銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

さくらん/てめぇの人生、てめぇで咲かす

2007-03-19 | 映画:ミニシアター

 
監督:蜷川実花×原作:安野モヨコ×脚本:タナダユキ×音楽:椎名林檎×主演:土屋アンナという顔ぶれ女性たちだけで作った映画「さくらん」を先日、京都シネマにて鑑賞。何ヶ月前から、チラシでの宣伝この色の鮮やかさに、目を見張るものがあり、そして若き女性たちがタッグを組んだという興味もあり、楽しみしていました。

そういえば、先日観た、「マリー・アントワネット」もソフィア・コッポラが監督、女性の生き方を女性監督で描くという点では共通していますね。ソフィアの父があの有名な、フランシス・フォード・コッポラ監督、蜷川実花も、あの演出家蜷川幸雄が父だし、お二人ともサラブレッドだ。しかも写真家という職業も一緒です。色々共通点のある二人が同じ時期に映画を製作したのも、何か縁深そうです。

さてこの「さくらん」、人気漫画家安野モヨコの原作だそうで、私は読んだことないので、映画化されて、初めて漫画が原作と知りました。安野モヨコの名前はちらっと知ってるくらいかな。

《お話》満開の桜の下、女街に連れられて吉原にやって来た八歳の名も無き少女。美しい金魚が宙を泳ぐ大門をくぐると、そこは煌びやかで妖艶な遊郭。玉菊屋という店に買われた彼女はその日、きょ葉(土屋アンナ)として生まれかわった次第に、意思とは裏腹にぞくぞくするような美貌に・・・・。そして誰にも媚びない負けん気の強さで、売れっ子となっていく。凄まじい人気を呼んで、誰もが憧れる遊女のトップの座を勝ち得るやがて花魁“日暮”の誕生が・・・。心が張り裂ける“まぶ”への初恋、相手は惣次郎(成宮寛貴)、張り裂けるような恋心、きょ葉は惣次郎との過ごす時間に幸せを感じるのだった

玉菊屋の花魁“高尾”(木村佳乃)は情念の女愛する男浮世絵師光信(永瀬正敏)がきよ葉に心を奪われそうになっていることに気づき、策略に出るそれによって、きょ葉は惣次郎との縁が引き裂かれるという結果に高尾との大乱闘玉菊屋は騒然となるきょ葉は主人より大目玉を食らう。そんなきよ葉を店番の清次(安藤政信)は「泣いても負け、勝っても負けだ」となだめる。その後、高尾は光信との久しぶりの時を過ごし、愛しているからこそ」と壮絶な決断を下す。

ついに花魁“日暮”の誕生の日がきよ葉から、日暮に出世だ玉菊屋を背負って立つ花魁となる。武士倉之助(椎名桔平)が日暮に心奪われ、やって来る。そんな日暮に倉之助は物入りだろうと小判を手渡す。その行為に日暮、ぶっちぎれ「そんなもので、自分はなびかぬ」と一掃するのだ。その後、倉之助は日暮に無礼だったと詫びる馴染み客となった倉之助は、日暮を正式な妻として迎え入れたいと申し出る。しかし日暮は断り続ける。妊娠して、誰の子かわからないとも話すも、倉之助は受け入れると・・・・。

いつも側にいた清次・・・・。彼は日暮がどんな状況の時も居てくれた。身請けが決まった日暮に対して清次にも心の変化ひょっとして・・・・か???

最後の客、ご隠居の言葉「咲かぬ桜はないんじゃよ」そういって息を引き取った。自分の人生、自分の意思で生きることだとこのとき、日暮は気づくのだった。

そして、吉原から抜け出す日暮の姿がそこにあった・・・・・。

 

波乱万丈な花魁“日暮”のてめぇらしい生きたいというお話です。百花繚乱の映像、さすが蜷川実花さん、写真家ということもあって綺麗です。でもお話自体はあんまりインパクトは感じなかった。土屋アンナさんを起用したのは何故なのだろう彼女のお顔は、ジャパニーズ的ではないし・・・・。むしろそのアンバランス的なところが狙いなのかな?最後の最後まで感動するという盛り上がりもなく、す〜と観終わったって感じですね。キャスト・スタッフが豪華で話題性もあり、期待も凄くあっただけに・・・・。残念です


