福田の雑記帖

www.mfukuda.com 徒然日記の抜粋です。

2016年大晦日 小雪ちらほら、寒い いつもと同じく「感謝」 で締める

2016年12月31日 15時28分14秒 | 近況・報告
 時間の経過は実に早い。2016年も大晦日を迎えた。

 私は先に勤務していた病院の嘱託医として外来診療を細々と続けている以外は外との接触・交流・対話は一切なくなった。今年も同様、家族とネコ、自分との対話を中心に過ごしている。

 年毎の蓄積データの更新など。読書三昧、文献整理その他、文献チェックなど。今朝も除雪不要。新聞雑誌、文献等の活字体、録画映像、ラジオ番組の録音を通じていろいろ情報を仕入れ勉強した。無知であった自分を恥じながら新しい史実、事実を知った。

 昨年の年末は感染症のためか約一月体調不調であったが、今年は殆どなかった。2回ほど転倒したが、共に事なきを得た。最近転びやすい、要注意である。

 家族達は元気に過ごしている。孫4人、何れも個性豊かにすくすくと育っている。

 爺婆世代の話題といえばどうしても健康問題が生じてくる。
 私も間もなく72歳になる。右下腹部の腹壁ヘルニアが徐々に大きくなりつつあり、時に疼痛を発する。何れ、手術が必要になるだろうができるだけ回避したい。
 最近、体力・気力の衰えを自覚している。
 家内は元気である。もともとマイペース人間であまりストレスがないのか、労働意欲は保たれているようで一安心である。
 私自身はそろそろ引退、あるいは大幅な業務量の縮小を希望するが、家内が働いている間は補助的に手伝わなければならないだろう。

 我が家はこの2年間でネコ屋敷になった。内ネコは黒の「ユー」と「プチ」の2匹に。「小さいかた」とその子供達4匹は風除室ネコでとても元気、毎日笑いを提供してくれている。

 私がこうして無事年末を迎え得たのは、やはり多くの方々のお陰である。
 この一年、いつもと同じく「感謝」の気持ちを込めて、厳粛な気持ちで締めたい・・・と、言うことで、今年も一年を「良かった良かった・・」で締められるのを無上の喜びとし、筆を置きたい・・ではなく、キーボードを置くことにする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年の出来事(4) 自身の行... | トップ | 2017年元旦 明けましておめ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

近況・報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。