銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

INDIANA JONES KINNGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 前半

2008-06-25 | 映画:シネコン

  

やっと観ることが出来ました!インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

24日、MOVX京都にて鑑賞。何と20年ぶりにあのインディ・ジョーンズが帰ってきたのですね。お馴染みインディー役にはあのハリソン・フォードです。かなりアクションも激しいもんで、ハリソン大丈夫なのなんて思っていたけど、なかなかやりますぞ65歳のハリソンのパワーには参りましたね。そうそう今年66歳になるそうです。とにかく頑張っておられることにを送らずにはいられません。

音楽も変らず、懐かしいです。このでなんか気分もうきうきです。

物語は、ネバダコネチカットナスカアマゾンアケトーと場所が変りながら、展開していきます。まさに壮大なスケールです。

ネバダ

時は1957年、米国 ネバダ州 ロックンロールの音楽を響かせながら4人の若者がを飛ばす軍用車の隊列に遭遇すると若者はレースを挑んだが、相手にされず・・・・。やがてその隊列は立ち入り禁止された軍の実験用基地を目指す。ゲートの警備兵を射殺さらに奥へと。そして停まった場所は"51"という巨大な格納庫の前だ。降りてきたのは米軍を襲ったソ連のアントニン・フチェンコとその部下たち。そして車のトランクから2人の人物を降ろした。インディ・ジョーンズとその友人マック。2人は数日前、メキシコの発掘現場から拉致されたのだ。

ソ連兵を指揮したのは、イリーナ・スパルコ大佐と名乗る女性で、予知能力があると豪語した彼女の発音から、出身はウクライナ東部とインディは言い当てた。スパルコはこの格納庫のどこかにある特別な大箱見つけ出すように命じた一旦拒絶したものの、状況からはと感じたインディ。やむなく引き受ける。格納庫には軍が集めた膨大な財宝が保管されていた。インディは木箱に磁力があることに気づき、火薬と散弾を利用して見つけ出した。木箱にはステンレス製の棺が入っていた。そこには「ロズウェル1947」と記されていた。それは、10年前に起きたニューメキシコ州のロズウェルの事件を思い出した。棺には金属箔の袋に覆われたミイラの遺体が納められていた。全員がこの遺体に目を向けた瞬間、インディは背後の兵士からムチを取り戻し、銃を奪う。スパルコに銃を向けた。だがあのマックがインディに銃を向ける。何と、マックはソ連軍に寝返ったのだ何とかインディは混乱をはかって脱出空中から木箱を運ぶジープを追う。ここからはインディのアクションバトルソ連の軍との争いは続く挙句の果てに、核実験用の施設にも入り込むも爆破放送が流れ・・・・・。

核施設が爆破冷蔵庫の中に入っていたため、助かる。でもFBIが彼を追いかけている

長くなるのでここまでで省略します。

コネチカット

 

コネチカット州、マーシャル・カレッジで教鞭をとるインディ。だがFBIはインディへの疑いを消さず、大学側もトラブルを嫌い、インディを解雇しようとした。学部長のスタンフォースは自身の辞職と引き換えに休職扱いにしてくれたが、インディは米国を去ることに。

教職も失い、かってのような冒険をするにも年をとりすぎているし・・・・。父ヘンリーも既に亡くなり、冒険の援助をしてくれたマーカスも亡くなったインディはライプチヒで教鞭をとろうと考え、ニューヨーク行きのに・・・・。その後をFBI?それともKGBなのか?2人の男が追いかけていた。そんなところへ現れた若者がプラットホームを駆けてくる。ハーレーのバイクに乗って、「オックスリーが殺される」と叫んだ。駅を離れる直前、インディはを降りる。インディは若者から話を聞くことに・・・。オックスリーとインディは大学で一緒に勉学した仲だが、20年前から疎遠になっていた。若者の名前はマット・ウィリアムズという。オックスリーはマットの父が死んでから、母とマットの面倒を見てくれる“伯父”のような存在だったらしい。そんなマットの母の元にオックスリーからが届いた。彼はペルーで見つけた超能力を持つクリスタル・スカルなるものをアケトーという呼ばれる神殿に戻さなければならないと書いていた。母はただならない気配を感じ、ペルーへしかしオックスリーは誘拐され、その母も誘拐されたとのこと。誘拐犯はクリスタル・スカルが見つからなければ処刑すると告げたインディに助けを求めよと母からマットは聞かされたのである。アケトーとは、アマゾンの伝説の失われた都市のこと。スペインの征服者によって黄金郷と呼ばれた存在なのだ。このアケトーについては説明すると長くなるのでここまでに。とにかクリスタル・スカルというものは持ち出されてしまい、南米の一部では、そのクリスタル・スカルをアケトーの神殿に戻せば、神秘の力が授かるという。過去にインディも、アケトーに足を踏み入れたが、病に倒れ・・・・危険な目にあった。

