山暮らしあれこれ

田舎にUターンして感じたことなど

グループホーム入所

2016-11-20 | 介護
母がグループホームに入所した。
本人が納得して入所したわけではない。

説得を試みても難しい状況の中、
施設から入所可能の連絡が入った。

このチャンスを逃すと、つぎいつ空くかわからない。
そこで、即答でお願いすることにした。

具体的な入所日は4日前に決まった。
本人には当日まで伝えなかった。

当日はデイサービスの予定の日だったので、
今日は送って行くということで車に乗せた。

そのままグループホームへ行った。
嫌がる母を所長さんがうまく誘導してくださった。

入居後もスタッフの方が良くしてくださるので、
入居当日以外は帰りたいとは言っていないようである。

10日経ってから母に会いに行ったが、
友だちもできて居心地もよさそうである。

本心は帰りたいという気持ちであるが、
家にいてもつまらないので仕方ないかって感じである。

施設の担当者の話では、入所以来、
それほどの混乱や強い帰宅願望もないとのこと。

また、笑顔も多くみられ早い時期から施設の生活に馴染んで、
他の利用者の方々にも気くばりし優しく声をかけているとのこと。

さらに食事の後片付けや洗濯物たたみなども
積極的にお手伝いしているようでホッとしている。

施設に入れる際はかわいそうな気持ちであったが、
いつかこれで良かったと思ってくれればと祈っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほったらかしみかん | トップ | いいかげんにしろイノシシ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

介護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。