花魁“高尾”役木村佳乃 少し艶やかさにかけるかな・・・・。


花魁“粧ひ”役 菅野美穂 彼女は結構いけてました

 映画『さくらん』公式サイト

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (7)   Trackbacks (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーロラ♪踊る、ただ一度の恋の... | TOP | かっぱ沼:田村一二 »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようゴザイマス♪ (ミチ)
2007-03-20 08:57:31
そうですね、花街ものとして割とありふれたお話ではありましたね〜。
ヴィヴィッドな色使いと音楽、そして女優さんたちの体当たり演技などが見所かしら。
木村佳乃も菅野美穂も「大丈夫?」っていうくらいに頑張ってました。
土屋アンナもあとひとふん張り?
こんにちは! (由香)
2007-03-20 14:29:53
TBありがとうございました^^・

ストーリー展開は、目新しい感じは受けませんでしたが、映像の美しさに堪能出来る映画でした。
ケバケバしいまでの極彩色にスッカリ魅せられて、着物・襖・花・ビードロ。。。等にイチイチ溜息をついていました(笑)
木村&菅野の迫真の演技も良かったです
TBありがとうございました。 (hal)
2007-03-20 17:22:42
いやあ、ホントに艶やかな映画でした。これだけ色彩感のある映画はいままで記憶にありません。
土屋アンナちゃんもいい味だしてたし、なかなか楽しめた映画でした。
こんばんは。 (ジョー)
2007-03-20 22:29:35
TBありがとうございます。
身も蓋もない言い方ですが、映画とは何かを監督にきちんと教えるスタッフがいなかったのではないでしょうか。ちょっと残念です。
チラシ (もじゃ)
2007-03-21 12:26:17
こんにちは。TBありがとうございます。
このチラシは目を引きますね。
やっぱり絵だけじゃなく、ストーリーの方でも魅せて欲しかったですね。
蜷川・・・ (daisaku)
2007-03-25 20:05:44
監督が蜷川さんなんですね。
彼女がカメラマンとしてデビューしたころから
極彩色が特徴ですね。
僕的にはちょっと苦手ですが・・・。
こんばんは。 (hyoutan2005)
2007-03-27 00:26:06
TBありがとうございました。
旅行に行っていたので、お返しが遅くなり申し訳ありませんでした。四国に渡るついでに、またちらっと京都にも泊まりました♪
さくらん、私はこういった話に弱いので、ありきたりではある筋立てではありましたが、結構感動してしまいました。映像も綺麗でしたね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

