銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

チェンジリング●○CHANGELING

2009-03-03 | 映画:シネコン

アンジェリーナ・ジョリーの母親魂がこもっていた!!

タイトルのチェンジリングとは?「取り換えられた子供」の意。背景に、「さらった子供の代わりに妖精がが置いていく醜い子供」という伝説が宿るこの言葉は母親にとってどれほどの悪夢をもたらすものなのか?それを身をもって体験するのが、本作の主人公クリステイン・コリンズなのである。

3月3日~~!ひな祭りですね。3月最初の映画レビューは、アンジー主演、クリント・イーストウッド監督の「チェンジリング」です。鑑賞したのは2月24日でした。今回のアンジーは今までとはちょっと違うよね。彼女のイメージは派手でセレブぽい女性って感じがしたのですが・・・・。さすが女優さんです。(当たり前ですが)芯の強いシングルマザーを見事に演じていました。息子への深い愛情を切なく訴えるあのいたいけな雰囲気が、ズシンと心に堪えました。アカデミー賞取れなかったのがちょっと残念です。クリント・イーストウッドも今や監督業での活躍が凄い。この作品もそのひとつと言えるでしょうね。

A True Story 実際のウォルター・コリンズ事件について少し・・・・。

今から81年前に、アメリカ、ロサンゼルスで実際に起こったウォルター・コリンズ失踪事件。当時の新聞によると、クリスティン・コリンズは戻って来た少年を見た最初から、「自分の息子ではない」と確信していたと記されている。さらに事件の聴聞会で、警察によって群立病院に入院させせられる直前にいったい何があったのか、委員長から尋ねられた彼女は、ジョーンズ警部の彼女への次の言葉を証言した。「警察を笑いものにしたいのか?母親としての義務を怠り、州にお前の息子の面倒を押しつける気か?バカも休み休み言え」 

警察の目論見、偽の「ウォルター」という少年、ノースコット事件、この3点が、軸となり、映画「チェンジリング」の物語は展開していきます。

STORY

クリステイン・コリンズは9歳の息子ウォルターとともにロサンゼルス郊外で暮らすシングルマザー。電話会社に勤めながら女手ひとつ子供を育てていく生活は、決して楽ではなかった。しかし父親の顔を知らないウォルターに辛い思いをさせまいと、多忙な日々の中で懸命に母親と父親の2役をこなしていた。

そんな彼女にとって、ウォルターは生き甲斐であり、彼の成長を見守ることは唯一の楽しみだった。だが、その幸せは、あるとき唐突に終わりを告げる。

1928年3月10日、同僚の頼みで休日出勤したクリスティンは息子をひとり家に残し、会社に出かけた。後ろめたさを感じながら・・・。夕方、大急ぎで戻った彼女を待ち受けていたのは空っぽの家ーーー。クリスティンは近所を必死に探しまわったが、ウォルターの姿はどこにもない。その晩、心配で一夜を過ごした。翌日から警察の捜査は始まった。しかし有力な手がかりはなく、誘拐か家出かの判別つかないまま時だけが過ぎていく。彼女は仕事を続けながら、全米各地の行方不明者相談所に電話をかけ、息子の消息を尋ね続けた。

アンジーのローラスケーター姿が可愛かった。

発見?事件が思いがけない進展を見せたのは、5ヵ月後。ロサンゼルス市警青少年課のジョーンズ警部から、ウォルターがイリノイ州で見つかったという朗報だった。喜びに震えながら職場で同僚と抱き合う!そしていよいよ、ウォルターが列車でロサンゼルスに帰ってくる日がやって来た。ロサンジェルス市警は本部長、デイヴィス(コルム・フィオール)の肝いりで母子対面のセレモニーをセッティング!駅には多くの報道陣が詰めかけた。派手な演出に戸惑うクリスティン、わが子を迎えるためプラットホームに駆け出していく。しかし列車から降り立った少年の姿を見たとたん、彼女は凍りつく。

「あの子は私の息子じゃない」 それは母親なら誰しも一瞬にして気づく「事実」だった。

別人!クリスティンは別人だとジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)に訴え出た。しかし、警察の功績をアピールしたい警部は、5ヶ月間でウォルターの容貌が変わっただけと主張。引き取るように強行に少年を押しつけた。この少年は何者?何故私のことをママと呼ぶの?混乱の渦中で、仕方なく少年を連れて帰る。見知らぬ少年との生活の中で、彼が息子でないということは日々明白になっていく。マナーや言葉遣いも違う。身体的特徴も違う。身長が失踪前の息子より、7センチも低い。それらが別人であるという動かぬ証拠!手遅れになる前に再度捜索して欲しいと警部に訴える。しかしかたくなに人違いを認めない。「母親の責任から逃げている」と逆にクリスティンを非難。警部の差し金で少年を診察した医師までが「身長が低くなったのはストレスのせいだ」と主張。息子がわからないクリスティンに問題があるという“診断”を下す。時間はどんどん失われていく。本物の息子を見つけ出すチャンスが刻一刻と遠のくことに焦りと歯がゆさをつのらせるも、彼女にはどうすることもできなかった。

権力 そんなある日、クリスティンの元に一本の電話がかかってくる。相手は、長老教会のグスタフ牧師(ジョン・マルコヴィッチ)だった。ラジオを通じて警察の腐敗摘発キャンペーンを展開していた。ウォルターを診察した医師の談話を新聞で読み、警察がクリスティンを危険人物とみなす事態が発生したことに気づき連絡してきたのだ。


