映画で綴る鑑賞ノート

ドキュメンタリーを中心に、新作映画を楽しく語ります。
鹿児島弁のコーナーもあるよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミュンヘン

2006年02月09日 | スクリーン
お互いが銃を向け合い、身動きが取れなくなったときに、
先に銃を下ろすのは、とても勇気がいること。
助かる保障など、どこにもありませんから。

※ ネタバレ 注意! ※

アクション映画にありがちな、ワンシーンがとても印象に残りました。

かりに、目の前の敵を倒したとしても、
憎しみを、より強くした新たな敵が生まれてくるだけ。
永久に勝利のない、負の連鎖が続いていくだけ…

ミュンヘンオリンピック事件と、その後のイスラエルによる報復を描きながら、
映画は、スピルバーグの目は 明らかに“9.11”以後のアメリカに向けられていました。

それは、ラストで、さりげなく遠くに示されます。

“ミュンヘン”というタイトルどおりに、事件だけを描けば、
被害者であるイスラエルの選手たちと、その家族に焦点を当て、
悲劇の物語に仕上げることのできる立場にいる、ユダヤ系のスピルバーグが、
このような、描き方をしたことに、大きな意義があると思います。

この映画を作り上げた方々の勇気に、心から拍手を贈りたいと思いました。

ミュンヘン
★★★★ 2005 アメリカ
監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ

追記

 見逃していたドキュメンタリー、「ブラック・セプテンバー 五輪テロの真実」が、WOWOWで再放送決定!

映画短歌

 憎しみに駆られ忘るることなかれ 鎖を掴む子がいることを
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12人の優しい日本人 | トップ | RIZE ライズ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心に銃弾 (たましょく)
2006-02-13 11:18:36
 TBありがとうございますm(_ _)m



 この映画を鑑賞して、観ている側

の心にも何か撃ち込まれたよーな気

がします。遠い国のお話ではなく、

自分たちの身近でも同じよーなこと

が起きているのかもと。
TBありがとうございました(*^▽^*) (cherry@Cinemermaid)
2006-02-13 17:34:52
遠い国の出来事とは思いながらもズーンときました(汗)

考えすぎると人間なんて皆滅びちゃえば良いのになんて危険な考えまで行き着いてしまう私なので、あまり深く思い込まないようにしていますが凹みました~
コメント、ありがとうございます。 (せんかいへき)
2006-02-13 20:48:08
>たましょく様

遠い国でのお話しではなく、すべては繋がっているんだということですよね。



>cherry@Cinemermaid様

それはまた、極端ですねぇ。

もしかしたら、「宇宙戦争」の影響かも。(笑)
汝の隣人の家を (mugi)
2006-02-13 23:34:54
こんばんは、TBありがとうございました。



重い内容の映画でした。イスラエルとパレスチナの争いは今後とも止むことはないでしょう。和平といっても戦いがない状態が続くだけで、それもまもなく破られる。モーゼの十戒の第十番目にはこうあります。「汝の隣人の家を欲しがってはならない」



パレスチナでの日本の平和運動家が哀れに思えますね。現地の人々が日本人をちやほやするのは実は懐目当てですが。
TBありがとうございました! (Ken)
2006-02-14 00:01:52
こんにちは!

スピルバーグは、パレスチナ人もイスラエル人も一人一人は等しく人間であり、報復を続けるのはおかしい、という至極全うなことをこの映画で言おうとしていると思いました。

そういう、ある意味普遍性のあるメッセージが当事者ではない日本人である僕達の心を打ったような気がします。
コメント、ありがとうございます。 (せんかいへき)
2006-02-14 16:28:47
>mugi様

