銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

ゆれる オダギリジョー

2006-08-02 | 映画:ミニシアター

映画「ゆれる」を京都シネマにて鑑賞・・・・。実はストーリーも知らず、この映画にオダギリジョーと香川照之が兄弟役で競演しているとだけの情報で、観に行きました。弟猛(オダギリ)は故郷を離れて、東京で売れっ子の写真家、兄稔(香川)は地元で父(伊武雅刀)とガソリンスタンドを営む生活。母の一周忌、猛は久しぶりに故郷へ・・・・。兄稔は猛を快く迎えますが、父は猛の事をあまり心良く迎えようとはせず・・・。一周忌の宴で、猛を詰ります。その仲介をする稔でした。弟への気遣いがヒシヒシと感じますしかし幼馴染の智恵子の存在とある事件によってこの兄弟にあった繋がりは、その後意外な方向へと展開して行きます。智恵子は猛に思いを寄せていました。猛はそんな彼女を食事に誘います。そして二人は関係を持ってしまいます。一方稔も智恵子にほのかな思いを抱いてました。二人が食事に行ったその夜・・・・猛は遅くに実家に戻ると、そんな猛を出迎える稔の姿がありました。この時点できっと稔は、関係を分かっていた気がします。次の日、智恵子・猛・稔は渓谷へ・・・・。川ではしゃぐ稔、智恵子は猛に一緒に東京で生活をしたいとほのめかすしかし猛ははぐらかしてしまいます。ひたすら山道を歩き、渓谷に掛かる吊橋を渡る猛。智恵子は後を追います。吊橋を渡る智恵子の背後から稔がしがみつきます。智恵子は激しく言います。「触らないでよ」と・・・・。一方花の写真を撮っていた猛が橋を見上げると、吊橋の上で二人がもめている姿を見ました。猛の表情が凍りついた瞬間には吊橋にしゃがみこむ稔の姿だけでした。事故と言うことで、決着が着きましが・・・ある日客ともみ合いになった稔は警察の取調べで「智恵子を突き落とした」と口走るのです智恵子の死は、事故から殺人事件という方向に展開あの真面目な兄稔が叔父に弁護を頼み、兄を救おうとする猛ですが、拘置所での稔はいつもの稔ではありませんでした。猛への嫉妬や不満猛自身も故郷を捨てた罪悪感を兄が受け入れてくれているはずなのに何故・・・・。果たして兄は智恵子を突き落としたのか後半は兄弟のやりとり見逃せません。まったく相反する二人の繋がりはどうなっていくのでしょうか?いやあ~香川照之さんいいです。自分を感じる役だったとか・・・。オダギリジョーはかっこいいというイメージの役者さんでしたが、今回の役ではカッコ悪さと良さの両面が感じ取れるものがありました。

       
  稔 真面目で実直       猛 かっこいいけどちょい悪い

  ゆれる 公式サイト         作品紹介

 追記:とにかくこの映画は大人気らしく・・・。割引ディー・祝日・日曜だけでなく
     混雑しています。時間、早めに行って整理番号をゲットしよう

          

 追記:その2 西川監督は自分の見た夢を題材にこの「ゆれる」が出来たそうです。
         前回のデビュー作「蛇イチゴ」も同じく夢どちらも悪夢・・・

ジャンル:
ウェブログ
Comments (21)   Trackbacks (82)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アダン 孤高・異端の日本画... | TOP | ハイジ♪吹替え版 »
最近の画像もっと見る

21 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (とらねこ)
2006-08-02 23:14:13
おおー、今日見られたのですね

この映画、私は、邦画はあまり詳しい方ではないのですが、あまりに良くできた構成に、とても驚き、感激してしまいました。

TB早速いただき、どうもありがとうございました!

嬉しいです

今後もよろしくお願いします。
こんにちは (えめきん)
2006-08-03 07:06:35
TBありがとうございました。

僕はこの映画、舞台挨拶のある回を観に行ったんですが、劇場はもうグチャグチャ。通常の公開日もかなりの人が入っているようですね。

この映画の(オダギリの?)人気の高さが伺えます。
見事な一本でした (たろ)
2006-08-03 08:45:02
おはようございます。。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメントとトラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、西川美和さんが作り出したシリアスなばかりでない多様であり深い感情を提示した映画世界が素晴らしく、主演である香川照之さんとオダギリジョーさんをはじめとした各出演者の皆さんの作品世界での存在の輝きに圧倒された一本でした。



また遊びに来させて頂きます。

ではまた。



トラックバックありがとうございました (朱雀門)
2006-08-03 10:12:24
こんにちは

素晴らしい作品でした。香川照之の演技(特に表情)には目を見張るものがありました。今年見た『嫌われ松子の一生』や『バッシング』のちょい役も印象的でしたが、その印象が本作でより確かなものになったと思います。「自分を感じる役」という香川さんの言葉、迫真の演技だっただけに説得力を感じますね。
良かった~ (ミチ)
2006-08-03 10:27:30
mezzotintさん、こんにちは♪

私と同じく京都シネマで鑑賞ですね!

