銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

愛を読むひと◆◇The Reader

2009-06-24 | 映画:シネコン


わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になるーーーーー。

6月20日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ケイト・ウィンスレットが本作でアカデミー賞主演女優賞をゲットした。いやあ彼女が立て続けに賞を受賞しているので、驚きです。勝利の女神が彼女に取り付いたのかもしれませんね。

そして本作は全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」の映画化だそうです。宣伝はもちろん、ケイトのオスカー受賞も効果してか?シアターにもお客さんが結構入ってました。話題になれば、やっぱり気になる。少しでも早く観たいという気持ちにもなる。

それでどうだったか?う〜ん・・・・・。期待ほど感動なかったというのが正直なところです。期待しすぎたのか?原作を読んでいないので、比べることはできませんが。でもベストセラー小説だしね。何なんだろう?

ということでSTORYは・・・・。

マイケル・バーグ(レイフ・ファインズ)の回想から始まる。

時代は1958年のドイツ

偶然の出逢い〜〜それは運命と呼ぶ!

15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は何のためらいもなく、ズドンと恋に落ちた。何と相手は21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)、学校の帰り道で具合が悪くなったところを助けてくれた人だ。

3ヶ月後、猩紅熱から回復したマイケルはお礼のを持って一人暮らしのハンナを訪ねる。そっけない口調で愛想笑いも一切しないハンナ。でも大人の女性の成熟した魅力に惹きつけられるマイケル。翌日もまたハンナのところへ。

彼女に命じられて石炭を運んだマイケルは煤だらけになり、言われるまま風呂に入る。バスタブから出る彼を、大きなタオルで抱きしめた。そのハンナは裸だった。

名作の朗読〜愛し合う前の儀式

その日をさかいに学校が終わると、ハンナの部屋へと走るマイケル。ハンナもその時間に路面電車の車掌に仕事を終えて帰って来る。最初のうちは二人とも言葉を交わすことなく激しく求めあった。やがてハンナがマイケルに「本を読んで聞かせて」と頼む。その日から、マイケルは彼女の朗読者になる。

「オデュッセイア」、「チェタレイ夫人の恋人」など・・・・。ハンナを喜ばせるために、一心に読み続けた。

ある日マイケルは、一泊自転車旅行を提案する。ガイドブックを調べてコースを考え、幼いころから集めた切手を売り旅行資金を作る。そして二人は出発した!

明るく輝く太陽の下、人影のない川で泳ぐハンナに見とれながら詩を綴るマイケルは満たされた幸福を味わっていた。ハンナもまたレストランのメニュー選びから旅の道順まで全てマイケルに任せ、いつも楽しげに笑っていた。

突然の別れ〜何も言わずに消えたハンナ

その日はマイケルの誕生日だった。クラスの友人たちが、パーティを企画してくれたことに少し心揺れたが、やはりいつものようにハンナの部屋を訪ねた。ところが、なぜかハンナの機嫌は最悪だった。
朗読をさえぎり、「ほっといて!」と声を荒げる。言い争いのなか、ひとしきり感情を爆発させたハンナ。今度は慈しむように丁寧にマイケルの体を洗い、いつも以上に心をこめて彼を愛した。ハンナの様子がいつもと違うのは明らかだった。

次にマイケルが部屋を訪ねたときは、中は空っぽで、彼女の姿はもちろん、書置き一つなかった。なぜ、ハンナは突然消えてしまったのか?
悲しみに打ちひしがれるマイケルに、思い当たる理由は何もなかった。

時は流れ1966年

衝撃の再会〜暴かれる、ハンナの過去

マイケルはハイデルベルグ大学の法科に通い、ロール教授 (ブルーノ・ガンツ)の特別ゼミを受講していた。
実際の裁判を傍聴するという授業にマイケルは向かう。そしてその向かった法廷では衝撃的な再会が待ち受けていた。
「ハンナ・シュミッツ・・・・・。」、裁判長の呼び掛けに答えたのは、この8年間、一日たりとも忘れたことのない声だった。
ハンナは、戦争中に犯した罪を問われ、裁かれている女性たちの一人だった。

彼女たちはナチ親衛隊の看主として収容所で働いていた。ハンナは命をかえても、ある秘密だけは絶対隠し通そうとしていた。そのために不利な証言を認め、囚人たちを死に至らしめた責任を一人で背負ってしまうことに。

