映画で綴る鑑賞ノート

ドキュメンタリーを中心に、新作映画を楽しく語ります。
鹿児島弁のコーナーもあるよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿修羅城の瞳

2005年05月01日 | スクリーン
 血を浴びた肩の疼きに逆らえず 燃えて染まりて舞う椿かな

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

★★★☆ 2005 日本 監督:滝田洋二郎

阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る…

前知識なしで観たもので、“オニミカド”って、帝が鬼ってことなのかなと思っていたら、

“鬼御門”っていう組織の名前だったんですね。

あと、確か樋口可南子さんが、「笑止!」という台詞がありましたけど、

あれも、“笑死”(着物の少女)に、呼びかけていたのかも。あんまり覚えてません…。(汗)

というのも、宮沢りえさんばかり見ていたもので。(笑)

茨木 葛城 悪路王 紅葉 土蜘蛛 御将門 人の世 鬼の世 さかしまに…

                                      阿修羅城の瞳

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リング0 バースデイ | トップ | コーラス »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB、ありがとうございます (理恵)
2005-05-05 09:28:30
TB、ありがとうございます。



「鬼御門」などは映画で

分かり難い設定だったと思います。

Unknown (MNO)
2005-05-05 13:14:28
トラバありがとうございます。

映画で短歌って面白いですね。

舞台未見の人にはこの映画、そこそこ評判がよさそうで新鮮に思えます。
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-05-05 14:28:40
前評判が良いとがっかりさせられる場合が多いかもしれません。

映画用に独自のテイストをもっと出してもよかったんじゃないか、と思いました。

舞台を観ることができなかったので、どうしてもこの映画は、観たかった。

だから「観た」ということだけで満足。
ありがとうございます (any)
2005-05-05 23:02:27
TBありがとうございました。

舞台を映画にという、企画は良かったと思うんですが、全体的に中途半端印象を受けました。

もう少し、映画だから出来るということを描いて欲しかったと思いました。

主演の二人は良かったんですが…。



こちらもTBさせて頂きます。よろしくお願い致します。

スマステ4のベスト5映画で・・・ (アリス)
2005-05-06 00:19:26
個人的にも染五郎さんと親しい、稲垣吾郎氏が、

この作品が「舞台だと最高だけど、映画では

いまひとつ」だと言ってました。

私は、舞台観ていないので、舞台との差がわからないですが、

CGの迫力不足のような気がしました・・・。



TBありがとうございました。
すみません!! (なお)
2005-05-06 02:15:51
間違えてハイドアンドシークのTBをしてしまいました。

大変失礼いたしました。
コメント、ありがとうございます。 (せんかいへき)
2005-05-07 17:04:27
>理恵様

凝った名前を付けても、音しか伝わらないですからね。街中に鬼がいるらしいってことと、鬼と人との見分けがつく人間がいるらしいってことは、わかりましたけどね。



>MNO様

せんかいへきも舞台は未見です。舞台の映像をスクリーンで観るというイベントもあるそうですね。一度観てみたいものです。



>あかん隊様

オリジナル版が好きな人ほど、阿修羅城の瞳の世界を壊された感が生まれるのかもしれません。3時間半が2時間になっている時点でもう…



>any様

そうですね、宮沢りえさんは良かったと思います。最近特に、スクリーン映えする女優さんになってきたなぁと嬉しく思っています。



>アリス様

吾郎ちゃん、結構、言いますねぇ、チクッと。

CGに関しては、滝田監督が、どこまで関わっているかはわかりませんが、陰陽師のときもそうでしたけれども、一言でいうと、“ちゃちい~”んですよね。(笑)

せんかいへきも、チクッと言ってみました。(笑)



>なお様

いえいえ、せっかくなので、このままにしときますね。(笑)