相変わらず満員だったようで嬉しいです。

OJ君の映画は初見のときいつも期待と不安が入り混じるのですが、この映画は期待通り、いえ、期待以上でした。

香川サンの繊細な演技にも目を見張り、お話の成り行きも息をつめて見守りました。

地元公開されたらまだまだ通いますよ!
こんにちは! (小紅)
2006-08-04 17:59:57
はじめまして♪

TBどうもありがとうございました!



香川さんの演技にぞぞ~っとして

役者オダギリジョーに

すっかりやられてしまいました



観終わってから考え込んじゃう

凄い作品でしたね~
良かったですね (ともこ)
2006-08-04 23:16:13
見てきました。良かった

兄の言葉に切れて結局兄を追い込むことに。

いろんな見方があると思うのですが、ここでは書けませんがジワーときました。
Unknown (goma)
2006-08-05 01:28:39
こんばんは。TBサンクスです。なんとなくヨーロッパとかにも通用しそうな邦画を久し振りに見た気がしました。



とても丁寧に作られていたし、オダギリジョーの色気はやばいものがありましたよね。香川さんの演技もすごかったし。



これ見て西川監督の『蛇いちご』もちょーみたいです。

しかしレンタル屋にもないし、TUTAYAでは4000円くらいしました・・・汗。
ひそかに (daisaku)
2006-08-06 01:08:22
オダギリ・ジョー好きです。
Unknown (Betty)
2006-08-06 10:00:48
映画評論家のような文章 いつも感心しています 下手なコメントはしづらいです

この映画、折を見て行ってきます



暑さの折からお体にお気をつけくださいね

         

   いつもいろいろのニュース有難う
心に残る (kino)
2006-08-13 14:18:12
TBありがとうございました!

この映画、今もときどき、ふと思い出して

考えてしまいます。上手く言葉にできないんですが。

肉親の確執って 当人しかわからないものがあるような気がします。

オダジョーはほんとにイイ味出してます。

香川さんもすごかったなぁ・・・。

私の行った映画館は予想外に空いててよかったです。

(いや、空いてはいないんだけど、混み混みでもなかったです。)
はまり役 (マダム・クニコ)
2006-08-25 23:53:17
>香川照之さん、いいです。



同感!

切なかったです。



全ての配役が、はまっていましたね。

今年一番の邦画です。



TBに感謝!
初めまして! (ゆっこ)
2006-09-03 17:00:10
TBありがとうございました。

オダジョー君の猛は、「ちょい悪」というよりも

弱くて「こずるい」男という印象を受けました。

傲慢で鼻持ちならない卑怯者なので、かなり嫌悪感を覚えたんですけど、

だんだん哀れに思えてきたから不思議でした。
はじめまして (カオリ)
2006-10-02 22:25:41
おととい見まして、いまだにゆれております・・・



香川照之さん、いいですよね~

あの背中の演技には涙でそうになりました。洗濯物たたんでて、あそこで弟にカマをかけるんですよね・・・



TBさせていただきました~。
こんにちは☆ (mig)
2006-10-03 11:33:26
こんにちは

いつもありがとうございます



素晴らしい作品でした。もう一度DVDになったら観たいと思ってます♪

TBありがとうございます (MANAMI)
2006-11-13 00:29:42
いつもありがとうございます。この度もTBありがとうございました。

「反映されていない」とのコメントをいただいたのですが、現在、「承認後の公開」という設定にしております。あまりにスパムが多かったりしたもので...。

ご心配をおかけしてすみませんでした。

本作、香川照之が見事だったと思います。特にラストシーン。あの笑顔は出色だったのではないでしょうか。とても、印象的でした。

お手数をおかけして、申し訳ありませんでした。今後とも、よろしくお願いいたします。
遅ればせながら観てきました (syunpo)
2007-02-06 23:23:27
こんばんは。
「ゆれる」、今ごろになって観てきました。傑作ですね。この監督は只者ではないです。
ラストシーンが素晴らしい。兄の次の行動は、さぁ、どう思う?……と観客に問うて、スパッと終わる。想像力をかきたてる、見事なエンディングです。
TBさせていただきました。 (hyoutan2005)
2007-03-02 09:55:05
役者の演技と、監督さんの観察力や心理描写がすばらしい作品でした。見終わった後に、心がゆれる作品でした。邦画もがんばっていますね!
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-03-12 20:42:48
 TBどうもありがとうございました◎