FBIなのか、それともKGB?やつらはインディたちに店を出るように命じたスパルコの手先のようだ。インディとマットは店内を混乱状態にしてバイクで脱出

 

マットの母のは誘拐犯がインディにオックスリーのの解読のためと推理マットの巧みな運転さばきで図書館に逃げ込み、追っ手から逃れた。多分オックスリーはクリスタル・スカルをどこかに隠したのだ。スパルコはサイキックパワーで探しているはずいよいよ、2人を助けるため、そしてそのクリスタル・スカルを探すために、インディとマットは旅立つ。

ナスカ

に乗った2人、ペルーへと向かう。ナスカといえば、あの“ナスカの地上絵”ですね。インディは現地の男から、オックスリーが、町に現れある療護施設に入れられたという情報を得た。男はインカの言葉、ケチュア語で話していた。インディは若い頃、軍隊でその言葉を覚えた。療養施設は古い修道院だった。尼僧の話では、オックスリーは何かに取り憑かれたようで、明らかに精神に異常をきして入院していたが、銃を持った男たちに連れ去られたという。オックスリーのいた部屋の壁は、ドクロの絵で埋め尽くされ、ありとあらゆる言葉で「リターン」と書かれていた。ドクロは全て後頭部が卵のように膨らむ独特な形をしていた。インディはコロンブス以前の文化の特長だと見た。

 

床は砂で覆われ、そこには墓場の見取り図が彫り込まれていた。オックスリーのにあった“オレリャーナの揺りかご”とは墓場のことだとインディは謎解きした。オックスリーはオレリャーナの墓場を見つけたのだ。インディとマットは山の上にある墓所に向かった。少なくとも1000年以上前に作られたようだが・・・・。スコップで入り口を探そうとしたそのとき何者かが彼らを襲ってきた頭蓋骨のマスクをかぶった人間だ。吹き矢で攻撃をする。二人はそれぞれの武器で立ち向かう。彼らこそナスカの兵士の末裔で墓場を守る“護衛”なのだ。オックスリーの言う生ける死者たちである。

彼らを追い払い、インディとマットは崖の上にやってきた。インディは隠された仕掛けで謎解き、2人は墓場の中へ・・・・。マットに数匹のサソリが襲う。インディは動じない大きなサソリなら大丈夫長い階段を下りると小さな部屋があり、そこにはオックスリーが描いた頭蓋骨が並んでいた。さらに奥へ・・・・・。7体の金属箔に包まれた“まゆ”のようなものが!!!オレリャーナとその仲間500年前に息絶えたコンキスタドールはあたかも生きているかのように保存されている。まさにインディがニューメキシコの墜落現場で、そしてネバダで見たのと同様のものだった

さらに紀元前300年のマケドニアの青銅のコインも何故?今ここに?7体のうち、ひとつは顔に黄金のマスクがかぶせられていた。これこそオレリャーナ本人。その後ろからあのクリスタル・スカルが登場。何でここに?多分オレリャーナがここにコインやクリスタル・スカルを隠したのだろう。ナスカの人も葬ったようだ。オックスリーはここでクリスタル・スカルを見つけ、アケトーに向かう前、戻したに違いない。

マットのナイフがスカルに吸付けられた。どうも強い磁力があるようだ・・・・・。さて2人が入り口に戻ると、そこにはマックとソ連兵士、そしてあのドフチェンコがいたインディは彼らに銃で殴られ、意識を失う

 

ということで、前編のインディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国はここまで。後半に続きます。

※レビューが長くなってしまい、記事が収まりそうにならないことに ・・・・・。ということで後編を書くことになりました。てなわけで、宜しくです

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   Trackbacks (124)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さよなら いつかわかること:gr... | TOP | INDIANA JONES KINGDOM OF T... »
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
とりあえず (sakurai)
2008-06-26 22:12:24
頑張って

続く・・・
Unknown (ワトソン)
2008-06-27 16:29:24
こんにちは~
凄いレビューですね。
よっぽど好きなのか、記憶力が良いのか、
よく観ています。
ホントに面白さが伝わってきます。

後編でラストの落ちはどうなるのか
楽しみです。
またお邪魔します。
お久しぶりです。 (moriyuh)
2008-06-28 08:40:06
TBありがとうございました。

コレから後半を見させていただきます!
スゴイ~! (D坂)
2008-06-28 16:36:40
スゴイ~!こんなに詳細に、書いてあるぅ!
まるでストーリーボードのようで、
スバラシイです!忘れたら、またここに拝見に
きます!!

