銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ナイロビの蜂

2006-08-29 | 映画:シネコン

 地の果てで、やっと君に帰る。

先日、祇園会館にて「プロデューサーズ」とこの「ナイロビの蜂」を鑑賞した。舞台はケニアのナイロビ・・・・。妻テッサの死をきっかけに、死の真相調べようと・・・・イギリス人外交官ジャスティンは、広大な大地アフリカを巡る。ジャスティンとテッサはジャステインの講演で知り合う。物静かなジャスティンと比べて、活動家テッサは情熱的自分にはないものを持っていることに驚きを感じたそしてジャスティンはそんなテッサに心惹かれて行くやがて、ジャスティンにアフリカ駐在の辞令が下る。その事で、テッサは「同行したい」と自らプロポーズそして二人はアフリカへケニアのナイロビの地で暮らし始めた二人。テッサはナイロビの現状を知るにつれ、活動家としての血が騒ぐ身ごもっているにもかかわらず、医師アーノルドと共にスラム地区をまわり、医療施設の改善を図る権力側をけん制するテッサ。ジャスティンの社会的地位にも波乱がしかしジャスティンは見て見ぬ振りをして・・・。生まれてくる子供の誕生を静に待つのである。待ち望んだ子供の誕生は何と死産入院先には黒人医師しかいないはずなのに、何と白人医師がそしてその医師の奇妙な行動幼くして子供を産んだ少女ワンダの死高等弁務官のサンディに、その証拠を伝え、アーノルドと調査を始めるテッサ製薬会社の陰謀も・・・・。テッサはアーノルドと共にナイロビ空港よりでロキへ旅たつ。「二日後に会おう」と見送るジャスティンだったが・・・。訃報テッサは殺されたのだ。遺体と対面するジャスティンは衝撃を受ける。ここからジャスティンのテッサへの死を巡る旅が始まるのだ。テッサとアーノルドとの関係への不信感や自分とテッサの愛はどうだったのかその真相を知るべく・・・・。アフリカの今の現状を描きながら、この中で起こっている問題(現地の人達が薬の実験とされているという事実ではありませんが・・・)

 テッサとケニアの子供達

  テッサの元へ・・・・。

  ジャスティンはテッサが殺されたトゥルカナ湖へ着く。

真相を知ったジャスティンにも、追手が迫ってきます。でもジャスティンは帰るはないと・・・・。テッサがだった。 

 ナイロビの蜂・2005年 イギリス映画 上映時間:128分
 キャスト ジャスティン・クエイルレイフ・ファインズ
       テッサ・クエイル   レイチェル・ワイズ
       アーノルド・ブルームユベール・クンデ
      サンディ・ウッドロウ ダニー・ヒューストン
  サーバーナード・ペレグリンビル・ナイ
            ロービアーピート・ポスルスウェイト

               監督フェルナンド・メイレレス
               原作ジョン・ル・カレ

   詳細は   ナイロビの蜂公式サイト

  追記:愛してあっていたけど、相手の事をすべて、理解していると限らない。
      ジャスティンの場合もそうだった。互いを尊重するということで、いつ
      もテッサの人生を外から見つめていた。しかし彼女の死によって、
      彼は初めて彼女の中に踏み込んで行く。アフリカで横行する薬物実験
      大手薬品会社と官僚の癒着に立ち向かうテッサの勇気ある行動に
      ジャスティンは人間愛を感じる。改めてテッサを愛したのだ
      素晴らしいに乾杯

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (8)   Trackbacks (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画二本立て!祇園会館にて*プ... | TOP | アルフォンス・ミュシャ展♪ »
最近の画像もっと見る

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
この作品は、見応えのある映画でした (たろ)
2006-08-29 17:55:29
こんにちは。

コメントとトラックバックを失礼致します。



この作品は、社会的のみならずラヴ・サスペンス的な味わいも感じられる事柄を対比させて、様々な要素をバランス良く取り入れた見応えのある優れた映画であったと思います。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



こんばんは〜♪ (とんちゃん)
2006-08-29 21:21:20
TB有難うございました♪

へ〜〜今も映画館でやっているトコあるんですか? いいなぁ^^



この映画は 評判がイマイチのようでしたが

私は、好きですy(^ー^)yピース!



