銅版画制作の日々

ゆっくりと更新して行きます。TB・コメントのお返しが遅くなると思いますが、宜しくお願い致します。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)☆★RISE OF THE PLANET OF THE APES字幕スーパー版

2011-10-08 | 映画:シネコン

 これは人類への警鐘!

評価:→90点

MOVX京都にて初日に鑑賞しました。本作は今までのシリーズのリメイクではなく、新作であり、オリジナルストーリーです。

見ごたえありました。お猿さんたちの表情や動きもなかなかのもので、ぎこちなさも無く、素晴らしいと思いました。


そして「127時間」で好感度アップとなったあのジェームズ・フランコ君が出演。お猿さんの役ではありませんが。

さて最初にも書きましたが、登場する大勢のお猿さん、本当のお猿さんなの?と思うくらいリアルなんです。もちろん本物ではありません。着ぐるみでも特殊メイクでもないそうで。本当に驚きます。

パーフォマンス・キャプチャー技術での映像。これがお猿さんをここまでリアルに表現出来る凄い技術らしい。記憶に新しいところでは、「アバター」も同じくその技術が導入されている。

 主役のお猿さん シーザー

優れた技術やCGはどうも好きではないのですが、でも今回はこの技術でこれだけお猿さんがリアルに映し出されているのは、凄いなあと感心しました。

 この人がパフォーマンス・キャプチャー演技の第一人者アンディ・サーキス。
主役のお猿さん シーザーを演じている。

 
ジェームズ・フランコ君、今回はサンフランシスコの製薬会社研究所に勤める神経化学者 ウィル・ロッドマンで登場。

実験用に観察していた一匹のチンパンジーに驚くべき知能が示された。そのチンパンジーには開発中のアルツハイマー病の新薬が投与されていたが、突如暴れ出し、警備員に射殺されてしまう。

実はそのチンパンジーは妊娠していたことがわかります。ウィルは生まれたばかりのその赤ん坊猿を自宅に連れ帰り“シーザー”と名付けて育てることにする。
お猿さん、小さい間は可愛いけどね。

シーザーはウィルを親だと思い、すくすく育ちます。3年後のシーザーは、家の中を縦横無尽に駆け回るようになった。ウィルとシーザーの間には強い絆も出来て。。。。

言葉はないけど、身ぶり手ぶりで意思の疎通も出来る。母親のチンパンジーの特殊な遺伝子を受け継いだ彼は、類いまれな“知性”を発揮し始めていくことに・・・・。

新薬が脳を活性化させる効果を確信したウィルは、研究所から持ち出したその薬をアルツハイマー病の父・チャールズに投与、すると翌朝、彼はそれまで悪化していた病状が嘘のように生気を取り戻す。

さらに5年後、ウィルは動物園の獣医キャロライン(フリーダ・ピント)と相思相愛の仲になる。一方シーザーは体長5フィートにもなっていた複雑で多様な感情を表すようになっていた。人間と変わらないくらいの進化です。

元々猿は人間の進化前だと言われていますが、まさにその通りですね。そういえば先日テレビで観た志村けんと仲良しのチンパンジー君もかなり知能レベル高かった。練習した自転車も上手く乗りこなしていました。

ある事件がきっかけでシーザーの人生は大きな転機を迎える。

チャールズが再び病状悪化の兆候を示し、隣人とのトラブルを引き起こした。

その様子を屋根裏部屋から目撃したシーザーは、チャ-ルズを助けようとしてその隣人を傷つけてしまう。理由までは把握できないシーザーですが、信頼しているウィルのパパが隣人に手をかけられているのを見て、これは許せない!って感じでしょうね。状況判断能力も凄い。

いくら知的レベルが高いにしろ、動物の持つ本能はやはり野生的です。相手を傷つけるということに。

ついに霊長類保護施設に入れられてしまう。檻に閉ざされた施設で、シーザーを待ち受けていたのは飼育長の陰湿な虐待だった。


おぉ~ドラコが登場!!この施設の息子ドッジ(トム・フェルトン)

ハリー・ポッターシリーズに引き続き、悪役です。意地悪で本当に憎たらしいんですよね。今回もハマり役(笑)

まさにドッジの姿は、シーザーたちを支配する極悪な人間の姿といえる。

その一方で、なかなか施設内の猿のコミュニティに溶け込めずにいたシーザーは、チンパンジーの群れを率いるボスとの争いに勝利を収め、全ての猿たちをひとつのグループにまとめ上げていく。

 

