銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

抱擁のかけら☆LOS ABRAZOS ROTOS

2010-02-13 | 映画:シネコン

 愛から逃げて、愛と出逢う

MOVX京都にて鑑賞。いやあこれだけぺネロぺちゃんを見るだけでも価値がある作品ではないでしょうか?まさに彼女あっての、この作品だと思いました。いろんなぺネロぺに出会えます。モンロー風だったり、ヘップバーン風だったり。。。。同性の私も彼女の美しさには魅了されそうです。

こんな魅力的で綺麗な女性だったら誰しも虜なるのは当たり前。そんな男が2人が登場します。一人はそんな彼女を自分の所有物のように独占する富豪のおじさん。もう一人は物語の主人公となる脚本家であるハリー。彼はその美しい女性レナとの恋に堕ちるということになるわけなのですが。。。。。

そのくだりは後半に詳しく描かれていきます。


STORY(livedoorニュースより抜粋)

物語は2008年のマドリードから・・・・。
脚本家のハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある事件をきっかけに、名前を変えて違う人生を生きている。14年前、彼は本名のマテオ・ブランコを名乗り、映画監督として活躍していた。その事件で視力を失った彼は、もっと大切なものを同時に失くしたことを、心の奥深くに封印した。
すべての事情を知るエージェントのジュディット・ガルシア(ブランカ・ポルティージョ)と、彼女の息子のディエゴ(タマル・ノバス)の助けを借りて、ハリーは仕事も私生活も何不自由ない日々を送っていた。
ある日、ライ・X(ルーベン・オチャンディアーノ)と名乗る男が現れ、自分の監督作の脚本をハリーに依頼する。彼が望むのは、「父の記憶に復讐する息子の物語」。自分向きではないと断るハリーは、その男が誰かを思い出していた。記憶から抹殺した男、エルネスト・マルテル(ホセ・ルイス・ゴメス)の息子だ。どうやら、決別した過去が、ハリーを捕らえようとしていた。おりしそのとき、新聞の見出しを読んでもらい、マルテルの死を知ることに。
隠されたハリーの過去に興味を抱くディエゴに求められるまま、ハリーはマテオ時代の物語を語り始める。それは、甘美な恋と激しい嫉妬、恐ろしい裏切りに満ちた男女の愛の物語だった……。

1994年、マドリード。初めて会った時からマテオは、その女が何者なのか知っていた。彼女の名前はレナ(ペネロペ・クルス)、有り余る富と絶大な権力を誇る実業家エルネスト・マルテルの愛人だ。何もする必要のない退屈な日々の中でレナは、一度は諦めた、女優になる夢を追いかける。新進監督のマテオが、新作のコメディ「謎の鞄と女たち」を撮ると聞きつけたレナは、オーディションを申し込む。プロダクション・マネージャーのジュディットが「美しすぎる女」だと評した彼女をひと目見た瞬間、マテオは心を奪われ、素人同然の彼女を主役に抜擢する。レナもまた、才能に輝くマテオに惹きつけられる。二人が恋に落ちるのに、時間はかからなかった。


モンロー風もいけてる♪



ヘッバーン風も良い。
どれをとっても綺麗で魅力的なレナ。本当に美しすぎますわ〜!マテオが虜になるはずです

二人は相思相愛となるが、あのおっさんが黙っているわけがない。
そうあのマルテルです!


レナ(ペネロペ・クルス
マルテルの独占的な愛にがんじがらめ状態のレナ。スケベな奴です。このおっさん、彼女にベタぼれレナの心変わりに指をくわえているだけならまだしも。

何とレナの監視を始める!

