銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

THE WRESTLER 《レスラー》

2009-06-22 | 映画:ミニシアター

ミッキー・ローク、復活!

人生は過酷である、ゆえに美しい。

6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画祭で大旋風を起こしたのがというので驚きです。そしてその主演の中年レスラーを演じたのがあのミッキー・ローク。1970年代後半から80年代のミッキーは数々の作品に出演して、人気俳優として活躍していました。「エンゼル・ハート」が結構好きな作品でしたね。90年代以降、ばったりと彼の姿を見なくなり、一時はボクサーとして活動するということもあったミッキー。その活動で顔にダメージを負い、俳優としての活動の場を失ってしまっていたのはショックだったけれど・・・・。

いつかまたスクリーンに登場して活躍することを願っていた私は、2005年の「シン・シティ」で久しぶりに姿を拝見したときはすっごく感動したまた彼の姿を見られると思った。そしてついに本作でミッキー・ロークは帰り咲くことに成功。

物語は、まるでミッキーの人生と重なるようだ。かって栄光の頂点にいたプロレスラーランディ・ロビンソン(ミッキー・ローク) は20年経った今は、ニュージャージー周辺のどさ廻りの興業に出場し、糊口をしのぐ日々を送っている。住まいは、トレーラーハウス。その家賃を払うのもやっと。家賃が滞納すると締め出しをくうこともあった。そのため近所のスーパーでアルバイトしなければならなかった。そんなランディはいまさら、別の生き方をする気慨もゆとりさえも残されていなかった。
ところが、そんな考えを改めないといけない事態がやって来た

それは試合の後に起きた心臓発作。ランディは医師から「もう一度リングに上がったら命の保証はない」と引退勧告されたのだ。
退院後、トレーラーハウスに戻った彼は、今の自分には行く場所もなければ、頼る人もいないことに気づく。

孤独をまぎらわそうと場末のクラブに訪れたランディはなじみのストリッパーキャシディ(マリサ・トメイ)に発作で倒れたことを打ち明ける。

「独りはつらくて、君と話したくなった」すがりつくようなまなざしで訴えるランディに、キャシディは「家族に連絡を」とすすめる。
実はランディにはひとり娘ステファニーがいた。親らしいことをしてこなかったせいで心はとっくに通わなくなってるが、唯一の身内には変わりない。迷ったあげく彼は、キャシディの助言に従って、娘に会いにいくことを決意した。

案の定、ステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)は突然訪ねてきた父に、あからさまに嫌悪を示した。心臓発作の話も彼女のさらなる怒りを誘発するだけ。「私の知ったことじゃないわ」と憎しみを露わにして去っていく。その娘の背中を、ランディはただ黙って見送るしかなかった。

その顛末を聞き、ランディを不憫に思ったキャシディはステファニーへのプレゼントを買いにいくというランディに自分もつきあうと申し出る。
待ち合わせの土曜日。素顔のキャシディを見て、ときめくランディ。古着屋でプレゼントを買った後にパブでビールを飲んだふたりは、はずみでKISSを交わす。


その日から、ランディは不器用な足取りで第二の人生を歩み始める。
フルタイムでの仕事はスーパーの惣菜売り場。接客は得意ではなかったが、割り切って何とかこなす。キャップを被り、エプロン姿のランディ。彼なりに何とか生きていくための方法だったのだろうね。複雑な心境だったに違いない。
 

プレゼントを持って再び娘ステファニーのもとに訪れるランディ。そんな彼の姿に、娘は心を開き、彼の謝罪を受け入れてくれた。

上手くいくようにみえたランディの第二の人生は、あることがきっかけでまた平穏な道から外れていくことに・・・・。
それはお互いに好意があると思っていたキャシディから、個人的な交際を断られたこと。その上に彼女との口論になり、行きずりの女性と一夜を過ごしてしまう。そのことはステファニーとの約束をもすっぽかすというはめに。再び裏切られた娘ステファニーは、ランディに絶縁宣言!
さらに追い打ちをかけたのは、スーパーの客に嘲笑だ。そのことでとうとうランディはキレて仕事を放り出してしまう。

怒りと情けなさが腹の底から突き上げてくるランディはこのとき悟った。たとえ命を落とす危険にさらされても、自分はプロレスラーのザ・ラムとして生きるしかできないのだと。

カムバックを決意したランディは、プロモーターに連絡。引退を撤回して、全盛期の宿敵アヤトラーとの20年ぶりの再試合を組み直して欲しいと申し出る。

再試合の日、髪を染め直し、日焼けスプレーで肌を黒くする。もちろん体も鍛えての再出発だ。いよいよウィルミントンの試合場に出かけていくランディ。


キャシディはそんな彼を愛していることに気づくと、ウィルミントンの試合場まで車を飛ばし、試合直前のランディを引きとめようとするも、時すでに遅し、ファンの声援と喝采を耳にしたランディに彼女の言葉は届かなかった。


「あそこが俺の居場所だ」

そう言い放ち、ランディは躍り出て行く。自分が最も輝き、最も誇り高くいられるリングの上だーーーー!


観客を楽しませるパフォーマンスも半端じゃない。剃刀で自分の顔を傷つけて、まるで相手に怪我を負わされたように見せる。体を張ってとことんやる凄さはまさに本当のレスラーなのだ。

ラストのシーンが見事である。


ミッキー・ローク 「俺は12年間、孤独だった。すべてを失ってしまったからね。」とかっての自分を振り返った。しかし、そんな彼の不遇時代を支えた人たちもたくさんいる。

この映画を監督したダーレン・アロノフスキーも彼を支えた唯一の人。実は当初、制作会社はこの映画の主演にニコラス・ケイジを起用しようとしていたが、監督のダーレン・アロノフスキーはミッキー・ロークを主演に据えることを強硬に主張し譲らなかった。その影響で制作費は数億円にまで削られ、公開日に封切りした映画館はたった4館にすぎなかった。(ウィキぺディアより)

監督の熱い志に応えたミッキーは「自分のすべてをこの映画に賭ける」と誓った。3か月の猛特訓を重ねてプロレスの技を取得。“肉体の限界”という悲哀を背負った主人公に自身の波乱万丈な人生を投影させた。その魂揺さぶる演技と劇中のパフォーマンスでガンガン感じますね。

そして主題歌を手がけたのは、ミッキーと親交のあったブルース・スプリングスティーン。ミッキーの手紙に応じてノーギャラで曲を提供したのです。その曲がゴールデン・グローブ賞の主題歌賞に輝いたことも本作をめぐる大きな話題である。


キャシディ役(マリサ・トメイ)ダンサー役がぴったりでした。


ステファニー役(エヴァン・レイチェル・ウッド
“ダイアナの選択”での演技も良かった。

レスラーにまつわる事色々・・・・・。 

劇中、イランの旗でミッキー・ローク演じるプロレスラーの首をしめようとする「ジ・アヤトラー(イスラム教シーア派の指導者の尊称)」というレスラーが登場することから、イラン政府の高官が米国に抗議する事態となりイラン国内では上映禁止となった。

映画公開を記念して、WWEではクリス・ジェリコによるミッキー・ローク批判(アングル)に端を発する、ジェリコ対レジェンド(リック・フレアーリッキー・スティムボートジミー・スヌーカロディ・パイパー)の抗争ストーリーが組まれ、ロークもジェリコと番組内で毒舌戦を展開。2009年4月のレッスルマニア25ではジェリコの挑発に乗ってロークはリングに上がり、ジェリコをパンチでKOした。(ウィキぺディアより)

ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波瀾万丈の俳優人生と重ね合わせて哀愁いっぱいに熱演し賞賛された感動の人生ドラマ。共演にマリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド。監督は「レクイエム・フォー・ドリーム」「ファウンテン 永遠につづく愛」のダーレン・アロノフスキー。(allcinemaより抜粋)