84 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
映画「さくらん」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「さくらん」 フォトグラファーの蜷川実花の監督デビュー作。安野モヨコの同名コミックを映画化。 江戸時代の吉原遊郭。8歳で玉菊屋に連れてこられた少女・きよ葉(土屋アンナ)は何度も脱走を重ねるが失敗。完璧な高級花魁・粧ひ(菅野美穂)に花魁としての...
『さくらん』 (Sweet* Days)
監督:蜷川実花 音楽:椎名林檎 CAST:土屋アンナ、安藤正信、夏木マリ 他 STORY:江戸時代。吉原の遊郭「玉菊屋」に8歳で売られてきた少女は「きよ葉」と名付けられ、その破天荒振りで周りの者も手を焼いていた。そんなきよ葉(土屋アンナ)はいつしか売れっ子...
さくらん (いいかげん社長の日記)
土曜日は、寒い中、レイトショーで「さくらん 」。 寒いし、それほど評判の映画も公開されないし、と思っていたら、「UCとしまえん 」が意外に混んでてびっくり。 「さくらん 」も、大きめのスクリーンで5割程度だったかな? 時は江戸、華やか...
映画「さくらん」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
思わず「SAYURI」と「大奥」と川島なお美の「失楽園」と昔懐かしい「時間ですよ」を連想してしまう・・なんだか錯乱してしまいそうな金魚と桜と遊郭の世界 8歳にして吉原遊郭は玉菊屋へと売られてきた少女きよ葉、女将(夏木マリ)の元で花魁粧ひの付き人...
映画:さくらん完成披露試写会 (駒吉の日記)
さくらん完成披露試写会(ユナイテッド・シネマ豊洲) 「どこもおんなじ、それがわかっただけでももうけもんだ」 ■舞台挨拶 完成披露試写会ということで、司会エリカワクロさん、蜷川実花監督、主演土屋アンナさんの舞台挨拶がありました。 土屋アンナさんはアッ...
感想/さくらん(試写) (APRIL FOOLS)
お待たせしまひたガールズ花魁ムービー『さくらん』2月24日公開! 8歳にして吉原遊郭へ連れてこられたきよ葉。鼻っ柱の強い性格であちこちで衝突しまくるも、やがて美しく成長し、日暮と名を改め花魁デビウ。カリソメの愛を売り物にする世界で燃やした恋慕は果たして夢か...
さくらん (★YUKAの気ままな有閑日記★)
普段は食指が動くタイプの映画ではないが、予告編を観て魅せられた綺麗な色。。。【story】八歳の名も無き少女は、吉原の玉菊屋に買われ「きよ葉」と名づけられる。遊女になるのを怖れ、「いつか自分の足で吉原を出る!」と誓うきよ葉は、自分の意志とは裏腹に、ぞくぞく...
さくらん (そーれりぽーと)
椎名林檎はデビュー当時から好きなアーティストなので、とりあえず『さくらん』を観てきました。 ちなみに、土屋アンナの舞台挨拶付きを観ようと整理券もらいに早朝から劇場に足を運んだのですが、一足遅くて立ち見席しか無いとのアナウンスで、諦めて通常上映を観ました...
さくらん 40点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
人魚じゃないよ金魚だよ 公式サイト 安野モヨコ原作の同名漫画を実写映画化。監督は本作が初監督となる、写真家の蜷川実花。脚本はタナダユキ、音楽は椎名林檎と、メインスタッフを女性で固めた、女性が作った女性向け映画、と呼んで差し支えないだろう。 主人公と...
■美しすぎる舞台美術〜さくらん〜蜷川実花監督作品 (AKATUKI DESIGN)
今日は蜷川実花監督作品である「さくらん」を見に行ってきました。 安野モヨコ原作の漫画の映画化なのです。 さすが蜷川実花。 とにかく映像が美しい! 冒頭の金魚の揺らめきがこの映画の全てを語ってくれます。 「金魚はビードロの中でしか生きられない・・・」 「金...
映画/さくらん (  サ バ ペ)
映画「さくらん」 監督 蜷川実花 原作 安野モヨコ 脚本 タナダユキ 音楽 椎名林檎 出演 土屋アンナ、菅野美穂、山本浩司
『さくらん』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
ビューティフルでありんす。 幼少の頃に吉原の遊郭、玉菊屋へ売られたきよ葉は、やがてトップの花魁になる。72年生まれの女性フォトグラファーが江戸時代の遊郭の花魁を映画にした。 その要素だけで期待は膨らむ。私が普段、時代劇というものに惹かれないのは、多くの...