裁判に通ううちに、彼女の“秘密”に気づいたマイケルは面会を申し込むが、直前で勇気をなくしてしまう。マイケルは、無期懲役の判決を言い渡されるハンナを、涙で曇った瞳で見つめることしかできなかった。

1976年

最後の朗読者〜ある愛のかたち

冒頭の1976年、弁護士になったマイケルは結婚と離婚を経験し、幼い娘とも別れて再び独りで生きていた。マイケルは、ハンナへの想いという答えの出ない問題を抱え続けていた。
初めて彼女と会って20年近くの歳月が過ぎようとしていた。マイケルは、ハンナが心と体に残した傷跡に向き合うため、そしてハンナ自身の無数の傷を癒すため、ある決意をする。

思い出の「オデュッセイア」、「ドクトルジバゴ」、「犬を連れた奥さん」等・・・・・。テープレコーダのマイクに向かって、初めは淡々と、やがて生き生きと何冊もも朗読を吹き込み、ハンナが服役する刑務所にテープを送り続ける。


マイケルは最後の朗読者になる。
それがマイケルのたどりついた答えだった。

1980年

テープを送り続けるマイケル。
彼の想いを受け取り続けるハンナ。
ハンナは、マイケルにお礼のを書くために、字を覚えることに。

ネタばれです。彼女は字が読めなかったし、書けなかった。
ちょっと追記:教育も受けず、文字も読めないまま成人した彼女は生きて行くために与えられた仕事をして、裁判で自分のしたことを悪だと指摘されている。無知だったことの罪。教育を受けられなかった本人が背負わなければならないのか?という理不尽な事実があるわけだが。ハンナの隠された秘密を述べることで、何とか彼女を救うことはできただろうが・・・・。いやそうではないのかもしれない。それは彼女の誇りを崩すという大きな問題になるかもしれなかった。マイケルはその選択で迷ったあげく、結果彼女を助ける勇気を持つことはできなかったんですね。
残念ながら、鑑賞した時はこの意味が分からず(汗)結局詳細を後で調べて分かったようなわけです。

一生懸命覚えるんですね。

再会する時が来ます。いよいよ社会へ復帰。マイケルはそのお手伝いをすることに。やっと会います。

観終わって感じたこと。

ベストセラーになるのは何となくわかるのですが、何故か?感動するところまではいきませんでした。ぐ〜んときたのは15歳のマイケルの一途さかな。大人になったらレイフ・ファインズに変わってしまいどうも配役の流れが今一つしっくりいかないのもありましたが。でもそんなに上手く繋げるのは難しい話で。それでです。何でハンナ演じるケイトはそのまま老け役もやるのか?そして20年後、そのハンナと大人になったレイフの再会場面でも何か凄く違和感を感じました。まるでまったく違う人と会っているような気がしました。そのうえドイツのお話なのに何故か?英語というのもこれまたしっくりしないような。と色々と難癖をつけてごめんなさい


 

ところで製作には今は亡きシドニー・ポラック氏とアンソニー・ミンゲラ氏が関わっていたそうで、結局は作品の完成を待たずお二人とも逝ってしまわれた。残念です。

俳優・監督・製作と大活躍したシドニー・ポラック

 ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー『朗読者』を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーヴン・ダルドリー監督はじめ英国人スタッフ・キャストが中心となって映画化した切なく官能的な愛の物語。第二次世界大戦後のドイツを舞台に、ひ弱な一人の青年とはるかに年の離れた謎めいた女性が繰り広げる禁断の愛と、やがてふたりが受け入れる悲壮な運命の行方を綴る。主演は本作でみごとアカデミー賞に輝いた「タイタニック」「リトル・チルドレン」のケイト・ウィンスレット、共演にレイフ・ファインズと新鋭デヴィッド・クロス。(allcinemaより抜粋)


 スティーヴン・ダルドリー監督

 

 
レイフ・ファインズはスキンヘッドに近いヘアスタイルです。

メディア 映画
上映時間 124分
製作国 アメリカ/ドイツ
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2009/06/19
ジャンル ドラマ/ロマンス/戦争
映倫 PG-12
愛は本に託された

ベッドシーンは結構凄かったかな。う〜ん何か物足りないような気がする。

オフィシャル・サイト
http://www.aiyomu.com/

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (6)   Trackbacks (79)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE WRESTLER 《レスラー》 | TOP | 剱岳・点の記 »
最近の画像もっと見る