 その頃、ウィルはより強力に改良した新薬の実験を行うが、猿への投与中に薬を浴びたウィルの同僚が原因不明の体調不良を訴えた後、夥しく出血、謎の死をとげる。
何と人間には悪影響を及ぼすものだった。原因は感染死。


シーザーは施設を抜けだすことに成功。そして向かったのはウィルの住む家。

 
こっそり新薬をゲット。この薬の威力を知っていた。これを利用して、何かやらかす目的だね。

再びウィルは施設を訪れるが、シーザーはウィルが差しのべる手を拒絶。知性に目覚め、人間の愚かさに失望し、ウィルさえも想像できない驚異的な進化を遂げたシーザーは、このときすでにある決意を固めていた。

ついに猿たちの反乱!


ドッジも彼らのパワーで息絶えてしまう。
シーザーの心に野生が戻った。

猿の軍団はいよいよ戦闘開始だ。

やがて高い知能を駆使し施設から脱出したシーザーは、今や固い絆で結ばれた仲間のチンパンジーらと共に、人類との壮大な全面戦争へとなだれ込んでいく……。


製薬会社も猿たちに。異常な風景です。大勢の猿たちの姿が異様です。たちの逆襲

 
動物たちを侮ってはいけない。いつか立場が逆転するようなことが本当に起きるかもしれませんね。

解説(allcinemaより)

ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の惑星」を基に、その起源となる人類文明崩壊への道のりを明らかにしていくSFアクション大作。現代のサンフランシスコを舞台に、最新の生体実験によって脳が飛躍的に発達した一頭のチンパンジーが、やがて自我に目覚めて人類に反旗を翻すさまを、シリーズ初のパフォーマンス・キャプチャー技術を駆使したリアルなVFX映像で描き出す。主演は「127時間」のジェームズ・フランコ、共演に「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント。また、猿のメインキャラクター“シーザー”役には「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムや「キング・コング」などで高い評価を受けたパフォーマンス・キャプチャー演技の第一人者アンディ・サーキス。監督は長編3作目となるルパート・ワイアット。


野生に戻っても、ウィルには・・・・。律儀なシーザーでした。

メディア 映画
上映時間 106分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(FOX)
初公開年月 2011/10/07
ジャンル SF/アクション/サスペンス
映倫 G

 

    

※お隣のおじさん、ウィルの同僚フランクリンから感染。飛行機のパイロットで勤務のため飛行場へ、、、、。途中鼻血が?!

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comments (18)   Trackbacks (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海洋天堂(2010)**OCE... | TOP | ファイナル・デッドブリッジ◆... »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-10-08 21:02:32
新薬といってもウイルスを利用してるってのがねー。映画自体は技術・演技・演出の全てが高次元で融合した素晴らしい作品だと思ったのです。で、満足して家路に付いたんですね。でも帰りの電車の中でふと「あれ?ウィルって何かスゲーイイヤツになってるけど、人類滅亡ってヤツのせいじゃね?」って(爆)
TB成功(笑) (オリーブリー)
2011-10-09 00:48:44
こんばんは。

技術の発展もあるのでしょうが、アンディ・サーキス、これまでのモーションキャプチャー作品の中でも、一番の名演技だったのではないかしら~と思いました。
こういう映画を観ると、人間であることが何だかとっても恥ずかしくなりますね(汗)
倫理観 (クラム)
2011-10-09 01:19:04
正直言って何かすっきりしなかったんです、この作品。
今でもぼんやりなんですが、それは倫理観なのかなって思ってます。

すべてが、ウィル一家とシーザー、シーザーと仲間の猿たちという
括りの中だけの価値観で行動しているように見えたのです。

新薬開発に対するウィルの姿勢、人類を敵として立ち上がる猿たちの行動。
技術で動作や表情が人間的になっていながら、
どこか欠けているような気がしてなりませんでした。
KLYさん☆★ (mezzotint)
2011-10-09 21:00:06
今晩は☆彡
何かウィル、良い奴みたいでしたが、、、。
おっしゃるように考えたら、事の発端は
彼じゃんって(笑)
あんなに大変な状況になってしまい
どうするんだろう。やっぱり続編あるのかな?
そうなると、次はどんな展開に・・・。
オリ―ブリーさん☆★ (mezzotint)
2011-10-09 21:03:55
今晩は☆彡
おぉ~そんなですか。
私はこんな凄い技術があるとは・・・!
って「アバター」観たのにすっかり忘れて
いました(汗)
アンディ・サーキス、ある意味影の役者
なんだけど。。。でもこれだけ注目されて
いるということは、凄いことなんですね。
クラムさん☆★ (mezzotint)
2011-10-09 21:10:16
なるほど、クラムさんはすっきりしなかった
ですね。私は何も考えず、このお猿さんの
リアルさに驚くばかりでした。
上記でも書きましたが、事の発端はウィル
です。その辺はあまり大きく取り上げてない
から。むしろウィルは彼らの味方みたいな?
新薬開発、これも周りに多いきなリスクを
もたらし、考えると大きな代償ばかりで。
何かコメントのお返しになってないわ。
Unknown (mig)
2011-10-10 01:08:17
こんばんは☆