エルネストは、出資を申し出てプロデューサーになり、息子のエルネストJr.を撮影現場に送り込む。Jr.はメイキングを撮るという建前でカメラを回すが、それは父の命令によるレナの監視だった。強く激しい二人の愛は、もはや隠すことはできない。離れていくレナの心を、力で繋ぎ止めようとするエルネスト。二人の関係を嫉妬と羨望で見つめる、かつてはマテオの恋人だったジュディット。父の望み以上に、執拗にレナを追いかけるJr.。

マルテルは映像を盗み見して、口パクで何を話しているかをチェックするという入念さ。口パク通訳したのはボルベールでぺネちゃんの妹役だった人?ではないかしら。

 


映画の酷評を見たマテオは。。。。。


それぞれの感情が渦巻くなか撮影は終了、レナとマテオは、カナリア諸島のランサロテ島へ逃避行を遂げる。何度も何度も抱擁を重ね、死ぬ瞬間もこうして抱き合っていたいと願う二人。しかし、マドリードでは裏切りと復讐が始まっていた。手始めは、マテオが中断した「謎の鞄と女たち」が完成したという広告、そしてプレミア上映での酷評記事。マテオが、状況を調べるために戻ろうとした前日、事件は起きた。

レナを繋ぎとめておこうとして果たせなかったマルテのル執念は、露骨な報復手段はとどめなく続く。そして二人の愛を奪ったあの事故は、偶然だったのか、それとも罠か──?

奪われた愛、破り捨てられた写真、それでも人生は美しい──

二人が滞在した部屋のごみ箱には、大量の写真が捨てられていた。抱き合うレナとマテオを一枚一枚、手で破って引き裂いた写真が……。

マテオとレナの恋に嫉妬、憎しみを持っていたのは、マルテルだけではなかった。マテオのかっての恋人だったジュディットもそうだ。マルテルに二人の居場所を教えたのは彼女だった。

ハリー(マテオ)は封印していた愛を解いた。もう真相を知ることも怖くない。ライ・Xを訪ねたハリーは、事故の夜のレナとマテオを撮影したフィルムを受け取る。
果たして、そのフィルムに永遠に焼き付けられたのは、愛か憎しみか、それとも──?


マテオの14年間の愛が解き離たれた。視覚を失ってしまったが、レナの姿は彼の記憶の中にず〜と残ることだろう。愛し合った二人の姿が眩しく感じた。


可愛くて美しいぺネちゃん!

「ボルベール <帰郷>」に続いて4本目の共作となるペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルス主演で贈る愛と再生のドラマ。生涯をかけた愛が崩壊して以来、視力や人生までも失った映画監督が封印していた悲劇の記憶を解き放ち、再び生きる道を見出していく姿をミステリアスかつ情感豊かに描き出す。共演に「バッド・エデュケーション」のルイス・オマール。

マテオ役のルイス・オマールも良かった

メディア 映画
上映時間 128分
製作国 スペイン
公開情報 劇場公開(松竹)
初公開年月 2010/02/06
ジャンル ドラマ/ロマンス
映倫 PG12

公式サイト (スペイン語)

公式サイト (日本語)

※受賞・ノミネートされています。

第62回カンヌ国際映画祭

ノミネート:パルム・ドール - ペドロ・アルモドバル

第67回ゴールデングローブ賞

ノミネート:外国語映画賞

第63回英国アカデミー賞

ノミネート(未決定):外国語映画賞

第22回ヨーロッパ映画賞

ノミネート:監督賞 - ペドロ・アルモドバル

ノミネート:主演女優賞 - ペネロペ・クルス

受賞:音楽賞 - アルベルト・イグレシアス



 


 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50歳の恋愛白書 | TOP | ミニプリント展2009が終了し... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-02-13 02:44:42
実に色んなペネロペが見られていいです。キュートだったりゴージャスだったり、真面目なスーツだったり。やっぱ何着ても似合いますよね。劇中のレナの美しさはこれで永遠になった訳でまさにこれこそが映画なんですよね。
アルモドバル監督はこの作品でペネロペの色んな美しさを永遠に残そうとしたのかななんて思いました。
こんにちは♪ (mig)
2010-02-13 16:17:38
こうみると実にいっぱいノミネートや賞をとってますね!
アルモドバルの映画は好きなので今回も楽しめました〜。
ぺネの美しさ、可愛さどの映画をみても感じるんだけど
監督の愛情をとくに感じるのはアルモドバルですね、
さすが、永遠のミューズ