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ああ・・・ (KLY)
2009-06-25 01:27:59
そうですよねぇ。ケイトの老け顔は明らかに変で、しかも歳はとってるはずなのに声は30代と一緒。醒めました。今回のケイトはあのひと夏のエピソードのとき以外はなんてことナイ演技だったし、存在感だっと思います。
逆に判決を聞くマイケルの涙顔に思わずほろりときてしまいました。
へぇーーー (sakurai)
2009-06-25 11:26:07
ちょっと期待が大きすぎましたか。
あたしは、期待通りというか、さすがドルドリーというか、物語の紡ぎ方の上手さに、素直に感動しました。
レイフ様をたっぷり見れた・・というのが、点数アップかもしれませんが。
たぶんに、登場人物に左右されるあたしです。
レイフ様出てるだけでいいんですもん。
それはともかく、マイクを手にする辺りの決意に表情には、ぐわっときました。
年上女性 (にゃむばなな)
2009-06-25 13:18:02
男にとって、あの年頃で恋した年上女性というのは、彼女がどんなに歳をとっても変わらないように見えるんです。

女性からすれば「?」と思われるかも知れませんが、男性というのはある意味一途な生き物。
忘れられない女性はずっとあのときのままなんです。

ですから私はケイト・ウインスレットが最後まで演じてくれたことは凄く嬉しかったですよ。
この映画のテーマを教えてください (とおりすがり)
2009-07-08 23:03:11
この映画がよくわかりません。教えてください。
裁判ではみんな冤罪だって知ってるのに、終盤では本を読んだ人は彼女が重ーい罪を犯したと思い込んでしまっている。
生き残った娘も、責任者の顔は覚えていなくて、本を読ませる変な人は覚えているのだから、その変な人が責任者でないことを知っているはずなのに・・・。
「彼女を許すようでお金は受け取れません」といいました。
そんなに怒りが強いのなら、なぜ裁判のときに他の被告人を許したのでしょう?
主人公も面会のときに「たっぷり反省したか?」というような意味の問いかけをしていますが、冤罪のひとには普通は「大変だったね、お疲れ様」ではないでしょうか?
なんだか変な物語です。
とおりすがりさま (mezzotint)
2009-07-09 00:46:50
今晩は☆彡
テーマは愛だと思いますが。
冤罪である証拠の決めては
彼女が非識字者なのですが。どうも
そのことを知られたくなかった
ようですね。罪を被ってもそのことを
隠したのは彼女のプライドだったようですね。
何故にそこまでして罪を被らなかったのか?
そんな彼女の秘密を明かしてまで、
冤罪とは言えなかった主人公は悔んでいたのでしょうね。色々不可解あるかもしれませんが
私も理解に苦しむようなわけです。
そんなことで申し訳ありません。納得いかない
かもしれませんが。
TBありがとうございます★ (vic)
2009-08-10 18:11:40
現在、原作本を読んでいます。
英語も勉強中なので、英語版を。
原作はドイツ語で書かれていますが、ドイツ語は読めないので...
英語版を読んだら、映画思い出せるかと思って。

まだ冒頭の所ですが、映画の中のいろいろなシーンを説明してくれているので、「ほおおー。そういうことだったのか〜」と、改めて思いながら読んでいます。

TIMEという雑誌の評論の一部が紹介されていて「heart(心)とmind(頭、脳)の両方が満たされる作品」と評されていました。
私はそういう作品が好みなので、この映画は今のところ2009年ナンバー1です。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