説得力に欠ける箇所もありますが あの手ぶれしたような映像が いかにも、遠い、電波の届かない(届くでしょうけど 雰囲気的に^^)アフリカでの出来事だと演出しているように思え、何度も出てくるテッサの姿は

喪失感に囚われてしまった男の悲しみを上手く表現していたように感じました。 

音楽も良くて、私の今年のBEST10に入ります
こんばんは♪ (ミチ)
2006-08-29 21:54:10
この映画賛否両論あったようですが、私は結構好きでした。

で、映画を見た当時は、ジャスティンはいつからテッサを愛していたのか、テッサはアフリカ行きのためにジャスティンを利用しただけではなかったのかという意見をコメント欄でいろいろ考察いたしました。

最初は確かにテッサは打算があったかもしれないけれど、彼女は彼女なりにジャスティンを大切に思っていたと思うし、それこそ愛していても相手のすべてを理解しているとは限りませんよね。

愛しているからこそ、大切に思うからこそ打ち明けられないこともあるだろうし・・・。

ってなことで、いまだにこの映画を思い出すとグズグズになってしまいます(汗)

イイ映画だと (はっち)
2006-08-30 21:49:32
TBどうもでした〜♪

祇園会館!地元ですけど、この映画館で映画観たこと無いんですよね(^^ゞシートとか座り心地はどうですか?

僕は、イイ映画だと思いました。観終わって、いろんな人のBlog読んだり、コメントに答えたりして、どんどん深く感じるようになってきた感じです。
TBありがとうございました! (アイマック)
2006-08-30 22:54:55
こんばんは!



今映画館でやっているのですね!

私はこの映画は最初、恋愛ものだと思っていたので、社会派作品だとは思ってもみなかったです。

アフリカの現実を考えさせられましたねー。

この夫婦は物語と同じくミステリアスな夫婦でした。
ブログにTBありがとうございました。 (jamsession123go)
2006-09-02 16:53:32
こんにちは、「ヒューマン=ブラック・ボックス」のjamsession123goです。

ブログにTBありがとうございました。

映画を観た感想ですが、タイトルは「ナイロビの蜂」より、原題を日本語訳したものの方が、映画にあっていたように思います。

結局、あの外交官の話ですから。
私は (kino)
2006-09-14 00:10:17
こんばんは!お伺いするのが遅くなってしまってごめんなさい。

この映画、私はあまりイイと思えなかったのです。

まず、”愛”を強調した宣伝のイメージと

かなり違う、社会派サスペンスだったことで

えっ?と思ったのと、テッサの愛に共感できなかったから・・・。

愛しているからこそ言えない、ということもあるでしょうが

それを一緒に乗り越えていくのが夫婦じゃないのか??

なんて・・・私はテッサみたいに強くないからなぁ(恥)