どうでもいい話何と私はミッキー・ロークと同じ誕生日です。年はちょこっとミッキーの方が上ですが・・・。そんなことを言うと年ばればれですが

メディア 映画
上映時間 109分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(日活)
初公開年月 2009/06/13
ジャンル ドラマ
映倫 R-15
オフィシャル・サイト
http://www.foxsearchlight.com/thewrestler/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://www.wrestler.jp/



 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブッシュ☆☆☆☆ | TOP | 愛を読むひと◆◇The Reader »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
男の生き様 (にゃむばなな)
2009-06-23 13:27:35
やっぱりこういう男の生き様は凄く格好いいですよね。
きれいなじゃい生き方、器用じゃない生き方なんですけど、これほど応援したくなる生き方をする男を涙なくしては見れませんでしたよ。
はじめまして (真紅)
2009-06-23 19:13:33
mezzotintさん、こんにちは! コメントとTBをありがとうございました。
私は、あのダーレン・アロノフスキーがこんなにもストレートな感動作を撮ったことに驚かされました。
彼って、インテリで頭でっかちなイメージがあったので。。
こういう身体を張った作品とは最も遠い人なイメージだったんです。
エンディングの曲には泣けましたね。『グラン・トリノ』と双壁です。
ではでは、今後ともよろしくお願いいたします!
ダーレン・アロノフスキー監督。 (mezzotint)
2009-06-23 21:48:49
真紅さん
今晩は☆彡
監督さん、やっぱり頭の良い方なんだ!
他の作品は未見なので、ぜひ鑑賞したいと
思います。エンディングのブルース・スプリングスティーンの主題歌はグッときましたね。
ミッキーのために曲を提供したというのも
いいですね。
男の生き様・・・。 (mezzotint)
2009-06-23 21:52:31
にゃむばななさん
今晩は☆彡
不器用な生き方ですが、自分の生きる道は
これなんだ!というのがいいですよね。
ミッキー、これを機に頑張って欲しいです。
いやーーー!! (sakurai)
2009-07-29 08:41:55
きました!ぐわーーーーーっと。
もう完全にやられましたわ。
これはミッキー・ロークじゃないと、あすこまで揺さぶられませんよね。
しばらくゴーゴー泣いてましたよ。
↑、同様、あたしもアロノフスキー監督が、こんだけストレートな映画を作ったのに、びっくり。
うーん、「ファウンテン」は意味不明です。あれはあんまり哲学過ぎて、ちょっと駄目でした。
「レクイエム・フォー・ドリーム」は傑作だと思いますわ。ジェニファー・コネリーがすごいんですが。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-08-27 23:34:51
ニコラス・ケイジじゃなくて本当に良かった!
ミッキー・ロークがこうしてカムバックしてくれて嬉しいです!
これからも出演作に恵まれるといいですね~。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