 香川さん、よかったですねー。
 ラストシーンは号泣しちゃいました。
(*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^ー^*)ニ(*^ー^*)チ(*^O^*)ワーー! (とんちゃん)
2007-03-14 17:33:47
mezzotintさん、お久しぶりぶり~~♪
早速のTB有難うございました

このレビューを公開した後、ワタクシ、熱が出て寝込んでました^^
まだ喉チンコ、ひりひり~~^^

ところで、私、ワイン呑んでレビューを書いちゃったので、勢いづいて猛ばかりを非難する内容でした^^
もう一回観ないと、まだわからない点もあったりなんかして。
最後は、あれやっぱり智恵子が落ちたのは事故だったんですよね? 猛め~~むか~~(笑)
でも、2人とも演技が上手いから、はまり込めたのでいい映画でした★
Unknown (ケント)
2007-03-18 12:12:17
こんにちは、ちょっと古い映画になりましたが、TBさせてください
西川美和監督、若い女性なのによく兄弟の心情まで掘り下げられたものだと感心しています。きっとスタッフが素晴らしいのでしょうね。
「蛇イチゴ」も良かったけれど、まだ青っぽい部分がありました。この「ゆれる」でかなり進化しています。これからどうなって行くのか、注視して行きたい監督ですね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

82 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ゆれる/オダギリジョー、香川照之、真木よう子 (カノンな日々)
ホントは公開初日に行きたかったんだけど直前にTVでこの作品をよく取り上げだした上にさらに褒めちぎるもんだから、ミニシアター系作品でコレだと絶対混むなぁと思って平日初日にしてみたら、それでも立見がでる盛況ぶりでしたヨ。TVのアナウンス効果は絶大ですね ...
ゆれる (Kinetic Vision)
記憶というのは、思い出すたびに変わっていくのかもしれない。早川猛(オダギリジョー)のいた場所から早川稔(香川照之)と川端智恵子(真木よう子)のいる吊り橋までは距離があり、そんなにはっきりとやりとりが見えるわけで
『ゆれる』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:西川美和 CAST:オダギリジョー、香川照之 他 東京でカメラマンをしている早川猛(オダギリ)は、母の一周忌の為に帰省する。翌日、温厚で優しい兄の稔(香川照之)と幼なじみの智恵子と猛の三人で、幼い頃に兄弟でよく行った蓮美渓谷へ向かう ...
『ゆれる』 (ラムの大通り)
「ちょっと気が早いけど、 この映画はぼくの上半期邦画の暫定ベストワン!」 ----そりゃ、また大胆な……。 この映画って確か『蛇イチゴ』の監督だよね。 「そう。西川美和。 前作の『蛇イチゴ』を観たとき、 まだ20代の監督がどうしてここまで洞察力に富んだ映画 ...
61.ゆれる (レザボアCATs)
深くこころを揺さぶられる、出色の出来映え・・・オダギリジョーは、カッコイイばかりでなく、演技も本当に心に残るものだった。
ゆれる (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
東京で写真家として成功している猛は、母の一周忌で久しぶりに帰郷し、兄の稔と兄の下で働いている幼馴染の智恵子の3人で、かつて家族で遊びに行った近くの渓谷に出かけます。智恵子と稔の二人が渓谷にかかった吊橋の上にいた時、智恵子が下の川に転落してしまいま ...
『ゆれる』 (試写会帰りに)
『ゆれる』試写を観たのは、いつだったろうか。随分前でした。オダギリジョー、香川照之主演という事と、タイトルだけの予備知識で観ました。 ゆれる オリジナルサウンドトラック 覚えているのは、「随分生々しかった」ということ。 久し振りに再会した弟、猛 ...
ゆれる (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
脚本・監督=西川美和。『雪に願うこと』『間宮兄弟』に続いて、またまた兄弟を中心に置いた作品だが、心理ミステリーなのがポイント。母親の一周忌で帰郷したキャメラマンの弟、ガソリンスタンドの家業を継ぐ実直な兄、そして1人の女性が加わることで、様々な関 ...
感想/ゆれる(劇場) (APRIL FOOLS)
オダギリジョー主演、西川美和監督で話題の『ゆれる』。いやはや、えらいよく出来てるわ! 評判いいのも納得。 ゆ れ る 東京でカメラマンとして成功した弟が、母親の一周忌で実家に帰る。そこで家業のGSを継ぐ兄と、兄が想いを寄せる女性であり、かつて関 ...
ゆれる@アミューズCQN (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
アングルは斜め上から、しかも傾いて、時にグラグラと揺れ、緊張が続く。全ての映画、その傑作に当てはまるとは断言しないが、映し出されたものから緊張感が醸されて、保たれると見応えは増長する。 兄の稔は山梨の実家に残り、家業を継いだ。弟の猛は家を出て ...
何もかも上手い 「ゆれる」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_suki/} ゆれる ラムの大通りのえいさんが4月の時点で、「上半期邦画の暫定ベストワン」と宣言してから気になっていた作品。 混んでました。 舞台挨拶が行われるアミューズCQNを避けたのに大混雑。 そこまでとは思いませんでした。 ...
ゆれる (シャーロットの涙)
東京で写真家として名を上げている弟の猛(オダギリジョー) 地元で家業のガソリンスタンドを継ぐ兄の稔(香川照之) そして二人の幼なじみの智恵子(真木よう子) この三人をめぐるサスペンス。ただのサスペンスでもない。感情を激しく揺さぶる内面に隠れた何か ...
ゆれる (5125年映画の旅)
オダギリジョー、香川照之主演。 僕はこの二人の出演している作品をすべて観ている訳ではありませんが、 この『ゆれる』は、二人にとってのベストであると断言できます。 とにかくこの二人が素晴しい。 オダギリジョーの事は『仮面ライダークウガ』の頃から ...
試写会鑑賞 イイノホールにて ~ 西川 美和 「 ゆ れ る 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 曇り空の金曜日です。 今日は、昨日 一足先に イイノホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、西川美和さんの新作映画について。 『 ゆ れ る 』 ( ‘06年 日本 ) 《 STAFF 》 監督 : 西川 美和 原案 : 西川 美和 『 ゆ れ る ...
ゆれる:エゴから生まれることもある (「朱雀門」という方法・第2章)
★監督:西川美和(2006年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞。 本日(7月15日)は公開初日。『かも...
映画「ゆれる」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ゆれる」 『蛇イチゴ』の西川美和監督のオリジナル脚本による第二作目。 サスペンスタッチのストーリーと裁判劇という全く私好みの作品。どこから感想を書いていいかも分からないほどいろいろ言いたいことが山のように出てくる。とにかく“ゆれ”ま ...
*ゆれる* (Cartouche)
{{{    ***STORY***             2006年   日本 東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔と再会する。猛は頑固な父とは折り合いが悪 ...
ゆれる (future world)
ゆれる・・・‘橋’がゆれる、‘心’がゆれる、そして‘関係’が‘絆’がゆれる・・・その行き着く先は。。。 この映画の予告を初めて観たときから「絶対観たい」と思っていたが、やはりすごい、何とも余韻が続くというか・・観終わって、一緒に観た友と暫らく ...
ゆれる(2006/日本/西川美和) (CINEMANIAX!)
【アミューズCQN@渋谷】 東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛(オダギリジョー)。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父(伊武雅刀)と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔(香川照之)と再会する。猛は頑固な父とは折り合いが悪かったが ...
ゆれる(日本) (映画でココロの筋トレ)
23日(金)、「ゆれる」の試写会に行ってきました。 2006年カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品作品だって。 ( → 公式HP  ) 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子 上映時間:119分 オダギリジョーは、 ...
ゆれる  @渋谷アミューズCQN (シュフの気まぐれCINEMA)
ゆれる  @渋谷アミューズCQN  7月13日 企画:是枝裕和 原案・脚本・監督:西川美和 出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三 公式サイトはコチラ 【ストーリー ...
[cdb] #86 ゆれる (色とりどりの日々)
実は最近、 香川照之さんのちょっとしたファンである。 ドラマ『アンフェア』以来かな。 そんな彼の最新作、『ゆれる』。>> そういえばオダジョーも主演だよね、 なんてオープニングのクレジットを眺めていたら、 "新井浩文"の名前を発見 ...
ゆれる (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/西川美和 女のドロドロした粘着質な物語「ヴァイブレータ」を描いたのは、男性の廣木隆一監督だった。そして32歳の若手女性監督西川美和は、男の見栄や嫉妬をさらけ出し、兄弟の再生の物語を作った。女性の監督だから繊細な物語が撮れると ...