TB有難うございます (YOSHIYU機)
2006-09-21 21:26:07
お礼が遅くなり、すいません。

アフリカの現状を描いた社会派サスペンスであり

夫婦の強い愛を描いたラブストーリーでもある。

両方が上手く融合されている作品でしたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

67 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
スニーク試写会鑑賞 新宿明治安田生命ホールにて 〜 フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 晴れ時々曇り、昼にはにわか雨が降った土曜日です。 今日は、新宿明治安田生命ホールにて行なわれたスニーク試写会で観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ...
試写会鑑賞 ヤマハホールにて 〜 フェルナンド・メイレレス 「 ナイロビの蜂 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 良く晴れて暖かい休日、日曜日です。 今日は、ヤマハホールにて行なわれた試写会で再度観させて頂いた、フェルナンド・メイレレス氏の新作映画について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ( ‘05年 イギリス ...
文明国では、あらゆるものが疑わしい 〜 ジョン・ル・カレ 「 ナイロビの蜂 」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 一日雨降りの火曜日です。 今日は本について。 『 ナイロビの蜂 ( THE CONSTANT GARDENER ) 』 ジョン・ル・カレ ( JOHN le CARRE ) 加賀山  卓朗 訳 ( 文庫本 ‘03年 (株)集英社 ) ナイロビの英国高等弁 ...
「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener (俺の明日はどっちだ)
かつて冒険小説を好んで読んでいた頃、ギャビン・ライアルの「最も危険なゲーム」とジャック・ヒギンスの「鷲は舞い降りた」と並んで好きだったのがジョン・ル・カレの「寒い国から来たスパイ」だった。 外務省書記官として西ドイツのボンに赴任した自らの経験を ...
ナイロビの蜂 (とんとん亭)
「ナイロビの蜂」 2006年 英 ★★★★☆ この春、一番観たくて心待ちにしていた、作品。やっと公開です。雄大なアフリカ大陸の大自然を舞台に、夫婦の愛や不条理に立ち向かう正義感や、やりきれない思いを切ない音楽に乗せて 描いた、リアリティあふ ...
『ナイロビの蜂』 (京の昼寝〜♪)
地の果てで、やっと君に帰る。 ■監督 フェルナンド・メイレレス■脚本 ジェフリー・ケイン■原作 ジョン・ル・カレ(「ナイロビの蜂」)■キャスト レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ピート・ポスルスウェイト、ユベール・ク ...
映画「ナイロビの蜂」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ナイロビの蜂」 雄大なアフリカの大地を舞台に描かれる夫婦の愛、製薬会社を巡る陰謀のサスペンスに目が離せない2時間だった。 救援活動家で情熱的なテッサ(レイチェル・ワイズ)とガーデニングを愛する物静かな英外交官ジャスティン(レイフ・ファ ...
ナイロビの蜂・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。 何と「鏡の国の戦争」などで知られる、スパイ・冒険小説の大御所ル・カレの小
サスペンスから生まれたドラマ。『ナイロビの蜂』 (水曜日のシネマ日記)
妻の死を切っ掛けに、彼女の足跡をたどる英国外交官の物語です。
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演 ジャスティン・クエイルは英国外交官で物静かな庭いじりが好きな男 その妻テッサは正義感が強く 気丈で自分の信念を持って突き進み 強引とも思われるほどの言動で真実を追求する法律家です ふたりはケニア ナイ ...
ナイロビの蜂 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
なかなか見応えのある作品ではあったと思います。けれど、評判のような傑作かということになると疑問も少々...。 英国外務省の一等書記官、ジャスティンは、ナイロビの空港で、スラムの医療設備の改善に取り組む仕事の関係でロキに向かう妻のテッサを見送り ...
『ナイロビの蜂』 (試写会帰りに)