クリスタル・スカル、正面はグレイで
横からみるとエイリアン・・・人間の想像力は
無限のようで、どうしても似通ってしまうん
だなーと思いました。
健在 (メビウス)
2008-06-29 01:16:09
mezzotintさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

御年65歳、そしてもう少しで66歳にもなるってのに、本作のハリソンは前作にも負けない情熱とアクションを披露しており、まだまだインディ健在を見せ付けていましたね~♪ダイ・ハードのブルース・ウィリスやロッキーのシルベスター・スタローンなど、最近80年代のヒーローが相次いでカムバックしてますが、3人ともまだまだ若い者には負けていませんねw
頑張ってあと1作くらい作ってもらいたいですけどね~(笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

124 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!』  コチラの「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」は、スティーヴン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演で80年代に大ヒットを飛ばしたシリーズ...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (そーれりぽーと)
映画界の巨匠がタッグを組み、巨額を投じて製作した考古学アドベンチャー映画と言えば『インディー・ジョーンズ』シリーズ。 今やVFXでなんでも出きる時代、セットだって背景だって、物理的に無理な事だってみんな映像に出きる時代に帰ってきた『インディ・ジョーンズ ク...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 ジャパン・プレミア (お萌えば遠くに来たもんだ!)
行ってきました。 <国立競技場 代々木第一体育館> 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作:フランク・マーシャル 製作総指揮:ジョージ・ルーカス キャスリーン・ケネディ 脚本:デヴィッド・コープ インディ・ジョーンズ新作のプレミア試写会にいってきま...
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」19年ぶりの冒険で巡り合ったインディの秘宝と古代の秘宝 (オールマイティにコメンテート)
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」はインディ・ジョーンズシリーズ19年ぶりの新作で第4段となり、探険家インディ・ジョーンズがかつて栄えた王国の秘宝を求めて1人の若者と共に冒険するストーリーである。インディ・ジョーンズシリーズのファンにと...
インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
自分的には異例中の異例、話題の映画を封切日に観てきました。といっても、24:50からのオールナイトですが。さすがに川崎駅前の2館4スクリーンでオールナイト上映ともなると観客がばらけるのか、私の観た回は観客10人弱(中段に席をとりましたが、私の前方には1人だけ....
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』 (Sweet*Days**)
監督:スティーブン・スピルバーグ 製作総指揮:ジョージ・ルーカス CAST:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシ...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (映画鑑賞★日記・・・)
【INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】2008/06/21公開(06/14先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:スティーヴン・スピルバーグ原案:ジョージ・ルーカス、ジェフ・ナサンソン出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カ...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(先行・字幕)」みた。 (たいむのひとりごと)
遂に待ちに待ったこの日が!今朝の地震ではいちおう震度4地域。少々ビビりながらの鑑賞。(被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。)”オーパーツ”のオーバーテクノロジーを無理やり理解しようとすると、やは
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (ネタバレ映画館)
ドキドキね。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (I am invincible !)
旧友オックスリー(ジョン・ハート)の謎の手紙を持って現れたマット(シャイア・ラブーフ)と共に、“クリスタル・スカル”を探し出しアケトーの神殿に戻しに行くことになったインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。ジョージ・ルーカス原案、スティーブン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード、ケイト・ブランシェット、シャイア・ラブーフ、カレン・アレン、ジョン・ハート。昔読んだオカルト系、オーパーツ系のものがあまりに盛り沢山で、総集編という感じだ。
[映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆先ず言いたいのは、あれだけ「円盤」ネタはないと言いつつ・・・。 まあ、面白かったから良いけど^^; 最初のエリア51でのロズウェルネタも、ただの独立前振りエピソードかと思っていたら、物語全体を覆うネタだったのね。 まあ、プロローグにしては、長いなあと...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(先行上映) (B級パラダイス)
耳になじんだあの曲を聴くと、これから冒険が始まるんだなあとドキドキしますね。約20年ぶりとなる続編。最後まで楽しんで観ることができ...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ)    シャイア・ラブーフ(マット)    ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)    カレン・アレン(マリオン...
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
いよいよ来週から公開される、19年ぶりに帰ってきたインディアナ・ジョーンズ教授の大冒険物語の第4弾。ですが、一足お先に先行公開で観てきちゃいました。気合を入れて前もってチケットを購入しておいたのですが、劇場はガラガラ・・・。ま、そんなものかも知れませんね...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 やっぱり・・・(x_x) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
インディージョーンズシリーズのファンなので、凄く楽しみで、でも期待し過ぎると良くないからと、期待はしないで映画館に行きました。
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (めでぃあみっくす)
19年ぶりに復活した暴れん坊考古学者の『インディ・ジョーンズ』シリーズ。目新しさは特にないものの、懐かしさと最近ヒットしている新参者のトレジャー・ハント映画『ナショナル・トレジャー』シリーズにはない、元祖としての独特の味と世界観。久しぶりに1990年代の映画...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (迷宮映画館)
平均年齢・・・高!
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年) (勝手に映画評)
