映画で綴る鑑賞ノート

ドキュメンタリーを中心に、新作映画を楽しく語ります。
鹿児島弁のコーナーもあるよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フライト・プラン

2006年02月02日 | スクリーン
予告編から、“フォーガットン”な雰囲気が漂っていたので、心配していたのですが、
宇宙へ飛んでゆかず、無事、着陸し解決して何よりでした。(笑)

ジョディ・フォスター大好きなので、なんか、もう、何をやっても許せます。
機内を走り回っても、電気系統をいじっても… (←これは、ちょっと、怖いかも)

前半は、ジョディ母さん、可哀相…
後半は、ジョディ母さん、頑張って! と、

気づいたら、製作サイドが一番喜びそうな観客になってました。思うつぼです。

トイレで服を脱ぎ捨てるシーンでは、一緒に気合が入りましたから。
「よし、ジョディ! 絶対、探し出せ!」 って感じで。

でもね、何も車のフロントガラスを割らなくても…
いやいや、トランクの中を見るためなので、全然OK!

悲壮な表情のジョディが、さらに好きになりました。

フライト・プラン
★★★★ 2005 アメリカ
監督:ロベルト・シュヴェンケ
出演:ジョディ・フォスター、ピーター・サースガード、ショーン・ビーン、マーリーン・ローストン、エリカ・クリステンセン

追記

 でも、乗り合わせたくはないです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タブロイド | トップ | 白バラの祈り ゾフィー・シ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄み (たましょく)
2006-02-07 18:18:07
 TBありがとうございますm(_ _)m



 ジョディの表情の凄みにビビッて

しまいましたwあれだけやっても、

ある程度許せてしまうのは、彼女の

魅力!?



 でも、最後ぐらいはちゃんと謝り

なさいと言いたかったですw
誤りなさい (せんかいへき)
2006-02-07 20:18:58
>たましょく様

あと、車の持ち主にも謝罪を… 爆発でうやむやに!?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
フライトプラン (ネタバレ映画館)
 ジュリア!ジュリアはどこなの!?と、子供への愛情でジュリアン・ムーアと対決する姿勢が剥き出しとなったジョディ・フォスター。  『フォーガットン』のことは文字通り忘れ去ってしまったかと思っていたら、また思い出してしまいました(ほとんどの人が思い出します)
フライトプラン (何を書くんだろー)
「フライトプラン」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  寒い雪の日、カイル(ジョディ・フォスター)の夫は、突然の事故死によってこの世を去る。6歳の 娘・ジュリアと共に夫の遺体が入った棺を自分が設計した最新型ジャンボジェット機に載せ、NYを 目...
★「フライトプラン」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョディー・フォスター主演の飛行機内でのサスペンス・アクション。 先行上映は雪がどっさり降ったのでパスしちゃったので・・・ 公開初日のナイトショウで・・・
フライトプラン(先行上映) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  上空・密室・娘が消える?
「フライトプラン」 (ANQ Ritzberry Fields)
 公開初日から「フライトプラン」を見てきた。ジョディ=フォスター主演作品を劇場で見るのは「コンタクト」「パニックルーム」に続いて3回目。やたら映画見まくってる訳でもない私だが、どうやら結構、ジョディファンらしい。以前、友人から、「ジョディファンだろ」と「.
フライト・プラン (まつさんの映画伝道師)
第351回  今回は音響施設の良い映画館で鑑賞すると、観客がヒソヒソ話をしているのではないかと錯覚してしまうくらい飛行機内場面における音響効果が素晴らしい作品をご紹介。 ★★☆(劇場) (深読みによって核心に触れておりますので、ご注意あそばせ) .
『フライトプラン』・劇場 (しましまシネマライフ!)
今日は以前からCMで気になっていた『フライトプラン』を観てきた。 《私のお気に入り度:★☆☆☆☆》
フライトプラン (土曜の夜は・・・)
story 最新鋭のジャンボ旅客機内でジョディ・フォスター扮するヒロインが、最愛の娘を取り戻すため、全乗員乗客を相手にたった一人で戦いを挑むサスペンス・アクション。監督はドイツの新鋭ロベルト・シュヴェンケ