『ナイロビの蜂』(原題 The Constant Gardener)試写。 とても不思議な映画です。ラブストーリーといえばそうだけれど、観ている間は、終始社会派サスペンススリラーのようでいて、見終わると、切なさや諦め、哀しさ、深い慈愛と、色んな感情がじわじわと込み上げ ...
26 ナイロビの蜂 (毎週水曜日にMOVIE!)
ホテル・ルワンダと同様に物悲しい音楽がいつまでも心に残る。リズムにのった明るい音楽でさえもこのような映画では哀しく残ってしまうのでした。 英国外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)がナイロビの北ロキで惨殺さ ...
尊 〜「ナイロビの蜂」〜 (サナダ虫 〜解体中〜)
フェルナンド・メイレレス監督作品、レイフ・ファインズ主演の、 映画 「ナイロビの蜂」を観た。 アフリカのナイロビで、イギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。 だがある日、弁護士で救済活動家の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が殺 ...
ナイロビの蜂 (Kinetic Vision)
原題はThe Constant Gardener。よく手入れされた庭が先進国であり、その外は貧困に苦しむ国々、特にアフリカだ。僕たちは庭の美しさを愛でながら、それがどこから養分を吸い上げているのか、知ろうとしない。この映画に登
映画〜ナイロビの蜂 (きららのきらきら生活)
   「ナイロビの蜂」公式サイト本年度アカデミー賞 助演女優賞(レイチェル・ワイズ) 受賞作品ナイロビでイギリス外交官として平和に働くジャスティン。しかし、ある日、弁護士でもある彼の美しい妻テッサが殺害される。妻が追っていた事件を調べるうちに、 ...
「ナイロビの蜂」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Constant Gardener」2005 UK/ドイツ オスカー助演女優賞(2005)/レイチェル・ワイズ 監督はブラジル出身のフェルナンド・メイレレス(シティ・オブ・ゴッド/2002)。主演の英国外交官ジャスティン・クエイルにレイフ・ファインズ(メイド・イン・マ ...
『ナイロビの蜂』 (ラムの大通り)
----タイトルだけ聞いたんじゃ 映画の中身が分かんないね? 「そうだよね。 レイフ・ファインズが出ていて 舞台がアフリカと言うことからか、 日本でのビジュアルは『イングリッシュ・ペイント』を 思わせる上がりになっている。 でもこの映画の原作は『寒い国から ...
映画『ナイロビの蜂』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:TheConstantGardener(イギリス)公式HP上映時間:128分監督:フェルナンド・メイレレス出演:レイフ・ファインズ(ジャスティン・クェイル)、レイチェル・ワイズ(テッサ・クェイル)、ユベール・クンデ(アーノルド・ブルーム)、ダニー・ヒューストン( ...
ナイロビの蜂 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
夫婦の深いラブストーリーであり、重い社会派サスペンス。怒りを覚え、恐ろしくもあり、切なくもあり、感動の話でもある。見ている間は感動も何もなかった。ただただ圧倒されて。エンドロールが流れ出しても最後まで席を立てずに湧き上がる思いを感じていた。
★「ナイロビの蜂」 (ひらりん的映画ブログ)
見たい映画が溜まってたので・・・一挙3本見てきました。 その1本目。 レイチェル・ワイズがアカデミー・助演女優賞受賞した作品。 この頃アフリカが舞台の作品が多いよねぇ・・・。 まだまだ未開の地だからかなぁ・・・。
映画「ナイロビの蜂」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ケニア・ナイロビの英国外交官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファイン ...
ナイロビの蜂 (ネタバレ映画館)
 まさか!テッサ(レイチェル・ワイズ)がいきなり死ぬなんて・・・ひょっとすると双子の妹が現れてジャスティン(レイフ・ファインズ)の調査を手伝うのかと思ったよ・・・
ナイロビの蜂 (Enjoy Life♪)
アフリカの太陽のように情熱的な妻テッサと、 イギリスの庭園のように秩序正しい 外交官の夫ジャスティン。 愛し合っているからといって、 相手のすべてを理解しているとは限らない。 ジャスティンの場合もそうだった。 互いを尊重するという名目で、 ...
『 ナイロビの蜂 』 (My Style)
いろいろあって1ヶ月ぶりの映画鑑賞! 観たい映画が目白押しのこの時期・・・まずは 一番観たかった『ナイロビの蜂』を鑑賞。 アフリカの雄大な風景をバックに描き出されていたのは、 夫婦の愛、貧しいアフリカの現状、国ぐるみでの製薬会社の陰謀・・・ ラブス ...