『インディ・ジョーンズ』19年ぶりの復活。今年は、ランボーといい、インディ・ジョーンズといい、20年近い時を経てからの復活が多いですね。正式公開は来週からですが、先行公開の今日、見てきました。 舞台は、第二次世界大戦が終結して、東西冷戦が激化しつつあるころ...
「インディジョーンズ/クリスタルスカルの王国」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
K.アレンが元気そうでなにより。今回の舞台は南米。でも、こういう映画の場合って、それらしい話が書ければ細かいところはどうだっていいのだろう。そもそも海沿いのナスカに行くのに、標高3,000mのクスコへ飛んでどうすんの?と思うが、「ジャンパー」でも地下鉄の出口....
映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を先行... (masalaの辛口映画館)
 14日「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」@TOHOシネマズ川崎スクリーン5 TOHOシネマズは「インディ・ジョーンズ」の先行上映を、毎月14日の¥1000で見れるTOHOシネマズデイにぶつけてきた為に、いつもガラガラの劇場が大混雑!ロビー...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008)  (極私的映画論+α)
 INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 先行上映見てきました。スピルバーグは「基本」に戻った感じです(謎)
インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
何十年も映画を観ていると、段々と映画館でワクワクする感覚というものを味わう事が出来なくなってくる。 別に映画を嫌いになった訳ではない...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『観る者に夢を与えてくれる』                             -それがこのシリーズの...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (カノンな日々)
まさか、このシリーズまでこんなに年月経ってから続編が作られるとは思わなかったなァ。テレビでの放送を何度も見てるせいか吹替のイメージのほうが強いんですよね。昨日『魔宮の伝説』観たいけどハリソン・フォード、若ッ(笑)。 出演は、ハリソン・フォード、シャイア...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (いい加減社長の映画日記)
先週に先行上映していたのは、知ってたんですが。 先行上映だと、割引が効かなかったりするんで、通常公開の初日に「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」。 「UCとしまえん」は、結構人が多い。インディ効果? 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカル...
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』 (ラムの大通り)
(原題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull) ----『インディ4』か…。 すでに先週、先行ロードやってたし。 ここで話すの、ちょっと遅すぎニャい。 「う~ん。確かに。 あえてぼくが喋らなくても、この映画はヒット間違いなし。 ということでのんびり...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日先行上映していたので見てきました、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」です。今回の感想はいくぶんヘビーになります...
映画:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 先行上映 (駒吉の日記)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 先行上映(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「本物の教授?」 あの音楽が聴こえてくるとワクワクします! あああ~、そんなトシには見えないけど還暦越えてるおじーちゃんにアクションは・・・控えめになってるかと思い...
映画レビュー「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆これぞ冒険活劇ムービー。19年ぶりの最新作には懐かしい顔と新しい顔が見えて、サービス満点だ。 【65点】  冷戦時代の1957年、考古学者にして冒険家のインディアナ・ジョーンズ博士は、生意気な若者マットと共に、伝説の古代秘宝“クリスタル・スカ...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (井猴之見)
 最初のうちは 「いまさらインディー・ジョーンズもなー……テレビで見ればいいか」  などと思っていたんですが、劇場予告でのあの帽子を拾うシーンと、そこに畳み掛けるあのテーマ曲を聴いて、考え直しました。  幼い頃、親に連れられて観に行った数々の心躍る映...
劇場鑑賞「インディ・ジョーンズクリスタル・スカルの王国」 (日々“是”精進!)
「インディ・ジョーンズクリスタル・スカルの王国」を鑑賞してきました考古学者のインディアナ・ジョーンズが秘宝を求めて世界を旅する冒険アクションインディ・ジョーンズ」シリーズ最新作。19年ぶりのシリーズ復活!作品中でも19年の歳月が流れていて、前作「インデ...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ドキドキするなぁ~インディ・ジョーンズに会えるなんて―   *『レイダース/失われたアーク』1936年、旧約聖書に登場するアークの行方を追い、ペルー、ネパール、カイロを駆け巡りナチス・ドイツと対決―*『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』1935年、インドで聖なる...
【インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国】 (日々のつぶやき)
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、レイ・ウィンストン、カレン・アレン 「クリスタル・スカルを手にしたインディ達はソ連軍のスパルコに追われる。敵から逃げ、無事にスカルを戻すことがで
世界観は健在だけど・・・。『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (水曜日のシネマ日記)
考古学者インディ・ジョーンズのシリーズ第4弾です。
インディ・ジョーンズ ・クリスタル・スカルの王国 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Indiana Jones and The Kingdom of The Crystal Skull”。『レイダース・失われたアーク(聖櫃)』『魔境の伝説』『最後の聖戦』に次ぐシリーズ4作目。☆☆☆★★★
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (Akira's VOICE)
温故知新の大冒険!  
★インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)★ (CinemaCollection)
INDIANAJONESANDTHEKINGDOMOFTHECRYSTALSKULL全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!上映時間124分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2008/06/21ジャンルアドベンチャー/アクション【解説】ハリソン・フォード、スティーヴン....
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』2008・6・22に観ました (映画と秋葉原と日記)
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1957年のある日、米ソ冷戦の真っ只中、米軍の秘密基地に米軍を偽装した謎の一団が侵入。その中には大学で考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)が...