79 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
愛を読むひと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、本に託された』  コチラの「愛を読むひと」は、全世界500万人が涙したベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説を映画化した6/19朗読の日に公開されたPG-12指定の大河ロマンスなのですが、公開初日に早速レイトショーで観てきちゃいましたぁ〜。第81回ア...
「愛を読む人」 (★ Shaberiba ★)
『わずか1ページで終わった恋が。永遠の長編になる・』ケイトの女優魂に感動した。
映画「愛を読むひと」@明治安田生命ホール (masalaの辛口映画館)
 人気作品だけに開場後直ぐに多くの座席が埋り立ち見客が出てしまう。その為に主権者が空席探しに時間がかかり開映時刻も10分程送れて上映が開始された。客層はほぼ女性ばかりで小学生位の女子の姿もある。  映画の話 1958年のドイツ、15歳のミヒャエルは21歳も年上...
『愛を読むひと』・・・ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ+ドイツ合作映画、アンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラック製作、スティーヴン・ダルドリー監督、ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ主演。
愛を読むひと (LOVE Cinemas 調布)
ベルンハルト・シュリンクのベストセラー『朗読者』を映画化。監督は『リトル・ダンサー』のスチーブン・ダルドリー。主演はこの作品でアカデミー賞主演女優賞を獲得したケイト・ウィンスレット。そして共演に『ハリーポッター』や『ある公爵夫人の生涯』のレイフ・ファイ...
愛を読むひと (Kaz.Log Cinema)
=== ハンナの人間性が興味深い  『愛を読むひと』 2008 === {{{: 【愛を読むひと】 The Reader アメリカ・ドイツ 2008 '''監督''' スティーヴン・ダルドリー    '''製作''' アンソニー・ミ...
愛を読むひと (Akira's VOICE)
受け継ぐ物語が未来を生み出す。  
愛を読むひと (迷宮映画館)
役者もよければ、さすがのスティーヴン・ダルドリー!お見事。
【愛を読む人】 (日々のつぶやき)
監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、ブルーノ・ガンツ わずか1ページで終わった恋が、永遠の長編になる ―。 「1958年ドイツ、15歳のマイケルは体調が悪いところを助けてもらったことがき
TheReader(2008) (犬連れ国際結婚)
元旦に映画を観ようと映画の時間も、ちゃんと調べて行ったのに、ちょっとした手違いで、観られず仕舞い。。。今年は元旦映画は観られなかった。しかしながら、何とか、ハズがヴァケーションが終わる前に、2つほど映画館で観る事が出来た。ハズと今年最初の映画はどれにし...
愛を読むひと ケイト・ウィンスレット (ネット社会、その光と影を追うー)
映画愛を読むひとは、ベルンハルト・シュリンクのベス
愛を読むひと (Peaceナ、ワタシ!)
- 愛は、本に託された - 『愛を読むひと』の試写会へ行ってきました! 原作はドイツの作家ベルンハルト・シュリンクの『朗読者』です。 この本、日本でも随分と話題になったので、当時は私も読んだハズなのですが…残念ながら、核心部分等の記憶はほとんどなかったり...
愛を読む人 (Diarydiary!)
《愛を読む人》 2008年 アメリカ/ドイツ映画 − 原題 − THE READ
愛を読むひと (悠雅的生活)
人間を完全にするもの。それこそが愛。
映画;ザ・リーダー The Reader 鑑賞する人の人生経験の深さを問われる。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
先に言っておくと、日本タイトル「愛を読むひと」は好きでない。 このため、上記も下記もその呼び方はしないことをご了承いただきたい(笑) さて、アカデミー賞候補にもなった話題の映画がついに公開になった。 記事やブログなどで、予想外に賛否両論状態な映画だった。...
映画;ザ・リーダー The Reader 鑑賞する人の人生経験の深さを問われる。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
先に言っておくと、日本タイトル「愛を読むひと」は好きでない。 このため、上記も下記もその呼び方はしないことをご了承いただきたい(笑) さて、アカデミー賞候補にもなった話題の映画がついに公開になった。 記事やブログなどで、予想外に賛否両論状態な映画だった。...
映画「愛を読むひと」(2008年、米・独) (富久亭日乗)
     ★★★☆☆  ドイツの小説家Bernhard Schlinkの『朗読者』を Stephen David Daldry 監督が映画化。 第81回アカデミー賞で、Kate Elizabeth Winsletが 主演女優賞を受賞。  原題は「The Reader」。        1958年、ドイツ。 病気の看病をしてくれた...
「愛を読むひと」みた。 (たいむのひとりごと)
少年の日の出会いから、一方的な別れ。そして衝撃的な再会とその後。ナチスドイツの戦争の爪痕がこんな形でも残されているのだと、鑑賞中、何度か堪え切れずに身体を震わせながら泣いてしまった。読書ではなく「朗読
愛を読むひと (I am invincible !)