面白かったですね~
期待以上でした♪

あー 今回★じゃなくお猿マークを付ける予定だったのに忘れた!
migさん♪ (mezzotint)
2011-10-10 11:36:43
こんにちは♪

リアルな猿の動きや表情にびっくりでした。
アンディ・サーキスのモーションキャプチャーの演技に観入りました。
続編ありそうな感じですね。
満足しました~ (マリー)
2011-10-11 18:24:44
こんばんは~~♪
とっても感動したし~面白かったし~大満足です。
ジェームズくん目当てってとこもあったんですが(笑)
彼だけじゃなく、お父さまや彼女やみんなよかったです。
ドラコもよかった~!(ドラコで全世界の人が分かるって凄いよね)
シーザーのアンディさん、素晴らしい動きだし・・・
役者さんもストーリーも全部満足しました。

号泣ではないけど、切なさもちょうどよく
檻の中で丸い窓書いてるとことか、涙でた~。
人間の驕りとか反省点もたくさんありましたね。。。
ファンじゃないけど高評価 (メビウス)
2011-10-11 22:16:46
mezzotintさんこんばんわ♪ご無沙汰しております♪

オリジナルの1作目がもううろ覚えなので初見の気分で観たのですが、それでも個人的には凄い楽しめた作品でした♪
猿達の姿がもう不気味すぎるくらいリアルなので嫌でも感情移入してしまう所がありますし、後半に到るシーザーたちの反乱もアクションとしては高水準でかなり興奮してしまいましたねぇ。あとゴリラの自己犠牲精神でも目頭熱くなるとは思いませんでしたw
マリ―さん♪ (mezzotint)
2011-10-12 13:10:10
こんにちは♪
リアルなお猿さんたちにびっくりでした。

ジェームズ君、良いよね
またファンになりました(笑)
フリーダ・ピント、最近色々な作品で大活躍!
次はインモ―タルズでしたね。

そうそうこれは人間、反省しないとね。
いつか何かしっぺ返しあるかもです。
全部観たかな? (mezzotint)
2011-10-12 13:15:36
メビウスさん

こんにちは♪
こちらこそご無沙汰しています。
私、全て鑑賞したか?覚えていなくて。
どうだったかな?
モーション・キャプチャーの技術に改めて
驚きました。映画館の予告で少し紹介
されていました。あんな風に撮影されている
んだなと、、、、。
それにしても凄いですね。高い技術に感心です。
見ごたえ ()
2011-10-23 10:42:22
確かに見ごたえはありましたし、
技術的にも素晴らしいのですが、
もう少しスケール感が欲しかったです。

この作品、続編を期待したいところ
です。

トラックバックさせていただきます。
フランコ君 (sakurai)
2011-10-24 07:36:43
のウィルのやってることが矛盾してて、どうも納得いかなかったのが、頭に引っかかって。
いや、人間のすることだから・・と言うことかもしれないですが、するっと入れなかったんですよ。
いや、十分面白かったんですがね。
哲さん☆★ (mezzotint)
2011-10-24 17:57:24
今晩は☆彡
言われてみると意外にこじんまりとした
感じにおさまっているのかもしれませんね。

続編はどうなるのか?
ちょっと気になりますが。。。。
sakuraiさん☆★ (mezzotint)
2011-10-24 18:00:31
やはりウィルのやっている事が矛盾って
のが、引っかかる人多いのかな。
私は単純にパフォーマンス キャプチャーに
う~んこれは凄い!と唸るのみ。
何も深く考えておりませんでした。
こんばんは~★ (ヒロ之)
2012-02-21 22:48:23
アンディ・サーキスの演技力が完璧に活かされた作品でした。
リアルな動きをするCG猿たちに圧倒されっ放しでしたよ。
ウィルスによって人類が滅亡する事を示唆するようなラストも良かったです。
もう一度観たいと思える作品でした^^
ヒロ之さん☆★ (mezzotint)
2012-02-25 18:28:47
今晩は☆彡
猿の動きが何ともリアルで、驚きましたね。
キャプチャーっていう手法は本当に
凄いもんだと感心!!

多分続編はあるような気もしますね。
また楽しみです。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

42 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (LOVE Cinemas 調布)
1968年に公開されたチャールトン・ヘストン主演の『猿の惑星』。その前日譚となるのが本作だ。出演は『127時間』のジェームズ・フランコ、『スラムドッグ$ミリオネア』のフリーダ・ピント、そして事実上の主人公猿のシーザーを「LOTR」のゴラムなどパフォーマンス...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (心のままに映画の風景)
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
「猿の惑星:創世記」 (Con Gas, Sin Hielo)
本当にろくでもない人間たちの世界。 評判がいいとのうわさ。そしてあの印象に残る猿の表情。 この秋いちばんと言っていいほど大きな期待を寄せていたんだけど、正直あまり好きな作品ではなかった。 画はよかった。 主役のシーザーだけでなく、様々な性格の猿たちが....
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』・・・新解釈の前日譚 (SOARのパストラーレ♪)
公開を待ち望んでいた本作。期待以上の面白さにぐいぐい引き込まれた。何が面白いって旧シリーズとの新解釈なりの絶妙なリンクだ。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (Akira's VOICE)
猿にエール!!!  
やりすぎ。【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】猿の惑星:創世記(ジェネシス) RISE OF THE PLANET OF THE APES 【あらすじ】 現代のサンフランシスコ。高い知能を持つ猿のシーザーは人類に裏切られ、自分の仲間である猿を率い、自由のために人類との戦いに向けて立ち上がることに。人類のごう慢さが、...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (勝手に映画評)
これまで何度か映画化やTVドラマ化が成された『猿の惑星』シリーズ。なぜ猿が人類を駆逐して地球に君臨したのか?と言う、事の始まりを描いた作品。これまでの『猿の惑星』シリーズでも事の始まりを描いた作品はありましたが、この作品では設定を見なおして、より自然に(...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (だらだら無気力ブログ!)
お隣さんは何も悪くないのに・・・。お隣さんがかわいそう過ぎる。
猿の惑星 創世記(ジェネシス) / RISE OF THE PLANET OF THE APES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本....
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」全てはココから! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[猿の惑星] ブログ村キーワード  伝説の名作SF映画「猿の惑星」の前日譚とも言うべき、物語。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(20世紀フォックス映画)。『如何にして人類は、猿に支配されるようになったのか?』という謎の起源を描きます。ま、「エピソード・0」...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RISE OF THE PLANET OF THE APES】 2011/10/07公開 アメリカ 106分監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン、アンディ・サーキス これは 人類への 警鐘 あの『猿の惑星...
分かっていなかったのは人間だけ。『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (水曜日のシネマ日記)
高度な知能を持つ猿とそれを取り巻く人間の物語です。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)/劇場鑑賞券 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直したSF映画『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES)の劇場鑑賞券。 これはすでに試写で鑑賞済みなのだが(近日中には感想をアップ予定)、もう1回観たいと...
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」観に行ってきました。 往年のSF映画「猿の惑星」の全く新しいシリーズとして位置付けられる、「猿の惑星」誕生のエピソードを扱った作品。 今作の監督を務めたルパート・ワイアットによれば、「他の映画との関連はなく、オリジ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ルパート・ワイアット 【出演】ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/ブライアン・コックス/トム・フェルトン/アンディ・サーキス 【公開日】2011/10.7 【製作】ア...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) なんかまじでリアル・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (風に吹かれて)
エモーション・キャプチャーの猿 公式サイト http://movies2.foxjapan.com/saruwakuサンフランシスコの製薬会社の研究所に務める、若き神経科学者のウィル(ジェームズ・フラ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人間が高度な猿に支配される世界観を描いた「猿の惑星」の起源に迫るSFドラマ。なぜ人類文明は崩壊し、猿が地球の支配者になったのかという謎を解き明かす。出演は「127時間」のジ ...