美学 (佐藤秀)
2010-02-13 20:35:13
これ、ペネロペ・クルスのための映画というより、記憶と目の前の美の対決のような哲学的な美学が主題なのかなあと思いましたよ。
migさん♪ (mezzotint)
2010-02-13 22:22:50
今晩は☆彡
アルモバドル監督、かなりぺネロぺに
惚れ込んでいるんだ
まあここまでの気持ちを持たないと
素晴らしい作品は出来ないのかも
しれませんね。次回も彼女を起用
して作るのかな?楽しみです(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

32 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ペドロ・アルモドバル×ペネロペの4度目タッグ{/kirakira/} ゴールデン・グローブ賞「外国語映画賞」にノミネート。 アルモドバル監督作は、 「オール・アバ...
抱擁のかけら (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪14...
◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。
美しすぎる女〜『抱擁のかけら』 (真紅のthinkingdays)
 LOS ABRAZOS ROTOS  BROKEN EMBRACES  盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男 から映画を共作しよ...
抱擁のかけら (シネマ大好き)
視力を失くし、エージェントのジュディエット(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子ディエゴ(タマル・ノバス)の助けを借りて、脚本家として生活するハリー・ケーン(ルイス・オマール)。ある日、知人だったというエルネスト(ホセ・ルイ・ゴメス)の死亡記事を読ん...
『抱擁のかけら』(2009)/スペイン (NiceOne!!)
原題:LOSABRAZOSROTOS/BROKENEMBRACES監督・脚本:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルベーン・オチャンディアーノ公式サイトはこちら。<Story>盲目の脚本家のハリー・ケイン(ル...
抱擁のかけら (あーうぃ だにぇっと)
1月28日(木)二回目の観劇@一ツ橋ホール ゲストは山本モナ。 真っ赤なドレスに身を包んでやって来た。 映画の見所を語る。 KYなこともある彼女だが、今日の話は参考になった。 最後に「すなおさ」についての持論を展開。 すなおになりすぎるのも考え物というよ...
抱擁のかけら (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LOS ABRAZOS ROTOSのスペイン映画。英題:BROKEN EMBRACES。ペドロ・アルモドバル監督、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オチャンディアーノ、タマル・ノバス、キラ・ミロ。主演はペネロ...
抱擁のかけら (to Heart)
愛から逃げて、愛と出逢う 原題 LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES 製作年度 2009年 上映時間 128分 脚本・監督 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/ルイス・オマール/ブランカ・ポルティージョ/ホセ・ルイス・ゴメス/ルーベン...
「抱擁のかけら」:浅草雷門バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}まっ赤な人力車なんて、派手ねえ。 {/kaeru_en4/}「抱擁のかけら」にでも出てきそうな人力車だな。 {/hiyo_en2/}ああ、ペドロ・アルモドバル監督の新作ね。赤いドレスに、赤い靴、赤いセーターに、赤い車。たしかに、赤が目立つ映画だった。 {/kaeru_en4/}情...
『抱擁のかけら』 (ラムの大通り)
(原題:Los abrazos rotos) ----これって、今日から始まった映画だよね。 ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの黄金コンビ! 「そう。始まった映画について話すときの通例で、 ストーリーはほとんど省略しちゃうけど、 ざっと、こういう流れ。 主人公は執筆...
映画レビュー「抱擁のかけら」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Broken Embraces◆プチレビュー◆視力を失くした男がたどる愛の誕生、崩壊、再生の道。アルモドバルの物語はいつも原色で濃厚だ。 【70点】 盲目の脚本家ハリー・ケインは、実業家エルネストが死亡したことを知る。直後にエルネストの息子がハリーを訪れ、ある脚本を依...
[映画『抱擁のかけら』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆やや長さを感じるが、よくよく考えるとどこのシーンも省けない、そんな傑作であった。  ペドロ・アルモドバル監督は、私の認識では「映画文法に忠実なデビッド・リンチ」で、  多くの斬新な構図や、一風変わった登場人物、暗喩に充ちた物語を展開させつつも、多くの...
「抱擁のかけら」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ペネロペの魅力が満載の映画。