ゆれる (映画雑記)
映画鑑賞中は、弟の視線で考えて、その後、兄の視線で考えたりしてるんですが、 いろいろな解釈を受け手に持たせる作品が好きだったりするので、 良い作品を観たなって実感しております。 そして、原作無しで、そんな作品を作り出した西川監督には、素直に脱 ...
【劇場鑑賞77】ゆれる (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
弟 ―東京の売れっ子カメラマン 兄 ―家業を継いだ独身の男 事故か 殺人か 愛情か 憎しみか あの橋を渡るまでは、兄弟でした。
ゆれる (龍眼日記 Longan Diary)
テクテクテクとお家へ帰ろう・・・ ラストに流れる曲が心に染み入るなぁ。 兄弟って厄介で不思議な関係だ。 小さい時から一番身近にいる存在だから相手の全てをわかっていると思うのだ。 それがある瞬間ふと兄のまったく別の顔を垣間見る。 今まで知って ...
『ゆれる』 9P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:9P 会社の先輩と見にいきたいね~と話していた映画で、ひとりで見にいってしまいたい気持ちを抑えて今日予定を合わせて見にいってきましたぁ。 【STORY】 東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は母の一周忌で帰省す ...
ゆれる (だらっくま日記)
ゆれる を観に行ってきました。 観たかったのに、なかなか行けず・・・やっと行けました。 夏休みのせいなのか、レディースデイのせいなのかかなり混んでいました。 ゆれるにゆれました。 心を散々ゆさぶられました。 オダギリジョーと香川照之の芝居が ...
「ゆれる」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ゆれる」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *主な出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、蟹江敬三、木村祐一、田口トモロヲ、ピエール瀧 *原案・脚本・監督:西川美和 感想・評価・批評 等、レビューを含む ...
映画@ゆれる (sattyの癒しのトビラ)
東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛 母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父と共に ガソリンスタンドを経営する兄・稔と再会する 猛は頑固な父とは折り合いが悪かったが、 温厚な稔がいつも2人の間に入り取りなしていた 翌日、兄弟はガソリン ...
「ゆれる」 (てんびんthe LIFE)
「ゆれる」アミューズCQNで観賞 先週チケットボックスまで行って満員で入れずあきらめて今週で直しです。昨日一緒に食事に行った六本木のNさんが「みたい!」と言って同行してくれました。よかった二人で。一人ではあまりに重たく苦しいです。まず、監督は弱冠 ...
ゆれる (メルブロ)
ゆれる 上映時間 1時間59分 監督 西川美和 出演 オダギリ・ジョー 香川照之 伊武雅刀 新井浩文 真木よう子 評価 8点(10点満点) インタビュー記事(動画あり) 「電車男」以来のアミューズQAC。久々に行ったら一階にもチケット売場が出来た ...
「ゆれる」~香川照之の怪演光る (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 観客の8割はオダギリジョー目当てと思われる女性。満員の京都シネマで、「ゆれる」(西川美和監督)を観た。オダギリジョーは、ぼさぼさのひげ姿だが、ハンサムでセクシーすぎて、男にとっては敵意すら感じる美しさだ。香川照之が兄役を演じる。この兄弟の心の ...
【劇場映画】 ゆれる (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 写真家の猛は、母の一周忌で帰郷した。父と折り合いの悪い彼だが、温和な兄・稔とは良好な関係を保っている。翌日、猛は稔、そして幼馴染の智恵子と渓谷へと向かった。智恵子が見せる「一緒に東京へ行きたい」という態度をはぐらかして、一人で自 ...
「ゆれる」 (the borderland )
久しぶりにシネ・リーブル梅田に行ってきました。ポイントが1700にもなってたので、タダで観るつもりが、ポイント倍増の日ということで、また貯めてしまった。いつになったらタダで観れるのか、これで2本無料だ(^^; それにしても大人気でした。(7/2 ...
「ゆれる」でゆれる (Thanksgiving Day)
映画「ゆれる」を観てきました。 ぐらぐらとゆれる吊り橋である事件が起きるんですけど、事件以降の心の「ゆれる」様に、何だか観ているこっちの気持ちもゆれてきちゃいました。 心理的な心の動きを楽しむ映画ですかね。 特に兄弟がいる人が観ると、映画 ...
ゆれる (とにかく、映画好きなもので。)
   東京でカメラマンをやっている猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰郷する。  兄・稔(香川照之)とは良好な関係を保ちつつも、父とは折り合いが悪い。  久しぶりに幼馴染の智恵子(真木よう子)と渓谷へと向かい、遊びに興じる。   ...
「ゆれる」 ゆらゆらと・・・ (目の中のリンゴ)
評判の映画を観てきました。 「ゆれる」 (2006年 日本) 英語のタイトルは「SWAY」だそうです。 主演のオダリギジョーが、珍しく(?)雄弁に宣伝し、 ”家族””愛”について語っていたこの映画。 見終わった今、やっぱりあのオダギリ氏は  テレビのこちら側 ...
『ゆれる』 (アンディの日記 シネマ版)
リアル度[:スペード:][:スペード:][:スペード:][:スペード:]      2006/07/08公開  (公式サイト) 緊迫感 [:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]  満足度 [:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】西川美和 【原案】西川美和 【脚本】西川美和 ...
○ゆれる (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
東京でカメラマンとして成功した早川猛(オダギリジョー)は母の葬式さえ仕事で行かず、一周忌にやっと帰郷した。実家のガソリンスタンドを継いだ兄は稔(香川照之)は、猛が家族で唯一心を許せる存在だった、ガソリンスタンドに実家に行く前によった猛は、かって ...
映画:ゆれる (駒吉の日記)
ゆれる@銀座テアトルシネマ 「兄を取り戻したい」 やっと観れた~!感想は・・・怖いし苦い。 人は時に自分が見たいものだけみる、見たくないものは見なかったことにしたりもする。 自分の身内が人を殺すなんて信じたくない、想像もしたくない。何か ...
「 ゆ れ る 」 (共通テーマ)
東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。(「BOOK」データベースより) 『蛇イチゴ』の監督西川美和がオダ
ゆれる/神の試練 (マダム・クニコの映画解体新書)
 父と息子、それぞれの兄弟の確執の物語。人間の根源に関わる゛他者との関わり”を深く掘り下げた必見の名作である。 goo映画   言うまでもなく、人類最初の殺人事件は、旧約聖書の「アダムとイブ」の息子たち「カインとアベル」によって引き起こされた。   ...
ゆれる (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『蛇イチゴ』の西川美和監督による、重厚なドラマ。本音と建前、明と暗の間でゆらぐ人の心、それと同様に揺れ動く人と人の関係の不確かさを、綿密に練り上げられた演出とストーリーで見事に撮りあげた。兄の心の暗部に触れて湧き上がる感情を、時に繊細に、時に ...
ゆれる (Bleu Branche Woman Life)
随分と口コミで話題になり、 単館でやっていたのが、毎回満席で拡大ロードショーになった映画。 「ゆれる 」   出演:オダギリジョー、香川照之、真木よう子、伊武雅刀ほか 脚本、監督:西川美和 ? 5月頃からやっているのに、リピーターも多 ...
■ゆれる~”蛇イチゴ”の西川美和監督作品 (AKATUKI DESIGN)
お決まりの映画の日利用で、”蛇イチゴ”の西川美和監督作品の”ゆれる”を見てきました。 新宿の武蔵野館では、立ち見客もいる大入りの場内。 この映画は、オダギリジョー演じる猛(たける)と香川照之演じる稔(みのる)の兄弟の物語。 母の通夜に久々に帰郷 ...
ゆれる (Diarydiary!)
《ゆれる》 2006年 日本映画 東京で写真家として成功している弟、地元に残り
兄が内に秘めるモノ。弟が内に秘めるモノ。『ゆれる』 (水曜日のシネマ日記)
山梨の実家にあるガソリンスタンドを継いだ兄と、東京に出てカメラマンとして成功した弟の、ある事件をめぐる物語です。
崩壊と再生?~『ゆれる』 (まったりインドア系)
 残酷で怖い映画だ。肉親が「いちばん身近で理解し合える存在」と思うのは、ある種幻想なのか。実は、ささいなことが原因で一瞬にして破綻する、非常にもろくて危うい関係かもしれないと恐ろしくなった。 性格も容姿も正反対の兄弟を演じた、オダギリジョーと香 ...
映画鑑賞記「ゆれる」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.09.17 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  上映館が少ないため、興行成績ランクには決して顔を出さない作品だが、まさしく2006年の映画を語る上でははずせない。 淡々と映し出されるシーンの中に、言い表せない切なさと人間の持つ多 ...
ゆれる (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ゆれ堕ちた…その先にあるもの  
ゆれる (PLANET OF THE BLUE)
夏休みは大作、話題作ばかりだったので、 ミニシアター系の地味なやつが見たいと思い、 ちょうどあってたこの映画を見て見ることに。 原案・脚本・監督  西川 美和 出演  オダギリ ジョー  香川 照之  伊武雅刀  新井 浩文      真木 ...
ゆれる (映画を観たよ)
評判がいいと聞いて観に行ったけど・・・ ホントの目的はオダジョーの「舌出せよ」っていうキスが見たかったから(私は変態ではありません 笑) すごく上手い映画だと思いました。 独特の雰囲気を持っていて前半はサスペンスであって後半は法廷劇となっていく。 ...
ゆれる(06・日) (no movie no life)
「どうして、俺とお前はこんなに違うの?」 兄と弟。 どこまでも、この映画は兄弟をアシンメトリーに映し続ける。 刑務所の面接室の中、同じ床、同じ設備、しかしその間にはどうしようもないガラスの壁。 山梨で父とともにガソリンスタンドを経営する実直な ...
ゆれる (我想一個人映画美的女人blog)
恥かしながら...オダギリジョーの演技、初めて観た、、、、{/hiyo_s/}{/kaminari/} あまり関心なくって、ドラマも観てないし、、、、でもびっくり☆ 自然で素晴らしい役者さんなんだ。(今頃 {/dogeza/}{/ase/} やっと観てきましたー。 どうしても公開中に観た ...
ゆれる (19歳の映画review)
  映画ブログランキング 人気blogランキングへ エンタメ@BlogRank
ゆれる (ネタバレ映画館)
てくてくと歩いて帰る足取りも軽くなったが、キム検事のしてやったり顔を思い出して目の前が揺れていた。
ゆれる(映画館) (ひるめし。)
あの橋を渡るまでは、兄弟でした。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:西川美和 出演者:オダギリジョー/香川照之/真木よう子 時 間:119分 [感想] これす~~んごく観たかった映画!! チネチッタもダイスの上映してくれないからDVD待ちだと思ったら ...
ゆれる (いろいろと)
出演 オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀 ほか 母の一周期で帰省する。 猛(オダ
奪うもの、奪われるもの。~「ゆれる」~ (ペパーミントの魔術師)
いやもう、どんだけ待ち焦がれたかって。(笑) これだけはスクリーンで絶対見ようと思っててやっと行ってきました。 ゆれるオダギリジョー 西川美和 香川照之 バンダイビジュアル 2007-02-23売り上げランキング : 83Amazonで詳しく見るby G-Tools あので ...
映画『ゆれる』 (コラムニスト宣言)
 迂闊にも封切公開時に見逃してしまった西川美和監督の『ゆれる』を遅ればせながら観る。年度末の各媒体のベストテンでいずれも上位に名乗りをあげているのを見て、「2007朝日ベストテン映画祭」(中之島・リサイタルホール)の初日、夕方の上映にもぐり込んだ。 ...
ゆれる (ロッタのひなたぼっこ)
やっと『ゆれる』を観ました。 母親の一周忌で田舎に帰った著名なカメラマンの猛は、久々に家族と再会を果たすが、父親とは相変わらず険悪なムードのまま。 そんな二人をとりなしたのが、兄の稔でした。 ガソリンスタンドを経営する父の後を継ぎ、優しく温厚で腰の低...
ゆれる (to Heart)
2006年:西川美和監督 出演:オダギリジョー/香川照之/真木よう子/伊武雅刀/蟹江敬三 地元で家業を継いだ真面目な兄・稔(香川照之)。東京でカメラマンとして自由に生きる弟・猛(オダギリジョー)。久しぶりの弟の帰郷で、兄弟は幼なじみの智恵子(真木よう子)と...
ゆれる (Akira's VOICE)
揺れるよ揺れる,どこまでも・・・
ゆれる、ゆれる。 (ひょうたんからこまッ!)
『ゆれる』(2006年・日本/119分)公式サイト『第28回ヨコハマ映画祭』2007年2月4日(日)横浜関内ホールにて鑑賞。以下ネタバレ「あの橋を渡るまでは、兄弟でした。」・・・本当に?本当に彼らは「その事件」を境に兄弟で無くなったのか?都会に暮らす弟...
「ゆれる」 (やまたくの音吐朗々Diary)
ワーナーマイカル(板橋)のアンコールシネマにて、見逃していた2006年話題の邦画「ゆれる」を観賞。監督は西川美和。出演はオダギリジョー、香川照之、真木よう子ほか。東京で活躍しているカメラマンの猛は、母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ兄...
ゆれる [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「ゆれる」(西川美和:監督)    かなり高評価なのを耳にしていた本作品。  昨夏公開時に見逃し、  さらに今年2月の「アサヒベストテン映画祭」でも  当日体調を崩して観れず。  DVDにてようやく観ることができました。  「あの橋を渡るまでは、...
ゆれる (とんとん亭)
「ゆれる」 2006年 日 ★★★★ 第1印象の感想です。 大変、素晴らしい映画だと思います。 「ゆれる」のは、兄弟の心、観客の心、女の恋心、裁判の行方、そしてあの 吊橋、色んなものが揺れる・・・そんな映画でした。 東京で独り立ちして写真家の事務所...
ゆれる (とんとん亭)
「ゆれる」 2006年 日 ★★★★ 第1印象の感想です。 大変、素晴らしい映画だと思います。 「ゆれる」のは、兄弟の心、観客の心、女の恋心、裁判の行方、そしてあの 吊橋、色んなものが揺れる・・・そんな映画でした。 東京で独り立ちして写真家の事務...
ゆれる  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  兄弟の存在とは難しいものである。子供の頃は、弟は兄を慕い尊敬し、兄はそんな弟が愛しくて可愛がるものだ。 ところが大人になると、立場が逆転することがある。自由な弟のほうが処世術が優れ、ポジティブで人に好かれる。一方兄のほうは、堅実で人柄は良...
ゆ れ る   DVD  (★しゃべりば ★)
 この橋を渡るまでは兄弟でした。 公式サイトへ 美しい山並みの中で風にゆれる・・今にも壊れそうなつり橋。それは2人の心に掛かっていた絆だったのか・やっと鑑賞。でも息苦しい~。私にはわからない。あの橋で起こったことの真実とは?うそを言ってるのはどっちな...
香川 (ときたましらこ)
ゆれる(2006年 / 日本 ) 監督: 西川美和 出演: オダギリジョー 香川照之 伊武雅刀 新井浩文 真木よう子 他 最初、オダギリジョーのエロさにくらくらしましたが、伏兵は香川照之でした。一つの表情の裏にたくさんの想いを想像させる演技です。 この...
か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる (Prism Viewpoints)
「兄を取り戻す」 取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。 主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、 『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI』や、 『ラストま
か細い橋は朽ちていなかった●ゆれる (Prism Viewpoints)
「兄を取り戻す」 取り戻したのは、兄が弟を取り戻していた。 主人公のカメラマンである、弟の早川 猛(たけし)役には、 『激辛カレーを食べて、あなたは「辛い!」と怒ります?●SHINOBI』や、 『ラストま
『ゆれる』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は母の一周忌で帰省する。彼は実家のガソリンスタンドを継いだ独身の兄の稔(香川照之)や、そこで働く幼なじみの智恵子(真木よう子)と再会し、3人で近くの渓谷に行く。猛が単独行動している間に、稔と...
ゆれる (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あの橋を渡るまでは、兄弟でした。』  コチラの「ゆれる」は、7/8公開になったオダギリジョー主演の家族ドラマの要素が強いミステリー映画です。オダジョーに香川照之と新井浩文といった実力派のキャストで、見応えもありました。またオダジョーの演技の幅が、広...
『ゆれる』 (『映画な日々』 cinema-days)
ゆれる 渓谷での女性の転落死事故。 現場にいたのは地元で稼業のGSを守り続ける兄と 故郷を捨て都会で思い通りの仕事をする弟の二人。 二...
「ゆれる」 「檻」の囚われ人 (はらやんの映画徒然草)
「ディア・ドクター」の記事を書いたとき、同じ西川美和監督の「ゆれる」を未見と書い
映画「ゆれる」 (おそらく見聞録)
監督:西川美和(ググったら カワイイ人で驚いたですよ賞 受賞) 出演:オダギリジョー(◎)香川照之(絶品!) 真木よう子  出演:木村祐一(とてもいいエッセンス)伊武雅刀    東京で写真家として活躍する弟。田舎に残った兄。ある時、 弟の昔の恋人で現在...
ゆれる (★YUKAの気ままな有閑日記★)
      ~明けましておめでとうございます              今年も宜しくお願いします~今年最初の記事は、年とは何の関係もないコチラです―レンタルで鑑賞―【story】東京でカメラマンとして成功している猛(オダギリジョー)は、母の一周忌で帰省する...
「ゆれる」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
なんとなーーく、邦画のレビューが続いてるひらりん。 本作は、鶴瓶主演の「ディアドクター」も評判の良かった西川美和監督作。 もちろんこの作品の評判も耳にはしてましたが、 兄弟ドラマはあまり興味なかったので敬遠してました。
ゆれる(2006) (佐藤秀の徒然幻視録)
西川美和監督、オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、真木よう子、新井浩文、木村祐一、田口トモロヲ、蟹江敬三、ピエール瀧。「マイ・ブラザー」は兄がアフガン戦争から帰還したのをきっかけに兄弟の心が別人のようにゆれる話だったが、これは兄弟が吊り橋を渡ったのをき...