さくらん (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 安野モヨコの同名コミックを、写真家である蜷川実花が初監督したエンタテインメント青春時代劇。 江戸時代の遊郭・吉原。8歳の少女(小池彩夢)は女郎衒の玉菊屋に売られ、きよ葉と名付けられる。きよ葉は玉菊屋の花魁・粧...
「さくらん」 (てんびんthe LIFE)
「さくらん」ブロガー試写会 アスミックエース試写室で鑑賞 ぶっ飛び!面白かった!特別なご贔屓さんが出てるわけでもないのに終わった瞬間もう一度みようと思いました。こんなのは久しぶり。ご贔屓さんがいれば2回でも3回でもみにいきますが、もちろんいい男たくさ...
さくらん (ネタバレ映画館)
刺されたと思った永瀬正敏。秘剣“鬼の爪”で返り討ちじゃ!
さくらん (オトメになりたくて)
  みなさんこんにちは     最近 しばらく聴いていなかった THE BACK HORN の曲を聴き倒してます   重くて汚くてどうしようもなく純粋な歌詞と叫びのような歌声が好きなのです 死んじゃうんじゃないかってくらいの   私は昔のアルバムの方が全...
【さくらん】 (空の「一期一会」)
★う〜ん、私は駄目かも・・・デス。こんな気持ちになったのは、「嫌われ松子の一生
さくらん (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
8歳の時に、吉原の玉菊屋に売られてきた少女は、きよ葉と名付けられ、花魁、粧ひに面倒を見られるようになります。脱走を図るなど問題児だったきよ葉ですが、やがて、吉原一の花魁を目指すようになります。17歳になり、遊女としてデビューしたきよ葉は、注目を集める存在...
「さくらん」 (古今東西座)
予告編を観て駄作か傑作か両極端で、恐らく9:1でつまらないんだろうなと予測していたが、僅かな(?)可能性に賭けて観ることにした。 やはりそう簡単に万馬券が獲れないように、この映画も予想通りの出来で、全く盛り上がることもなく、お嬢さんたちの映画ごっこを見...
さくらん (愛猫レオンとシネマな毎日)
カリスマ漫画家、安野モヨコさんの同名コミックの映画化。 監督は、有名な女性フォトグラマーですし、脚本も音楽も美術も全て女性。 まさに女性の感性によって作られた映画と言えます。 江戸、吉原に身売りされた少女が遊女となり、そして最高級の遊女おいらんになる...
さくらん (sigh.)
お話を最後まで描ききらなかったのが良かったな。と。
さくらん☆独り言 (黒猫のうたた寝)
蜷川実花フォトグラファー・・・そっか、だからこの画的な構図になるんだなぁ〜吉原遊郭を舞台に、遊女達の生活が描かれる。吉原の入口の大門には・・・金魚が泳ぐ・・・お稲荷さんの櫻は・・・まだ咲かないけれど櫻が咲いたら・・・ここを出てってやる!!『さくらん』観...
「 さくらん (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 蜷川実花 出演 : 土屋アンナ  /ロビン・ウィリアムズ/カーラ・グギーノ 原
「さくらん」 (ロコログ♪)
今日は映画の日。1000円で「さくらん」観て来ました。思ったよりおもしろかった
さくらん (パフィンの生態)
蜷川実花監督が安野モヨコの漫画を動く浮世絵に変身させた。 極彩色エンタテインメントという宣伝通り、華やかな娯楽映画。 椎名林檎の音楽は似合っているが、原色+エロ+椎名林檎となると 私には強すぎる。衣装やセットが綺麗☆☆ 土屋アンナが少女の頃、吉原の遊郭に...
さくらん (何書☆ねくすと)
評価:◎  粋と情事 7:3 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  江戸の一角、夜ごと女たちが色香を漂わせる吉原遊
さくらん (BUNPITUノHIBI)
蜷川実花監督 吉原に売られた8歳の少女はきよ葉と名づけられ、廓街から「自力で出て行く」ことを誓う。勝気なきよ葉はその美しさゆえに人気を呼び、周囲とぶつかりつつも、やがて花魁へと上り詰める。彼女の恋は? そして廓を出ることはできるのか? 「てめえの人...
シュガー&スパイス -風味絶佳-/柳楽優弥、沢尻エリカ (カノンな日々)
原作は山田詠美さんの小説。彼女の本は「ベッドタイムアイズ」以来読んだことないんですけど、なんでもこの「シュガー&スパイス」はわりと短めのお話を映画用にかなり脚色を加えているそうですね。原作未読の私にはあまり関係無いですけど膨らまし方によっては別物になっ...