ブログ、拝見しました。

私は中東問題も宗教にも疎い、ただの映画好きですが、

それでも、争いごとのない世の中を目指して活動するのは、

間違ってはいないと、信じたいです。



現状を知らない平和ボケした映画好きの綺麗ごとと思って、

どうか、聞き流してください…



>Ken様

と同時に、“ユダヤ系”の“アメリカ人”が、

“イスラエル”の行為も、“アメリカ”の行為も、おかしいのでは? と描いていましたね。

それにしても、スピルバーグの映画で、考えさせられることになろうとは…(笑)

それでも、
トラックバックありがとうございます (でんでん)
2006-02-14 20:36:55
こんにちは。

トラックバックありがとうございます。



>この映画を作り上げた方々の勇気に、心から拍手を贈りたいと思いました。



賞を獲りたい意図で作られた作品じゃないですもの。そうした心意気、勇気がすばらしいと思いました。
コメント、ありがとうございます。 (せんかいへき)
2006-02-15 04:42:58
>でんでん様

スピルバーグを、ちょっと、見直しました。いまさらですが。

宣伝活動も、してないらしいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ミュンヘン (八ちゃんの日常空間)
本年度映画鑑賞50作目。うち劇場観賞25本目。 スピルバーグが正攻法できっちり作って狙っている作品。 どれだけの賞を取れるか見もの。 事実に基づく切なく悲しい映画だ。
映画館「ミュンヘン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
「ミュンヘン」 (the borderland)
バラエティに飛んだ作品を送り出し続けるスティーヴン・スピルバーグの懐の深さを感じました。それでも、子供は殺さないことや、家族の物語であることを考えればテーマは違っても監督の映画に対する姿勢が変わらないことがわかりますね。 ユダヤ人監督によるイスラエル側
ミュンヘン (Cinemermaid)
"ミュンヘン五輪虐殺事件"が起きた1972年当時、8歳だったのでテレビを観た記憶はないのだが内容は漠然と知っている きっかけはPFLPのバックアップを受けていた日本赤軍が起こした"ロッド空港乱射事件" オリンピック選手村に立て篭もったパレスチナ・
ミュンヘン (2005) MUNICH 164分 (極私的映画論+α)
 1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報
これで、真の平和を問う???? 「ミュンヘン」 (平気の平左)
評価:65点 ミュンヘン ネタバレあり 「宇宙戦争」のときに、コメント欄がすごいことになったので、あまりスピルバーグ作品を批判するのはよそう、と心に固く誓ったんですけど、相性が悪いのかなぁ・・・ 途中までかなりよかったのに、わかりきった主張をわざわざ主
ミュンヘン (ネタバレ映画館)
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・
12 ミュンヘン (毎週水曜日にMOVIE!)
またしても自分が世の中をしらないと思い知らされました。 「ホテル・ルワンダ」から始まり、今年は世界のことに目をしかと向けろと示唆される映画にばかりあいます。いい年して、知らないことが多すぎるのでこれをきっかけに学びたいと思います。 1972年のミュン
ミュンヘン /MUNICH (我想一個人映画美的女人blog)
試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった~{/ase/} 退屈~ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっさり終わってしまった、、、 「ターミナル」といい「宇宙戦争」といい最近ど
「ミュンヘン」観てきました。 (しまりすのひとりごと)
ここまで「何の感慨も抱かない映画」も久しぶりにみたなあ、 というのが正直な感想でした。 自分でも驚くくらい。 何にも感じなかった。 ただひとりずつ人を殺していくのを3時間かけてみてるだけ。 そんでもって仲間が死んでいくのをみてるだけ。 延々人殺しの映画。 「長
『ミュンヘン』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方が…かも。 ----この映画、今日から公開だよね。 フォーンも観たけど、どうだった? 「う~ん、ぼくは勘違いしていたね。 まずは物語を要約してみよう。 ミュンヘン・オリンピックの開催
ミュンヘン (映画を観たよ)
事実って怖い。 イスラエルとパレスチナは授業でこの間ちょこっと習ったんだけどやっぱりそんな浅い知識じゃダメだなぁって思いました。 年代的にこの映画が公開されるまで「ミュンヘン事件」っていうのも知らなかったしパレスチナとかの問題をほんの少しだけ理解したのもご
