当社の経営課題は、加工者が休めないこと、地方工場の非効率、受注変動、整理整頓が指摘できる。頑張りましょう中小企業。

ムゲン経営研究所 中小企業診断士/特級機械技能士 中小製造業の経営革新
田中 義二 tanaka@mgein.com 電話 045-365-3020

コメント
この記事をはてなブックマークに追加