53 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
レスラー (LOVE Cinemas 調布)
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウン...
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
レスラー     試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 世界が泣いた!不器用なまでに”自分の生き場所”を求め続けた男の感動作 2008年 アメリカ  日本公開日2009/06/13 監督 ダーレン・アロノフスキー 脚本 ロバート・シーゲル 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン...
「レスラー」:堀江団地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あーあ、この歩道橋から飛び降りてしまいたい気分だぜ。 {/hiyo_en2/}なに、情けないこと、言ってるの、いい年した男が。 {/kaeru_en4/}どうせ、俺は、ボロボロのクズさ。 {/hiyo_en2/}そんな「レスラー」のミッキー・ロークみたいなこと、言わないの。 {/k...
★『レスラー』★ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ共演。
『レスラー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....
レスラー / THE WRESTLER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートさ...
試写会「レスラー」 (流れ流れて八丈島)
今日は、新橋のヤクルトホールで「レスラー」の試写会を観てきました不器用な生き方しか出来なかったプロレスラーの、哀しく切ない物語でしたまずは、どう見てもプロレスラーにしか見えない身体を作り上げた、ミッキー・ロークに拍手喝采「自分のすべてをこの映画に賭ける...
映画レビュー「レスラー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Wrestler◆プチレビュー◆自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で心臓発作を起こした彼は、引...
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
トランスフォーマー/リベンジ [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:TRANSFORMERS: REVENGE OF THE FALLEN公開:2009/06/20製作国:アメリカ上映時間:150分鑑賞日:2009/06/20監督:マイケル・ベイ出演:シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タートゥーロ+あらすじ+オー...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほか世界の映画祭で受賞多数の感動作「レスラー」(日活)。何で、アカデミーはノミネート止まりだったの...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
『レスラー』 (めでぃあみっくす)
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方に...
レスラー ▲90 (レザボアCATs)
'08年、アメリカ・フランス原題:The Wrestler監督:ダーレン・アロノフスキー製作:スコット・フランクリン製作総指揮:バンサン・マラバル、アニエス・メントル、ジェニファー・ロス脚本:ロバート・シーゲル美術:ティム・グライムス撮影:マリス・アルベルチ音楽:ク...
『レスラー』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 今作を観て初めて、「ミッキー・ロークって、演技が巧い役者だったんだ……」と驚いた。 『レスラー』 "THE WRESTLER" 2008年・アメリカ・115分...
ミッキー・ロークの「レスラー」を観た! (とんとん・にっき)
ミッキー・ロークといえば、僕の中ではキム・ベイシンガーと共演した、エイドリアン・ライン監督の1985年の作品「ナイン・ハーフ」です。繰り返し何度ビデオを観たことか。あれからもう四半世紀、そりゃあミッキー・ロークも歳をとるはずです。80年代の人気スター、人生の
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
レスラー/ミッキー・ローク (カノンな日々)
ミッキー・ロークの映画をスクリーンで観るのはかなり久しぶりです。DVDでは観てるんですけどスクリーンでとなるとさっぱり記憶がないんですよね。ヴェネチア国際映画祭では見事に金獅子賞に輝き、アカデミー賞授賞式では主演男優賞を受賞したショーン・ペンに壇上から敬...
ここでしか生きられない~『レスラー』 (真紅のthinkingdays)
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
レスラー (映画のメモ帳+α)
レスラー(2008 アメリカ) 原題   THE WRESTLER 監督   ダーレン・アロノフスキー 脚本   ロバート・シーゲル 撮影   マリス・アルベルチ    音楽   クリント・マンセル 主題歌  ブルース・スプリングスティーン   出演   ミッキー・ロー...
レスラー (ダイターンクラッシュ!!)
6月16日(火) 19:45~ TOHOシネマズ シャンテ1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:700円(買っていない) 『レスラー』公式サイト 三沢光晴追悼会(会社のオッサン4人。)で痛飲した翌日の鑑賞。 ネコパンチ事件から凋落してしまった役者ミッキ...
レスラー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多用した映像の...
レスラー (メルブロ)
レスラー 267本目 2009-27 上映時間 1時間49分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク  マリサ・トメイ エバン・レイチェル・ウッド 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 7点(10点満点)  ミッキー・ロークの56歳とは思えないレスラ...