トンデモ駄作 インディジョーンズ (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
 最近は映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」と「僕の彼女はサイボーグ」をみたよ。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (小部屋日記)
Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull(2008/アメリカ)【先行上映】 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/レイ・ウィンストン/カレン・アレン/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/ジム・ブロード...
2008-41『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-41『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(更新:2008/06/24) 評価:★★★★★ 冒険伝説の新たなる幕開け…あの、インディ・ジョーンズが帰ってきた!! 6月14日の今日...
2008-41『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を再鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-41『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2回目)(更新:2008/06/24) 評価:★★★★★ 烈感想は以前の日記に書いていますのでそちらをどうぞ。烈 ↓ ht...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (てんびんthe LIFE)
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC7で鑑賞 お帰りインディ! お帰りハリソン! 思わずそう叫びたくなるような懐かしさ。 前作の作り方を変えずにアナログなアクションと(CGも酷使しているところはたくさん見受けられま...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (ダイターンクラッシュ!!)
6月14日(金) 21:45~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1000円(TOHOシネマズデー) パンフレット:後日購入予定 『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』公式サイト 「じいさん」呼ばわりされるインディアナ・ジョーンズ。物語の時代設定は1957年であり、前...
映画を観た~インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国~ (垂直落下式どうでもいい話)
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』を観ました。 冒険は続く。 1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわ...
映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (オタマ・レベルアップ)
映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 124分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(パラマウント) 初公開年月 2008/06/21 ジャンル アドベンチャー/アクション 解説・・・ ハリソ....
映画 【インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国】 (ミチの雑記帳)
先行上映にて「インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国」 19年ぶりとなる「インディ・ジョーンズ」シリーズ第4弾。 おはなし:1957年、ジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、若者マ...
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull) (Mooovingな日々)
インディアナ・ジョーンズにとって最近の冒険は、1957年の冷戦の時代、ネバダの砂漠に助手のマックと共に邪悪なソビエトの諜報員によって捕まっていたがかろうじて逃れることが出来た。インディが教授として授業を持つマーシャル・カレッジへ戻るものの、事態はますま...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (☆A・B・CINEMA☆)
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」H・フォード、S・スピルバーグ、J・ルーカスの黄金トリオで、19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャー!本日、八戸フォーラムで鑑賞♪≪Story≫1957年、アメリカ国内で米兵に扮した...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL 上映時間 122分 製作年度 2008年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/06/21 監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 デヴィッド・コープ 音楽 ジョン・ウィリアムズ 出演 ハリソン・フォード、シャイア・...
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』('08初鑑賞79・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 6月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。先行上映です。 長いこと待ちました。(^-^){%わくわく(チカチカ)hdeco%}
インディー・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 を観ました。 (My Favorite Things)
19年ぶりの続編。ちょっとムリがあるんじゃないの?と思っていました。
『Indiana Jones』インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国 (キマグレなヒトリゴト)
懐かしい冒険旅行、再び。 ぽちっとプリーズ。 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 オリジナル・サウンドトラック
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 世界で一番の「インディ」ファン (はらやんの映画徒然草)
待ちましたよ、20年も。 久しぶりにインディに会えました。 「インディ・ジョーン
『インディ・ジョーンズ~クリスタル・スカルの王国』で見たものとは! (どうげんざか )
夏の映画の目玉の一つ、『インディ・ジョーンズ~クリスタル・スカルの王国』。19年
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月14,15日 先行公開 2008年6月21日~ 公開 アドベンちゃ~ (タムケンで言ってみてぇ) アトラクション感覚を堪能できる! 先行上映の初回で観てまいりました♪ さすがに劇場は朝イチからほぼ満席状態!...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ あのクリスタル・スカルは透明樹脂に銀色のアルミホイルを入れてただけじゃないの?
[Review] インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (Diary of Cyber)
考古学者インディアナ・ジョーンズのアクション・アドベンチャー映画第4作。タイトルは『クリスタル・スカルの王国』。 ジョーンズ博士の行動力・バイタリティは、約20年経った今でも健在でした。でもね、死ぬから。いくら何でも(特に、最初の方の核実験のシーンとか...
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【INDIANA JONES and the KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL】 2008年/パラマウント/122分 【オフィシャルサイト】 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作総指揮:ジョージ・ルーカス/キャスリーン・ケネディ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイ...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (りらの感想日記♪)
【インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国】 (15) ★★★☆ 2008/06/14 -ストーリー 1957年、アメリカ国内で米兵に
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (映画通の部屋)
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」INDIANA JONES A
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★☆☆☆☆☆☆ http://www.indianajones.jp/to
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (映画の話でコーヒーブレイク)
おっと~、先行上映やったのね~{/hiyo_cry2/} ブログ諸氏もすでに先行上映で鑑賞済みのご様子。 22日意気込んで、前々日にネットでTOHOシネマズ海老名の座席予約{/good/} {/m_0003/}雨にも負けず、映画館は人で溢れておりました。 久しぶりに満席の映画館!予約してお...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (future world)
ルーカス&スピルバーグのインディ・ジョーンズ、そしてあのテーマ曲があればもうそれで十分、 ストーリーがどうであろうと、何でもOKなのです。。。 シリーズ最終作から19年、初回作からはすでに27年とは・・・ 1作目「失われたアーク」では「スターウォーズ」を...
インディ・ジョーンズ クリスタルスカルの王国 (映画!That' s Entertainment)
●「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国       " Indiana Jones and The Kingdom of The Crystal Skull"」 2008 アメリカ Paramount Pictures,Lucas Film 124min. 監督:スティーヴン・スピルバーグ 製作:ジョージ・ルーカス 出演:ハリ...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】ハリソン・フォード/シャイア・ラブーフ/ケイト・ブランシェット/ジョン・ハート/レイ・ウィン...
帰ってきた~!(映画/ジャパンプレミア:インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国) (美味!な日々)
いやぁ、行って参りました、観て参りました、映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 』のジャパンプレミア!!
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
インディ・ジョーンズ・シリーズの第4作「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」を鑑賞。前作の「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」が公開されたのは1989年の事だから、19年振りにジョーンズ博士が戻って来てくれた訳だ。 ************...
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」:新島橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}“この先、行止まり”だって。どうする? {/hiyo_en2/}どうするって、インディ・ジョーンズなら、そんなの無視して突っ込むところでしょう。 {/kaeru_en4/}でも、俺、インディ・ジョーンズじゃないし。 {/hiyo_en2/}それにまあ、インディ・ジョーンズもいい...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (みんなシネマいいのに!)
 毎年、各映画会社は関係各所に、普通のハガキから定形外まで様々な趣向を凝らした年
映画鑑賞記「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.06.14 鑑賞場所:シネプレックス幕張 前作から19年! あの連中が帰ってくる! インディ・シリーズのファンは観ないと後悔するぞ!<ストーリー> (cinemaPreviewより引用)  旧ソ連が台頭してきた1957年の冷戦時代。考古学者・インディ...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・パラマウント/監督:スティーヴン・スピルバーグ) '80年代に、ジョージ・ルーカス+S・スピルバーグという2大ヒットメイカーがタッグを組んで作り上げた人気シリーズの、
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (★Shaberiba ★)
ルーカス&スピルバーグ&フォード結集!シリーズ4話!ココに登場!! 脚本はスパイダーマンのデヴィット・コーク。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(先行上映) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
あの伝説のヒーローが帰ってくる!神聖なる力を守り、文明の発祥地を救い、悪の軍勢に勝利した。そして今、“インディ”の新たな冒険が始る!(ネタバレですので、まだ映画を見ていない方は、ご注意を) <感想>今では人気アトラクションにもなったインディ・ジョーン...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (青いblog)
インディーーーーーーーーーーーーーー(≧∇≦) キャーーーーーーーーーーーーーーーー☆☆☆☆☆ 面白かったあああああーーーーーーーーーー\(^▽^)/
「インディ・ジョーンズ  クリスタル・スカルの王国」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ  監督/スティーヴン・スピルバーグ  出演/ハリソン・フォード      シャイア・ラブーフ      ケイト・ブランシェット  19年ぶりの大復活。最新作が作られるという噂が立って、何年たったことやら。ようやく公開の運びとなりまし...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (映画初日鑑賞妻)
★★★★★ 観たよ~ん。 期待を裏切らないお決まりの展開。 ハリソン・フォードは老けたけど、素敵なオジサマって感じでますますイイ感じだわ。
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 4P  (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:4P普段あんまり選択しないジャンルなんですが、まーたまには他の人の好みに合わせよう!っていうことで見てきましたインディジョーンズ。【STORY】1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワ....
★「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ~」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (せるふぉん☆こだわりの日記)