ナイロビの蜂/The Constant Gardener (我想一個人映画美的女人blog)
公開前からこんなに煽られたら、嫌でもちょっとは楽しみになってしまう、、、、 世界130以上のマスコミから絶賛の嵐!とか 海外映画評No1サイト Rotten Tomatoes でも82%がフレッシュ{/ee_3/}(絶賛)とか言ってるのを日本でもウリにしてるし。。。。 そして気 ...
ナイロビの蜂 (映画を観たよ)
この映画、アメリカでマスコミ試写では評判悪かったようです。
「ナイロビの蜂」 (てんびんthe LIFE)
「ナイロビの蜂」東京厚生年金会館で鑑賞 口コミでラブストーリーよりもサスペンと聞いていたので気持ちは楽でした。これでラブストーリーと思ったらとてもついていけない感じです。先入観を持ってしまうと作品がつまらなくなるのでそれ以上の情報は入れません ...
ナイロビの蜂 (UkiUkiれいんぼーデイ)
“世界がアフリカを食いものにしている” このセリフが胸を突いた。 夫婦の深い愛を描いた感動のラブストーリー、というぐらいしか予備知識なく鑑賞しました。 少々“愛”などというものが“浅く”なってきた私ども夫婦・・・[:ひやひや:] 英国外 ...
ナイロビの蜂 (Akira's VOICE)
渇いた大地から届く,深い愛のドラマ。
「ナイロビの蜂」 (首都クロム)
 面白い作品と言うともしかしたら不適切かも知れませんが、面白い作品でした。緻密に練られていて、「ミスティック・リバー」よりリアルで、すんなりと頭に入ってきました。  全体的な印象としては、歴史的な寺社巡りや、キリスト教信者たちが十字架の道行き ...
ナイロビの蜂 (ももママの心のblog)
むしろ平凡な男と言って良いジャスティンが、妻の死をきっかけに変わっていく。{/face_sup/}アフリカと先進国のシビアな現実の中、愛が確かめられる。{/face_warai/}{/hearts_pink/} 2006年 アメリカ 社会派ドラマ、サスペンス、ラブロマンス 2006年5月13日 ワ ...
ナイロビの蜂 (悠雅的生活)
 彼女が私の家 。私は彼女の元へ帰る。
ナイロビの蜂 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原題は「Constant Gardener」。原作=ジョン・ル・カレ。監督=フェルナンド・メイレレス。 アフリカの人命の軽さの悲しい現実。政府と企業との謀略。製薬会社が武器商人と同じだという告発。”庭いじり外交官”は蜂サンをやっつけられるか。 ☆☆☆★★★
「ナイロビの蜂」 (It's a wonderful cinema)
 2005年/イギリス  監督/フェルナンド・メイレレス  出演/レイフ・ファインズ      レイチェル・ワイズ  重い。すごく重い。でも、目を逸らしてはならない。そんな気分にさせられた。  アフリカのナイロビで外交官として働くジャスティン。 ...
■ナイロビの蜂 (ルーピーQの活動日記)
英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺され永遠に帰らぬ人となる。警察はよく ...
ナイロビの蜂 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  地の果て、愛と信念を胸に・・・  
ナイロビの蜂 (ERi’s room)
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズが出ている映画、『ナイロビの蜂』を随分前ですが、映画館で観て来ました。 レイチェル・ワイズが、この作品でアカデミー賞とったんですよね。それを聞いていたので公開されたら是
ナイロビの蜂 (小部屋日記)
The Constant Gardener (2005 イギリス) なんとなく「イングリッシュ・ペイシェント」に似てるような。 出演も同じレイフ・ファインズだし。 イギリスのサスペンス作家ジョン・ル・カレの原作で舞台はアフリカ。 主人公は庭いじりを趣味としているイギリス ...
ナイロビの蜂 (future world)
この作品には凄く沢山のものが詰まっている・・・ 愛〜〜夫婦の愛、家族の愛、そして発展途上国への献身的な愛・・・ 憤り〜〜人体実験、差別される命、莫大な金と政治、国家権力、邪魔者は殺す・・・ 正直、予想していた勝手なイメージとは程遠く、かなり ...
「ナイロビの蜂」 (the borderland )
「世界中が絶賛し涙した、壮大なラブストーリー」というコピーと、予告編を見た時に、アフリカをだしに使った、自己中心な女の話「すべては愛のために」を思い出した。この作品も似たようなもんじゃないのと思ってましたが、監督が「シティ・オブ・ゴッド」のフェ ...