「さくらん」:高輪警察署前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この異様な建物は何? {/kaeru_en4/}高輪消防署の火の見やぐらだ。昭和8年築っていうから歴史的な建造物だな。 {/hiyo_en2/}火の見やぐらって、昔はたくさんあったのかしら。 {/kaeru_en4/}「火事とけんかは江戸の花」っていうくらいだから、とくに江戸時代...
*さくらん* (Cartouche)
{{{    ***STORY***                 日本 真っ赤な金魚たちが宙を泳ぐ。大門をくぐると、そこは華やかな吉原遊郭。 桜が満開の中、遊郭<玉菊屋>に連れてこられた8歳の少女は、きよ葉と名付けられた…。 口が悪く、誰にもなつこう...
映画「さくらん」 (落とし穴には気をつけろ!)
3月3日全国公開予定の映画、「さくらん」の試写会に行ってきました ネタばれしないように気を付けまっす。 一言で言うと、江戸吉原の遊郭を舞台に、遊女の身でありながら、自分らしく生きようと意地と張りを貫く"きよ葉"(のちの日暮)とその同僚、それに周囲の男たちの...
実花さん、写真と映画は違うのよ【さくらん】 (犬も歩けばBohにあたる!)
赤、アカ、紅、朱… 上映時間111分、ずっとスクリーンには どぎつい赤が目にしみ
さくらん @試写会 (シュフのきまぐれシネマ)
さくらん  2月21日(水)@よみうりホール(試写会) 監督:蜷川実花 脚本:タナダユキ 原作:安野モヨコ 主演:土屋アンナ 音楽監督:椎名林檎 配給:アスミック・エース たのしみにしてた「さくらん」観てきました なにがたのしみって そりゃ音楽
「さくらん」吉原に生きた伝説の花魁の破天荒な日常 (オールマイティにコメンテート)
「さくらん」(PG−12指定)は江戸時代中期の吉原遊郭を舞台に1人の売られた女が花魁となって遊郭を去るまでの伝説を描かれている。今でも残る吉原だが、当時の吉原は大名やお金持ちを相手にした世界であり、一時の夢を男に尽す役割を担っていた。
さくらん (メルブロ)
さくらん 上映時間 1時間51分 監督 蜷川実花 出演 土屋アンナ 椎名桔平 成宮寛貴 木村佳乃 菅野美穂 永瀬正敏 評価 5点(10点満点) 会場 渋谷シネクイント    漫画家安野モヨコ先生原作の映画。吉原の花魁のお話です。  菅野さんファ...
★「さくらん」 (ひらりん的映画ブログ)
土屋アンナ主演の花魁もの。 原作も脚本も音楽も、主要ポストは女性という異例な布陣。 特別協賛まで「女性向け下着通信販売会社」でした。
さくらん(07・日) (no movie no life)
「てめえの人生、てめえで咲かす」このキャッチに心掴まれ、観て来ました。 江戸時代の吉原遊郭、玉菊屋に身売りされたある少女。気が強く、吉原にある「稲荷の桜」が咲いたら自分の足でここを出て行ってやると思い続けて数年。とうとうナンバー1の花魁・日暮となる日...
「さくらん」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/日本  監督/蜷川 実花  出演/土屋 アンナ      安藤 政信  写真家の蜷川実花の初監督作品。原作は安野モヨコの同名漫画。  幼い時に吉原遊郭に売られたきよ葉。大人になり、彼女が店に立つと大人気となる。吉原でも指折りの花魁となった...
さくらん (えいがのひ)
映画『さくらん』 PG-12 安野モヨコの漫画が原作。土屋アンナ主演。フォトグラファー蜷川実花が監督。 原色の使い方、特に赤い色や金魚の使い方がとてもいいです。 コミックが原作ということや監督がフォトグラファーだからでしょうか、 画面の演出がイラスト的で一つの...
さくらん 07056 (猫姫じゃ)
さくらん 2007年   蜷川実花 監督  安野モヨコ 原作  タナダユキ 脚本  椎名林檎 音楽土屋アンナ 木村佳乃 菅野美穂 夏木マリ 椎名桔平 成宮寛貴 石橋蓮司 安藤政信 市川左團次 今最高にかっこいい女たちが、この映画で勝負する。 なのね、、...
さくらん (Black Pepper's Blog)
蜷川実花の初監督作品「さくらん」を観て来ました。 思った以上にオシャレ系の映画だ
さくらん (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 111分 監督 蜷川実花 製作 豊島雅郎、宇田充、藤田義則 原作 安野モヨコ 脚本 タナダユキ 音楽 椎名林檎 出演 土屋アンナ 、椎名桔平 、成宮寛貴 、木村佳乃 、 菅野美穂 、永瀬正敏 、美波 、山本浩司 、小...