「警察と闘うなら力になる」と牧師の申し出を、「私は警察と闘いたいのではなく、息子を取り戻したいだけです」と言って断るクリスティンだが。「正しく闘えば不幸な事態を終わらせられる」という牧師の言葉が彼女の心を動かすことに。こうして始まったウォルターを取り戻すための闘い。歯科医や教師など、失踪前のウォルターをよく知る人々から必要な証言を得た彼女は、これまでの経緯を人々に知ってもらおうと牧師のラジオ番組に出演を決意。だが、その直前に警察に連行された彼女は、“警察に騙されたと主張し、息子は別人だと主張した”という理由により、ロサンゼルスの精神病棟に送りこまれてしまう。

悪夢 外部に助けを求める暇も与えられずに病棟に送り込まれたクリスティンは、同じ入院患者のキャロル(エイミー・ライアン)から、自分たち同様に警官を怒らせたことが原因でここへ送られて来た女性が、他にも大勢いることを聞かされる。「ここに入れられたら従うだけよ」 それが生き残りの鉄則だと教えられる。だが「人違いの主張は間違いだと認めろ」と迫る医師の言葉には」どうしても従うことは出来なかった。従えば、本当のウォルターを探すチャンスは永遠に失われてしまう。歯を食いしばり、来る日も来る日も医師に「ノー」と言い続けるクリスティン、反抗的な態度から電気ショックの治療室に送り込まれる彼女だったが、グスタフ牧師の尽力により、寸前のところで治療を逃れ、退院許可となる。

事件 病院からの悪夢から解放されたものの、クリスティンには別の試練が待ち受けていた。ロサンゼルス近郊にあるゴードン・ノースコットの農場で、複数の子供の死体が発見されるという事件が発生。逃亡中のゴードンに命じられて20人あまりの少年誘拐殺人を手伝った従弟の証言により、被害者のひとりがウォルターである可能性が出てきたのだ。

ウォルターの写真を見せるレスター・ヤバラ刑事(マイケル・ケリー)その写真で、この子だと証言するゴードンの従弟の少年。

新聞で報じられる至り、さすがの警察も人違いのミスを認めざるをえなくなってきたきた。が一刻も早く事件の幕引きをしたい彼らは、ウォルターがノースコット農場で死亡したと断定し、捜査の打ち切りを決定する。息子を取り戻すための闘いをあくまで続ける、という彼女の元に、ゴードンが逃亡先で逮捕されたという知らせが届く。


ゴードン(ジェイソン・バトラー・ハーナー)の裁判。彼の供述は二転三転だ。


真実が知りたい!クリスティンの叫びは通じるのか?


クリスティンはウォルターに手をかけたのか?とゴードンに迫るも・・・・。答えは返ってこなかった。訪ねて来いと呼ばれたのに、何で!


果たして、ウォルターはゴードン手をかけられたのか?ウォルターだと名乗った少年の正体は?失踪事件発生から7年という長い歳月の果てに、クリスティンは驚きの真実を知ることになる・・・・・。

解説

クリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本物の我が子を取り戻すため、捜査ミスを犯した警察の非道な圧力に屈することなく真実を追及していくシングルマザーの長きに渡る孤独な闘いを綴る。


アンジーとクリント・イーストウッド監督のコラボは本当に素晴らしかった。

私生活でもアンジーは子供さんの母親。少し躊躇もあったらしい。もし自分の子供に何かが起こったら?と恐れ続ける状態に陥れたくなかった。この作品で伝えることは、正義、民主主義、行動の物語。クリスティンはすばらしい女性。ちょうどその年に亡くなった私の母を思い出させた。だから最終的に私はこの物語を語りたいと思った。

クリント・イーストウッド監督→ もっと気楽な映画を作れば、確かに私の人生はもっと楽になるのかもしれない。でも私が興味を持つのは、中身がぎっしり詰まったダークな話なんだよ。いいドラマが成り立つためには、葛藤が必要。それは自分の中での葛藤かもしれないし、他人との葛藤かもしれない。感情的葛藤であったり、肉体的葛藤であったりする。そこから人々の関心をそそるものが生まれる。だからといって必ずしも不幸な話である必要はないよ。中にはハッピーな話もあるだろう。「チェンジリング」は、たまたまそうではなかった。(インタビューより抜粋)

監督のこの言葉が印象的です。

人はなんと残酷になれるのだろうか。

しかし、残念なことにもう二度と起こらないとは断言できない。

 

オフィシャル・サイト
http://www.changelingmovie.net/ (英語)
オフィシャル・サイト
http://changeling.jp/

失踪事件から起きた様々な出来事はクリスティンを強くしたのは、間違いない。きっとそうだ!
 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   Trackbacks (133)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ディファイアンス◇◆DEFI... | TOP | オダギリ ジョー、話題の2... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
我が子 (sakurai)
2009-03-04 08:06:55
じゃないのを連れてこられて、これがあんたの子です!と言われてもねえ。
母を馬鹿にしてるのにもほどがありました。
でも、本当にあった話だというのが空恐ろしいですわ。
そうですよね。悠々自適に過ごせるくらいの年齢になっても、こんな重いテーマの映画を撮らせ続ける社会は、とんと成長がないですね。
Unknown (mig)
2009-03-04 13:45:29
こんにちは、TBありがとうございます☆
イーストウッドの大袈裟すぎない演出が好きです。

アンジーもいつも肉体的に強い女を演じてますが今回は精神もタフでしたねー
これが実話だったとは本当、ひどい話ですよー
こんばんは (オリーブリー)
2009-03-04 17:34:14
mezzotintさん、いつもTBありがとう!

イーストウッドのテーマはいつも重いけど、
真摯に受け止めなければ…とそんな気持ちにさせられます。
彼の物作りに人柄が現れているからでしょうか。

アンジーも他の俳優さんも熱演でしたね。
アカデミーにノミネートされなかったのは不思議でした。
Unknown (hyoutan2005)
2009-04-02 22:36:58
TBありがとうございました!
お返しが物凄く遅くなってしまってごめんなさい。
アンジーの演技が素晴らしかったです。
イーストウッド監督の作品は外れたことがないので、「グラン・トリノ」も楽しみにしているところです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

133 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
チェンジリング (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの─? ある日突然、消えた息子。 5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった─。 1928年、ロサンゼルス。 魂で泣く本当にあった物語。』  コチラの「チェンジリング」は、クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョ...
チェンジリング (LOVE Cinemas 調布)
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』と並ぶ新春大型作品です。主演はアンジェリーナ・ジョリー、そして監督はあのクリント・イーストウッド。1920年代アメリカの実話を元にした作品です。アンジェリーナ・ジョリーは本作で第81回アカデミー賞主演女優賞にノミネー...
チェンジリング (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:クリント・イー
「チェンジリング」クリント・イーストウッド (Mani_Mani)
チェンジリングCHANGELING 2008アメリカ 監督・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 撮影:トム・スターン 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バ...
映画 【チェンジリング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チェンジリング」 クリント・イーストウッド監督による実話の映画化。 おはなし:1928年、ロスアンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らしていた。ある日、彼女は休日を返上して仕事をしてから帰宅する...
『チェンジリング』・・・権力に屈しない正義 (SOARのパストラーレ♪)
失踪した息子を捜すために腐敗しきった警察に立ち向かう母クリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の強さにとにかく圧倒される。警察の信じられないような仕打ちの中で、決してあきらめない母の姿が強烈なインパクトを作品に与えていて見応え十分。ひとりの少年の失踪が...
【チェンジリング】 (+++ Candy Cinema +++)
【CHANGELING 】 【監督/制作/音楽】 クリント・イーストウッド  【脚本】 J・マイケル・ストラジンスキー    【日本公開】2009/02/20  【...
「チェンジリング」  CHANGELING (俺の明日はどっちだ)
息子が突如失踪し、その5ヵ月後見知らぬ少年を警察から押し付けられるものの、本物の我が子を取り戻すため権力の圧力に屈せず戦い続けるという1928年にロサンゼルスで実際に起きた「子供入れ替え」と「猟奇連続殺人」事件に巻き込まれた母親の姿を描いたクリント・イース...
『チェンジリング』:ヒーロー不在のヒロイズムと女性観について (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
とても評判のクリント・イーストウッド監督の最新作。ムービースターから名監督へ転換したのは極めて稀なこと。 さて今回は・・・・
チェンジリング■「許されざる者」を思い出した (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見ながら頭の中に浮かんだ言葉は「許されざる者」であった。最後の西部劇とも言われるあの傑作とこの「チェンジリング」はどこか似ている。それは傷つけられた女性と更に傷つけようとする権力者との闘いを描いている点であろう。この映画は誘拐ものというミステ...
劇場鑑賞「チェンジリング」 (日々“是”精進!)
「チェンジリング」を鑑賞してきましたクリント・イーストウッド監督がアンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えた感動のミステリー・ドラマ。1920年代のロサンゼルスで実際に起きた事件を映画化。5ヶ月の失踪ののち保護され帰ってきた幼い息子が別人だったことから、本...
チェンジリング/Changeling (描きたいアレコレ・やや甘口)
ぎゃあ~~!!怖いけど凄いです! もう、何と言ったらいいのか、あまりに理不尽すぎて、事の展開にぐいぐい引き込まれてしまいます。と...
チェンジリング (迷宮映画館)
見ごたえ十分、さすが(政治家)・イーストウッド!!
チェンジリング (生まれてから今まで観てきた映画全部)
今日はクリント・イーストウッド監督の新作「チェンジリング」を観てまいりました。「チェンジリング」と行っても往年のホラー映画のリメイ...
『チェンジリング』 (Sweet*Days**)
監督:クリント・イーストウッド  CAST:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ 他 1928年、ロサンゼルスの郊外に...
チェンジリング / CHANGELING (我想一個人映画美的女人blog)
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました~ 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫...
試写会「チェンジリング」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
アンジェリーナ・ジョリーは、 この映画でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされている。 クリント・イーストウッド監督にしては珍しく戦う教会が出てくる。 2009/2/10、一番町の東宝東和試写室での開催。 36席はすでに埋まり、通路に置いた椅子に座る。 予...
チェンジリング/アンジェリーナ・ジョリー (カノンな日々)
予告編だけで物語を想像すると「幼い息子が失踪→数ヶ月後、無事発見、解決→この子は私の子供じゃない!?」というミステリー作品かなぁと思っちゃったりするんですけど、コレって実話に基づいた作品なんだそうですね。ということは謎は謎じゃなく既に明らかになってると...
チェンジリング (to Heart)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの──? 原題 CHANGELING 製作年度 2008年 上映時間 142分 映倫 PG-12 脚本 J・マイケル・ストラジンスキー 監督 クリント・イーストウッド 音楽 クリント・イーストウッド 出演 アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコヴィッ...
『チェンジリング』 (ラムの大通り)
(原題:Changeling) -----これってクリント・イーストウッド監督の新作だよね。 彼とアンジェリーナ・ジョリーの組み合わせって 少し意外な気がするニャあ。 「うん。観る前はぼくもそう思ったんだけど、 観ているうちになるほどと…。 というのも、 これが思ったより...
『チェンジリング』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHANGELING監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー公式サイトはこちら。<Story>1928年。ロサンゼルスの郊外で息...
チェンジリング (Akira's VOICE)
子は鎹(かすがい)。 永遠に!!  
「チェンジリング」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  クリント・イーストウッド監督作品。今回のオスカーにアンジェリーナ・ジョリーが主演女優賞にノミネートされている本作品を、オスカーナイト前に観ておこうと、公開初日に劇場へ足を運びました。誘拐された息子が5ヶ月後に発見されるも...
チェンジリング (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、エイミー・ライアン、コルム・フィオーレ、ジェフリー・ドノバン、マイケル・ケリー。1928年、暗黒の木曜日でアメリカ経済が奈落の底に突き落とされる直前の実話に基づいた...
映画「チェンジリング」ブロガー試写会@東宝東和試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのク....
チェンジリング / CHANGELING (我想一個人映画美的女人blog)
クリント・イーストウッド監督作にハズレなし! と思ってはいるけど過度な期待はしないで観て来ました~ 金曜日からの1日前倒し公開。ちょうどタイミングよく時間あいてたので{/shootingstar/} 何かの番組でやってて軽く内容知っちゃったし、さんざんアンジーが叫...
「チェンジリング」 (かいコ。の気ままに生活)
息子失踪の5か月後に見知らぬ少年を押し付けられた母親の物語。「チェンジリング」公式サイトクリント・イーストウッド監督なので覚悟してたつもりでしたが・・やっぱり し、しんどかったデス~~会社帰りにフンフーンて観にいくにはテーマが重かったどう見ても他人の子....
チェンジリング (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHANGELING公開:2009/02/20製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:142分鑑賞日:2009/02/21監督:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハー...
【チェンジリング】★アンジェリーナ・ジョリー (猫とHidamariで)
どれだけ祈れば、    あの子は帰ってくるの―?ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰って来た彼は別人だった―。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。チェンジリングHPチェンジリング シネマトゥデイ英題:CHANGELING製作年:2008年製作国:アメ...
映画「チェンジリング」ブロガー試写会@東宝東和試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写は映画「チェンジリング」をブログで応援するブロガー50名程が集められた試写だ。客席は満席で椅子に座れないお客さんまで出てしまう大盛況だ。 映画の話 1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのク....
チェンジリング (心のままに映画の風景)
1928綛眼???激?潟?違????吟?若???⒢?鴻???c?鰹??≪?潟?吾?с?⒢?若???祉?吾?с?⒢?種?????㏍?泣?潟?若??拷??紊???罩潟?????❼??帥?種?????⒢?潟?祉?違?⒢???c?刻??...
チェンジリング (心のままに映画の風景)
1928綛眼???激?潟?違????吟?若???⒢?鴻???c?鰹??≪?潟?吾?с?⒢?若???祉?吾?с?⒢?種?????㏍?泣?潟?若??拷??紊???罩潟?????❼??帥?種?????⒢?潟?祉?違?⒢???c?刻??...
チェンジリング (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★[5/5] これは、上質なミステリー映画である。
『チェンジリング』2009・3・1に観ました (映画と秋葉原と日記)
『チェンジリング』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ(序盤) 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、電話会社で交換手を束ねる責任者の一人として上司からも仕事は高く評価される存在だった...
チェンジリング アンジーの目の演技が凄いなー! (労組書記長社労士のブログ)
 うちの各事業所の朝礼まわりを初めて3週目突入(_ _)(-.-)(~O~)ファ…(~O~)(-.-)。 本来自分の仕事ではないのだけど、職場を担当する執行委員があんまりやってくれないのと、自分自身が現場が好きなのと、それからやはり職場組合員に労働組合のことをもっと意識して貰う...
チェンジリング (そーれりぽーと)
何かと話題を提供してくれるブラピ&アンジー夫妻。 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演の夫ブラピがアカデミー主演男優賞にノミネートされ、同時にアンジーはこちらの映画で主演女優賞にノミネート。 それだけでも話題性たっぷりですが、俺が本当にこの映画を観...
チェンジリング (小部屋日記)
Changeling(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー/ジョン・マルコヴィッチ/コルム・フィオール/デヴォン・コンティ/ジェフリー・ドノヴァン/マイケル・ケリー/ジェイソン・バトラー・ハーナ...
「チェンジリング」 苦さの意味 (はらやんの映画徒然草)
クリント・イーストウッド監督の作品というのは、観賞後にかなりビターな口当たりが残
チェンジリング (勝手に映画評)
1928年、ロスアンゼルスで実際に起きた出来事。ちなみに“チェンジリング”とは、“フェアリーなどの伝承の生物と秘密裏に取り替えられた子供”と言う意味。ヨーロッパなどで、広く伝承されてきた話だそうです。 20世紀初頭のアメリカの司法・警察機関って、どこも腐敗し...
★チェンジリング(2008)★ (CinemaCollection)
CHANGELINGどれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?ある日突然、きえた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だったー。1928年、ロサンゼルス。魂で泣く本当にあった物語。上映時間142分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/02/20ジャンルミス....
チェンジリング (Yuhiの読書日記+α)
クリント・イーストウッド監督、アンジェリーナ・ジョリー主演の、ゴードン・ノースコット事件の被害者家族の実話を元にした映画。その他キャストは、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール他。 <あらすじ> 1928年。ロサンゼルスの郊外...
チェンジリング (悠雅的生活)
ただ1人のわが子を求めて
「チェンジリング」みた。 (たいむのひとりごと)
この時代のメイクとはいえ、アンジーの顔がコワイっっ!・・というのはさて置き、非力で警察に頼らざるを得ないだけの母親から、権力の圧力にも屈しないコリンズ夫人へ。実の息子への愛情と想う気持ちだけを楯に、強
映画レビュー「チェンジリング」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
オリジナル・サウンドトラック Changeling◆プチレビュー◆古典の風格を持つ秀作。子供を捜し続ける母の強い愛が感動を呼ぶトゥルーストーリーだ。 【80点】  1928年のロサンゼルス。クリスティン・コリンズの9歳の息子ウォルターが突然行方不明に。その5ヶ月後、警...
★★★★★ 『チェンジリング』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"CHANGELING".   クリント・イーストウッド監督・製作。  今年(アメリカでは昨年)の映画としては、これ以上にあらゆる意味で素晴らしい映画が存在することは不可能だろう。  アカデミー賞にノ...
「チェンジリング」泣き虫ジョリー (再出発日記)
登場の半分くらいは泣いているのではないか。母は弱い。息子という弱みの前ではあまりにも無防備である。監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・...
チェンジリング (Memoirs_of_dai)
オレ(息子)オレ(息子)詐欺 【Story】 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の...
チェンジリング/Changeling (いい加減社長の映画日記)
土曜日が「はしご観キャンペーン」で、1ポイントもらえるということで。 まずは1本目に「チェンジリング」を選択。 「UCとしまえん」は、ちょっと少なめかな。 「チェンジリング」は、中くらいのスクリーンで、9割以上。 クリント・イーストウッドとアンジーの組み...
チェンジリング (2008) CHANGELING 142分 (極私的映画論+α)
 実話だし・・・オチもわかってるんだけど・・・
『チェンジリング』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チェンジリング」□監督・音楽 クリント・イーストウッド □脚本 J・マイケル・ストラジンスキー □キャスト アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、コルム・フィオール、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ドノヴァン、マイ...
希望が見える「チェンジリング」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}息子が行方不明になり、発見の知らせを警察から受けて会いに行くとそれは見知らぬ少年だった。ロス警察の保身のために、次々と非道な目に遭わされる母は……。これは真実の物語だという。{/映画/} 「ミリオンダラー・ベイビー」。「ミスティック・リバー」。...
[Review] チェンジリング (Diary of Cyber)
changeling -【名】 1.取り替え子 《さらった子の代わりに妖精たちが残すとされた醜い子》   【CHANGE+-LING】 ある日突然、愛する我が子がいなくなった。それまでたった二人、手を取り合って生きてきたのに。いなくなって5ヶ月が経ち、仕事をしようにも...
チェンジリング(映画館) (ひるめし。)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの―?
求めているのは希望。『チェンジリング』 (水曜日のシネマ日記)
1928年のアメリカで実際に起こった事件を基にした作品。行方不明になった息子を探し続ける母親の物語です。
チェンジリング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近、劇場に行く時間がなかなか取れないけれど、アンジーがアカデミー賞にノミネートされたこの作品だけは、、、這ってでも観に行きたかった―【story】1928年、ロサンゼルス。ある日突然、クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消...
『チェンジリング』 (千の天使がバスケットボールする)
人間は完璧ではないから、ヒューマン・エラーが発生する可能性はゼロではないにしろ、絶対に起こしてはいけないことが、先日の香川県立中央病院で発生した体外受精卵を取違えて移植した事件であろう。つらい不妊治療をのりこえて、ようやく妊娠した喜びもつかのま、胎内に...
「チェンジリング」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Changeling」 2008 USA “どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──?”...名匠クリント・イーストウッドが描く感動のミステリー・ドラマ。 クリスティン・コリンズに「マイティ・ハート/愛と絆/2007」「ウォンテッド/2008」のアンジェリーナ・ジョリー。 グ...
チェンジリング (映画通の部屋)
「チェンジリング」 CHANGELING/製作:2008年、アメリカ 142分 
映画 「チェンジリング」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
珍しく金曜日公開? 予告編で実話に基づく映画化とあって、ずっと気になっていたので早速観て来ました!
映画感想『チェンジリング』母の想い (レベル999のマニアな講義)
内容電話会社に勤めるクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、女手ひとつで、9歳になる息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と平和な日常を送っていた。ある日。同僚の頼みで、休みを取りやめたクリスティン。息子ウォルターに約束のお出かけが果たせ...
映画「チェンジリング」(2008年、米) (富久亭日乗)
     ★★★★★  Clint Eastwood 監督、 実際にあった連続少年殺人事件を モデルにしたドラマ。傑作。 原題は「Changeling」で、「取り替え子」の意。 「取り替え子」とは、西欧の民話で、妖精が人間の子供をさらった後に 置いていく妖精の子供のこと。      ...
「チェンジリング」 (★ Shaberiba ★)
怒りと憤りで胸が震えた・(涙)
【映画】チェンジリング (新!やさぐれ日記)
▼動機 名作っぽい雰囲気に。 ▼感想 格が違う。 ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜...
映画『チェンジリング』 (いんどあかめさん日記)
2009年、映画館で観る13作目はこちら。映画『チェンジリング』 1928年。ロ
2009-32『チェンジリング』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-32『チェンジリング』(更新:2009/02/21) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) アンジェリーナ・ジョリーが主演、クリント・イーストウッド監督作品。 腐敗したロサンゼルス警察が子供の命を...
桶川ストーカー騒音おばさんの黒い夏●チェンジリング (Prism Viewpoints)
どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―― ?   (公式キャッチコピー) 『CHANGELING』 チェンジリング - goo 映画 1928年。 ロサン...
「チェンジリング」(試写会) (NAOのピアノレッスン日記)
~どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの・・?~お友達のHさんが試写会に当たり、お誘いを受けました。見たかった作品だったのでラッキー! 女性限定の試写会でした。 2008年 アメリカ  東宝東和  PGー12作品 (09.2.20公開)[監督・製作・音楽]クリ...
Changeling(2008) (犬連れ国際結婚)
オーストラリアからアメリカに帰って来て最初に映画館で観た映画は、 『Changeling』だった。監督は、ClintEastwood(クリント・イーストウッド)で、制作者の1人でもあり、音楽も担当している。主演は、Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)で、1920年代の...
チェンジリング (ダイターンクラッシュ!!)
2月22日(日) 18:55~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り券購入) パンフレット:未確認 『チェンジリング』公式サイト 巨匠クリント・イーストウッド先生の新作は、事実を元にした取り替え子の話。チェンジリングというのは、妖精が人間の...
チェンジリング [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価: ■■■■■□   謹んで葬り出す映画より、権力に「くたばれ」と吐き捨てる映画の方が100倍好きだなあ。 もうすぐ80にもなろうというのに、今でも魂を揺さぶり、映画の面白さを堪能させてくれるイーストウッド。 ミスティック・リバーのサスペンス、ミリオ...
♯09 「チェンジリング」 (cocowacoco)
映画 「チェンジリング」 CHANGELING を観ました          クリント・イーストウッド監督 2008年 アメリカ あまりにも出来すぎたドラマにも思えたけど、これが事実をもとにしてるというのだから、すごいお話です。 それにしてもイーストウッド監督の作品...
チェンジリング (愛情いっぱい!家族ブロ!)
やっぱりクリント・イーストウッドだね! 1920年代の古きよき町並みもステキだし、 アンジェリーナ・ジョリーが地味なシングルマザーを好演している。 あまり物事を押し通すほうではなく、どちらかというと控えめなタイプ。 でも芯のある女性。 女
「チェンジリング」予想していたのとは違った (ポコアポコヤ 映画倉庫)
子供が誘拐され、戻って来た時には、別人だった・・・という「実話」だというのに、すごくソソられ、見たのですが。いや・・・クリント・イ...
チェンジリング Changeling (映画!That' s Entertainment)
●「チェンジリング Changeling」 2008 アメリカ Unversal Pictures,Imagine Entertainment,Malpaso Production 142min. 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッ...
「チェンジリング」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「チェンジリング」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー、他 *監...
***映画・チェンジリング*** (楽しい時間:*:・゜'☆♪)
今日ね、ずっと気になってたチェンジリングを観てきました。アンジーの母性愛には圧巻。自分の身が危険にさらされても、ロス市警と戦います。本人には戦ってる意思は全くなく、正しいことを追求してるだけなのですが・・・。我が子を探すために人生を費やしました。目を覆...
映画『チェンジリング』 (頑張る!独身女!!)
『母は強』
「チェンジリング」 (首都クロム)
 母親と言うのは、凄い生き物だと思います。子供のためなら自分の全てを差し出せる、その覚悟と、毅然とした態度。感情的だとか常軌を逸しているとか評されがちです(本編でもそういう扱いを受ける場面が多々ありました)が、それこそが母たる者の本能・直感、寧ろ備わっ...
「チェンジリング」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ユニヴァーサル/監督:クリント・イーストウッド) クリント・イーストウッド、もう79歳!にもなるというのに、精力的に新作映画を発表し、しかもここ数年、「ミスティック・
【チェンジリング】 (日々のつぶやき)
監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ   どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの ―? 「シングルマザーのクリスティン・コリンズ、ある日仕事から戻ると息子ウィルターの姿がなくその後の警察の捜索でも
「チェンジリング」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
面倒を排斥しようとする愚かさは現代にも通じる。これが事実に基づいた話というのだから驚きだ。昔は良かったという人がいるがとんでもない。ひとたび権力に楯突けば、人を人と思わない仕打ちが待っていた時代である。長い作品であるが、別の子供が息子を語って現れたあた...
チェンジリング (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー    ジョン・マルコヴィッチ    ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール    ジェイソン・バトラー・ハーナー     エイ...
「チェンジリング」残酷で重いけど…イイ映画です。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェンジリング] ブログ村キーワード  監督クリント・イーストウッド、主演アンジェリーナ・ジョリーという、豪華なタッグが実現した本作「チェンジリング」(東宝東和)。実話を基に、“魂を揺さぶる映画”に仕上げています。さすが名監督に名女優。  1928年...
「チェンジリング」 (或る日の出来事)
クリント・イーストウッドという監督がつくる映画は、ぜい肉がないシャープな姿。 渋く、飾りがなく、不足もなく、客観的な目で、そのときに...
チェンジリング (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作・音楽: クリント・イーストウッド 【キャスト】 クリスティン・コリンズ☆アンジェリーナ・ジョリー ウォルター・コリンズ☆ガトリン・グリフィス グスタブ・マルコヴィッチ☆ジョン・マルコヴィッチ ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長☆コルム...
【チェンジリング】理不尽な世界との闘い (映画@見取り八段)
チェンジリング ~Changeling~ 監督: クリント・イーストウッド 出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・...
チェンジリング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ある日突然、消えた息子。5ヵ月後に帰ってきた彼は別人だった__。 物語:舞台は1928年のロサンジェルス郊外。電話会社に務めるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は9歳の息子ウォルターと暮らすシングルマザー。息子と過ごす時間が一番大切な時間だ。 と...
チェンジリング (だめ男のだめ日記)
「チェンジリング」監督クリント・イーストウッド出演*アンジェリーナ・ジョリー(クリスティン・コリンズ)*ジョン・マルコヴィッチ(グスタヴ・ブリーグレブ牧師)*ジェフリー・ドノヴァン(J・J・ジョーンズ警部)*コルム・フィオール(ジェームズ・E・デイヴィス警...
チェンジリング (シャーロットの涙)
家族への想いに心うたれ・・・
チェンジリング (You got a movie)
監督・製作 クリント・イーストウッド キャスト   アンジェリーナ・ジョリー          ジョン・マルコビッチ         実在の人物である主人公クリスティン・コリンズを演じるアンジェリーナ・ジョリーの迫真の演技が光る。最初に描かれるとてもエレガ...
映画を観た~チェンジリング~ (垂直落下式どうでもいい話)
ちょっとネタバレ。本文はこちら→
【映画紹介】チェンジリング (映画かぶれでいきまっしょい!)
「く、苦しい…」 1日は映画の日だったので海老名の Tohoシネマズで観てきました。 チケット売り場が人でごったがえしてたよ。 さて、観てきたのはクリント・イーストウッド監督、 アンジェリーナ・ジョリー主演の「チェンジリング」。 ストーリーは、簡単にい...
チェンジリング (近未来二番館)
チェンジリング - goo 映画 2月25日映画館にて鑑賞 感想を書くのが前後してしまったが、「オーストラリア」を見る前のレディスディの日に「...
チェンジリング (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月20日(金) 公開 ★★★★★ アクションもセクシーな魅力も封印して渾身の演技を見せてくれたアンジーが良かった 星5つ! 皆さん、これが本物の春日ですよ。 お子さんをお持ちの親御さんならどなたも我が子が行...
「チェンジリング」:古川橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}時代屋なんて、村松友視の小説みたいな骨董屋ね。 {/kaeru_en4/}しかし、古き良き時代を感じさせるものはいいよな。 {/hiyo_en2/}1920年代のロサンゼルスでも? {/kaeru_en4/}そりゃあ、クリント・イーストウッド監督の映画「チェンジリング」みたいに息...
チェンジリング (ぷち てんてん)
昨日稲垣吾郎が今月の映画の評価をしてましたね。1位に「チェンジリング」をあげていました。私も納得。2位に「ベンジャミン・バトン」。そうね~、これも納得。1位よりは淡々としている分、2位になっちゃうかと。夫婦対決ではアンジーの勝ちって感じがするなあ。アカ...
チェンジリング (Diarydiary!)
《チェンジリング》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - CHANGELING
チェンジリング (Peaceナ、ワタシ!)
- ある日突然、消えた息子。 5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった -。 『チェンジリング』を観てきました! 実際に起こった事件がベースです。…真実の重みは違いますね。今年に入ってから劇場鑑賞した作品はまだ数本ですけれど、一番よかったかも!!
チェンジリング (こんな映画見ました~)
『チェンジリング』 ---CHANGELING--- 2008年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演: アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイソン・バトラー・ハーナー、マイケル・ケリー  1928年、ロサンゼルス。シングル...
『チェンジリング』 (Rabiovsky計画)
『チェンジリング』公式サイト 監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー 、ジョン・マルコヴィッチ 、ジェフリー・ドノヴァン    コルム・フィオール 、ジェイソン・バトラー・ハーナー 2008年/アメリカ/142分 ...
チェンジリング (だらだら無気力ブログ)
1920年代、息子が行方不明になった母親が5ヶ月後に見知らぬ少年を息子 だと言って警察に押し付けられる。本当の息子を取り戻すために堕落した 警察相手に孤独な戦いを挑む母親をクリント・イーストウッド監督が アンジェリーナ・ジョリーを主演に迎えて描いたミステリ...
映画 『チェンジリング』 (きららのきらきら生活)
『どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの-?』
チェンジリング (C note)
金曜の初日に張り切って観てきました。 イーストウッド監督の映画は、いつだって期待
チェンジリング (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  信じられないが、これは1928年のロスで本当にあった話である。当時悪名高かったロス市警は、行方不明になったウォルター少年を探し出し、母親に引き渡すのだが…。シングルマザーのクリスティンは、自分の息子ではないと主張する。       しかしロ...
チェンジリング (利用価値のない日々の雑学)
「コリンズ事件」というのはお恥ずかしながら知らなかったが、「ゴードン・ノースコット事件」は、以前にアメリカの犯罪史の研究をしていた時に、どこかで出くわした事があった。但し、文献は英文だったし、内容に関しても「養鶏場を営むノースコットが連続殺人を犯し、...
チェンジリング (りらの感想日記♪)
【チェンジリング】 ★★★★☆ 試写会(6)ストーリー 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジ
チェンジリング  CHANGELING (映画の話でコーヒーブレイク)
2月27日、雪混じりの雨の中、横浜まで出たついでにムービルで鑑賞。 メチャクチャ寒かった・・・です。 「チェンジリング」って?  ・・・ん?「チェンジング」じゃなくて「チェンジリング」? なんて思っていたら、 後ろに並んだ中年の女性がお連れの男性に「どうい...
チェンジリング (5125年映画の旅)
1928年。ロサンゼルスに暮らすシングルマザー・クリスティンの息子・ウォルターが行方不明となる。5ヶ月後に警察がウォルターを発見するが、クリスティンの前に現れた少年は全くの別人だった。しかし少年は自分が息子のウォルターであると言い、警察も本人に間違...
