福田の雑記帖

www.mfukuda.com 徒然日記の抜粋です。

ラジオ NHK「ラジルラジル」が始まった(2)私のFM受信機より音が良い

2011年09月21日 03時33分02秒 | 音楽談義
 NHKで本年9月1日からNHKのラジオ第1・第2・FM番組をインターネットを通じて番組を提供している。「ラジルラジル」という妙な名前である。
 早速PCで聞いてみた。NHKの上記ラジオ番組を殆どノイズのない音で聞ける。これは革命的ですらある。AMはモノであるがFM放送はステレオで、これまた殆どノイズがない、驚いた。

 私はかつてはオーディオにかなり関心を持っていてFM放送からオープンやカセットなどに音楽を録っていたのであるが、ノイズ除去では満足したことはない。それなりの機能を持つFMテューナーを用意し、アンテナも3-5素子のをいろいろ試したがチュルチュル音を消すことが出来ず不満足な結果で終わっていた。 
   
 2008年11月からNHKのラジオ深夜便をオリンパスVP-10で連日2時間MP3で自動録音している。ノイズは出来るだけ押さえたい、とDXアンテナ製のブースター内蔵デジタル室内アンテナUS100Aを用いていてそれなりに満足してきた。しかし、半年ほど前からステレオ放送時のチュルチュル音が明らかに目立つようになった。我が家の無線LANとかWOWOとかの機器,家具の配置の影響かと半ば諦めていたのであるが、「ラジルラジル」でFM番組を聴いたところ殆どノイズ無しの放送に改めて刺激を受けた。

 こんなにノイズが少ないFMが聴けるのであれば、今までの装置を何とかしなければ、と本日午後にブースターを追加繋してみたが改善せず、結局アンテナを屋外に設置した。屋外と言っても風除室の中であるが、何とかスイートポイントを見つけ、受信状態はとても良くなった。ここまで改善すれば家では「ラジルラジル」に頼らないで済む。「ラジルラジル」が私を奮い立たせてくれた、と言うことである。

 「ラジルラジル」によって私のラジオ環境が既存の機器を含め一層改善した。とても満足している。
 所で、TVの地上デジタル化のメリットは何だろうか。具体的に体感してみたいと思う。
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
地上デジタル ステレオ放送 オリンパス ラジオ深夜便 ラジオ番組
コメント (3) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ラジオ NHK「ラジルラジル」が... | トップ | 「敬老の日」雑感 無縁・無援社... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
聴いてみたいです (コンコンP)
2011-09-23 19:37:26
何時も普通のラジカセでラジオを楽しんでいます。
しかし
ノイズが全く無いならパソコンで聴いてみたいです。
そのうちパソコン買ったら絶対ラジルラジルを試します。
ノイズが少ない<>音が良い (オオヤブクリニック院長)
2011-10-13 20:09:15
らじるらじるは開始当日から聴いています。当地は、電波状態が良くない地域で、AM、FM共に携帯ラジオではノイズが気になります。「らじる」は確かにノイズはほとんど聞き取れず、これは「ニュース」「トーク」番組には大変よいことです。しかし、しっかりしたステレオにつなぐとFMの音楽番組は明らかに「圧縮」による音質劣化がみられます。
ラジル ラジル (こんこんP)
2011-10-28 21:19:22
聴いてみたいですが、PCありません。(+_+)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。