『ナイロビの蜂』観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『ナイロビの蜂』鑑賞レビュー! 原題?The Constant Gardener 後援::::国連世界食糧計画 (WFP) きっかけは、妻の死。 たどり着いたのは、妻の愛。 雄大なアフリカの大地を舞台に 喪失感の只中に満ちてくる愛の奇跡?。 本年 ...
劇場鑑賞「ナイロビの蜂」 (日々“是”精進!)
前売り券が当たったので「ナイロビの蜂」を鑑賞してきました妻の死に隠された国家の陰謀を追う男の姿を描いたサスペンス。巨大な敵に対して、妻への永遠の愛を武器に立ち向かう男の姿。サスペンスの中にひたむきな愛が描かれている。「シティ・オブ・ゴッド」で脚 ...
『ナイロビの蜂』 (映像と音は言葉にできないけれど)
もともとは『炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが撮るはずだったこの映画ですが、スケジュールが合わず、ブラジル人フェルナンド・メイレレスの手で映画化されました。なかなかアライブ感のある映像になっていてナイロビの空気が伝わってきそうでした。
『ナイロビの蜂』in伊丹 (☆えみたんの日記帳☆)
映画「ナイロビの蜂」を見てきたよ(#^_^#) ナイロビの蜂の鑑賞券があったから、ぶっちゃけタダで見たんだけどね(^^) お買い物ついでに映画も見てきたんだけど、、、、、 あまりどういう内容か知らなくて見てみたんだけどね(笑) ストーリー 英国外務省の外交 ...
「ナイロビの蜂」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「ナイロビの蜂」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ダニー・ヒューストン、ユベール・クンデ、ビル・ナイ、ピート・ポスルスウェイト、他 *監督:フェルナンド・メイレレス *原作:ジョン・ ...
夢幻と無限@ナイロビの蜂&ニュー・ワールド (憔悴報告)
非常に多くの方が絶賛に近い評価をされているようだが、『ナイロビの蜂』はつまらなかった。 前半はまだ良かったのだが、とにかく後半が退屈でどうでもよかった。
ナイロビの蜂 (シャーロットの涙)
第28回アカデミー賞 助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 脚色賞、作曲賞、編集賞ノミネート 第63回ゴールデングローブ賞助演女優賞受賞(レイチェル・ワイズ) 作品賞・ドラマ部門、監督賞ノミネート アフリカの空気がのどの渇きを激しく助長してくる。 水 ...
ナイロビの蜂 / The Constant Gardener (きょうのあしあと)
「地の果てで、やっと君に帰る」 監督:フェルナンド・メイレレス 原作: ジョン・ル・カレ 脚本:ジェフリー・ケイン 音楽:アルベルト・イグレシアス 出演:レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ 、ダニー・ヒューストン 、ビル ...
[ ナイロビの蜂 ]アフリカの今を伝える (アロハ坊主の日がな一日)
[ ナイロビの蜂 ]@吉祥寺で鑑賞。 4年も前になるのか[ シティ・オブ・ゴッド ]。 当時、おすすめの1作はと友達に聞かれたら、必ずこの [ シティ・オブ・ゴッド ]をあげていた。グルーヴィ な感じが、スラム街に住む若者たちに非常にマッチして 勢い ...
ナイロビの蜂 (琴線〜心のメロディ)
【2006年5月13日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★ やっぱり一日2本は厳しいのか? 前日、なかなか寝付けなかった上に、朝も早かった。 午前中に1本観て、その間に用 ...
映画@ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER (sattyの癒しのトビラ)
地の果てで、やっと君に帰る。 それは、しばしの別れのはずだった。。 英国外務省一等書記官のジャスティンは、 ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。 「行ってくるわ」「じゃ2日後に」 その後、ジャスティンの許に妻の死の知らせが届く。。 妻テ ...
ナイロビの蜂 (It's a Wonderful Life)
フェルナンド・メイレイス監督の「シティ・オブ・ゴッド」は衝撃的な作品。 ブラジルのスラムの子供たちが銃を持って簡単に隣人や友達まで殺してしまう 衝撃的な要素ももちろんなんですが、 俳優が演じている作品なのに、まるで主人公がカメラを廻して 撮 ...
ナイロビの蜂 (とにかく、映画好きなもので。)
   テッサの愛に彼は包まれる・・・世界の果てで。  ナイロビでイギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)。  ある日、訃報が訪れる。ロキに赴いた美しい彼の妻テッサ(レイチェル・ワイズ)が何者かに殺害されたとの ...