映画「チェンジリング」 (Andre's Review)
changeling 2008年 アメリカ 09年2月20日公開  試写会鑑賞 公式サイト ココログのブロガー試写会に当選して東宝東和の試写室にて鑑賞。予告編を観て気になってた作品なので嬉しかったです。上画像は東宝東和様よりいただいたものです。どうもありがとうございます。 舞台...
「チェンジリング」という映画が優れている点とは? (映画と出会う・世界が変わる)
「誰かを守るということは、その人の心の痛みが分かるということ。」とは「誰も守ってくれない」の中で佐藤浩市が演じる刑事のセリフ。言っていることは正しいのであるが、劇中でこのような解説調のセリフが登場すると、そこで展開が一挙に不自然になり、ドラマとしてはい...
「チェンジリング」 第1位! (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 301オープニング土日興収: 1.78億円クリント・イースト
「チェンジリング」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「チェンジリング」 (原題:CHANGELING) 監督:クリント・イーストウッド 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、ジェイソン・バトラー・ハーナー、エイミー・ライアン、マイケル・ケリー 192...
「チェンジリング」 (てんびんthe LIFE)
「チェンジリング」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 実話ということは知っていましたが、ここまでひどい事実があったとは。 戦争とか、テロとか国を巻き込む政治的な思想とかがあるわけでもなく、単に1個人の欲求のためだけに人生を狂わせられてしまったたくさんの人々...
チェンジリング■イーストウッド作品のキーワードは「喪失」か? (映画と出会う・世界が変わる)
映画「チェンジリング」は実話であるというが、誘拐監禁された子供たちは解放された後、どのような人生を生きたのであろうか?そこからは「ミスティック・リバー」につながっていくような気がする。そして息子を失った母親は、どのような思いであれからの日々を生きたので...
チェンジリング (ネタバレ映画館)
柱のきずはおととしの~♪
チェンジリング (映画どうでしょう)
映画チェンジリングの感想 クリント・イーストウッド監督らしい作品ですね。 単純な...
チェンジリング (エンタメ日々更新)
映画チェンジリング見てきました。 クリント・イーストウッド監督の作品ですが、単純なハッピーエンドのエンターテイメント映画と違って、...
チェンジ・リング を観ました。 (My Favorite Things)
Did you kill my son?と叫ぶアンジーの迫力はなかなかです。
映画:「チェンジリング」CHANGELING 間違いなく今年有数の傑作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではない。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っているし、「ミリオンダラー・ベイビー」だって感動して観た。 彼ならではの視点...
●チェンジリング(13) (映画とワンピースのこでまり日記)
見ごたえのある映画でした。
『チェンジリング』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
どれだけ祈れば、 あの子は帰ってくるの―?
映画鑑賞記「チェンジリング」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.03.20 鑑賞場所:シネマイクスピアリ どれだけ祈れば、あの子は帰ってくるの──? <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン(アンジ...
チェンジリング (TRIVIAL JUNK Blog)
「権力は腐敗する。絶対的権力は絶対に腐敗する。」 <公式サイト> 1928年に実際に起きた「ウィネビラ養鶏場殺人事件」における、クリスティン・コリンズの禍を映画化。 9歳の息子ウォルターが突然失踪し、悲嘆にくれるコリンズ夫人(アンジェリーナ・ジョリー)。 5...
No404『チェンジリング』~どこまでも強く尊い母の愛~ (パラパラ映画手帖)
明日は3月1日、映画の日です。 何を観ようか迷っていらっしゃるあなた、 一番のお薦めは『チェンジリング』です。 アカデミー賞に気を奪われてはいけません。 授賞していなくても、こんな凄い傑作があるのです。 監督はクリント・イーストウッド。 私が最も尊敬するアメ...
チェンジリング (future world)
とても力強く、そして怖い・・・ 重苦しい余韻の残る凄い作品でした。 実話だという・・・ 舞台はロサンゼルス、シングルマザーのクリスティンはせっかくの休暇なのに それを返上して職場へと出かけるはめに。 急いで帰宅した彼女を待っていたのは・・‘長い道の...
どれだけ祈ればあの子は帰って来るの?~「チェンジリング」 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『チェンジリング』 CHANGELING (2008年・アメリカ/142分) 公式サイト 第...
息子を探して三千日 (宇宙のめいぐると)
「チェンジリング」
チェンジリング (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <日比谷TOHOシネマズ スカラ座> 監督:クリント・イーストウッド 脚本:J・マイケル・ストラジンスキー 1928年、ロサンゼルス。電話会社に勤めるクリスティン・コリンズは、9歳の息子ウォルターを女手一つで育てる毎日。ある日、休暇を返上し...
『チェンジリング』 2009-No9 (映画館で観ましょ♪)
突然消えた息子。 帰ってきたのは見知らぬ少年。 誘拐・殺人・腐敗した警察 息子を探す母と真実との戦い。 重苦しいテー...
「チェンジリング」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ロス市警には怒り心頭!冷静になれなかったです
No.187 チェンジリング (気ままな映画生活)
アンジェリーナ・ジョリーがアカデミー助演女優賞を獲得した 「17歳のカルテ」と同じぐらいに、 今回の演技は魅了されてしまった。 実話がベースになっていて、1920年代の警察の腐敗、 体質に驚かされた。
【映画】チェンジリング…私程度がツッこみする隙無しな良作、高評価。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事でも「朝まで仕事」{/face_hekomu/}と書きましたが、昨日の朝も同様{/face_hekomu/} 15時間労働の末に朝10:00頃に帰宅{/face_hekomu/}。お陰でそのまま夕方まで寝ちゃって{/kaeru_night/}…昨日の土曜日は無駄に{/face_ase1/}{/ase/} 今日{/kaeru_rain/}{/hi...
『チェンジリング』 (『映画な日々』 cinema-days)
チェンジリング 1928年L.A.電話交換手主任の息子が失踪。 5ケ月振りに警察が保護した息子は別人だった... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自...