★「レスラー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その1本目。 スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、 この作品にも注目が集まりそう・・・
レスラー (そーれりぽーと)
『ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。 ★★★★★ 整形で崩れきったミッキー・ロー...
「レスラー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Wrestler」 2008 USA/フランス ランディ・ロビンソンに「白いドレスの女 /1981」「 ナインハーフ /1985」「エンゼル・ハート /1987」「 レインメーカー/1997」のミッキー・ローク。 キャシディに「アルフィー/2004」「その土曜日、7時58分/2007」「さ...
レスラー/The Wrestler (描きたいアレコレ・やや甘口)
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。 ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッ...
レスラー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WRESTLER) 【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。 2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。 2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。 2008年インディペンデント・スピリ...
レスラー / 79点 / THE WRESTLER (FUNNY GAMES?)
どうしようもない最低男が生きる理由を求めもがく姿にあなたは何を見るか? 『 レスラー / 79点 / THE WRESTLER 』 2008年 アメリカ 109分 監督 : ダーレン・アロノフスキー 脚本 : ロバート・シーゲル 出演 : ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、
「レスラー」 (或る日の出来事)
主役は、最盛期を過ぎてもプロレスラーとして生きることを選んだ男。 演じるミッキー・ロークの人生に重なるような役柄だったのが大成功。
「レスラー」 (てんびんthe LIFE)
「レスラー」試写会 ヤクルトホールで鑑賞 久しぶりの試写会です。 この作品、数々の賞を撮ってミッキー・ローク復活だとか言われていますが、個人的にミッキー・ローク苦手みたいです。 どうも猫パンチ以来、そういうイメージが付いちゃって興味はあるんだけど興味...
映画『レスラー』 (コラムニスト宣言)
 控室のベンチにうずくまりながら咳き込んでいる一人のプロレスラー。やがて撤収中の試合会場を出て帰途につくが、トレーラーハウスは家賃未納のため鍵を替えられていて中に入ることができず、やむなくクルマの中で眠りにつこうとする。  冒頭のこのシークエンスでは、....
レスラー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
レスラー (5125年映画の旅)
一世を風靡した人気レスラー、ランディ・ラム・ロビンソン。しかしそれは20年も前の話。年老いたランディは、衰えた身体に鞭打って現役を続けていた。しかし試合の後、ランディは心臓発作で倒れてしまう。バイパス手術で一命は取り留めたものの、医者からはプロレス...
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
「レスラー」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
華やかなスポットライトの先に待ち受ける世界。プロレスラーは年齢を相当に重ねてもできてしまう商売である。だから大概は、本作の主人公ランディのようにリングに上り続ける。老いの恐怖と焦りはおそらく誰もが感じていることだろう。子供のころ見ていた全日本プロレス中...
[映画][劇場公開]レスラー 70点 (さとうれおはオレだけか)
普通の所では公開が終わっているようですが鴻巣の新しい映画館のオープニング作品ということで見てきました。 アカデミー賞ノミネートということですがミルクもそうだがちょっと退屈。 演技が凄いとかでノミネートされてるような気がしないでもない。スラムドッグ$ミリ...
レスラー (迷宮映画館)
泣いた・・・・・。
「レスラー」はミッキー・ロークの伝記映画か? (映画と出会う・世界が変わる)
主役はミッキー・ロークであることに徹底的にこだわり、興行的に不安ということで製作費を減らされても、結局、ミッキー・ロークを起用して完成させたというメイキング・エピソードは有名であるが、出来上がった作品を見て、その理由はよく判る。この映画は落ち目の中年レ...
映画 【レスラー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レスラー」 ダーレン・アロノフスキー監督作品。小規模公開ながら54の映画賞を受賞し、主演のミッキー・ロークはアカデミー主演男優賞にノミネートされた。 おはなし:かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。あ...
♯38 「レスラー」 (cocowacoco)
映画 「レスラー」 THE WRESTLER      ダーレン・アロノフスキー監督 2008年 アメリカ 「レスラー」と「96時間」を続けて観ました。 熟年親父の物語。どちらも父と娘のエピソードがありました。 (ネタバレあり) こちらは、かつて栄光誇ったプロレスラー...
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
スーパーフライ!! (宇宙のめいぐると)
「レスラー」
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
映画評「レスラー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ダーレン・アロノフスキー ネタバレあり
映画『レスラー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
レスラー (RISING STEEL)
レスラー / THE WRESTLER ミッキー・ロークを完全復活させたこの映画の監督ダーレン・アロノフスキーは鬼才中の鬼才なのです。 今回の「レスラー」で監督の作品は全部見ることが出来ました。 2008...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...