ナイロビの蜂 (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動した。本作の主人公テッサ・クエイルのモデ
「ナイロビの蜂」 宣伝、間違ってない? (目の中のリンゴ)
試写会に行ってきました。 レイチェル・ワイズがアカデミー 助演女優賞を受賞した作品です。 監督は、フェルナンド・メイレレス。 ブラジルのスラム街を描いた「シティ・オブ・ゴッド」が 絶賛された監督さんですが、私はまだ観ていません・・・。 主演は レイ ...
『ナイロビの蜂』’05・英 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじアフリカのナイロビで、イギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻の殺人の真相を探るが・・・。感想アカデミー賞助演 ...
ナイロビの蜂 (映画鑑賞★日記・・・)
『THE CONSTANT GARDENER』公開:2006/05/13製作国:イギリス監督:フェルナンド・メイレレス原作:ジョン・ル・カレ    『ナイロビの蜂』(集英社文庫刊)出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ユベール・クンデ、ダニー・ヒューストン、ビル・ナイ ...
ナイロビの蜂 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 イギリス 上映時間 128分 監督 フェルナンド・メイレレス 原作 ジョン・ル・カレ 脚本 ジェフリー・ケイン 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 レイフ・ファインズ 、レイチェル・ワイズ 、ユベール・クンデ (allci ...
映画「ナイロビの蜂」 (しょうちゃんの映画ブログ)
「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督作品。冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名ベストセラーを映画化した感動のミステリー・サスペンス。アフリカの地を舞台に、政治に無関心なガーデニング好きの英国外交官が、慈善活動に熱心だった妻の死 ...
ナイロビの蜂 (The Constant Gardener) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ。平均寿命が30歳代の国も、決して少なくない。今これを書いてい ...
ナイロビの蜂 (銀の森のゴブリン)
2005年 イギリス 2006年5月 128分 原題:The Constant
ナイロビの蜂 (シネマでキッチュ)
すごい映画でした。 アフリカの広大すぎる土地、爆発的に増え続ける人口・・・その現場が迫ってきて圧倒されたわ。 アフリカが抱える問題が迫ってくるぅぅぅぅ どうしたらよかんべか?と呆然としちゃうのね。 さすが「シティー・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メ ...
『ナイロビの蜂』 (Sweet* Days)
ナイロビの蜂 監督:フェルナンド・メイレレス  CAST:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ 他 アカデミー賞助演女優賞受賞 STORY:外交官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、美しい妻のテッサ(レイチェル・ワイズ)と駐在先のナイロビに住 ...
ナイロビの蜂 (「C列車で行こう!」)
ナイロビの蜂日活このアイテムの詳細を見る 製作=2005年 イギリス 128分監督=フェルナンド・メイレレス脚本=ジェフリー・ケイン出演=レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・ヒューストン ビル・ナイ ピート・ポスルスウェイト公式HP=http:...
ナイロビの蜂…親方!これは愛の物語です (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
タイトルが変なテンションだけど気にしないでください{/face_ase2/} 今日は寒いです{/face_hekomu/}さっき(21:00頃)外に出たら寒かったです{/face_hekomu/} 室内に居たので日中がどうだったのかは知りませんが、 …昨日は完全に春{/kaeru_fine/}だったのに。 三寒四温...
『ナイロビの蜂』 (『映画な日々』 cinema-days)
ナイロビの蜂 ケニア・ナイロビ駐在の英外交書記官が 妻の死の真相を探る過程で、 製薬会社の陰謀に気付き、自らの命も狙われる... 【個人評...