インディ・ジョーンズ19年ぶりの新作「クリスタル・スカルの王国」が先行上映されて
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国☆新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる! (☆お気楽♪電影生活☆)
レディース・D(25日)、映画館で鑑賞♪
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (かいコ。の気ままに生活)
考古学者インディ・ジョーンズ 19年ぶりのシリーズ第4弾。「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」公式サイトあの軽快な音楽きいただけでワクワク。モコモコっとプレーリードックが顔出して・・待ってました! インディ登場!老いぼr・・じゃない、年取って...
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカイの王国』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
19年ぶりの復活を、楽しみに行ってきました。過去の3作品は、子育て真っ最中だったこともあり、インディは初スクリーンではないかと....。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+TM&(C)2008LucasfilmLtd..AllRightsReserved.Usedunderauthorization.『インディ・ジョーンズ/ク....
インディー・ジョーンズ「クリスタル・スカルの王国」 (You got a movie)
 監督 スティーブン・スピルバーグ  原案・製作総指揮  ジョージ・ルーカス  キャスト  ハリソン・フォード 、 シャイア・ラブーフ 、        ケイト・ブランシェット 、 カレン・アレン ほか  19年ぶりの四作目となるクリスタルスカルの王国はこのシリー...
インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
文句なしに楽しい作品だった。[E:good]ほぼ20年ぶりのインディ。うう…冒頭からなつかしくて涙が出そう・・・・。ハリソン翁(失礼!)は姿勢はちょっとじじむさくなったけど,あの飄々としたたたずまいや時折見せるいたずらっぽい表情や向こう見ずなところは健在。過激か...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (5125年映画の旅)
ソ連の諜報機関KGBに捕えられたインディは、米軍の秘密基地からある物を奪取するために協力させられる。からくも脱出したインディの前に現れた青年マットは、インディにKGBが狙う伝説の秘宝、クリスタル・スカルの探索を依頼する。親友が事件に絡んでいることを...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (映画を観たよ)
ホントにやってしまうとは!
●インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国(41) (映画とワンピースのこでまり日記)
観客はやっぱ、同年代が多かったよ。
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □製作 フランク・マーシャル □製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ □原案 ジョージ・ルーカス □脚本 デヴィッド・コープ □...
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 あぁケイト様っ!(キャプショーじゃないよ) (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
ネタ不足による一連の80年代復活映画では、一番いいんやないやろか。 元々が30年代のクリフハンガー連続活劇のヒーローを80年代に復活させたという甦ったヒーローやし、新作については2008年現在にやってきたというわけでもないから、違和感なく見れたんやろなぁ~。 それ...
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を観る (紫@試写会マニア)
やっぱりこの作品は大型スクリーンでしょ!・・・ってなコトで観てきました、ハリソン・フォードのドル箱「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」。 何が素晴らしかったって、ケイト・ブラシェットのロシア女将軍・スパルコの悪役っぷり。 聡明な美人で自信...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (C note)
[E:notes]ターララッター タッタラー[E:notes] 懐かしのテーマ曲
生ハリソンに感激!【インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国】 (犬も歩けばBohにあたる!)
2008年6月5日。 インディ・ジョーンズが東京・代々木国立競技場に現れました!
『The Illusionist(原題)』 (キマグレなヒトリゴト)
どうもヒュー・ジャックマン主演のPrestageに 「イリュージョンVS」というよくわからない 邦題がついたそうですね。テーマが多少似ている だけにこりゃ困難を招くだろうなぁと他人事ながら 思います。 というわけでこれもマジシャンのお話ですね。 The Illusionist (Wide...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (とりあえず、コメントです)
待望のシリーズ第4弾です。今回もハリソン・フォードは頑張っていました(^.^) 1957年。アメリカ軍基地を目指して荒野を走っている車両の一団がいた。 彼らが基地に着くと、その基地では実験のために外部からの立ち入りを禁止していると言われる。 だが、一団は対応に出...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (取手物語~取手より愛をこめて)
まさか、またインディがスクリーンでみられるとは・・・。
【映画】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国…“ヤング”とは一味以上違う続編 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そういえば、今って“2008年7月”ですねぇ… “2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です{/face_as...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国☆新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる! (☆お気楽♪電影生活☆)
レディース・D(25日)、映画館で鑑賞♪
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
この夏、世界中の映画ファンが待ち望んだ、巨大なエンターテイメントの幕が開ける!!  ジョージ・ルーカスとスティーブン・スピルバーグ。誰もが認めるハリウッド最強・最高の実力者。その二人が1977年のハワイで誓った初の共同企画は『インディ・ジョーンズ レイダー...
【2008-152】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
【2008-152】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
砂漠を走る軍用車、50年代の古き良きアメリカの若者達がそれに並ぶ。その対比だけで、娯楽映画として合格だ。そしていきなりの惨劇、観客をわくわくさせ、物語へ引き込んでいく。スピルバーグの上手さだ。そして地面に転がる帽子、車に映るシルエット・・「ロッキー」「ラ...
映画 「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
アメリカ人は原爆の怖ろしさ、被爆することを全然判っていないの? それともアメリカ流のブラックジョークなのでしょうか?
「インディ・ジョーンズ / クリスタルスカルの王国」 (ふぴことママのたわ言)