確かに名前は独特でした (FLUFFY)
2005-05-08 00:11:22
初めまして。

それぞれの役名、独特でしたね。

音だけ聞いた時は、イメージが沸きませんでした

実際自分とこの記事を書くのに調べてみて

そうだったのかー、そう書くのか

と初めて知ったりもしたし。

でも音として聞いた時の印象も考慮してたのかな。

とは思いますね。
TBありがとうございます (映画 *日和)
2005-05-08 01:34:16
舞台を見た人は、物足りなかったみたいですね。

私は舞台を見ていないので何とも言えないですが

宮沢りえと市川染五郎と音楽が素晴らしかったなぁ、

と思います。





今作の短歌 (chishi)
2005-05-12 23:59:58
色っぽくて情熱的ですねー

映画もこうだったら良かったのに(泣)
コメント、ありがとうございます。 (せんかいへき)
2005-05-13 16:44:29
>FLUFFY様

これが小説や漫画だと、漢字で意味も雰囲気も伝わるんでしょうが…。



>映画*日和様

オリジナルを超える映画がなかなかないのは何故なんでしょうか? そんなことまで、考えてしまいますね。



>chishi様

短歌の感想、ありがとうございます。

ポスターを見て、映画もこうだったら良かったのに… と泣いた人は多かったのではないかと思いますね。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
阿修羅城の瞳 (ネタバレ映画館)
 「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた。  せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ・・・  百人一首は苦手だが、苦手な人のために「“せ”で始まる句は一つしかないからこれを覚えておくといい」、という言
『阿修羅城の瞳』 (ぺぺのつぶやき)
2005年 日本 119分 監督 滝田洋二郎 原作 中島かずき 出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、内藤剛志、渡部篤郎 「阿修羅城の瞳」公式サイト→ココ ストーリー 江戸時代が舞台。 人の世を滅ぼし、世の中を征服しようとする鬼たち...
阿修羅城の瞳 (そーれりぽーと)
タダ券が有ったのでフラフラと劇場に行ったのですが、観たい映画は観尽していたので久しぶりの邦画「阿修羅城の瞳」を観てみました。 ☆評価不可能 大人がターゲットなのに“特撮ヒーローもの”のノリで、途中で帰りたくなりました。 わけのわからないコスチュームに身を包
「阿修羅城の瞳」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
土曜に引き続き日曜日にもファボーレ東宝で二作品見てきました。『阿修羅城の瞳』と『コーラス』の二つです。 まずは『阿修羅城の瞳』から。 主演は「宮沢りえ」と「市川染五郎」。脇を固めるのは「樋口可南子」、「小日向文世」、「内藤剛志」、「渡部篤郎」の面々。エンデ
「 阿修羅城の瞳 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 滝田洋二郎主演 : 市川染五郎/宮沢りえ/小日向文世      / 内藤剛志/渡部篤郎/樋口可南子 /公式HP:http://www.ashurajo.com 時は文化文政の江戸の世。人の姿を借りた鬼が人を食らうと言う・・・・幕府は、「 鬼御門 」と呼ばれる組織を結成し江戸...
阿修羅城の瞳 (cococo)
チラシやポスターが、あんまりきれいだったし、舞台の評判も聞いていたし、舞台を観
試写会「阿修羅城の瞳」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「阿修羅城の瞳」開映18:30@イイノホール 「阿修羅城の瞳」2005年 日本 配給:松竹 監督:滝田洋二郎 原作:中島かずき(劇団☆新感線) 出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、    大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄
阿修羅城の瞳 (kikumasamune)
