隅田川つれづれ

隅田川沿いで働き、暮らしてます。
ちょっと味のある暮らしが気に入ってます。
そんな毎日をすこ~しおすそわけ。

沖縄-奄美

2009-11-14 22:28:15 | 奄美
今回のパネリスト4名(司会進行含め)はそれぞれ
視点が異なります。
司会進行
・喜山荘一氏:与論島生まれ与論島育ち
パネリスト
・上里隆史氏:長野生まれ沖縄育ち
・圓山和昭氏:奄美大島生まれ奄美大島育ち
・藤木勇人氏:沖縄県出身(両親は奄美出身)

その立ち位置の違いが沖縄、奄美、与論・・・それぞれに対する
感じ方の違いに繋がっているのです。
これは面白いものでした。
今回、ややこしいので鹿児島からの視点はナシで・笑
とはいえ、今年は薩摩の琉球出兵から400年という記念の年でもあるのですが。

喜山氏はかねてより二重の疎外という言い方をされており
それは簡単に言うならば
“鹿児島でもなく、沖縄でもない”奄美
これ、奄美に行ったことのある方は「ああ」と納得のいく表現だと思います。
奄美が鹿児島県であることに感じる違和感。
じゃ、沖縄?と言われるとう~ん?同じじゃないよ、とも言いたくなる。

パネリストそれぞれに自分の育った環境と
「奄美」に感じるもの
「沖縄」に感じるもの
「距離感」などを語ります。
四人四様というのでしょうか、違うんですね、これがまた。面白いほど。

細かく書きたいことも多いのですが、そこは今は置いておこうと思います。
ご容赦を。

今回のパネルディスカッションを経て感じたことについては
書き留めておきます。

奄美と沖縄は違うし、無論、与論も沖永良部も徳之島も皆違う。
沖縄以南の八重山にしてもそう、石垣と宮古も違う。
同じである必要もない。

「似ているね、でも違うね、それが面白いね」

そういうことでいいんじゃない?ということ。
十把ひとからげにどこからどこを「沖縄」、どこからどこを「奄美」
と言わなくていい、ということだと思ったわけです。

話の中に「各島の色」「自画像」という表現がありました。
その時、ふと頭に浮かんだのはモザイク画。
モザイクの1コマ1コマは異なる色だけど
少しずつ視線を広げていくと
徐々に色は広がりを持って1枚の絵になる・・・
そういうイメージ。

どの島も、自分の「色」を見誤らず、ぼかさず、濁らずあれば
調和のとれた絵になるんじゃないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続いて 島唄イベント | トップ | 歴史 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうござます (喜山)
2009-11-15 18:28:56
そう言っていただけると、座りがいいです。(^^)

来ていただいて本当にありがとうございます。
わわ! (mf)
2009-11-15 21:13:11
喜山さんからコメントを頂戴できるとは!
恐縮です。
お恥ずかしいことに聞きかじった程度の
知識ですから、認識不足も多いのですが
昨日1日で随分たくさんのことを考えたり
イメージしたりすることができました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。