ずっと楽しみにしていた「インディ・ジョーンズ」の最新作を観てきました。{/m_0058/} 出だしのハウンドドッグとプレーリードッグに、思わずニヤっと。 そして、あのテーマが聞こえてくるともうわくわくです。{/m_0207/} 「失われたアーク」からのファンにとっては、 ハ...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (シェイクで乾杯!)
オープニングシーンからわかるように、これはもうインディ・ジョーンズファミリーによる、お祭りだ。
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (シェイクで乾杯!)
オープニングシーンからわかるように、これはもうインディ・ジョーンズファミリーによる、お祭りだ。
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (利用価値のない日々の雑学)
先行上映も含めると、略1ヶ月遅れであったが、やっとインディを鑑賞することが出来た。実は家族揃っての予定であったのだが、直前になって次女が「あんなお爺ちゃんが活躍するアクションなんて嫌だ」と言い出して(彼女は先週花男観たばかりだからね。私の宝物である過...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (C'est Joli)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国’08:米 ◆原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL◆監督: スティーヴン・スピルバーグ「宇宙戦争」◆出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン、ジョ...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (C'est Joli)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国’08:米 ◆原題:INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL◆監督: スティーヴン・スピルバーグ「宇宙戦争」◆出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、ケイト・ブランシェット、カレン・アレン、ジョ...
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』・・・あーそっち行っちゃったか (SOARのパストラーレ♪)
このジャンルの草分け的存在であるインディ・ジョーンズが19年ぶりに復活ということで楽しみにしていた本作をようやく鑑賞。
「インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国」 (表参道 high&low)
およそ20年ぶりの続編を1年ぶりに夫婦で映画館に行って鑑賞。 Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull「インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国」は気がつけばあっという間に終わってしまったアドベンチャーでした。嫁さんが「どうしてこんな映画...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (M's daily life)
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 原題 : INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL (2008年 米 122分) 監督 :...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (映画感想つれづれ日記)
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (Matthewの映画日記?)
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』観て来ました。 実を言うと、『インデイ・ジョーンズ』シリーズ、映画館で観るの初めてです。 TVで見て、ストーリーとか考古学で謎解きもあり、アクションもあり、とっても面白いけど・・・まぁ、TVで見れば良...
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、イゴール・ジジキン、...
映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観て (KINTYRE’SDIARY)
61.インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国■原題:IndianaJonesandtheKingdomOfCrystalSkull■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:122分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:7月7日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監....
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』@新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
1957年.相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、...
○ーファイル (CINECHANの映画感想)
193「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」(アメリカ)  1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員イリーナ・スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃する。彼女らの目的は、宇宙の神秘を解き明かすという?クリスタル・スカル?であった。そ...
インディ・ジョーンズ4  (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  ハリソン・フォードは今年66才になったという。この映画では、かなりスタントマンを使ったと思われるが、それにしても日頃の鍛錬がなければ大怪我間違いなしである。 シルベスター・スタローンにしろ、ハリソン・フォードにしても、何故もまあお年寄りがこ...
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 - Indiana Jones and the kingdom of the crystal skull - (個人的評価:★★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
2008年上半期最大の楽しみともいえるインディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国を先行公開で観てきました。 「待ちに待っていた!...
「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」 (或る日の出来事)
ひさびさ復活、インディアナ。19年ぶり、60代半ば?
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1957年、相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり街を出ようとしていた彼にマットという若者が声をかけてきた・・・。感想『未知との遭遇』のスティーヴン・スピルバーグ『アメリカン・グラフィ...
スティーヴン・スピルバーグ監督 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
劇場公開時には観ませんでした。 なんか食指がいまいち動かなかった。 そしてこの間、TV放映されたそうですね。 仕事の日でしたが女房が録画してくれてたので今回始めて観ました。 http://www.indyjones.jp/indy4.php 【あらすじ】 1957年。アメリカ軍に化けた...