ミュンヘン (何を書くんだろー)
「ミュンヘン」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  1972年、ドイツのミュンヘンで開催されるオリンピックのため、選手たちが次々と選手村へと集まる 中、ブラック・セプテンバー(黒い9月)と名乗るテロ集団によって、イスラエル人の選手、コーチ、大...
『ミュンヘン』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
スピルバーグが自分のために作った映画。お見事。 1972年のミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ ブラック・セプテンバー(黒い九月)によるイスラエル選手団11人の殺害事件が発生。イスラエル政府は情報機関「モサド」のメンバー5人による暗殺チームをつくり、
ミュンヘン 2005年【米】スティーヴン・スピルバーグ監督 (トーキング・マイノリティ)
 1972年のミュンヘンオリンピックで、イスラエル選手団11人が、パレスチナ過激派『黒い9月』により人質にされた挙句、殺害される事件があった。これにイスラエル政府は激怒、報復として事件に関連した『黒い9月』のメンバー11人を抹殺する<神の怒り作戦>を企てる。この
【映画】ミュンヘン (セルロイドの英雄)
\"Munich\" 2005年アメリカ監督)スティーヴン・スピルバーグ出演)エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ハンス・ジシュラー ジェフリー・ラッシュ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 197
ミュンヘン (ルナのシネマ缶)
スピルバーグ監督が、 1972年のミュンヘン・オリンピックで おこったパレスチナ・ゲリラによる イスラエル選手殺害事件と その後のイスラエル暗殺者たちによる 報復の過程をリアルに描いた作品です。 重いです!!実話なだけに、観終ったあとにも心が重くなる作品で
社会派超大作「ミュンヘン」見てきました (よしなしごと)
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
★「ミュンヘン」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
これぞスピルバーグの底力!「ミュンヘン」を観る (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨日はスティーブン・スピルバーグの新作「ミュンヘン」を観てきた。正直、本作は観
ミュンヘン (映画通の部屋)
「ミュンヘン」MUNICH / 製作:2005年、アメリカ 164 PG-12指
ミュンヘン (悠雅的生活)
報復が齎す孤独と苦悩
ミュンヘン (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか
「ミュンヘン」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から34年前の1972年、西ドイツ(現在のドイツ)のミュンヘンでミュンヘンオリンピックが開催された。開会式は8月26日に行われたのだが、それから10日後の9月5日に世界中を震撼させる大事件が起こった。世に言う「ミュンヘンオリンピック事件」で在る。 パレ
映画「ミュンヘン」 (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ マチュー・カソヴィッツ 公式サイト ママの評価☆☆☆☆★(☆4つ) 昨日やっとやっと観て来ました。早く観たかったんですよね。 凄い話題だったし、、、、 「ト.
ミュンヘン   -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
   ミュンヘンを観終わってお家に帰った千尋に「私も超観たかったのに{/ee_3/}{/hiyo_cry2/}」と大声で訴えるマミー{/niwatori/}よく考えたらマミーは、学生運動世代で、ミュンヘン事件もリアルタイムでニュース見てて、そういやおまけにエリック・バナのファンでした{/fac
ミュンヘン 06年169本目 (猫姫じゃ)
ミュンヘン 2005年   スティーブン・スピルバーグ 監督エリック・バナ , ダニエル・クレイグ , キアラン・ハインズ , マチュー・カソヴィッツ やっぱり、こういうのが、今のスピルバーグなのね。 ミュンヘン五輪で実際に起きたテロの映画化。 http://m ...
憎しみの渦 (藻、たくさんの日々。)
タイトルの表現が適切かわかりませんが… 昨日観た映画をレビューしてみましょう。 まず、「ミュンヘン」から。 黒い九月への報復作戦のメンバーに選ばれた主人公。 初めはためらいつつ、殺人を実行していきます。 ついには、自分もターゲットにされ ...