猿の惑星:創世記 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  あの衝撃的な「自由の女神像」のラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚をひもといた話題作である。43年前に『猿の惑星』が上映されたときは、本物そっくりの猿のメーキャップに驚いたものだ。  ところが本作では特殊メークは使わず、モーション・...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES) 【2011年・アメリカ】試写&劇場で鑑賞(★★★★★) 1968年に公開された『猿の惑星』の前日譚を改めて描き直し。 一匹の猿の驚異的な進化から始まり、地球の支配者が人間から猿へと取り代わっていく様を描くSFアクション。...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」監督:ルパート・ワイアット出演:ジェームズ・フランコ(『グリーン・ホーネット』『食べて、祈って、恋をして』)フリーダ・ピント(『スラ ...
人間は万物の霊長か?~『猿の惑星:創世記/ジェネシス』 (真紅のthinkingdays)
 RISE OF THE PLANET OF THE APES  アメリカ・サンフランシスコ。製薬会社の研究員ウィル(ジェームズ・フランコ) は、アルツハイマーの特効薬を開発していた。その薬を投与されたチンパンジ...
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・...
「猿の惑星・創世記ジェネシス」は続編に期... (映画と出会う・世界が変わる)
衝撃的なラストが伝説的作品となった68年の「猿の惑星」は、チャールトン・ヘストンが主演であることも手伝って、壮大なエピック・ロマンともなった。今回の作品は、その序章ともい...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ダイターンクラッシュ!!)
2011年10月7日(金) 20:30~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』公式サイト TOHOシネマズのフリーパスポート鑑賞。19本目。 かの有名な「猿の惑星」の前日譚。いわば猿の革命の...
映画:猿の惑星:創世記 Rise of the Planet of the Apes 人類の滅亡 ≒ 化学×Greed×グローバル社会 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な...
猿の惑星 創世記 (迷宮映画館)
フランコ君を堪能はしたんですが・・・・
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (お地蔵さまの寄り道)
本日、レディースDAY。1,000円の日。 口コミが良かったので観ました。 だいたい、今まで、猿の惑星シリーズを1回も観てません。 さっぱり、解りません。 お猿さんが、賢いって事は解りました。 しかし、やっぱり野生動物です。 群れになると、怖いです。 ア....
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 豊かなるシーザーの表情 (はらやんの映画徒然草)
オリジナルの「猿の惑星」はあまりにも有名なので解説する必要はないでしょうね。 あ
ここから始まる・・・ (笑う学生の生活)
20日のこと、映画「猿の惑星 創世記」を鑑賞しました。 オリジナルの1作目 「猿の惑星」の前日談ともいえる内容で なぜ 猿に支配されてしまったのかという・・・ とはいえ シリーズ関係なく 1つの作品として 良く出来ていて 面白かったですね エンタテインメント性....
猿の惑星:創世記(ジェネシス)2011-081 (単館系)
Twitterで多くの方がツイートしているなかでサイトにある 予告は見ないで観に行ったほうがいいという話だったので サイトは開かず録画してある猿の惑星を軽くチェック後劇場へ。 なんでもパート1のあの世...
『猿の惑星/創世記(ジェネシス)』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (C'est joli~ここちいい毎日を~)
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ...
NOと言える猿人 (宇宙のめいぐると)
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」
映画『リミットレス』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-66.リミットレス■原題:Limitless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:105分■鑑賞日:10月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円□監督:ニール・バーガー□脚本・製作:レスリー・ディクソン□撮影:ジョー・ウィレムズ...
「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (或る日の出来事)
ストーリーも映像も、しっかりしていて楽しめた。映画館で観られて良かった。
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (銀幕大帝α)
RISE OF THE PLANET OF THE APES/11年/米/106分/SFアクション・サスペンス/劇場公開 監督:ルパート・ワイアット 出演: ◆ジェームズ・フランコ…ウィル・ロッドマン 過去出演作:『127時間』 ◆フリーダ・ピント…キャロライン 過去出演作:『スラムドッグ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス) (いやいやえん)
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされて
猿の惑星:創世記 (Rise of the Planet of the Apes) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ...
猿の惑星:創世記(ジェネシス)  (こんな映画見ました~)
『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』---RISE OF THE PLANET OF THE APES---2011年(アメリカ)監督:ルパート・ワイアット 出演:ジェームズ・フランコ 、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス ピエール・ブール原作のSF映画の金字塔「猿の...
【映画】猿の惑星:創世記…猿の気持ちで観たらいいのか、人の気持ちで観たらいいのか? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日、2012年9月16日(日曜日)早朝なのに二度目の投稿。 数日前「ダークナイト ライジング」の記事をアップした際の前文で… 『ここ数日、実家の目の前(本当に目の前)で、映画の撮影をしているらしい』 『どうもホラー映画のようです。』 という事を書きましたが、一...
映画評「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ルパート・ワイアット ネタバレあり