(英題:BLOOD GETS IN YOUR EYES)  公開前日に試写会に当たったので観て来ました。監督が滝田洋二郎と聞いただけですごくゲンナリしたのですが、やっぱりというかどーしようもなくゲンナリする出来だったので、客電がついた時にはただただポカーンとしておりました。が
「阿修羅城の瞳」 (the borderland)
初日16日(土)しかレイトショーやってないので時間合わせて見に行ったら、財布忘れたのを電車の中で気付いて、阪神梅田のかの有名なミックスジュースだけ飲んで帰りました・・・ 小銭入れと定期は持っていたので気付かなかったんです(^^; 自分のアホさ加減に疲れが
『阿修羅城の瞳』 (ラムの大通り)
-------この映画、試写会が大盛況だったんだって? 「『阿修羅城の瞳』なんてタイトルからして魅力的だからね」 -------あまり映画っぽくないよね。 「そうなんだ。これは元はと言えば劇団☆新感線の舞台。 それを観て『これは現代の歌舞伎だ』と思ったという市川染五郎。 彼
阿修羅城の瞳 (Akira\'s VOICE)
まとまりと盛り上がりに欠け,最後まで入り込めなかった・・
阿修羅城の瞳 (any\'s cinediary)
阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に変える――― ス
阿修羅城の瞳 (Cafeアリス)
阿修羅城の瞳を、観てきました。 劇団☆新感線の人気の舞台の、映画化だそうですが、 もともと「恋する手鏡」のおまけにつられて買った前売り券だったので、 あんまり内容を知らずに、観てきました。 今日のSMAP×SMAPでも、市川染五郎さんと、宮沢りえさんがゲスト...
■阿修羅城の瞳 主演:宮沢りえ 市川染五郎 小日向文世 (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■阿修羅城の瞳 ●映画「阿修羅城の瞳」は、宮沢りえと小日向文世を観に行けば、良いと思う。これは舞台で若い観客に持て囃された作品の映画化であるから、ネタばれも少々なれば許されよう。 鬼の住み着く下界、鬼を退治する鬼殺し出門とある女盗賊つばきの出会いが阿
映画感想:『阿修羅城の瞳』 (徒然三十路日記♪)
00年に上演、03年に再演されて話題を呼んだ劇団☆新感線と松竹のコラボレート舞台作品「阿修羅城の瞳」を映画化。町人文化が栄えた江戸の文化文政期。恋をすると鬼の王・阿修羅に生まれ変わってしまうという宿命を負う女つばきは、以前幕府の鬼祓い機関の副長を務めていた舞
阿修羅城の瞳 (たりん堂@blog)
予告が良かったので、観たい観たいと騒いでいたら副部長も観たかったようですんなり鑑
Hide and Seek★★☆☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ 『母親が自殺し、田舎にやってきた父と娘。娘のエミリーは、チャーリーという名の友達が出来るが、その姿は父親には見えなかった。この引越しから、奇怪な現象が起こるようになり・・・』 director ...John Polson ...
映画『阿修羅城の瞳』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『阿修羅城の瞳』公式サイト『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです
映画/阿修羅城の瞳 (Color of Words)
この作品、新橋演舞場での初演(2000)、再演(2003)どちらも見てて、DVD
阿修羅城の瞳 (CINEMA e MUSICA di FLUFFY)
恋をすると鬼になる
阿修羅城の瞳 (PICO*THEATRE)
阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る――好き度:★★☆思った以上に平凡な作品。元ネタは劇団新感線の同名舞台であると聞いていて、それを意識しすぎたせいかもしれませんが、「オペラ座の怪人」に引き続きいまいち映画用に再構成されていな
阿修羅城の瞳 (ことだま::Kotod@m@)
でもって、本日2本目の映画… ナショナルトレジャーと悩んだんだけど… 2.阿修羅城の瞳 市川染五郎&宮沢りえ主演の映画。 子供のころに、「南総里見八犬伝」を見てなんだかわからないけど面白かった記憶があって、「阿修羅城の瞳」にも同じにおいを感じたので、チョイス
『阿修羅城の瞳』 (映画 *日和)
劇団☆新感線の舞台を映画化とのこと。 舞台の方は見ていないのですが この映画、おもしろかったです~♪ 音楽も、前から予告とかで耳に残るなぁって思ってたら な~んと、菅野よう子さんが担当されてたんですねぇ。{/hakushu/} エンディングをスティングが歌い下ろし(?)
「阿修羅城の瞳」 ☆ (帰ってきた新作映画を観て紹介する人柱的ブログ)
長いだけに始末が悪いというたぐいの失敗作。 「陰陽師」などの映像化の難しいエンターテイメント作品を無難に撮ってきた仕事人滝田洋二郎監督もついにやってしまった感があります。 時代劇というよりはお江戸ファンタジー的な舞台設定ですが、歴史の一切合財を無視
「阿修羅城の瞳」 (るるる的雑記帳)
「阿修羅城の瞳」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 四世鶴屋南北(私のイメージではこんな飄々とした人物ではないが、でも狂言回し的な役だから仕方ないのか?にしたってもう少しセリフが何とかならなかったのか)が出てきて歌
阿修羅城の瞳 [ため息ばかり・・・これだけ観て日本映画はダメだって言わないで] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ミニシアター系などに関心なく、古い名作傑作にも興味なく、メジャー系映画中心に年間10~20本程度映画を楽しむ人がいたとする。そういう人は当然ハリウッド映画鑑賞がメインとなり、日本映画は年間4~5本観る程度だろう。そのうちの1本として、この「阿修羅城の瞳」を選んで
阿修羅城の瞳 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
松竹と劇団☆新感線の初コラボレート作品、 舞台「阿修羅城の瞳」映画化作品。 渡部篤郎さん出演ということで 渡部さんが観たいが為に映画館へ~♪ 「阿修羅城の瞳」2005年公開・邦画 監督/滝田洋二郎 脚本/戸田山雅司、川口晴 出演/ 市川染五郎、宮沢りえ、...
綺麗なおニイさんは好きですか?/「バッド・エデュケーション」「阿修羅城の瞳」評 (I N T R O+blog)
『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が出る映画はマコトに良いものです。つか、何が悲しくてカネ払って不細工見なくちゃい
映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ マイ・ファニー・バレンタ
阿修羅城の瞳 ★★★★☆ (◆覇王の書斎◆)
スペクタクル・なんとか、とか、アクション・どーたら、とか、CG・VFXの出来云々、という視点で見るよりも、これは「漫画」だ、と思ってみるとすんなり受け入れる間口が出来るんじゃないかと思いました。
阿修羅城の瞳 (シネクリシェ)
『陰陽師』シリーズや『壬生義士伝』で、時代劇では手堅い演出をみせてくれた滝田洋二郎のことだから、今回
阿修羅城の瞳  突出した、染五郎VSりえの緊張感 最後は「陰陽師2」のよう (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:阿修羅城の瞳/松竹 ※ノベライズ本:A SHU RA ストーリー・オブ・ザ・ムービー 阿修羅城の瞳  小学館480円 ジャンル: 新感覚アクション・エンタテイメント/2005年/119分 映画館:MOVIX京都シアター7(181席) 鑑賞日時:2005年5月3日(火・祝),16:50~ 50人 私の
「阿修羅城の瞳」@渋谷シネパレス (舞風満帆)
ぽ「・・・ぁぃ・・・もしもしぃ・・・」 13時に友達の電話で起こされた。 ...
阿修羅城の瞳 (欧風)
本日、久々に試写会に行ってきましたよ。今回観に行ったのは「阿修羅城の瞳」。 試写会と言っても、これはもう劇場公開は終わってるみたいで、10/29(土)に出るDVDを記念した試写会です。この作品に関しては、ハガキの写真の印象や、タイトルで、あ、多分時代劇
阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ (Dazzling M)
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味が
映画『阿修羅城の瞳』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
今度こそ、今度こそ最後までいかせてくださいますか。確かにあの時は・・意味深な言葉を投げかける。江戸の町での舞台"阿修羅城の瞳"の映画化。 現世に魔界の王"阿修羅"を復活させる条件が、真実の恋にめぐり逢うこと、真実の恋に巡 ...