法科の学生マイケル(デイヴィッド・クロス)は、ロール教授(ブルーノ・ガンツ)の特別ゼミの一環としてある裁判を傍聴していた。 被告の女性たちの中に、あの人が!
愛を読むひと (そーれりぽーと)
ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞を獲得した映画じゃなかったら、この週末5本目やし無理して観る気はしなかっただろう『愛を読むひと』を観てきました。 ★★★★ 全く内容について知らなかったので、「うわ、なんじゃこりゃ禁断の愛系のソフトポルノチッ...
愛を読むひと/The Reader (いい加減社長の映画日記)
金曜日のレイトショーで「愛を読むひと」を鑑賞。 そんなに趣味といえる感じの作品ではなさそうだけど、アカデミー賞主演女優賞を受賞した作品ということで^^; 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーにしては、人は多いのかな。 「愛を読むひと」は、大きめのスクリ...
「愛を読むひと」 繰り返し語られるべきこと (ももたろうサブライ)
監督 スティーヴン・ダルドリー少しあらすじ1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、...
愛を読むひと / THE READER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 本年度アカデミー賞作品賞ノミネートの最後のひとつ{/hikari_blue/} ケイト・ウィンスレット、出演の半分以上がヌードだったんじゃ?ってほどの体当たり演技...
映画 【愛を読むひと】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「愛を読むひと」 ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説を、『リトル・ダンサー』のスティーヴン・ダルドリー監督が映画化。プロデューサーだったアンソニー・ミンゲラとシドニー・ポラックは製作中に死去。 おはなし:1958年のドイツ。15歳の少年マイ...
映画「愛を読むひと」 (<花>の本と映画の感想)
愛を読むひと    映画館にて鑑賞 監督 スティーブン・ダルドリー 出演 ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デビッド・クロス、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ ...
「愛を読むひと」 THE READER (俺の明日はどっちだ)
戦後のベルリンで15歳の青年が36歳の女性とひょんなことから出会い、愛し合い、やがて突然の別れがやってくるという“ひと夏の恋”的な印象を持つ序盤から打って変わって続く意外な再会、そしてそこでやがて知ることとなる女性の過去を通してさまざまな問題提起を感じ取っ...
朗読者だった… (美容師は見た…)
マイケル目線でのお話だったんですね。。。 『愛を読むひと』全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」の映画化。このキャッチフレーズと、ステキな予告に惹かれて期待しました。私の大好きな「恋愛もの」、しかも泣けるなんて…1958年ドイツ。15歳のマイケルは...
映画レビュー「愛を読むひと」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Reader [Original Motion Picture Score]◆プチレビュー◆献身的な朗読が愛の証となる崇高な物語だ。ウィンスレットが渾身の名演でオスカーを受賞。 【90点】 1958年ドイツ。15歳のマイケルは21歳年上のハンナに恋をする。逢瀬を重ねる二人だったが、ある日突然、...
愛を読むひと (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ナチスの戦争犯罪が追及される1950年〜1960年代を背景に、年上の女性に恋した少年の初恋と突然の別れ、そして再会。 ヒロインが背負う重い罪と、哀しい秘密により波乱の運命をたどる二人の30年に及ぶ、時間の流れの中で育まれた究極の愛の物語。 物語:少年マ...
『愛を読むひと』 (2008)/アメリカ・ドイツ (NiceOne!!)
原題:THEREADER監督:スティーヴン・ダルドリー原作:ベルンハルト・シュリンク出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>1958年、ドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロ....
愛を読むひと (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
ベルンハルト・シュリンクの世界的なベストセラー「朗読者」を映画化した作品。原作は読んでいます。 1958年のドイツ。15歳のマイケルは、21歳のハンナとの情事にのめり込みます。ハンナの部屋に通いつめ、せがまれるままに始めた朗読により、2人は、強く結び付けられ...
愛を読むひと (映画どうでしょう)
映画 愛を読むひと の感想 ベストセラー「朗読者」が原案のケイト・ウィンスレット...
愛を読むひと/The Reader (描きたいアレコレ・やや甘口)
若くはない...少し垂れていてお風呂に入るとまぁるく浮かぶ乳房...この映画のケイトは美しい、と私は思いました。 ネタバレしてますので、こ...
愛を読むひと (シネマ日記)
これは以前にも記事にしましたが、ケイトウィンスレットがアカデミー賞主演女優賞を獲った作品。この作品の演技で他にも賞を受賞しています。彼女の演技はいつもどの作品でも素晴らしいので、いままでもたくさんノミネートはされてきましたが、ここまで賞を獲得したのは初...
愛を読むひと [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE READER公開:2009/06/19製作国:アメリカ/ドイツPG-12上映時間:124分鑑賞日:2009/06/21監督:スティーヴン・ダルドリー出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、アレクサンドラ・マリア・ララ、ブルーノ・ガン...
愛を読むひと スペースFS汐留 2009.6.8 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
試写会で観て来ました。 なんとこの日の試写会は当選倍率1/25だったんだとか 毎回応募してもハズレばっかりだったけど・・・コツコツめげずに応募してみるものですね 予告編見て、ずっと観たかった作品 ・・・ケ...
『愛を読むひと』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
ユナイテッド・シネマとしまえんに『愛を読むひと』を観に行ってきました。 今までの役柄とはちょっと異なる、彼女の新境地になってるんじゃないかなーって思います。 ******************** ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー「朗読者」を...
彼女も戦争の被害者。『愛を読むひと』 (水曜日のシネマ日記)
15歳の少年が21歳年上の女性の出会い、別れと再会を描いた作品です。
愛を読むひと (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞で、ケイト・ウィンスレットが最優秀主演女優賞を獲得した作品。原作『朗読者』(ベルンハルト・シュリンク著)も先日読了し、映画を楽しみにしていました。 というのも、原作では今一つ内容を感じ切れず、、、「映像で観た方が心に迫るかもしれないな...
愛を読むひと/ケイト・ウィンスレット (カノンな日々)
児童文学やファンタジー小説以外でのジャンルではワタシ的には珍しいことに読んだことのある外国文学が原作です。お友達が「これいい本だよ」と言ってプレゼントしてくれたのがベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」。これがかなり引き込まれる作品で夢中にな...
愛を読むひと (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2008年:アメリカ監督:スティヴン・ダルドリー出演:ケイト・ウィンスレット    レイフ・ファインズ    デヴィッド・クロス    アレクサンドラ・マリア・ララ    ブルーノ・ガンツ
愛を読むひと (音次郎の夏炉冬扇)
原作の『朗読者』はまだ未読ですが、最近読んだ村上春樹の『1Q84』も極めて朗読シーンに富む物語でした。謎めいた少女ふかえりが諳んじていた『平家物語』の壇ノ浦の合戦のクライマックス、天吾がアルツハイマーの父を見舞った時に読んで聞かせた『猫の町』の話、そし...
愛を読むひと (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE READER。スティーヴン・ダルドリー監督、ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、アレクサンドラ・マリア・ララ、レナ・オリン、ブルーノ・ガンツ。冒頭近く、ヨーロッパ文学のカギは“秘密”にあり、それは奥に隠された...
『愛を読むひと』:愛とモラルと、その葛藤 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
今年の洋画の中では一番の期待作でした。 原作も読んだし、監督スティーヴン・ダルドリー、脚本デイヴィッド・ヘアは『めぐりあう時間たち』のコンビ。 出来は・・・
愛を読むひと (心のままに映画の風景)
1958年ドイツ。 15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)に心奪われ、彼女の肉体の虜となって...
「愛を読むひと」 (みんなシネマいいのに!)
 15歳のマイケルはある日、21歳年上のハンナと出会い、彼女と彼女の肉体にどっぷ
*愛を読むひと* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ=ドイツ 1958年、ドイツ。15歳のマイケルは、気分の悪くなったところを21歳年上のハンナに助けられたことから、二人はベッドを共にするようになる。やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼む...
「愛を読むひと」:新田バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}都会にもこういう昔ながらの風景があると思うとほっとするわね。 {/kaeru_en4/}おいおい、「昔はよかった」なんて言い出すなよ。 {/hiyo_en2/}どうして? {/kaeru_en4/}世の中には、長い間、昔の傷を抱えながら生きている人間だってたくさんいるんだから。 {...
愛を読むひと (to Heart)
愛は本に託された 原題 THE READER 製作年度 2008年 製作国 アメリカ/ドイツ 上映時間 124分 映倫 PG-12 製作 アンソニー・ミンゲラ シドニー・ポラックドナ・ジグリオッティレッドモンド・モリス 原作 ベルンハルト・シュリンク 『朗読者』(新潮社刊) 監督 スティ...
