山暮らしあれこれ

田舎にUターンして感じたことなど

ケアマネージャーの一言

2016-10-29 | 介護
母は家にいるとき、よくひとり言で
「つまらん(面白くない)」と言う。

家の中での楽しみがないからである。
テレビも集中して見ずチャンネルを頻繁に変える。

そのうち変なところを押してテレビが映らなくなる。
今から何か趣味でもという気はさらさらない。

「邪魔ならどこへでも入れてくれ」とも言い出す。
家族はそんな言葉を聞きたくない。

だんだん険悪なムードになっていく。
このままではお互いに良いことはない。

ガスの消し忘れや水道の蛇口の閉め忘れもある。
だから一人では留守番はできない状態にもなった。

そこで母にグループホームに入ってみないかと勧める。
その方が本人にとっても幸せであると思ったからである。

しかし、「おらに死ねと言うことか」、
「なんでそんなところに入らなくていけないのか」と言う。

「邪魔ならどこへでも入れてくれ」は本心ではなかったようで、
「そんなところへは絶対入らん」と頑なな態度を示す。

わたしたち夫婦は子どもに迷惑かけるようになったら、
さっさとグループホームなどに入るつもりである。

しかし母の世代は自宅で面倒を見て欲しいようである。
施設に入ったら世間から何と言われるか気にしている。

このままでは本人を説得するのは難しい。
そこでケアマネージャーに相談してみることにした。

デイサービスでの母の様子をよく知っておられ、
確信をもって次のように言われた。

「お母さんは入ったら絶対大丈夫です」と。
そこでお勧めのグループホームを見学した。

とても感じの良い施設なので入るならそこに決めた。
所長さんは父がデイサービスでお世話になった人だった。

後日、父がお世話になったということで母を挨拶に連れて行った。
そしてそのとき母に内緒で申込書を提出しておいた。

そのときは空きがなく順番待ちであったが、
順番が来るまでに母の気持ちが変わることを祈った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 常会の出席者も減少 | トップ | 町内でこの天気差 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。