さくらん (しまねこ日記)
吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。きよ葉と名付けられた彼女は、花魁・粧ひ(菅野美穂)に面倒を見られることになった。何度も脱走を図り折檻を受けるきよ葉だったが、涙も見せず、「いつか自分の足でここを出る!」と言い放つ。きよ葉は粧ひから「金魚は川へ...
『さくらん』時分の花、土屋アンナ (描きたいアレコレ・やや甘口)
今や 盛りの 花 咲くらん。 蜷川実花監督が料理した色(エロス)と色彩、どうぞ召し上がってくんなまし。 極彩色で、赤が綺麗!でも、こなれて案外、品がある色彩(いや土屋アンナじゃなく、色彩に限って言えば) ありゃ、
何とも不思議な時代劇。『さくらん』 (水曜日のシネマ日記)
華やかな江戸時代の吉原遊郭を舞台に、伝説の花魁(おいらん)となった女性の生き様を描いた作品です。
【 さくらん 】 (もじゃ映画メモメモ)
安野モヨコ原作のコミックを実写映画化。吉原遊郭を舞台に繰り広げられる女男のドラマ。 原作は未読。画面一杯に鮮やかな色彩が広がりますが、”静止画”として見ると非常にキレイなんだけど、"動画"としてはどうだろう。 ヒロインの土屋アンナはカッコ良かったですよ....
「さくらん」 むせ返るような女の臭い・情念を感じる (はらやんの映画徒然草)
写真家蜷川実花さんの初監督映画です。 蜷川さんの写真はきちんと見たことがないので
「さくらん」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「さくらん」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、市川左團次、石橋蓮司、夏木マリ、安藤政信、永瀬正敏、美波、山本浩司、小池彩夢、山口愛、遠藤憲一、他 *監督:蜷川実花 *原作:安野モ...
『さくらん』 (アンディの日記シネマ版(gooへのTB用))
<注意> gooなど本館からTBできないブログにはこちらからさせてもらってます。 こちらの記事にTB&コメントは受け付けていないので お手数ですがTB&コメントは本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} →『さくらん』(本館) 【監督】蜷川実花 【脚本】タナダユキ...
【2007-32】さくらん (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
男と女の求めるすべてがあった吉原遊郭に、 後に伝説となる一人の花魁がいた・・・ なめんじゃねぇ〜よ。 てめぇの人生、てめぇで咲かす!
『さくらん』 @新宿ジョイシネマ (映画な日々。読書な日々。)
お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。きよ葉と名付けられた彼女は、高級花魁・粧ひに面倒を見られることになった。玉菊屋から脱走を図り続けるきよ葉だったが、粧ひに導かれ吉原一の花魁を目指す事を決意する。やがて17歳となったきよ葉は、美貌と鼻っ柱...
さくらん (映画を観たよ)
「見た目」に期待していました。
さくらん (シャーロットの涙)
極彩色・・・エネルギッシュな青春エンターテイメント
「さくらん」 (the borderland )
予告編でヴィヴィットな色使いと元気な主人公を観ると、監督が女性という共通点もあって「マリー・アントワネット」を思い出してしまいました。写真家として有名な蜷川実花監督、映像に関しては、面目躍如の出来栄えですね。   先に「SAYURI」を観ているので、江...
さくらん (ぽれぽれ☆おさやん)
映画「さくらん」を見た。監督蜷川実花の写真と同様、とにかく色が鮮やかで綺麗!華麗なる色見本映画!金魚、着物、髪飾り、化粧、屏風、花・・・と色鮮やかなものが勢ぞろいの中でも赤い色の艶やかさは見事。。。そして「惚れるも地獄 惚れられるも地獄」なんて土屋アン...
#21.さくらん(舞台挨拶つき) (レザボアCATs)
極彩色の花魁絵巻見ての通り、ものすっごい色彩です。ケバケバしいというか、上品さを感じさせない奇をてらったまでの色とイロといろの洪水。女郎・花魁の世界を描いたこの作品、かなり内容的にも、エロは入っているんだけど、椎名林檎のロックをBGMに、土屋アンナの目ぢ...
さくらん (T.V.B.〜Ti Voglio Bene(voglio bene a te)〜)
先日、配給会社試写室にて「さくらん」を見ました。 ストーリーは、主人公(土屋アンナ)が、花魁になる迄や 花魁になったその後の人生模様という感じです。 土屋アンナさんは、個人的に凄く好きな女性ですが この役の彼女はあまり好きじゃないかなぁ…。 今回の...
さくらん (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 今日は安野モヨコ原作の「さくらん」を観てきましたよ!!  監督はなんか苗字に見覚えがあるな、と思っていたら蜷川幸雄の娘さんでした。  写真家として有名らしいのですが映画監督は初。  そして音楽は椎名林檎。  安野モヨコ原作というよりは椎名林檎の世界観...
さくらん (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「さくらん」の感想です
さくらん (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「さくらん」の感想です
さくらん (ライターへの道〜私の観るもの、感じる事を伝えたい!〜)
         さくらん(2007年、アスミック・エース) http://www.sakuran-themovie.com/ 監督:蜷川実加  原作:安野モヨコ 出演:土屋アンナ、成宮寛貴、菅野美穂、木村佳乃、他          8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ...
『 さくらん 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  さくらん 』   [試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年2月24日公開】[ 上映劇場  ] 監督:蜷川実花 脚本:タナダユキ 原作:安野モヨコ『さくらん』 【キャスト】 土屋アンナ  椎名桔平 成宮寛...
『さくらん』 (tu y mi-na☆)
『さくらん』     【内容】 8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女・きよ葉は 何度も脱走を図るがあえなく失敗。 気位が高く、絶世の美しさと知性を兼ね備えた完璧な高級花魁(おいらん)・粧ひ(菅野美穂)は、 そんなきよ葉に花魁(おいらん)とし....
さくらん (あきすとぜねこ)
    製作:2007 監督:蜷川実花 原作:安野モヨコ 出演:土屋アンナ、安藤政信、木村佳乃、菅野美穂、椎名桔平、成宮寛貴、 ?  ?  永瀬正敏、遠藤憲一、石橋蓮司、夏木マリ、市川左團次[4代目]                         ***
さくらん (八ちゃんの日常空間)
基本的にはドタバタ青春コメディなので、アッと驚く展開がなく淡泊な事、ラストがドラマチックでないこと…。 ん〜、でもそれらをさっぴても大満足です。それに…
さくらん(舞台挨拶付き・試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ はみだし花魁・青春派 
さくらん (knockin' on heaven's door)
極彩色に彩られたパンキッシュ花魁の成長物語。遊郭という箱庭で、金魚が泳ぐが如く外の世界を夢見て泳ぎ続ける。 写真家の蜷川実花の初監督作品。関係ないけど「さくらん」のイントネーションはどこに置くのが正しいんでしょうか?
百花繚乱・百鬼夜行。 (ひょうたんからこまッ!)
『さくらん』(2007年・日本/111分)公式サイトかつて多くの女が涙を血とともに流した場所「遊郭」。女たちはその特殊な世界に籠の鳥のように囚われ、生きる目的も自由も与えられず、羽ばたくことも許されず、日がな一日、男性たちを慰め続けて一生を終える。その...
『さくらん』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『さくらん』鑑賞レビュー! 花魁をなめんじゃねぇよ! 極彩色エンタテインメント ヴィヴィッドで力強さに満ち 今を生きる私たちの心に深く突き刺さる いま最高にカッコいい女たちが この映画で勝負する! 「てめえの人生、てめえで咲かす」 恋...
さくらん (とにかく、映画好きなもので。)
 確かに、スクリーンに映る絵は綺麗かもしれない。蜷川実花が描く吉原の縮図は一つ一つのショットをイメージ通りに撮る事に、執念を感じてしまい少し引いてしまう。  吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女は、きよ葉と名付けられ、高級花魁・粧...
さくらん (明け方シネマ)
 遊郭という遠い時代の一世界を舞台にしながら、描かれているのは恋に身をやつし、愛憎の間で揺れる男女の普遍的なドラマと思う。主役の土屋アンナにおいてはメロドラマ、その顛末は少女マンガ!(恋に恋するタイプの)になっていたけど、それでも本作には魅力を感じた。...
さくらん:パンクな花魁物語 (犬儒学派的牧歌)
★監督:蜷川実花(2007年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞(3月17日)。 今までずっと満席続きで...
さくらん (Screen saver☆)
正直コレみてぇ〜というのがなかったんで なんも考えず手にとってみました 角川エンタテインメント さくらん 特別版 妖艶なのは当然なんですが全体に流れる椎名林檎が さらに雰囲気盛り上げてて 大変なことになってました(*´д`*) ↑意味不...
さくらん (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『てめぇの人生、てめぇで咲かす 花魁をなめんじゃねぇよ』  コチラの「さくらん」は、2/24公開になった安野モヨコさんの同名コミックの映画化で、演出家の蜷川幸雄さんの長女でフォトグラファーの蜷川実花さんの初監督作品なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪ ...
さくらん (C'est Joli)
さくらん’07:日本 ◆監督:蜷川実花◆出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂 ◆STORY◆江戸時代。8歳で吉原の遊郭「玉菊屋」に売られた少女、きよ葉。女だらけの世界に耐えられず、何度も脱走を試むきよ葉だったが、先輩女郎たちの生き様にふ...
『さくらん』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高い花魁・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋アンナ)は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎(成宮寛貴...
『さくらん』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ8歳で吉原遊郭の玉菊屋に連れて来られた少女きよ葉は何度も脱走を図るがあえなく失敗。気位が高い花魁・粧ひ(菅野美穂)は、そんなきよ葉に花魁としての生き方を教える。やがて17歳になったきよ葉(土屋アンナ)は、玉菊屋にやって来た青年・惣次郎(成宮寛貴...
(映画)さくらん (ゼロから)
粧ひのお色気も然ることながらきよ葉もお色気満点です。こんな映画をお子様が見る時間に遣っていいものかと物議を醸しそうですが、金魚の映像と椎名林檎の音楽がよく合っています。
さくらん (Yuhiの読書日記+α)
安野モヨコ原作のマンガを映画化したもの。監督は蜷川実花、土屋アンナ主演で、その他のキャストは、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂など。 <あらすじ> お蘭によって吉原の玉菊屋に連れてこられた8歳の少女。きよ葉と名付けられた彼女は、高級花魁・粧ひに面倒...
◆『さくらん』◇ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2006年:日本映画、蜷川実花監督デビュー作、 タナダユキ脚本、土屋アンナ主演。 安野モヨコ原作漫画の映画化。 ≪DVD鑑賞≫
さくらん (Addict allcinema 映画レビュー)
花魁をなめんじゃねぇよ
さくらん (Addict allcinema 映画レビュー)
花魁をなめんじゃねぇよ
「さくらん」 (或る日の出来事)
小泉今日子さんが出ているというので、チェック!
花魁、桜、錯乱 『さくらん』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:蜷川美花出演:土屋アンナ、椎名桔平、成宮寛貴、木村佳乃、菅野美穂、永瀬正敏、遠藤憲一、石橋蓮司、夏木マリ、安藤政信日本映画 2007年 ・・・・・・ 5点