朗読者〜『愛を読むひと』 (真紅のthinkingdays)
  THE READER  1958年、西ドイツ。15歳の少年マイケル(デヴィッド・クロス)は、学校帰りに 体調を崩し、ある女性に助けられる。...
愛を読む人■歴史といかに向き合うのか? (映画と出会う・世界が変わる)
原作となった「朗読者」は評判がいいことは知っており、また周辺から薦められているが未だに読んでいない。ハンナを演じることは、女優にとっては願望ではないだろうか。もし、80年代であれば、メリル・ストリープが演じていたのではなかろうか。2000年代ではケイト・ウィ...
『愛を読むひと』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「愛を読むひと」□監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 デヴィッド・ヘア□原作 ベルンハルト・シュリンク(「朗読者」) □キャスト ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス、レナ・オリン、アレクサンドラ・...
愛を読むひと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[愛を読むひと] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年63本目(58作品)です。 1958年ドイツ。 猩紅熱で体調を崩していた15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、自分を助けてくれた21歳年上のハンナ(ケイト・ウィ...
『愛を読むひと』を観たぞ〜! (おきらく楽天 映画生活)
『愛を読むひと』を観ました幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリーです>>『愛を読むひと』関連原題: THEREADERジャンル: ドラマ/ロマンス/戦争上映時間: 124分製作国: 2008年・アメリカ/ドイ...
愛を読むひと (映画君の毎日)
●ストーリー●1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイ...
知らぬは一生の恥、抱えるのは十字架。〜「愛をよむひと」〜 (ペパーミントの魔術師)
う〜ん、確かに恥ずかしいこと・・・なんでしょうが、 そこまでして守る秘密なんでしょうか? ここまで悲劇の連鎖になる前になんとかならんかったのって。 で、それ言うてしまうと身もふたもない話なんですね、コレ。 最初のうちは正直うわ〜って思う 艶かしいシーンが...
愛を読むひと■生きている現在を自分自身でいかに読み解くか? (映画と出会う・世界が変わる)
この物語の中での最大のポイントはハンナが実は文字を読むことが出来ないということであった。その部分がこの映画で効果的に説明または演出されていたかは疑問が残るのであるが、実はこのことが暗示することは非常に重要ではないか。他人が読んでくれることは理解できるが...
愛を読むひと ただの「こいばな」ではなかったのか! (労組書記長社労士のブログ)
【 37 -8-】 特に見る気は無かったんだけど、なんとなく引っ掛かるものがあって、ちょうど時間が空いたのと上映時間のタイミングがあったから見てみた。  1958年のドイツ。15歳のマイケルは21歳年上のハンナとの初めての情事にのめり込む。ハンナの部屋に足繁く通い、...
 「愛を読む人」 THE READER 「朗読者」 (映画の話でコーヒーブレイク)
賞レースで名だたる名女優をおさえ、主演のケイト・ウインスレットが賞を総なめにした 「愛を読む人」。 ドイツ人の法律学の大学教授ベルンハルト・シュリンク氏が1995年に発表した原作は、、 世界で500万人が涙したベストセラーだとか。 日本でもミリオンセラー...
「愛を読むひと」で久々のレナ・オリンに感動! (映画と出会う・世界が変わる)
「愛を読むひと」を見て最も驚いたのはレナ・オリンの出演であった。「蜘蛛女」に登場する女殺し屋は、これまで映画に登場した悪女のうちでもトップクラスであると思う。その殺し屋を演じていたのがレナ・オリン。スウェーデン出身の女優。最近、あまり見なくなったと思っ...
『愛を読むひと』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナと恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。ある日、彼女は突然マイケルの前から姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、無期懲役の判決を受けるハンナと法
The Reader 「愛を読む人」 (You got a movie)
監督   スティーヴン・ダルドリー キャスト ケイト・ウィンスレット       デヴット・クロス     レイフ・ファインズ   ※下の音楽を聴きながらどうぞ  ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を原案に、スティーヴン・ダルドリー...
愛を読むひと (Movies 1-800)
The Reader (2008年) 監督:スティーブン・ダルドリー 出演:ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス 1958年にドイツのある街で出会い、ひと夏の間だけ恋仲になった15歳の少年と30歳を過ぎた女性の波乱の半生を描いたメロドラマ。 2008年度の...
愛を読むひと■裁かれるべきはハンナだけか? (映画と出会う・世界が変わる)
ナチスとヒトラーが登場する映画で常に描かれるのは彼らを熱狂的に支持する民衆の姿である。ヒトラー率いるナチスが党勢を拡大していったのは決して彼らの独裁的な圧力だけではなく、こうした民衆の熱い支持もまたその大きな要因ではなかったのか。「愛を読むひと」でハン...
愛を読むひと (Addict allcinema 映画レビュー)
愛は本に託された  
「愛を読むひと」キュートで切ない愛 (ノルウェー暮らし・イン・London)
奇しくも今回、第二次大戦中と大戦後のドイツを舞台にした映画を、立て続けに観ることになった。 テーマは全く違うけど、悲しい過去は、確かに消せないのだ・・・・
愛を読むひと (こんな映画見ました〜)
『愛を読むひと』 ---THE READER--- 2008年(アメリカ/ドイツ) 監督:スティーヴン・ダルドリー 出演:演: ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、デヴィッド・クロス 、 レナ・オリン 1958年のドイツ。 15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は偶然出...
愛を読む人 (シネマ大好き)
15才の少年マイケルは、下校時に具合が悪くなったところを助けられたことから、21歳年上の女性ハンナと知り合い、激しく求め合うようになる。ハンナが本を読んで欲しいといい、マイケルの朗読が二人の儀式になっていく。 学校にチャーミングな転校生がきても、学校が...
09-173「愛を読むひと」(アメリカ・ドイツ) (CINECHANの映画感想)
15歳の時、彼女に助けられ  1958年のドイツ。15歳のマイケルは偶然出会った年上のミステリアスな女性ハンナに心奪われ、うぶな少年は彼女と彼女の肉体の虜となっていく。やがて度重なる情事のなかで、いつしかベッドの上でマイケルが本を朗読することがふたりの日課と...
愛を読むひと(アメリカ/ドイツ) (映画でココロの筋トレ)
アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞だからね。 ってことで「愛を読むひと」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ケイト・ウィンスレット・レイフ・ファインズ・デヴィット・クロス、レナ・オリン 上映時間:124分  15歳のマイケルは21歳も年...
愛を読むひと ▲99 (レザボアCATs)
'08年、アメリカ・ドイツ原題:The Reader監督:スティーブン・ダルドリー製作:アンソニー・ミンゲラ、シドニー・ポラック製作総指揮:ボブ・ワインスタイン、ハーヴェイ・ワインスタイン原作:ベルンハルト・シュリンク 『朗読者』脚本:デヴィッド・ヘア撮影:クリス...
まさに、名作 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「愛を読むひと」を鑑賞しました。 15歳の少年 マイケルと21歳も年上の女性 ハンナとの恋愛、情事 そして、本の朗読も・・・ しかし、ある日 突然ハンナが消えた 数年後、再会するのだが・・・ いやー、いい作品でした  最後まで、引き込まれて...
映画「愛を読むひと」 (Playing the Piano is ME.)
や、やばい...こんな感動的な映画、もう少しで見逃すところでした... 「グラン・トリノ」「セブンティーン・アゲイン」を押しのけて、今のところ、私の2009年の映画No.1です! レートも★★★★★(星5つ!パーフェクト!)
mini review 10429「愛を読むひと」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリー。ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を原案に、『めぐりあう時間たち』の名匠スティーヴン・ダルドリーが映像化。戦時中の罪に問われ、無期懲役と...
「愛を読むひと」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ケイト・ウィンスレット天晴れ!素晴らしい女優魂を見せてもらいました
愛を読むひと/The Reader(映画/DVD) (映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評)
[愛を読むひと] ブログ村キーワード愛を読むひと(原題:The Reader)キャッチコピー:愛は本に託された製作国:アメリカ、ドイツ製作年:2008年配給:ショウゲートジャンル:ドラマ/ラブ....
スティーブン・ダルドリー監督 「愛を読むひと」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
恋愛映画ってなんか照れくさくって、普段観ない自分ですが… 一応話題作だし やっとTSUTAYAでのレンタルが新作から準新作になって安くなったので鑑賞(^m^:) 公式サイト⇒http://www.aiyomu.com/ 【あらすじ】 1958年ドイツ。15歳のマイケル((デ...
映画評「愛を読むひと」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督スティーヴン・ダルドリー ネタバレあり
「愛を読むひと」の感想 (MASログ)
原題: The Reader 原作: ベルンハルト・シュリンク著「朗読者」 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: ケイト・ウィンスレット/デヴィッド・クロス/レイフ・ファインズ他 データ: 米独合作/124分/2008年 1958年のドイツ。マイケルは学校からの帰宅途中...