『抱擁のかけら』:映画的語り口で魅せる昼メロ愛憎ドラマ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの再々々々タッグのこの作品、『オール・アバウト・マイ・マザー』や『ボルベール 帰郷』のような毒気はないが、ドラマドラマした物語を映画的表現でコレでもかコレでもかと魅せる作品となった。
抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ 今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ〜もちろん視覚的にも〜。  盲目の脚本家のハリー・ケインは...
【抱擁のかけら】 (日々のつぶやき)
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ホセ・ルイス・ゴメス    愛から逃げて、愛と出逢う 「目の見えない脚本家のハリー・ケインの元にある映画の脚本依頼を持ちかけてきた男ライ・X、彼は14年前ハリーが事故に合う前マテオ...
あなたは、「視力は一生治らない」と悩んでいませんか? (元祖無知の知)
実は、視力は「ある方法」さえ実践すれば、 簡単に回復できるのです。 裸眼視力が ...
『抱擁のかけら』 (・*・ etoile ・*・)
'10.01.28 『抱擁のかけら』(試写会)@一ツ橋会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。ノーマークだったけど、試写会募集記事を見たらペネロペ・クルス×ペドロ・アルモドバルだったので即応募! 見事当選したので、バレエのお稽古サボって行ってきた。 トークイ...
*抱擁のかけら* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年 スペイン 盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは...
★「抱擁のかけら」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末レイトショウは、 ペネちゃん作品を見るためにららぽーと横浜まで行ってきました。
抱擁のかけら (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ペネロペ・クルス] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年11本目です。 【あらすじ】 2008年、マドリード。 14年前のある事件で視力を失って以来、「ハリー・ケイン」と名乗って脚本家の活動をしているマテオ・ブラ...
抱擁のかけら (心のままに映画の風景)
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。 現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名...
抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS (ゆるーく映画好きなんす!)
全ての愛の形を愛おしく描くアルモドバル・・・でも自分は今回ペケです! 『 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS 』 2009年 スペイン 128分 監督 : ペドロ・アルモドバル 脚本 : ペドロ・アルモドバル 出演 : ペネロペ・クルス、ルイス・オマー
抱擁のかけら (むんみーの落書き)
ペネロペが綺麗でした。{/m_0150/} 濃い作品ですね。 エルネストの異常なまでの執着。 女優になりたい愛人レナを監視するためにプロデューサーとして金を出し、 息子にその撮影現場を一部始終撮影させ、音の無い映像から会話を引き出す。 怖いですね〜{/m_0162/} そんな...
抱擁のかけら (映画的・絵画的・音楽的)
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、な...
『抱擁のかけら』 (シネマな時間に考察を。)
愛とは抱擁であり、壊された愛は<抱擁のかけら>となる。 『抱擁のかけら』 英題:Broken Embarances 2009年/スペイン/138min 監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール 【introduction】 『オール・アバウト・マイ・マ...
『抱擁のかけら』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。 ...
抱擁のかけら (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:スペイン 監 督:ペドロ・アルモ
抱擁のかけら■まるで「市民ケーン」のようだ (映画と出会う・世界が変わる)
「抱擁のかけら」とはなんとも巧い題名である。映画監督マテオがその人生を賭けて愛したレナの写真の破片やかけらの場面を見たときに、この日本語題名はぴったりだと思った。物語は、現在はハリーとして生きる主人公がレナのことを思い出しながら、レナと自分との間にあっ...
mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バ...
映画評「抱擁のかけら」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2009年スペイン映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり