銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

遊星からの物体Ⅹ ファーストコンタクト(2011)☆★THE THING

2012-08-09 | 映画:シネコン

 それは、細胞の一つ一つが単独で生きているそれは、生物に同化して擬態する

それは、すでに我々の中にいる・・・・。

好き度:+5点=75点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。

1982年発表のジョン・カーペンター監督「遊星からの物体X」の前日譚を描いた本作。

ジョン・カーペンター版は鑑賞済み。当時凄い衝撃を受けたのを今も鮮明に覚えています。ネタばれになるかもしれませんが、そうあのシベリアンハスキー犬が、、、、、。

是非是非前作も観て頂ければ楽しみ倍増かもしれませんよ!本作も確かに凄いんですが、前作ほどはびっくりしませんでした。キモいといえばキモいのですが、目が慣れきっているからなんでしょうかね。

主役ケイトを演じるのはメアリー・エリザベス・ウィンステッド。スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団やデス・プルーフ in グラインドハウスでお馴染の女優さん。軽いイメージの役が多かった人なので、ちょいとびっくりでした。今回はたくましい雰囲気。最後までエイリアンと死闘を繰り広げるという役どころで活躍しています。


 
サンダー・ハルヴォーソン博士には、ウルリク・トムセン。デンマーク出身の俳優さん。この人何処かで見憶えあるなと思ったら、あの未来を生きる君たちへに出演していた結構有名な方。意外にもこんなB級作品にも出るんですね(笑)

他の俳優陣はそんなに知名度の高い方は出ておられなかったようですね。

さてあらすじ(今回もgoo映画より)

コロンビア大学の考古生物学者ケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)は、偶然氷の中で発見された太古の昔に死んだと思われる生命体の調査のため、世紀の大発見に沸き立つノルウェー観測隊の基地へと降り立つ。そこには、化石が閉じ込められた何の変哲もない氷塊が置かれていた。ドリルで氷塊に穴を開けた途端、“それ”は解き放たれた。

 あぁ~ドリルでこじ開けなかったらこんな事には

その物体は、狙いをつけた生物の体内に侵入、細胞を同化してその生物そのものになりすまし、自らの生存のため人間同士を争わせようとする宇宙からの生命体だったのだ。しかもケイトの研究によると、“それ”はすさまじい勢いで増殖して、やがては地球上の生物全てを同化してしまうことが判明した。突如、ひび割れた隊員の顔面から無数の触手が伸び、気絶した隊員の腕が別の生物に変形する。あり得ない光景にパニックに陥る生き残ったメンバーたち。ケイトと隊員たちは、氷に閉じ込められた南極基地の中で、親しかったはずの仲間が変形して襲いかかる“それ”の恐怖と、誰が“それ”に乗っ取られているのかすら分からない疑心暗鬼に巻き込まれていくのだった……。

それにしてもいつの間に人間の体内に彼らは入り込むのか??そのあたりが映像を観ているだけでは把握できない。う~んもう少しそのあたりを忠実に映し出してくれるといいのに、、、、。

だから私もケイトじゃあないけど皆を疑ってしまう。予想のつかないような感じでドキドキします。まあそれが面白いんですけどね。

退治の仕方はとにかく焼き殺す。怪しい奴は片っ端から手をかける。

 
喰うか喰われるか、、、、。


うお~危ない!体が裂けて謎の生命体は襲いかかるのです。

もう誰も信じられないってところですね。怖いよ!!


謎の生命体の宇宙船を探索、、、、。一体そこには何があるのか!!

解説(allcinemaより)

ジョン・W・キャンベル・Jrの傑作短編SF『影が行く』の、51年のハワード・ホークス製作版、82年のジョン・カーペンター監督版に続く3度目の映画化にして、ジョン・カーペンター版をベースにその前日譚を描くSFホラー。南極のノルウェー基地で発見された未知の生命体によって隊員たちが次々と犠牲になっていくさまと、誰の体内に侵入したか分からず隊員同士が互いに疑心暗鬼に陥っていく恐怖を、特殊メイクをメインにしたホラー演出で描き出していく。主演は「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。監督はCMを中心に活躍し、これが長編デビューとなるマシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr。

オフィシャル・サイト
http://buttai-x.jp/
オフィシャル・サイト
http://www.universalstudiosentertainment.com/thing-the-2011/ (英語)

 

メディア 映画
上映時間 103分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ポニーキャニオン)
初公開年月 2012/08/04
ジャンル SF/ホラー
映倫 PG12

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (9)   Trackbacks (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 星の旅人たち(2010)☆彡... | TOP | 2012年、夏が行く・・・・。 »
最近の画像もっと見る

9 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も見ました (きさ)
2012-08-14 05:26:26
帰省中に福岡で見ました。
前作には忠実なので前作がお好きな方にはお勧め。
個人的にはグロいシーンはちょっと苦手なので、多少微妙です。
前作を見ていれば色々とリンクする所が楽しいかも。
ラストは割とSF的な展開になるのでそこは良かったです。
エンディングはうまく前作につなげていました。
キモさは勝った? (ノルウェーまだ~む)
2012-08-14 13:45:35
こんにちは☆
キモさからいうと今回のほうが勝っているように思うのですが、やっぱり衝撃度では前作ほどではなかったかもですね。
今回を観てから、前作も見るっていうのが順番からいっても妥当なのかな?

ところで私のブログの屋久島の記事にコメントくださったのってmezzotintさんだったりします?
お名前ない方がいて、あちこち尋ねているのですけど・・・
きささん☆★ (mezzotint)
2012-08-14 17:39:58
今晩は☆彡

おっしゃるようにラストは上手く繋がっていましたね。
グロいシーンは前回も負けず凄かったような?
いまだに前作は凄い出来栄えだと思っているのですが。
どうでしょうね。もう一度観てみるといいかもしれません。
Unknown (mig)
2012-08-15 20:35:17
こんばんは★
オリジナルも好きだけど
こっちも頑張ってました。
これ、アベンジャーズより私は楽しめました~
あと、エイリアンのゼロともいうべき
プロメテウスもオススメですよ♪
まだ~むさん☆★ (mezzotint)
2012-08-16 21:40:47
今晩は☆彡

お盆休み、如何お過ごしでしょうか?
お返しが遅くなりすみません。
キモさはどちらでしょうか。
前作は随分前に観ただけなので記憶が飛んで
しまっているのですが、、、。
でもインパクトはいまだに薄いながらも残っている。
これはもう一度観る必要ありかもしれませんね。

あ!屋久島の記事は残念ながら私ではなかったです。
行かれたんですね。私も数年前にまだ~むさんと
同じく行っております。なかなか厳しい山ですよね。
migさん☆★ (mezzotint)
2012-08-16 21:44:11
今晩は☆彡

わああ~アベンジャーズよりこちらの方が良かった?!
そうですか、、、、。う~んあまり期待度高めで観ない
方が良さそうですね。まだ行けてません。

それよりプロメテウスが気になり始めました。
ということは絶対外せませんね。
 (とらねこ)
2012-09-17 03:16:31
mezzotintさん、こんばんは
連休いかがお過ごしですか?
私は結構これ楽しめましたー。確かに今回の方がキモさは上でしたね!
私の場合はギャグっぽく思えて、ギャハギャハ喜んでました。
ところで、テンプレートがスッキリしていて見やすくていいですね!
TB送ったのですが、gooさんに時々反映されないことがあるようです・・。その際はご容赦を。
とらねこさん☆★ (mezzotint)
2012-09-17 17:37:14
今晩は☆彡

コメントありがとうございました!
TBは反映されず残念です。
とらねこさんはギャグぽかったんですね(笑)
私はやはり前作あっての本作かなと思いました。
キモさは微妙な?でも前作今見たらあれって思うかも
しれませんね。どちらにしてもこういう作品は
私としてはとても好みで~す!!

連休は映画鑑賞せず、、、、。
平日鑑賞予定です。明日からまたシアターは
静かでしょうね。
こんばんは! (ヒロ之)
2013-01-10 23:05:25
これは本当に面白かったです。
傑作の続編(前日譚)だけに不安はあったのですが、観終わった後は満足感だけが残っていました。
クリーチャーの変身シーンは上手く作ったなぁと感心させられましたし、そこが一番ワクワクさせられた瞬間でもありました。
まだ今年は始まってばかりなので、もう年間ベストに入れそうな勢いです(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

10 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「遊星からの物体 ファーストコンタクト」ハンパない! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
1982年の「遊星からの物体X」へ続くビギニングストーリー。 普通なら続編を作るところを、プロローグをそれも見事に完成させている。 ハンパない衝撃映像は、前作をはるかに越えたぁー!! でも内容はほぼ前作を踏襲しているかんじ。ややリメイクに近いのに、この...
遊星からの物体X ファーストコンタクト /THE THING 2011 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 1982年の、ジョン・カーペンター監督の傑作SF「遊星からの物体X」のビギニング カルト的な人気で面白いあの映画をどう作り直したのか、ジョン・カーペンター版をベースにその前日譚を描く。 ということでめち....
遊星からの物体X ファーストコンタクト (だらだら無気力ブログ!)
顔が裂けるシーンとかイイな。
グロさNO.1、遊星からの物体Xファースト・コンタクト (オヤジの映画の見方)
前作の遊星からの物体Xの数日前の設定の作品。ストリー展開はほぼ同じ。ショッキングな変身シーンも満載だ。ただ、衝撃度合いだとオリジナルの方に軍配が上がる。こうなると、生き残った人間がどうなったのか続編を期待したい。
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・アメリカ/ユニバーサル・ピクチャーズ配給:ポニーキャニオン 原題:The Thing 監督:マティス・バン・ヘイニンゲン・Jr.原作:ジョン・W・キャンベル・Jr.脚本:エリック・ハイセラ
[映画感想]『遊星からの物体X ファーストコンタクト』 (かゆうまシネマ Studio puzzle box)
★★★★ノルウェーの南極観測隊が、氷の中に閉じ込められた未知の生命体を発見。古代の生物ではないかと推測され、その調査のために考古生物学者ケイト(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)が彼らの基地に向かう。だが、生命体は解凍されて長い眠りから覚醒。...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (銀幕大帝α)
それは、細胞の一つ一つが単独で生きている それは、生物に同化して擬態する それは、すでに我々の中にいる… -感想- 仮にもしもだよ ↑ こんなんが逃げ込んだ先の扉を開けて入ってきたらどうするよ? 間違いなく小便漏らすね。 だって勝ち目ねぇもんよ。 ゾンビ...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (いやいやえん)
「遊星からの物体X」の前日譚…ノルウェー基地でなにがあったのかを描いた作品です。なので、ラスト(冒頭に当たる)はどうなるかはわかっているのですよね。 またも、氷に閉じ込められた南極基地の中で、突如人間から変形して襲いかかる“それ"の恐怖と、誰が...
遊星からの物体X ファーストコンタクト (The Thing) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マシーズ・ヴァン・ヘイニンゲン・Jr 主演 メアリー・エリザベス・ウィンステッド 2011年 アメリカ/カナダ映画 103分 SF 採点★★ まぁ、作品が面白いからこそそう思うんでしょうけど、そこに至るまでに“何があったのか?”そして“その後どうなったの...
「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 (或る日の出来事)
エイリアンが人間に化けていて、それが誰なのかわからないというのは怖い。